東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?

BMW

メーカー別一覧へ

picture 523i | 523 | 320d | 328i | 523i | 320i | ミニ | 523i | ミニクーパー | 523i | アクティブハイブリッド7 | 330Ci | Z4 | 320i | 740i | 420i | MINI | X1 | 523d | X6 | ミニクーパー | 3シリーズ | 320i | X5 | ミニクーパー | 320i | i8 | 3シリーズ | 523i | 525i | 425i | 320i | 318i | 650i | M3 | ミニワン | ミニ | 750i | 5シリーズ | 523i | M5 | 335i | ミニ | 528i | 2シリーズ | 3シリーズ | 750i(トランク下向き) | i3 | 3シリーズ | 525i | 525i | 745i(トランク下向き) | 320i | 325i | 135i(トランク下向き) | X1 | 7シリーズ | 528i(トランク下向き) | 550i | 3シリーズ | 745i |525i | 5シリーズ | 320d | 323i | 320i | 320i | 320i | 530i | 320i | 750i | 320i | アクティブハイブリッド7 | ミニ・クロスオーバー | 3シリーズ | 1シリーズ | ミニワン | 3シリーズ | X1 | 525i | ミニ | 523i | 330i | 335i | 7シリーズ | X5 | 750i | ミニワン | 320i(トランク下向き) | 645ci(トランク下向き) | 530i | 740i | 528i | Z4 | 530i | X1 | M3 | 320i | 335i(トランク下向き) | 320i | M5 | 745i | 740i | 118i | 525i | ミニワン | 118i | Z3 | Z4 | 318i | 318i | 525i | 320i | 320i | 320i | Z4 | Z4 | 525i | 525i | X5 | 525i | 320i | 530i | 318i | 320i | X3 | 535i | 745i | 118i | Z4 | 535i | ミニワン | 525i | X5 | ミニクーパー | 320i | X5 | 530i | 320i(トランク下向き) | ミニワン | 320i | 335i | 525i | 525i | X3 | 525iMスポーツ | 120i | 3シリーズ | ミニワン | 318i | X5 | 525i | 525i | 525i | 330ci | 5シリーズ | M5 | X5 | 530i | Z4 | 320i | 530i | 318i | ミニワン | 318i | 525i | 525i | ミニワン | 318i | 525i




picture M3(E30型)







by  B隊員

2018.12.9(日)晴れ
迫る時間

さいたま市にある大きな運動公園でBMW523iの開錠依頼です。
だんだんと夜の闇が深くなってきたこの頃、運動公園は閉園時間間近との事、門を閉め切られる前の到着と解決目指し拠点を出発です。

マップで現場住所を調べてみるとかなり広い公園だという事は分かります。受注段階で駐車区画は聞いていたので、あとは実際に行ってみて公園の案内図で確認だなぁ〜と思いつつ走行していると一通のメールを受信しました。
メールを開いてみると受注担当から公園の区画図のリンクサイトでした。その場でも有難かったですが、実際に救助公園に着いて有難さが倍増しました。
公園に到着すると暗い・・暗すぎる・・・そして案内図が近くに見当たらない・・・(笑)と、いうわけで送ってもらったメールを頼りに現場に到着。閉園時間よりは先に到着出来ました。お客様に挨拶し少しでも早い解決を目指します。
挨拶を済ませ早速作業にかかろうとするとお客様から「あれ?以前も担当した方ですか?自宅のほうで??」暗くて最初は気づけませんでしたが、前に担当した事がある方で同じ車輛でした。
ほんの数か月前の事で、しかも鍵開けの二番手で出動し解決したお客様でした。「じゃあ今回も安心だね。」と信頼して下さいました。ならば前回よりもっと早く解決せねばと気合が入ります。
開錠作業にとりかかった瞬間「間もなく当公園は閉園します。ゲートは閉まりますのでお早めに出場して下さい。」のアナウンス。さらに間をおかずに公園管理人の方の車が近づいてきます。
前回二番手特有の事情で少々手こずった車輛だったと思い出しながら、速攻開錠とは言えないまでも開錠完了。開錠後の確認事項はきちんとして頂いたうえで、ゲートが閉まる前に無事お客様と共に公園から脱出出来ました。

結構一度担当した後にまた同じお客様を担当する事が多いB隊員。「あの時の〜。」と好意的に迎えて頂けるので有難いです。
二回目に担当した時は一度目よりクオリティが上がっているようにしたいと常々思っていますので、前回の時の方が良かったねとは言われない様に少しずつ成長して行く様にしています。
一度目から最高のクオリティを先輩隊員の方々のように出せる様になる為にまだまだ日々勉強と練習が必要です。

picture




by  R隊員

2018.12.3(月)曇り
バッグは危険

休日の午後、春日部市でBMW523の開錠依頼です。
場所はゴルフ練習場との事。結構な距離がありましたが裏道を駆使し時間前に何とか到着。

現場に着くとピカピカのお車の前で苦笑いのお客さんが佇んでおりました。

状況を伺うと納車から1週間と経っていないとの事でかなり動揺されているご様子。「開錠してから状況を伺います」と説明し、ササっと開錠。バッグの中のカギも発見し、お客さんも落ち着きを取り戻しておりました。

お話を伺うと以前も同じモデルを長年乗っていたがインロックは皆無だった事。新車の最新モデルなのに壊れているのではないか。と、この2点に強い疑念がある事を伝えられました。

お客さんには電波の状況やリモコンキーをバッグ等に入れてしまうと電波が阻害される可能性がある事。またトランクやドアを閉めただけでも衝撃や振動で鍵が誤動作してしまう可能性がある事を説明させて頂きました。「鍵は肌身離さずが基本的な使用法」と「エマージェンシーキーの使用方法」も追加で説明、アドバイス。

説明にご納得頂けたようでこちらも一安心です。リモコンキーからは電波が出ていてロック、解除をコントロールしてますが、電波は目に見えない所が厄介な訳で。
寒さが増し横着しやすいこの季節です。バッグなどに鍵を入れっぱなしのお客様、くれぐれもご注意下さい。

picture




by  K隊員

2018.11.27(火)晴れ
高速本線上

BMW・3シリーズのインロック。

場所は首都高から東京湾アクアラインに入ってすぐのトンネル内。追突事故にあったようで外に出たときにインロックしてしまったようだ。

助人はバイク出動なので高速本線上の依頼は基本的にお断りしているが、今回は警察やレッカーが到着していて安全対策ができているとのことで出動。途中で連絡すると渋滞などを考慮し警察の判断で海ほたるの駐車場まで移動するとのこと。現場から車はすでに移動していたが手前はかなり渋滞していてバイクで助かった。到着するとお客様の車は大きな損傷はなく無事作業完了。

高速本線上といえば、海面からの高さ55mの横浜ベイブリッジ上で故障車のインロックを対応したことがある。首都高のパトロールカーが来てパイロンを置いて車線規制をしていたが、夜間で風が強い上に横をトラックなどがバンバン走ってかなり揺れてスリリングな解錠作業だったのが思い出される。

picture




by B隊員

2018.10.14(日)晴れ
建物裏手の駐車場

渋谷区の新しい商業施設でBMW328iの開錠依頼です。
出来たばかりの施設でプライベートを含め、初の訪問場所です。
住所を調べ、そういえば何か作ってたなぁ〜と思いつつ、
現場駐車場を目指します。

救助現場へ行く時は基本的に大手のマップサイトを利用する
B隊員ですが、このマップのあるあるが建物の裏手に
案内されてしまうという事。
毎回初めて行く現場には到着前に建物の表側か裏側に駐車場の
入口があるのか予測しルートを考えますが、予測がつき辛い建物です。
今回はマップが正解で待ち合わせ時間内に無事建物に到着。
警備の方に要件を伝えるとお客様の元まで案内して頂け、
立体駐車場の中の車が到着次第作業開始です。
お車が来たら、作業前の確認を済ませ作業です。
開錠作業自体は、立体駐車場のアラートが鳴る前に開錠終了。
新しい施設の立体駐車場の広さと行き届いた警備の方の
心遣いが印象的な案件でした。

拠点に戻り、新しい施設はどんな感じなのか気になり調べたとこと、
食事が出来るだけではなく、フットサルが出来る設備もあるようです。
いつか使ってみたいなぁ〜と思いつつ、施設内のピザが食べられる
お店の方がより気になった食いしん坊なB隊員でした。

picture




by B隊員

2018.9.23(日)晴れ
バケツ

志木市でBMW523i開錠依頼です。
ガソリンスタンド内でのインロック、分かりやすいですが、
近辺混みやすい場所です。

別件での救助が終わると立て続けに入った救助です。
道順を調べ軽快に救助場所を目指していると、
ポツリポツリと小雨が身体にあたる様になってきました。
最初の救助の為、拠点を出た時は少し晴れてたのになぁ〜。
なんて、空を見ていても何の解決にならないので、
そそくさと合羽を着こみ再出発です。
暫く走行しているとすぐに雨が止み始めました。
降ったり止んだりの時は脱ぐ時間がもったいないので、
そのまま現場を目指し、目当てのガソリンスタンドを発見。
お客様は店内でお待ちでしたので確認作業で一旦出て来て頂き、
再び店内でお待ち頂きました。
俄かに雨足が強くなったように感じ、今のうちにと一気に開錠します。
少し鍵穴がドアノブで埋まっていてやり辛いタイプですが、
お客様に早かったとお褒め頂ける時間で開錠終了です。
お客様をお見送りし作業完了。とりあえず拠点に戻ります。
拠点に戻っていると少しづつ雨足が強まってきました。

拠点に戻り合羽を干していると、イキナリ、
バケツをひっくり返した様な大雨に変わりました。
今年の秋は雨が多い気がするうえに激しい気がします。
たかが雨と油断せずに対策が必要な感じです。
冠水道路の情報も怠らず収集しています。

picture




by R隊員

2018.9.17(月)晴れのち曇り
絶望から一転

台風真っ盛りの午後、
川口市でBMW320iの開錠依頼。

リモコンが壊れてしまい車内に入れずに、
更にメカニカルキーは破損しているとの事で。

台風のおかげ?もあり道路はスカスカ。
運よく降られず、あっという間に現場に到着。

さて、問題の車両ですが.........

一目で解かる壊れっぷり。
ここまで強烈なのは初めて拝見しました。

隊長と連絡を取りつつ、
次の一手のアドバイスを頂きながら作業を進めます。

が、どれも全く効果なし。
手強いぜ、BMW。

何とかしないといけない焦りと、
何とも出来ない現状で漂う絶望感。

通常の作業では多分無理なのかな、と諦めが出た矢先、
お客さんから「実は以前〜」と意外な一言が。

詳しくは書けませんが、その一言のお陰で無事解決となりました。

最初から鍵が壊れている(個人的には)絶望的な1件でしたが、
まだまだ対応力や機転が聞かない事に先輩との壁を感じるR隊員でした。

picture




by B隊員

2018.9.9(日)晴れ
猫ロック

丸の内のビル地下駐車場でBMWミニの開錠依頼です。
別件の案件が終わり拠点に戻ってる最中での受注で、
携帯電話も閉じ込み状況・・取り急ぎで現場を目指します。

現場目掛け移動していると追加の情報が入ってきました。
猫が閉じこもっていてお急ぎとの事です。
地下駐車場で直日の心配はないとはいえまだまだ車内温度が
高くなっている心配があります。

該当駐車場に着く前に電話で駐車場の方とやり取りをしていたので、
駐車場内でお客様の車への案内が親切かつスムーズ。
現場に到着しましたがお客様が見当たらず駐車監視員の方と
周りを見渡しますが、居ない為探しつつ車の中を見ると、
ダッシュボードの上に横たわる猫・・・
アレ・・??ピクリとも動かない!!!
俄かに焦り出しているとお客様がいらっしゃりました。
すぐに作業開始。こんな時に限ってカバー付きの車輛です。
からの、たまにあるカバーがやや固まってて取りづらくなってます。
以前にミニで同じ様に固まっている車輛を経験しているので、
ここはすんなり突破!あとは開錠に集中します。
インロックのドア開けはすぐに解決しました。
今回は開錠後ドアを開ける時、一気には開けられません。
開けた瞬間に猫の脱走劇を警戒し、そーっと開けつつ中を見ると
アレ!!見当たらない!!まさか隙間から???
一人考えているとお客様が「人見知りする猫だから隠れちゃったね。」
と、落ち着いていらっしゃいます。
鍵の取り出しはお客様とバトンタッチし万が一の脱走に備えましたが、
ドアを開けっ放しにしても出てきません。大人しい猫でした。
脱水症状の心配もなく一安心です。

子供や生き物のインロックは早急な解決が求められます。
対応した時、お客様の不安を少しでも減らせる様に落ち着いた
雰囲気を出したうえでの速攻開錠出来る様に日々研究です。

picture




by R隊員

2018.7.23(月)晴れ
そろって汗だく

休日の午前中BMW523の開錠依頼。
場所はゴルフ練習場の駐車場との事。

実はゴルフ練習場はからくりがあり、
伝えて貰う住所=車のある場所、とは限りません。

事務所の駐車場やコース専用駐車場など、
複数ある場合が当たり前で、区画の広さも桁違いです。

今回はお客さんの細かい指示があり、
ゴルフ施設にしてはあっさり現着。

気分よく速攻開錠を試みます。

しかし当日の暑い事、暑い事。
太陽が真上にあり日差しから逃れられません。
(しかも周囲に日陰なし)

更に車のボディも尋常でない位い熱を持っています。

暑さと流れまくる汗に悩ませながら無事開錠。
振り向くと汗だくのお客さんが。

お客さんとそろって汗だくだくです。
申し訳ないと思いつつ取り急ぎ鍵の確認。
無事鍵を発見し、お客さんも安心したご様子。

灼熱地獄からの解放で自分もほっと一息。

有難うございましたと言いながら軽い足取りで
施設に戻るお客さんの体力に驚きながら現場を撤収。

帰りがけ更に熱くなるであろう今年の夏に、
一人頭を悩ませるR隊員でした。

picture




by Y隊員

2018.7.18(水)晴れ
真夏のチャイルドインロック

小平市よりミニ クーパーの開錠依頼。
車内には携帯電話、そしてお子様が閉じ込められているとの事。

現場は地下にあるスーパーマーケット駐車場。
きつい日差しは避けられるとはいえ35℃以上の気温、
最短での現着を目指します。

地下の駐車場に駆け込むとミニの周りに数人の人だかり。
そして汗だくで泣いている赤ちゃん。
「早く来てください!」と電話で話しているママさんを脇目に
速攻で作業開始し無事に開錠です。

赤ちゃん救出後に消防隊員と警察官が到着。
どうやら、いの一番にお店の電話を借りロードサービスへ救援のお願いをし、
車に戻ると他の駐車場利用の方が汗だくで泣いている赤ちゃんに気づき
消防も呼んだ方がいいとのアドバイスで携帯を借り出動要請をした模様。
結果的に早く到着し、すぐに解決できたので本当に良かった・・

救出後、水を飲んだあと無邪気に笑う赤ちゃん。
この笑顔を守るためにもお子さんの救出時は全力で対応します。

picture




by K隊員

2018.7.3(火)晴れ
帰りも運悪く

BMW・523iのインロック。

場所は千葉県市原市のゴルフ場で2番手の出動。
到着するとゴルフ場の電気は消えていて真っ暗。

車は鍵穴が深くて慣れていないと難しいタイプ。
幸い何十台も開けているので問題なく無事解錠。
ようやく帰れるとお客様にも大変喜んで頂いた。

日曜の夜ということでお客様は帰りのアクアラインの
渋滞を気にしていたが、来る時反対車線は渋滞
していなかったのでスムーズに帰れると思ったら、
なんとトンネル内で事故がありかなり渋滞している。

自分はバイクなのでさほど影響なく帰れたが、
お客様はインロックと渋滞でかなり疲れたかもしれない。

picture




by Y隊員

2018.5.30(水)曇りのち雨
夜明け前の二番手出動

深夜2時すぎ、昭島市より
BMWアクティブハイブリッド7の開錠依頼です。

実は日付が変わる前の夜9時過ぎに一度ご依頼いただいた案件。
到着までにかかる時間を1時間半とアナウンスしたところ
断られたご依頼で、二番手での出動要請です。

極力急いで向かい何とか一時間ちょっとで現着。
しかしお客様は離れたところにいらっしゃるようで
待っている間に車両を観察すると前の業者さんの激闘の跡がうかがえます。
その後3時半過ぎに合流し数分で解決です。

お見送り後に受注担当のA隊長と話していると
東の空が明るみだしてきました。
お客様はこのままあまり睡眠がとれずに一日が始まると思うと
なんだかとても申し訳なくなってきました。

基本的に助人の到着所要時間は何もなければ必ずたどり着ける時間です。
本音を言えばギリギリの時間を伝えてじゃんじゃんご依頼を受けたいのですが
お待たせするお客様のことを考えるとそうもいきません。
それにアナウンスより早く到着した方がお客様も安心しますし。
ただ今回のようなことがあると色々と考えてしまいます・・

picture




by R隊員

2018.3.2(金)晴れ
トランク

葛飾区の量販店よりBMW3シリーズの開錠依頼。
ドアは開いてるけどトランクが空かないとの事。
久しぶりのトランク開錠です。

現場に着くと納得です。カブリオレタイプの車両でした。
お客さんに確認を取ると「鍵は恐らくトランク」との事で作業開始。

しかしピッキングすれどもすれども、 手応えが全く有りません。
開錠方向が違う可能性が有った為、
トランクの使用状況を細かく伺います。

成る程、それでは逆回転に、、、
「手応えアリ」で無事開錠。

お客さんには大変喜んで頂けましたが、車両によって開錠方向が違う為、
「確認→即開錠」と行けなかったのが悔やまれます。

お客さんにはエンジンが掛かった状態か、メカキーが無いとトランクは
開かない事をお伝えすると、かなり驚いた御様子でした。

外車、特にオープンタイプの車は防犯の為、
車内からは簡単にトランクが開かないようになっています。
メカキーの予備などには注意が必要ですね。

とは言え久しぶりのBMWのトランク開錠、
存分に堪能させて頂きました。

picture




by Y隊員

2018.1.9(火)晴れ
冷凍庫の中

12月に出動した、BMW Z4の開錠依頼。
現場は秩父駅前にある温泉施設の駐車場です。

ご依頼は22時過ぎ、到着するころには施設も閉店しています。
その日の都内もかなりの冷え込みだったので
特に更なる防寒もせずに急いで出動です。

しかし現場に到着すると寒さの質が違います。
車もすでに霜が付いていて
合流したお客様も自分も尋常じゃない震え方をしています。
急いで開錠し自分も早めに撤収です。

すると受注担当のA隊長より秩父の現在の気温は−3℃との報告。
道理で変に震えるわけです。一気に寒さが増しました・・
風邪の時に熱を計って測って
高熱が判明したとたん具合が悪くなる感じに似ています・・

しかし12月でこの気温。
寒さ本番のこれからどうなっていくんだろう・・
戦々恐々です。

picture




by B隊員

2018.1.6(土)晴れ
今年初

今年最初の出動は年が明けて直ぐにBMW320iでした。
ほんの数時間前の大晦日の夜には東京の夜景を独り占め!
みたいな感じで、ほとんど車も走っていませんでしたが、
結構車の台数も増え、初詣に向かう方々も見受けられます。

お車は板橋区の住宅地のマンション前の駐車場。
お客様と合流し、早速開錠開始ですが、
セキュリティーアラームが鳴ってしまうかも・・・
元旦の深夜に鳴り響いてしまうかも・・・
考えると身震いするので、鍵の有る場所を聞き、
「鳴ったら解除しますので、鍵をすぐに取り出して下さい。
ドアが開く前お知らせしますので、近くのドアにいて下さい。」
すぐ取れるドアの前でお客様に少しお待ちして頂きます。
真冬の寒さのせいか、鍵内部のグリスが凄く硬くなってます。
素直な反応とは言えませんが地道に見極めつつ作業を進め、
無事開錠完了!鍵を回しきる前に、お客様にお声掛けして、
ドアをオープン・・・良かったアラーム鳴らなかった・・・
後は、作業後の確認をしてもらい作業完了です。
帰り際にコーヒーのお年玉を頂きました。ラッキーです。

一年前は想像もしていなかった仕事に就き、
こうして一件一件積み重ね少しづつではありますが、
確実に成長してこれた昨年・・・
今年はどれだけ成長出来、迅速に対応出来るようになるか、
来年の今頃が今から楽しみです。

picture




by A隊長

2017.11.28(火)晴れ
暴れまわっていた子犬が一転

2017年式BMW740iのインロックです。
現着すると室内に何やら動く物体を発見。

「すみませんねーこの子達が閉じ込んだんです」とお客さん。
よーく見ると子犬がキャンキャン騒いで飛び跳ねていました。

大きなドアハンドルの中にある深い鍵穴を丁寧にピッキングし、
ものの数分で開錠。しかし、問題はこれからですね。
ドアを開けた瞬間に子犬が飛び出してしまうと大変です。
「さて、どうしたもんか」と悩みながら、お客さんに知らせようとしたら、
ガチャリと反対側の助手席のドアが開く音が聞こえました。

お客さんは「これ!お前たち。ダメですよ!」と子犬に叱っているんですが、
叱る以前にダッシュで外に逃げ出すだろうと思って
心配して近づいていくとびっくり仰天です。

しっかり反省しているというか・・
表情も落ち込んでいるように見えます。

あまりに可愛いので写真撮って良いですか?と聞くと、お客さんは子犬たちに
「ほれ!もっと反省した顔よ!そうそう、いいねー!」と促しています。

予想に反してしっかり躾けされた子犬さんたちでした。

picture




by B隊員

2017.11.23(木)雨
もっともっと

東雲でBMW420の開錠依頼です。
夜の12時近い時間・・めっきり夜は冷え込んできています。
少しでもお待たせしないように、急ぎ出発です。

無事に合流後、確認事項を済ませ、早速開錠。
ドア開錠を5分かからずに開錠完了。
ただ、お客さんが鍵を閉じ込めてしまった場所はトランク内。
この車種は車内からの操作が不能になってしまうと、
スペアキ−を使うか、ディーラーに運び込むしか方法がありません。
お客さんをお見送りし、その日は拠点に戻りました。

翌日、また同じお客さんから助人に依頼が入っていたようで、
今度はスペアキ−でも開かないとの事で、隊長がお客さんの元へ行っていました。
隊長が開錠までにかかった時間は1分をきっており、
お客さんの一言目は「早っっ!!!昨日の人より全然早いっ!!」
前日、新人B隊員が同じお客さんを担当していた事を知らなかった隊長・・
お客さんとの話の流れで、B隊員が前日の担当だと気づきフォロー・・
「いや、それでも全然早いんですよ!!」と・・・

現場作業が終わり、さっそく隊長がアドバイスの連絡をくれました。
先輩隊員の様にもっともっと早く開錠出来るスキルアップの為、
日々勉強に勤しむB隊員でした。

picture




by A隊長

2017.11.4(土)晴れ
香取神宮と佐原のうなぎ

千葉県香取市でBMWミニの開錠です。
お客さんへ出発連絡すると「ちょっと分かりづらい場所」とのこと。

佐原香取インターからの道順を聞くと全く問題なさそうなので
「大丈夫です。たぶん行けそうです」と答えると驚かれました。

実のところ香取神宮には年に2度ほどお参りしているA隊長です。
初詣も自家用車のお祓いも全て香取神宮という感じで
かなり土地勘のある場所なわけです。

ミニを開錠後に「この辺はよく来るんですよ」と言うと
「そうだったんですかー!私は初めてで」とお客さん。
どうやらスポーツの大会でたまたま香取に来られたようで・・
香取神宮の「か」の字も出ずにお別れしました。

ちょっと話したかったんですけどね。
香取神宮は静かで立派でとても良いところです。
パワースポットというより癒される感じでしょうか。

午前中に香取神宮を参拝して、昼に長谷川のうなぎというコースが
ここ数年ハマってるというか、仕事の活力になってます。




by Y隊員

2017.11.2(木)晴れ
青梅マラソン出発地点

青梅市よりBMW X1の開錠依頼です。

現場は奥多摩街道沿いのコンビニ駐車場。
無事に開錠をすまし、ふと道路の方を見ると
「青梅マラソンスタート地点」と書かれた大きな看板。

ここが古くから開催していてテレビニュースなどでよくながれる
青梅マラソンの出発地点だったのですね。
ここを出発する沢山のランナーの映像は印象深く圧巻です。

その場でスマホにて調べるとコースは10キロと30キロを選べるようです。
以前、フルマラソンの参加経験がある方に聞いたんですが
10キロ走れる方であればフルマラソンを完走できるそう。

Y隊員が休みの日にするジョギングの距離は大体6キロ。
10キロで42.195キロを完走できるのであれば
6キロ走れれば30キロ完走できるかも。

な〜んだ、俺にも走れるじゃん。と満足して帰路に着きました。
実際に走ってもいないくせに。

picture




by Y隊員

2017.9.27(水)晴れのち曇り
関越のバイクレーン

日曜日の早朝、関越道 坂戸サービスエリアより
2017年式 BMW523dの開錠依頼です。

関越道に入るといつもよりバイクが多いです。
ここ最近、走っていても気持ち良いツーリング日和が続いていますからね。

そして関越道は埼玉の小鹿野や群馬の渋峠など
関東有数のツーリングスポットへアクセスする道路。
他の高速道路と比べてもバイクが多いのですが
今日は更に多いように感じました。

そんなツーリングライダーさん達と関越を下り坂戸に到着。
そして速攻で解決です。

戻りの道中、そういえば上り本線最後の新座料金所に
バイク専用の料金所があったことを思い出しました。
今日はこんなにバイクが多いし開設しているかな?
と一番左端へ寄りながら新座料金所へ入ったのですが・・

閉まっていました。というかしばらく使われていないようです。
ETCにも対応していないようですし、
以前に比べてバイクは少ないしもうこのまま使用しないのでしょうかね?

なんか寂しくなってしまいました。

picture




by A隊長

2017.8.18(金)晴れ
救急隊より速く

BMW・X6の子供インロックです。
久々にしびれる現場でした。

救急隊の人たちをかき分けて、速攻目指してピッキング開始、
するとお母さんの叫びにも似た会話が飛び込んできました。

お母さん「さっき十円玉を飲み込んだんです!」
救急隊「いや口の中にまだ残ってるように見える」
救急隊「それより目の前のタバコが危険だ」
救急隊「お母さん窓を叩いて気をそらしてください」
救急隊「あ!!タバコを手にした!!まずい!」
お母さん「ダメーー!食べないでーー!!」

現場は過酷を極めました。近所の人たちもたくさん囲んでいて、
救急隊の人たちが窓ガラスを割ろうとした瞬間に開錠です。

本来は数十秒で開けるつもりでしたが結果的に1.5倍かかりました。
タバコのやり取りで手が震えてピッキングし直したんですよね。

まだまだ修行が足りないことを痛感するとともに
妙に新鮮な気持ちになりました。

picture




by B隊員

2017.7.14(金)晴れ
ホスピタリティ

浦安の某有名テーマパークにてミニクーパの開錠依頼。
閉園時間真近での依頼で、門が閉まってしまう時間帯。

先輩から出発前の連絡で、お客さんに,テーマパーク警備さんに、
現状を伝える事をして頂くよう依頼する事を指示される。
早速お客さんに電話をかけ、警備の方に現状を伝える事をお願いしてみる。
「分かりましたやっておきます!」とお客さん。合流を円滑にする為に必要な事でした。

現場の入園口に着くと照明も落ち、バリケードも設置されてます。
人影も見えませんが、そのままバイクで入口に近づくとサッと人が出てきました。
「聞いてますよ。○○様のロードサービスの件ですよね?」
直ぐに中に入れてくれ、救助場所を説明してくれました。
目安がついたので向かい始めると、別の警備の方が来てくれて、
「自転車ですみませんが、現地まで、先導します。」
と言って、対応してくれました。

現場に着き、お客さんと合流し早速開錠作業開始。開錠作業中、警備の方から、
「バッテリー上がりの方がいたら救助できますか?」
「もちろんバッテリ−ジャンプの救助もやってますよ。」
と、答えつつ、速攻開錠で作業完了。
もしかしたら、今日のお客さんの中で必要になるかもと思い聞いてきたようです。

やはりホスピタリティで有名な場所で、警備の方にも行き届いており、
その丁寧な対応に、カタチは違えど同じサービス業に就く身として
お客さんに対する時の勉強になったなぁ〜と思いつつ、
拠点に戻るB隊員でした。

picture




by K隊員

2017.6.10(土)晴れ
たまにあるケース

午前0時過ぎにBMW3シリーズのインロック。

場所は千葉県の横芝光町。
アクアラインから圏央道を進むと茂原長南インターから先がなんと通行止め。
現場までまだだいぶ距離があったが、長距離仕事は30分ほど幅を持って
時間出ししているので一般道でもなんとか予定時間内に到着。

依頼時は聞いていなかったが、最初に頼んだ鍵屋さんが
1時間半ほどやっても開かず2番手の出動だったようで、
お客様は開くかどうか心配している。

BMWの少し前のモデルは一見同じ鍵でも手ごたえがなかったりして、
攻略法を知らないとなかなか開けられない鍵があるので侮れない。

助人では攻略法もばっちりなので通常の鍵と同じように無事解錠。
お客様にも大変喜んでいただき気分よく帰路についた。

picture




by Y隊員

2017.3.26(日)晴れ
謎のロック

八王子より2004年式BMW320iのトランクインロック。
普段使えている室内のオープナーがなぜか効かないとのこと。

もしかしたらこういう状況かも・・
と想像しながら到着するとビンゴでした。鍵穴が横になっています。

車種にもよるのですがBMWのトランクのカギは
開錠方向の逆に回すとロックをかけることができるのです。
この状態を治せるのはメインキーだけ。
ホテルなどで車を預ける際にメインではないカギを預け
トランクに入れた貴重品を守るシステムです。

ですのでサックっとこの状態を解除しそのまま開錠方向へピッキング。
解決後にお客様へ上記の事を話させていただくと
「でもカギを刺してトランクを開けたことがないんだけど・・」
と不思議がります。

いたずら?でも比較的難しいキーシリンダーなので
こんな手の込んだことをするとは思えないし・・

お客様とともに謎が深まる作業でした。

picture




by A隊員

2017.2.8(水)晴れ
壁ピタはつらいよ

千葉市で2014年式BMW・X5の開錠です。
出発前にお客さんへ電話すると作業時間を質問されました。

「何も問題なければ5分ほど」と伝えて現場へ急行したんですが、
現場に到着してみてビックリ仰天です。

運転席が壁ピタです。
鍵穴は運転席しかないんですが、壁にピッタリ寄せて止まってるので
いつものピッキング開錠が出来るスペースがありません。
事前に5分と伝えたことを後悔するとともに「これ解決できんの?」と
自問自答しながら作戦を立てました。

まず運転席をピッキングしました。
いつもの作業が出来ないので取って置きのウルトラC炸裂です。
何とか開錠するもののドアは5cmほどしか開きません。

その隙間に合わせて身体をアメーバのように流動化させて侵入・・
という風には行きませんが、それに近い雰囲気で解決しました。

作業時間はなんだかんだで1時間です。
ほとんどが傷が付かないよう養生したりした時間なんですが・・
今年一番シンドイ作業となりました。

picture




by K隊員

2017.1.17(火)晴れ
さすがに寒い

千葉県勝浦市でBMW・ミニクーパーのインロック。

南房総方面は海沿いで入ることが多いが、
今回は太平洋を望む高台に造られた南国をイメージさせるリゾート街。
家がたくさんあったが別荘利用の他に定住者もかなり多いようだ。

長距離仕事の場合いつもは防寒装備ばっちりで出発するので寒くはないが、
今回は出動中に依頼があり終了後都内仕様の装備でそのまま現地へ。

今季最強の寒波襲来中で都内でも一桁の気温。
一般道はまだいいが高速に乗るとオーバーパンツを履いてないので超寒い。

幸い解錠作業に影響は出ず体調も崩さなかったので良かったが、
なかなかしびれる走行だった。

picture




by Y隊員

2016.11.6(日)晴れ
異国への出動

横田基地の中へBMW320の開錠に行ってきました。
ご依頼は軍施設のアメリカの方です。

福生や武蔵村山とかの周辺には何度も出動させて頂いているのですが
フェンスの中に入るのは初めて。
まず車のある場所へ行くまでがすごく大変でした。

厳重な警備をしているゲート付近の施設でエスコートを待ちます。
まずそれがなかなか来てくれません。理由は後でわかるのですが・・
その後、免許書とバイクの書類のチェックに連絡先の申請。
それでやっと中に入れました。

そしてBMWのある場所が車で10分ほどかかるゲートから見て反対側の施設。
なのでエスコートの時間がかかったのでした。
ゲート付近のちょっとした街を抜け(信号機アリ)
滑走路を越えて向こう側の街並みを更に抜けてやっと到着です。

開錠作業は数分で完了、
ただココまで来るのに見る景色がすべてアメリカだったので
凄い旅行をした気分です。

不謹慎ですがちょっと楽しい出動でした♪

picture




by A隊員

2016.9.10(土)晴れ
現時点で一番難しい

BMW・i8を開錠しました。
おそらく現時点で最高難易度の車になると思います。

そもそも鍵穴が見えないので普通にピッキング出来ないし、
ガルウィングなので無茶な開け方も出来ないです。

ここ最近ずっとi8を開けるのが目標というか、夢でした。
初めてi8を知ったのは2年近く前ですが、その時に感じたことは
「今のレベルでは絶対開けられない」という絶望感。
あれから楽しいことがあっても、なぜかスッキリしないというか、
心のどこかで不安が引っかかっているような感覚でいました。

なので必死で研究してきたというか、寝ても覚めてもi8一色ですね。
待機中や休日、空いた時間は全てi8に費やしてきたんですが、
それが今日、ようやく報われました。

不思議なもので「そろそろi8開けられるかな?」と思い始めたときに
開錠依頼が入るという巡り合わせです。

昔はベンツトランクを開錠出来ることが助人サービスの誇りでしたが、
これから当分はi8が誇りになるだろうと思います。

picture




by K隊員

2016.9.6(火)晴れ
日焼けスポット

BMW・3シリーズのインロック。

場所はお台場海浜公園の駐車場。
携帯電話も閉じ込んでしまい連絡がとれないので、
車のところで待っているとのこと。

予定時間少し前に到着したがお客様は見当たらず。
服装は海パン一丁とのことだったので周りを見渡すも
それらしき人がいないのでしばらく待っていると戻ってきて無事作業開始。

お台場海浜公園は水質の問題からか遊泳禁止となっているが、
お客様のように水着で日焼けをしている人はかなりいるようだし、
今年はポケモンGOのスポットとしても賑わっているようだ。

picture




by A隊員

2016.6.18(土)晴れ
助人サービスの弱いとこ

BMW523iを開錠しようとしたらドアハンドル周りが汚れていました。
鍵穴から流れ出たような汚れが、ドア下までつながっています。

お客さんから「前に来たカギ屋さんがスプレー剤を・・」と聞いてピンときて
これはパーツクリーナーだな、と思いました。

結局のところ前のカギ屋さんは開錠出来ず帰っていったようで
助人は2番手だったというのを現場で知りました。
かわいそうなのはお客さんで、新車の5シリーズのドアをドロドロにされて
現場キャンセルというか、出張料まで取られるという・・

助人だったらパーツクリーナーとか絶対やらないし、
開錠出来なかったらお金は取らないし、
というか絶対開けるし、

などと心の中でつぶやきながら速攻開錠すると、
お客さんから「先に助人さんが来てくれたら・・」と言われました。

こればっかりは助人の認知度の低さが問題というか・・
もう少し宣伝に力を入れないと、ですね。

picture




by H隊員

2015.12.15(火)曇り
職業故の葛藤

 昼過ぎ、BMW・525iの解錠依頼である病院まで。

 白衣を着た年配の女性がご依頼主。胸に付けている名札には病院名と同じ苗字があり、その上に「婦長」と書いてあったので病院で責任ある地位の方と思われます。
 そのお客さんに物腰の柔らかな口調で「申し訳ないのですが、この後、予定があるので少しばかり急いでます」と言われ俄然やる気が出ます。

 車輌は2010年式で、少し深い鍵穴がドアノブと一体になっている、ちょっと難しいタイプ。この種類のドアノブが出始めた数年前は、解錠依頼があれば随分と構えて挑んでいた事を思い出します。月日が流れた今となっては構える事もなくなりました。

 そんな事を考え、時の流れを感じつつ感慨に耽っていると、これまた白衣を羽織った若い男性がやって来ます。そして婦長さんと何やら話し込むのですが、聞くでもなしに耳に入ってくる会話が物凄く重い…

 今更ながら、人の生死に関わる職業の方は本当に大変なんだと思いました。話しの内容から、既に525iの解錠を済ませているのに、声をかけるのを躊躇わざるを得ないほど重いモノだったのです。

 病院を離れてからも何だか色々考えちゃいました。

picture




by H隊員

2015.12.5(土)晴れ
〜〜の駅

 栃木県鹿沼市までBMW・425iを解錠に行った帰り道。そのままとんぼ返りで高速に乗ろうと思っていたけど、急に缶コーヒーが飲みたくなったので商店らしき駐車場にバイクを停めた。

 温かいコーヒーを飲みながら、何気に辺りを見回すと、見慣れない看板が目に入ってきます。そこには【まちの駅】と書いてある… 道の駅なら知ってるけど、まちの駅って普通の駅の意味なんじゃね…?と文字面だけだとそう思ってしまう。でもそこは鉄道の駅があろう場所ではなく普通の商店。にもかかわらず駅とはなんぞや?
 と言う訳で、気になったので調べてみましたよ。

 【まちの駅】 〜人と人の出会いと交流をサポートするまちの情報発信拠点〜 という事らしいです。

 まちの駅マップで全国の分布状況を確認すると、栃木・新潟・静岡・福岡・鹿児島が特に多いようですが、それ以外の都道府県にも概ねあるみたいですね。
 一覧を見ていて気になるのは故郷・北海道。一通り見てみてみたら、根室本線・芽室駅の駅ビルにまちの駅があった。
 鉄道の駅にまちの駅…うーむ、ではいっそ道の駅も作ってはどうだろう? という発想に至るのはオヤジだからではなく、単に韻を踏んだ気分になりたいだけだと思う。多分そうに違いない。

 と、まちの駅について書きましたが、駅つながりという事で強引に豆知識。
 都心から一番近い【道の駅】は川口市にある【川口・あんぎょう】で、東京都にある道の駅は【八王子滝山】の一か所。どうでも良い豆知識でしたね、スミマセン。

picture




by Y隊員

2015.11.28(土)晴れ
貴重な日曜な午後

日曜日の午後にBMW320iの開錠依頼です。

到着するとクリーニング屋さんの前に停まっているBMW。
お客様はそのクリーニング屋さんを利用されている方です。

無事に開錠するとクリーニング屋さんへ入り
一週間分のワイシャツを抱えて戻ってきます。
「この荷物をもってドアを開けようとしたら閉まっててさ」
毎週、同じ店で同じことをしているのに今回が初めてのトラブルだそう。

きっと誤作動でのインロックですね。
リモコンキーの電池が減ってくると誤作動しがち、
なので交換のアドバイスをさせて頂きます。
「貴重な日曜の午後を無駄にしないためにもスグ交換するよ」
とお客様。

そうそう、土日休みの普通の仕事だと日曜の午後って貴重なんですよね。
明日から仕事か・・ゆっくり時間が進まないかな・・とか思ったりして。

日曜日の独特な雰囲気がそう感じさせるのでしょうね。
基本的に平日休みなので忘れていた感覚です。

そんな日曜の午後の気分が少々懐かしく感じてしまいました。

picture




by A隊員

2015.11.21(土)晴れ
究極奥義

98年式BMW318iのトランクを開けてほしいというご依頼。
色んな意味で大変な案件となりました。

お客さんは自分でバッテリー交換をしようとしてトランクを開けて
バッテリーを抜き取り部屋に戻ってる最中に奥さんが閉めたとのこと。

お客さんが「何でお前は勝手に閉めるんだよ!」と怒ると奥さんは
「普通閉め忘れたと思うやろ!」と応戦です。
元々夫婦喧嘩だった雰囲気がある感じですが、これの厄介なところは
トランクの鍵穴が壊れていてメカキーが使えないところ。
もちろんピッキングも出来ません。

リヤシートにはトランクスルーは無いし、バッテリーも無いので
電子的な開錠も出来ないという・・

かくなる上は究極奥義ですね。1年ぶりに炸裂させて解決しました。
お客さんと奥さんは「良かったわー」と満面の笑みなんですが、
互いの顔を見た瞬間に真顔へ戻るという・・

A隊員の究極奥義は夫婦喧嘩には効き目がないことが分かりました。

picture




by A隊員

2015.11.16(月)晴れ
イオンとインロックの関係

ガソリンスタンドでBMW650iがインロックしたとの知らせ。
急いで向かったら洗車したての650iが堂々と停まっていました。

まだ水滴の拭き取り作業中だったので合わせてピッキング開始。
ほぼ引き渡しと同時に開錠出来て無事に終了しました。

「洗車する前は何も問題なかったのに・・」と話すGSの店員さん。
濡れたドアを閉めた途端に集中ロックが作動したのこと。
おそらく室内アンテナが水(イオン等)に反応してるだろうと思うんですが
実は洗車場でインロックって結構多いんですよね。

キーの電池残量とか、近くの電波障害とか色んな理由も絡んでくるので、
一概には言えませんが「勝手にインロック」というのは多いです。

A隊員がこの仕事を始めたとき、友人や親から心・zされた理由のひとつに
「今どきの車でインロックする人はいない」というのがあるんですが・・

これは中々理解されないだろうと思ってます。

picture




by K隊員

2015.10.13(火)晴れ
花と緑がごちそうです

BMW・M3のインロック。

場所は千葉県袖ケ浦市にある東京ドイツ村。
入口近くにある管理事務所に寄ると、
園内はバイク通行禁止なので事務所の人が車で送ってくれるとのこと。

園内は車に乗ったまま入園し園内各所に駐車できるスタイルなので、
お客様に電話をし駐車場所を事務所の人に説明してもらって出発。

園内は一方通行なのでぐるっと回るかたちになったが、
広大な敷地には芝生広場、フラワーガーデン、パターゴルフ、観覧車、
アトラクション、こども動物園、ボート池、わんちゃんランド、
収穫体験ゾーンなどがありいろいろ楽しめそう。

今年は11月7日〜3月31日にイルミネーションが開催されるそうだが、
「関東三大イルミネーション」に認定されているだけあって、
土日祝日、クリスマスシーズン、年末年始は大混雑となるようだ。

picture




by Y隊員

2015.10.4(日)晴れ
気になるお魚屋さん

とある休日の夕方、東久留米市にあるお魚屋さんの駐車場より
ミニワンの開錠依頼です。

到着してびっくり、お魚屋さんなのにかなり広めの駐車場
そして車もびっしりの大混雑状態です。

携帯電話にてお客様へおおよその車のある場所をお伺いします。
周辺道路も駐車待ちの車・ナノロノロ進んでいたのですが
バイクの特性を生かしすり抜けにて数分でお客様と合流、
車だったら数十分かかっていたでしょうね・・バイクで良かったです。

無事に作業を終えると購入されたであろう
沢山の荷物を積み込むお客様。そしてお見送りです。

遠くに見えるお店の看板には角上魚類と書かれています。
これだけ人が集まるという事は
良いものを安く提供しているのでしょうね。

ちょっとお店をのぞいてみたかったのですが
沢山の来店客で入るだけでも時間がかかりそうなので諦めました。

休みの日にでも来ようかな・・けど遠いしな・・
けどいつかはお店にお伺いしてみたいです。

picture




by K隊員

2015.10.3(土)晴れ
残り4戦

BMW・ミニのインロックの帰りに大田区仲池上にあるローソンの
前を通ったら、駐車場にホンダのRC212Vが展示してあった。

来週末にツインリンクもてぎで行われるモトGP第15戦日本グランプリの
PRイベントをしていてグッズプレゼント抽選会なども行うようだ。

日本グランプリを含め残り4戦となったモトGPだが、
2連覇中のM・マルケスが前戦で転倒リタイアしチャンピオン争いから脱落。

ポイントリーダーで最高峰クラス8回目の王者を狙うV・ロッシ(今季4勝)と、
3回目の王者を狙うJ・ロレンソ(今季6勝)のヤマハ勢の一騎打ちに。

14ポイント差のチャンピオン争いから目が離せないが、
ワイルドカードで参戦する全日本3連覇中で今年の
鈴鹿8耐も勝った中須賀選手など日本勢の活躍も期待したい。

picture




by A隊員

2015.9.27(日)晴れ
夢は地道にコツコツと

文京区でBMW750iのトランク開錠です。
下向きなので取って置きのオリジナルツールで開錠しました。

ベンツやコルベットにはかなりの手ごたえを感じてるんですが、
BMWは実践回数が少ないので貴重な情報収集となりました。

昨日でNHKの朝ドラ「まれ」が終わったんですが・・
ものすごく共感したのは「夢はとことん具体的」というシーン。
A隊員も全ての下向きシリンダーを覗いてピッキングしたいという夢から
色んなツール開発に没頭してきました。

研究とか開発などと言うと、ちょっとカッコいい感じに見えるんですが、
実際は貴重な休日とお金を無駄にしているんじゃなかろうかという
恐怖との闘いです。素材をケチって無駄にして、結局一からやり直して
「もう二度と同じ過ちは繰り返さない」を何度繰り返してきたことかw

「夢」と「地道にコツコツ」は対照的に考えられがちなんですが、
まれの言うとおりどちらも一緒ですね。

夢は地道にコツコツ行かないと叶えられないです。

picture




by K隊員

2015.9.23(水)晴れ
楽しみいろいろ

千葉県館山市でBMW5シリーズのインロック。

シルバーウィークの午前中ということで、
アクアラインの海ほたるを先頭に首都高湾岸線も大渋滞。

館山道でも渋滞があったが到着予定時間前には無事作業を終え、
いつもながらバイクでよかったと思えた。

SUP(スタンドアップパドルボード)をしに来たというお客様。
帰りに北条海岸沿いを通ったらこちらでも水上バイク、バナナボート、
グーグルのCM「水圧で空を飛ぶ」で話題になったフライボードなど、
マリンスポーツを楽しむ人が多くいた。

どれも楽しそうだがとくにフライボードは一度はやってみたいものだ。

picture




by Y隊員

2015.8.30(日)曇り時々雨
暑い日の作業

涼しい日が続く今日この頃なんですが
まだ暑かった日に最新式のBMW523の開錠に行ってきました。

その日の予想最高気温は35℃。でも体感温度はそれ以上。
なので極力時間を短縮する為に到着数分前にお客様へ連絡。
しかし到着後なかなかお客様が現れません。
10分程経過しさすがにこれは・・と再度連絡。
すると今から向かうとの事で更に10分待ってやっと合流です。

ご本人確認後に作業を開始しようとすると
「開いたらまた連絡ください」と先ほど居た所へ戻ろうとするお客様。
たぶん向こうに到着する前に開いてしまうかも・・
と話すと渋々日陰に避難されます。そして無事に開錠です。

「最初に来た鍵屋さんは2時間作業をしてまして・・」
その2時間、ずっと付き添ってグロッキー状態になったお客様。
開けれそうな業者を探すため知人宅へ緊急避難。
そして作業中にまた待つのは嫌だから今度は退避して・・という経緯のよう。

というかこっそり2番手業者だったんですね。
そしてすぐに開いてよかったです。暑い日は時間が経過すると
集中力がかなり落ちて開くものも開かなくなりますからね。

これからまだ暑さの振り替えしもあるでしょうから
気を引き締めて対応したいと思います。

picture




by J隊員

2015.5.28(木)晴れ
BMW・M5

BMW・5シリーズの開錠要請で現着すると
ハイパフォーマンスモデルのM5でした。

値段も馬力もスーパーカーなこのM5、
エンジンが前モデルの5リッターV10から
4.4リッターV8ツインターボとなっていて
ダウンサイジング化の波がMシリーズにも来ているようです。

前モデルからの乗り換えというお客さんが話すには
小排気量化の効果で燃費が少し良くなったそうで
維持するのが大分楽になったんだとか。

参考までに、と大よその維持費を伺ってみて耳を疑いました。
それによると車検のある年は国産普通車が新車で買えるくらい…

さすがスーパーカー、無理して買ったりしたら大変な事になりそうですね。

picture




by A隊員

2015.5.10(日)晴れ
衝動に駆られて

BMW335iのトランク閉じ込みです。
H隊員いわく「たぶんカブリオレだから直アタックだね」とのこと。

BMWは室内から開けられるケースも多いんですが、
以前対応した335はドア開けても無反応だったとのこと。

現着して驚いたのはクーペだったこと。
「クーペならドア開ければトランク開くかも」と考え込んでいると
「ドアとトランク、やりやすいほうで開錠して下さい」とお客さん。
今回は料金に差はないので独断で「やりたいほう」を選びました。

鍵穴下向きのトランク開錠です。
先日夜間用のメガネを新調したので鍵穴内が良く見えます。
今となっては時間的にも労力的にもドアと変わらないというか、
もしかしたらドアより早いかも、です。

開錠後に思ったんですが・・
ドアから開けたほうが情報収集出来たなーと反省しました。
室内スイッチが反応したかどうか見てからでも良かったなと。

情報収集的には良くない選択だったんですが・・
トランク下向きは毎日でも対応したい衝動に駆られてます。

picture




by H隊員

2015.4.29(祝水)晴れ
昔のやり方

 BMW・ミニの解錠依頼でとあるガソリンスタンドまで。

 現場に到着するとお客さんと店員さん数人が車を取り囲んで神妙な顔つきで何やら話しをしていた。もしや子供インロックだったのか?と焦り気味で車に近付き中を覗いたが子供はいなかった。真夏程ではないがもう随分と気温が上がってきたので、中に閉じ込まれている時間が長いと心配になります。取りあえず超緊急事態では無かったのでいつもの流れで作業に入った。

 フルメッキのハンドルとキーシャッターに気を使いながら優しく解錠。全てのドアが電気的に解除される音を確認した後、運転席のドアノブを引くと… 開かない。なぜ?
 ドアを引いた力を抜いて今一度引き直してみるがやはり開かない。どうして開かない?? もしかして解錠方向を間違えて施錠した?? いやいやそんなことはありえない。ではなぜ開かないのか。壊れてるのか??
 一人でうんうん唸っているとお客さんが「開いたような音がしたけど?開きました??」と言いながら助手席のドアノブを引くとなぜか普通に開きました。という事は…嫌な予感…。その後、中からインナーハンドルを引いてやっとこ運転席のドアが開いたのでした。

 もともと壊れていたのだろうか? それとも窓の隙間からゴニョゴニョしたのか? ガソリンスタンドってシチュエーションを踏まえると後者の可能性が高い。状況が状況だけにそこを確認しないで立ち去る訳にはいきません。少し聞き難くはありましたが、お客さんと店員さんに質問してみると、やはり・Sニョってしまったという事でした。

「あぁぁ そうなの あの方法じゃ開かないの? 昔はあれで… 」と店員さんが落ち込む姿を見てるのが辛かったです。

 最近の車は旧来の方法では開かないのが殆どです。インロックの際には専門業者にご連絡頂くのが宜しいかと思います。

picture




by A隊員

2015.3.23(月)曇り
美女からの難しいご依頼

ネットで検索されたお客さんから直接依頼が入ってきました。
左ハンドルのBMW528iでちょっと厄介なシリンダーです。

右ドアなら無問題ですが左ドアになるだけで難易度高しです。
慎重に傷を付けることなく数分で開錠しました。

「わーさっき読んでた日記の通りだね」とお客さん。
検索してヒットしていたのはこの隊員日記みたいです。
「BMW 開錠」とかで検索したとのことですが・・
そんな上位に結果表示されるんだろうかと思いましたが、
よく考えれば日記は膨大な量というか、11年分ですね。

「この作業も書いてくれるんですか?」とお客さん。
何なら写真もということなので、車だけ撮影しようと思ったら、
お客さんも一緒に写してほしいとのこと。

カギは難しかったけれど・・
美女3人に囲まれたありがたい現場でした。

picture




by H隊員

2014.12.5(金)晴れ
観察ポイント

 そぼ降る雨の夜、BMW・218iの解錠依頼。

 新しく2シリーズが出たとは知っていましたがまだ実物を見ていません。なので近くで見られるチャンスなのでしっかり観察して来ようと現場に向かいます。

 まずは解錠を速攻で終わらせます。そして一息ついたところで手持ちのヘッドランプを使って各所を舐め回しました。

 やはり気になるのはロックにまつわる部分。
 スマートキーが普及し鍵穴が一か所しかなくなっている昨今の車事情では、10年前には想像する事さえ出来なかった状況でのトラブルが起こり得ます。なので新しい車が出ると穴の開くほどの観察を経た予備情報の共有が必須になっています。
 と言う訳で暗い中でも時間の許す限り2シリーズを観察させて頂きました。

 その後、拠点に戻って…
 「2シリーズってどんな感じの外観だった?」と聞かれて「はっ!」とします。なんでかと申しますと全く車の形を覚えていなかったのです。
 いくら真っ暗だったとはいえ、少しは全体像を覚えてろよと自分に突っ込みますが、ハッチバックだった事と色くらいしか思い出せません。取らせて頂いた写真も自分が気になるドアノブとか、インナーハンドルとか、ボンネットオープナーとか妙なところのピンポイントばかりで、車全体を写したのが全くありません。その写真を普通の人に見せると絶対オカシナ人と思われるに違いありません。

 でもいいんです、そんな自分を仕事熱心なヤツだと自画自賛する事にしときます。

picture




by K隊員

2014.5.16(金)晴れ
抜けたらラッキー

BMW・3シリーズの解錠依頼。

到着するとドアの鍵穴にキーが差し込まれていた。
長年メカキーで開け閉めしていたらキーが抜けなくなったとのこと。

キーは施錠方向に若干傾いた状態で、
施錠方向には回るが解錠方向には回らない。

簡単には抜けそうもないので取り敢えずトランクをピッキングし、
トランク・Xルーから車内に入って、
全てのドアを確認してみたが残念ながら車内からも開かず。

キーが抜けない可能性もあるし、
自宅が車で15分程の所とのことだったので、
一緒にいた友人の車を借りスペアキーを取りに行くことに。

なんとかキーが抜けないかなと思いいろいろ試してみると、
ラッキーなことにお客様の到着と同時にキーが抜けた。

再度トランクから車内に入りエンジンを始動すると、
無事ドアを開けることができたが修理が必要のようだ。

picture




by A隊員

2014.4.30(水)雨
言い訳

BMW750iのトランク閉じ込みです。
お約束の鍵穴が下向いているバージョンです。

NEWアイテムで速攻開錠!と行きたいところなんですが・・
結局のところ15分ぐらいかけてのヘトヘト開錠でした。

何だか、いつも苦戦してますね。
工具作りは「これだ!」的な発見があって、大きく前進するんですが、
今回も「これかな?」「これかも・・」という感じです。

難しい鍵はいくつも研究してきてるんですが・・
たいてい試作品まで行けば、そのまま実戦に使えることが多いです。
今回は簡単に事が進まないというか、難敵ですね。
改善しては苦戦して・・の繰り返しです。

たぶん他の手段で開錠出来るというのがネックになってますね。
今の段階ではNEWアイテムがなくても問題がないというか・・
困ったら既存の技術で開錠すればいいじゃん、とか思っています。

しばらく時間がかかりそうな感じです。

picture




by K隊員

2014.4.6(日)曇り一時雨
BMW i3

BMW・i3のインロック救援依頼。

初対応のi3は昨日発売開始された新型の電気自動車。
一見するとカギ穴がないタイプだが問題なく無事解錠。

純粋な電気自動車のモデル(499万円)の他に、
発電用に647ccの直列2気筒ガソリンエンジンを搭載し、
航続距離を約300kmとしたレンジ・エクステンダーモデル(546万円)も発売。

日本では約7割がレンジ・エクステンダーモデルらしく、
ヨーロッパなどとは逆の売れ方のようだ。

街中でだいぶ見かけるようになった日産・リーフ(約287万円〜)より
かなり高額だがどれぐらい売れるのか興味深い。

picture




by K隊員

2014.3.27(木)雨のち曇り
車はどこに?

BMW3シリーズのインロック救援依頼。

場所は大型複合商業施設の地下駐車場。
指定の階の駐車ゾーンに到着したが車が見当たらない。

「たしかこのゾーンだったのに」とお客様。
他のゾーンを捜してみると10分ほどで車を発見。
お客様の記憶違いだったようで発見して一安心。

広い駐車場などでも迷わないように駐車位置をGPSで測定保存し、
車をどこに停めたか案内する便利なスマフォ用アプリもある。

地下や立体駐車場では正確な位置が記録できないこともあるので、
メモや写真を撮れれば確実か。

picture




by H隊員

2014.3.26(火)晴れ
交換したばかり

 BMW・X5の解錠依頼でとあるスポーツ施設まで。

 「なんでインロックしたのか分からないんだけど原因って分かります?」とお客さんからの質問。こればかりはメカニカルな場合からヒューマンエラーまで色々あるので一概には答えられない。なので余計な心配をさせない為にも故障と言うよりはセキュリティー機能の意図せぬ作動が圧倒的に多いとご説明。ただロック解除後に後部ドアやハッチバックだけを開け閉めした場合は再ロックしてしまう車種があるのでそれだけは忘れずにお伝えした。

picture




by K隊員

2014.3.12(水)晴れのち曇り
まだまだこれから

BMW・525iの解錠&バッテリー上がり。

翌日早朝にゴルフに行くというお客様。
ゴルフの他にシニアサッカーも楽しんでいるそうだ。

駒沢オリンピック公園運動場などで試合をしていて、
中には80代の方もいるそうでお客様も生涯現役が目標とのこと。

先日東京ドームでのザ・ローリング・ストーンズのライブで見た、
70歳とは思えないミックジャガーの動きもすごかった。

車はもちろん大型バイクも生涯現役で乗っていたいと改めて思った。

picture




by J隊員

2014.2.27(木)曇り時々
重たいトランク

2002年式BMW・745iのトランクインロック救援、
前の業者さんが解決できなかったそうで二番手出動です。

到着してみると下向きのトランクシリンダー、
難しい作業なんでこれが解決できなかった理由なのかも?
そう考えながら早速ピッキングで鍵穴を回したんですが…

しっかりと開錠方向へ回ってるんですが、あれ開かない?
いや、少しだけ持ち上がってるような……カシャン!
一瞬気を取られた隙に力が抜けてトランクが閉まってしまいました。

(???)
唖然としつつも再び開錠してみてその訳が分かりました
とんでもなくトランクの開放が重たいんです。

それというのもこの7シリーズ、普段のトランク開閉は電動なんですね、
それがセキュリティが解除されないと電装が作動しないので
よくあるガスダンパー式のトランクのつもりでいると
ビクともしなかった訳なんです。

結局、ただ重たいだけだったというハナシなんですが
お客さんの車両を触る上ではこの「重い」や「固い」が難敵だったりします。

picture




by A隊員

2014.2.4(火)雨のち雪
辛くても頑張る?

BMW320iの子供インロックです。
いつものように挨拶も早々にアタック開始です。

鍵穴をのぞいていると周りの状況が耳から入ってくるんですが、
どうやらお婆ちゃんがお孫さんをあやしているみたいです。

「もう大丈夫ですからね〜すぐに出られますからね〜」
「来てくれたお兄さんはカッコいいね〜」
「ほら見てオートバイ大きいね〜」
という感じで窓を通してお孫さんに語りかけてます。

「もうすぐですからね〜あっと言う間ですからね〜」
「お兄さんも頑張ってますからね〜」
という感じで徐々にプレッシャーになってきました。

「お兄さんもすごく頑張ってるだけど難しいみたいだね〜」とか
「お兄さんも辛そうだけど、みんなも辛いよね〜」とか
徐々に風向きが変わりそうなタイミングで無事開錠です。

ピッキングしていたのは2〜3分なんですが・・
とりあえず頑張って良かったです。

picture




by A隊員

2014.1.15(水)曇り
キャンセル料の重み

ディズニーランドでBMW325iの開錠です。
お客さんはキー紛失で室内の貴重品だけを取りたいとのこと。

現着すると「すみませんドア開いてました」とお客さん。
施錠したつもりのドアは、元々施錠していなかったようです。

キャンセル料を頂こうとしたら「結構高いんですね」とお客さん。
現場では何もしていないんですが出動料金は頂かないと商売になりません。
領収証書いてると「あれ?これどうやって閉めるんですか」とお客さん。

BMWの中にはドアを開けたままロック出来ないものがあって、
こういう場合は全てのドアを閉めて外から施錠することになるんですが、
施錠ピッキングとなるとやっぱり作業料金がからんできますね。

結局「お金払うので閉めて下さい」という流れになりました。
領収証を破り捨てて書き直していたら、係員さんが飛び込んできて、
「キーが見つかりましたよ!」とのことで一同ビックリです。

結局書き直した領収証を破り捨てて、再びキャンセル料を記入したんですが
お客さんは「いや〜安く済んで良かった」と大喜びでした。

picture




by H隊員

2013.12.13(金)晴れ
教訓

 BMW・135iのトランクインロック。下向きに取り付けられたキーシリンダーですが若干外を向いているので比較的楽に作業が行えます。

 BMWの1シリーズはハッチバックのイメージが強いのですが、135iだけはトランク別体のノッチバックスタイル、3ボックスタイプの車輌なんですね。エンジンは3シリーズの3,000cc直列6気筒を搭載しているのでコンパクトなボディーと相まってかな〜りスパルタンな車輌ではないかと思われます。

 随分前になりますが、J隊員と初めて135i挑んだ時は情報の行き違いにより長期戦にもつれ込ませてしまい、二人ともシワシワになって開けた事をはっきりと記憶しています。

 その日は真夏の昼過ぎで135iは日陰もない炎天下に停められていました。状況的に長期戦はヤバイと考え、どちらに回すかはっきりしていなかった解錠方向をディーラーさんに問い合わせてみたんですね。
 そうして教えて貰った解錠方向が何かの行き違いで全く逆が伝わって、延々と回らない方向へ回そうとしてしまったのです。135iのトランクシリンダーに施錠機能があれば施錠方向へ回しても開かないので直ぐ間違いに気付いたと思うのですが、トランクシリンダーにその機能は無くただの行き止まり、解錠方向以外には回らないシリンダーでした。回らないが故、回す方向が逆だと気付くのに時間がかかってしまい、作業に入る前はプリップリのてゅるんてゅるんの絹ごし豆腐並みに潤ってた僕達も、解錠し終えた時には高野豆腐かよってくらいに乾いてました。
 あの時お客さんに頂いた500mlのお茶を二人とも5秒で飲みきったのを良く覚えています。そしてこの時の経験は今もトランク解錠時の教訓になっております。

 と言う訳で今回は解錠方向を間違える事無く速攻解錠出来たのでした。

picture




by H隊員

2013.12.3(火)晴れ
イレギュラー

 とある大学病院の駐車場からBMW・X1の子供&携帯インロック。そこの病院は一方通行に囲まれている為、最初に到着した場所が違った場合時間がかかるのは必至です。

 一報から20分で病院の一番北にある駐車場に到着、そこの守衛さんにX1の事を聞いてみると反対側にある入口からしか入れない場所に停まっているらしい。最短で到着出来るならバイクを押して一方通行を逆回りで行くか?と考えて守衛さんに聞いてみたら普通の順路で走った方が早いと言われた。常々いる人の意見は精度が高い筈なのでその言葉を信じて進んだが、一つ目の角を曲がった商店街で荷卸しをする数台のトラックと往来する歩行者、それに阻まれた清掃車とタクシーが詰まってピクリとも動かない。ハッキリ言って絶望的な風景です。その場から見渡せる限りの状況ではとてもじゃないが簡単に進みそうもない。これは待てない!とエンジンを止めて今来た道をバイクを押しながら走った。
 さっきの守衛さんの前を通ると「どうしたの?」と聞かれたが息が切れて返事もままならない。なんとか「道が詰まっていて時間がかかりそうなので!」と言い、重いバイクを必死に押した。

 フラフラになって南駐車場に到着したが、今度はそこの守衛さんに「バイクは駐車場内に入れないので今来た道を引き返してその先にある駐輪場に停めて」と言われる。息が上がっているので即答出来ずゼーハーゼーハー…やっていると守衛さんが持っているトランシーバーから「そのバイクは中に入れてあげて、BMWの鍵開けに来た人だからっ!」と聞こえてきた。どうやらさっきの北口守衛さんが連絡してくれたようです、これはとても助かりました。

 いくら子供インロックとは言え僕らは緊急車両でもなんでもないので法の遵守は当然だし駐車場の指示に従わなくてはなりません。バイク故とんでもなく遠い所に停めざるを得ない時も文句を言える筋合いではありません。でも逆にバイク故のイレギュラーとして、本来入れない場所へ入れない方向から通して貰えたりする事が稀にあります。今回のような子供インロックの場合はそんなイレギュラーが本当にありがたかったりするんですね。

picture




by Y隊員

2013.10.17(木)晴れ
違う未来

ガソリンスタンドへ最新型のBMW7シリーズの開錠に行ってきました。

どうやらスタンドの店員さんが誤って閉じ込めてしまったようで
到着すると店員さんが凄く申し訳なさそうにしています。

過去に何度か同じ状況の開錠をしたことがあります。
もうピリピリした嫌な雰囲気が漂っていましたね。

しかし今回はなんか雰囲気が違うような・・?
更に申し訳なさそうな店員さんをオーナーさんがなだめています。
「ワザとじゃないんだから、いつも良くしてもらってるし」

今までのお店の対応の良さがあってのオーナーさんの応対なんでしょう。
でも自分だったらそれでも怒ったりムッとしてしまいそう・・

しかし怒った後の未来を想像すると
このスタンドに・・テらくなったり、ギスギスした関係になったりと
なんだか暗い未来を思い浮かべてしまいます。

なのでオーナーさんの応対が大正解なのでしょうね。
そしてこの辺が社会で成功している方との差なのでしょうか?

自分も7シリーズに乗れるように頑張ります。

picture




by A隊員

2013.10.4(金)曇り
Before−After

市原インターを降りた頃から異変は起きていた。
お腹の具合がかんばしくないというか、すでにアウトですね。

かくなる上は速攻開錠で近くのお店へ駆け込むしかない・・
そんな切羽詰まった状態で現着しました。

震える指でBMW528iのドアを開錠後、急いでサインを頂こうと思ったら
「あれ〜スイッチ押してもトランク開かないね〜」とお客さん。
え?トランクの中だったの?とか考えている余裕なんかないです。
すぐトランクに張り付いてピッキングしようとしますが、
どうにもこうにも作業空間が狭すぎです。

冷汗ダラダラです。
トランクは難しい上に環境悪すぎというか・・
今の戦闘能力では太刀打ち出来そうになく途中でギブアップ宣言しました。
「すみません。トイレお借りしたいんですが・・」

用を済ました後は戦闘能力10000倍ですね。
トランクを念力だけで瞬殺してルンルンで帰りました。

picture




by Y隊員

2013.9.26(木)曇り
凄いの違い

深夜1時の繁華街へBMW550iの開錠に行ってきました。

お客様と合流すると
「30分はかかりますよね?ちょっと合コンを抜け出してきてるんで・・」
そんなにかからないですよ、と1分ほどで開錠すると
「え〜〜!スゴイ!だったら最初から来てもらえばよかった〜!」

実は23時にご依頼いただき一旦キャンセルになり
その後、再度のご依頼を頂いたお客様だったんです。
「最初にお願いした時は合コンが盛り上がってしまって・・」
鍵開けの事を調べると作業時間が大体1時間ぐらいかかると知り
盛り上がってる場を抜け出せず一旦キャンセルにしたんだそうです。

「何度も頼んでスミマセンでした、しかし凄いですね〜」と話すお客様。
しかし話を聞いていて一つ疑問が。
お酒を飲まずに合コンに参加していたの?
と思っているとお客様が話してくれました。
「自分、お酒を飲まなくてもそういう会を楽しめるんですよ〜」

過去に一度だけ合コンに参加したことがあるY隊員。
照れくさかったり緊張したりで、
自分にはとてもシラフでそんな会に参加なんて無理です・・

別れ際までしきりに凄いと言って下さるお客様。
しかし自分からすればお客さまの方が全然凄いです。

picture




by K隊員

2013.9.25(水)雨
待ち時間もばっちりエンジョイ

千葉県勝浦市でBMW・3シリーズのインロック。
100km程の距離だがツーリング日和で気持ちがいい。

到着前に一度携帯に電話をしてみたが留守電状態。
受注時に車はファミレスの隣に止まっているとのことだった。

到着して隣のコンビニやマンションを捜したが車は見当たらず。
再度捜すと道路を挟んで数百メートル離れた海沿いの駐車場で車を発見。

予定より30分程早く到着したし、お客様は目の前の海で
サーフィンをしているっぽいので海を眺・゚癒されながら待つことに。

暫くするとサーフボードを抱えたお客様が戻ってきた。
やはりサーフィン中で電話に気付かなかったようだ。

幸いサーフィンをする準備をしたあとのインロックだったので、
到着を待つ間もばっちり楽しめたようでよかった。

picture




by H隊員

2013.9.18(水)晴れ
10時間

 強烈な台風が近付く三連休の中日、福島県いわき市よりBMW・745iの解錠依頼。
 既に何社か対応したけど開けれらなかったらしく、状況的にはすっ飛んで行きたい所ですが流石に200km近くの距離は時間が必要です。

 出発16:50の東京は晴れ、台風の影響は少なく風も穏やか。ウェザーニュース社の雨雲レーダーでは関東以北に雲が無い状態。ある程度の雨は覚悟してますが出来れば強風は避けたい所。そんな都合の良い事はありえないと解っていながらも距離が距離だけに呟かずにはおれません。

 途中、ところどころでズブ濡れ路面に遭遇しましたが、幸いな事に強風に翻弄される事もなく、結局雨にも当たらず現場へ到着する事が出来た。これは本当に助かりました。

 BMWのお客さんは、とある飲食店にて朝一番で行われるマグロの解体ショーを観に来たらしいのですが、意外とつまらなかった(お客さん談)ので帰ろうかと思い、取りあえずイカを買ってトランクに入れたらインロックしてしまったとの事。僕が到着したのが19:00ジャストだったので、インロック発生から恐らく10時間近くは経過している思われます。

 通常通りの解錠でイカと一緒に閉じ込められていた鍵を救出。憔悴しきっていたお客さんもこれで一安心です。

 作業が終わればトンボ帰り。バキューンと拠点に戻ってフと脳裏を過ったのは、トランクで長時間を過ごしたイカの安否。やヴぁい状態になっていなければいいのだけど…

picture




by H隊員

2013.9.3(火)晴れ
世代違いで作品違い

 BMW525iの解錠依頼を頂いた客さんは、僕と同年代位の男性で高校生くらいの娘さんと一緒でした。車は少し離れた場所にあるらしくインロックの経緯をお聞きしながら駐車場まで向かう事に。

 駐車場に到着するとお客さんの車の上に白っぽい猫が乗っているのが見えた。「あっ!またあの猫、俺の車の上に乗ってる! あっ!!まーた足跡付けやがって!」とちょっと怒り気味のお客さん。その横で娘さんが「ん?ニャンコ先生??お〜ぃニャンコ先生ー」と親しみを込めて呼んでいた。「なに?お前あの猫知ってんの??」とお客さんが娘さんに聞くと「あの猫って○○ちゃんとこのマダラって猫だよ〜」と言って車の方へ駈け出した。猫も娘さんの事は覚えているらしく、娘さんに気付くと車から降りて尻尾ピーン状態で足に纏わりついていた。

 解錠作業をしながら耳に入ってきた父娘の会話は、
 父「お前よくニャンコ先生なんてキャラクター知ってるねぇ」
 娘「え!お父さんニャンコ先生を知ってるの??不思議ー。でもアニメなんか見ないでしょ?」
 父「??今でこそ見ないけど子供の頃は見てたよ。古いアニメの再放送でもやってんの??」
 娘「??再放送かどうかは知らないけどニャンコ先生は知ってるよー」
 父「ふ〜ん…」
 何となく会話が噛み合ってるようで噛み合ってない感じです。聞いていた僕も何となく腑に落ちない気分です。

 ニャンコ先生と言えば、キャット空中三回転のとってんぱーのにゃんぱらり、だいじゃえもんーなもしかしてーの、いなかっぺ大将に出てきた出ベソのトラネコだよなーと画像検索して思わず愕然。記憶と違うネコの絵が大量に出てきたのです。
 その知らないニャンコ先生を調べてみると、夏目友人帳と言う作品に出ているキャラクターだと言うのを知る事に。そしてお客さんと娘さんの会話が中途半端に噛み合って無かった理由をその時理解し納得したのでした。

picture




by H隊員

2013.7.15(月)晴れ
究極の作業スペース

 最新BMW5シリーズの解錠依頼で現場に到着してみると、車輌は積載車の上段、それも一番先頭にありました。
 お客さんから「あそこに載ってるのをお願いします」と言われた時は、作業がちょっと大変かな?位にしか思いませんでしたが、実際登ってみてその考えが甘かった事を知るのです。
 下から見ていた分には鍵穴付近に作業の邪魔になるモノはなさそうなので問題ない気がしましたが、まさか人一人立つのもままならないとは上へ行くまで気付きません。そのあまりの狭さに少し腰が引けた状態で暫し固まってしまいました。

 さて、鍵穴を覗くにはどうすれば一番楽かを考えると、やはり脚立が第一候補に挙がります。でも積載車が停まっているのは狭くて交通量の多い一方通行。どう考えても完全に道を塞ぐし、それよりなによりどこから脚立を持ってくるのか?って話しで無論想像しただけで却下です。
 残された方法はただ一つ、と言うより最初っからそれしかないのですが、ドア前の横棒に膝をひっかけて考える人のようなポーズで解錠をする。これは車体から八割がた体が外に出てしまうので、通りすがりのトラックに尻を跳ねられないようにしなくてなりません。

 若干プルプルはしたものの何とか数分で解錠。尻を跳ねそうなトラックが通らなかった事も幸いしました。

 たまに遭遇する超難作業。ある程度の柔軟さと筋力があれば何とかなる事も多いので、日々の鍛練(と言う名の現状維持)はやはり欠かせませんね。

picture




by H隊員

2013.6.5(水)晴れ
ディーゼル

 BMW・3シリーズの解錠予約。事前に頂いた住所に枝番がなかったので余裕を持って現地へ向かい車輌を探す事に。「住所は多分その辺」と曖昧な感じが否めなかったのですが、番地を一回りしたところであっけなく車輌を発見。でも予約時間まで少し早かったので書類を作りながら待つ事に。

 一通りの必要事項を書く上で3シリーズの種類を確認する必要があり、車の後ろに回ってBMW特有の3桁数字+アルファベットを見てみると、「320d」と書かれたプレートが付いていた。数字の後が「i」ではなく「d」って事は昨年発売されたディーゼルシリーズになります。
 ディーゼルのラインナップは316d・318d・320d・320dエフィシェントダイナミクス・320d xDrive等ありますが、エンジンは全て1,995cc直列4気筒ターボディーゼルで、数字は出力の違いを表しています。そしてこの中で日本販売しているのは320dだけのようです。

 さて、最近増え始めたディーゼル車、ホンダも凄いディーゼルを作ってるとネットで目にしました。スポーティーなディーゼルとか出てくると面白そうですよね。

 そう言えば、数は少ないけどバイクにもディーゼルはありましたね。有名なのはエンフィールドのロビン・D−R400D。富士重工業製の汎用ディーゼルエンジンを積んでいました。
 他にも何かないかなぁと探してみると、オランダにTRACK・T800・CDiって凄いのがありました。これって販売してるんですかね? ん〜 気になります。
 あとNEANDER MOTORSが作る不思議なエンジン・Bこれも非常に気になります。

picture




by Y隊員

2013.5.9(木)晴れ
保育園前のプレッシャー

BMW323iの開錠に行ってきました。
現場は保育園前の路上です。

お子さんを保育園に送りに来てとじ込んだようで
「仕事に行かなければいけないので代理の者が立会いでもいいですか?」
とお客様より質問。

どれぐらい時間に余裕があるかお伺いすると5分〜10分とのこと。
その間に解決できる旨を伝え、急いで準備し作業に取り掛かろうとすると
「前にとじ込んだとき開くのに30分以上かかったから・・すみません」
とつぶやくお客様。

えっ!!難しい鍵なの?10分以内で開くかな?
猛烈な勢いでプレッシャーがかかります。
超警戒モードで鍵に対峙すること数分・・無事に開けることができました。

作業して前の業者さんがハマった理由もなんとなく分かりました。
そして難しい鍵という情報がなければ自分もハマっていた可能性が・・

お客様には褒めちぎって頂けたのですが、妙に申し訳なかったです。

picture




by Y隊員

2013.4.14(日)晴れ
予想外の現場

夜、某ショッピングセンターよりBMW320の開錠依頼。
車内にはお子さんが閉じ込められているとのこと。

季節や時間的に生命の危機はないはず・・
と思い込み自分を落ち着かせながらも現場へ急行します。

ショッピングセンター付近には消防車が並んでいます。
もしかして・・と車のところに到着すると凄いことになっていました。

BMWを囲っている緊迫したレスキュー隊員。
すぐに車へ近づくと、どれぐらいで開けられるか?との質問。
5分、と宣言しすぐに作業に取り掛かります。

「5分待機」「5分待機」と伝わるレスキュー隊員の伝令。
そして背中に感じる熱い視線。更にコンディションの悪い鍵穴。
追い詰められそうな状況だったのですがなんとか5分ピッタリで開錠です。

すごく緊張した作業でした。5分で解決したのが不思議なぐらい。
出発前に思い込みで気を落ち着かせ、到着すると予想外の展開だったので・・
安易な思い込みは大敵ですね。

picture




by H隊員

2013.4.11(木)曇り
マシントラブルかヒューマンエラーか

 老舗百貨店の駐車場でBMW320iのインロック。オーナーさんは年配のご婦人で、買い物をした後の荷物を積んでいる最中に閉じ込んでしまったという事です。
 今回のインロックでは携帯も閉じ込んでいた為、ロードサービスを呼ぶまで大変苦労なさったようですが、駐車場の方が色々手伝って下さったらしく、時間はかかったものの無事解錠に至りました。でも初めてのインロックはお客さんのメンタルに大きなダメージを与えたようです。

 「何年も乗っていて初めてなのよこんなこと。また同じことがあったら嫌だわ」とお客さん。インロックに関しては色々な要因が考えられるので、再現性のある原因を特定するのは難しい事が多い。その事を伝えると「今までと変わらない使い方をしていたのに起きたのよ? リモコンの電池は先月変えたばかりだし車が壊れたのかしら?」と言われ、インロックに至るまでの状況を説明して下さったのです。

 購入した品物を助手席に乗せて最後にキーの入ったハンドバッグも座席の上に置いた。助手席のドアを閉めて運転席に回るとロックされている。あれ?と思い後部座席のドアノブを引いたが開かず。よく見ると全てのドアがロックされていた。

 確認の為、お客さんにスマートキーがどこにあるか探して貰うと、色々と入ったバッグの底で発見。これで何となく原因が分かったような気がした。
 お客さんに車内に入って頂き助手席以外のドアを閉める。車内でスマートキーのロックボタンを押して貰うと全てのドアロックが下がり施錠状態になった。最後にロック待機状態の助手席ドアを普通に閉めると、外からは開ける事が出来るドアはなくなってしまいました。今回の原因は、スマートキーのロックボタンをバッグの中にある何かが押してしまったから発生したようです。

 殆どその存在を意識する事がないスマートエントリーシステムのリモコンキー。今回のインロックは便利故に起こったトラブルと思われますが、これはヒューマンエラーになるのでしょうか? マシンかヒューマンか見る人の視点によって変わってきそうなので非常に悩ましい気がします。

picture




by K隊員

2013.3.29(金)曇り
キーがなくてもエンジンかかりっぱなし

BMW・320iの解錠依頼。
依頼はマンションの管理会社さんから。

到着し管理人さんから話を聞くと、
持ち主がエンジンをかけたまま海外出張に行ってしまったので、
解錠しエンジンを止めてほしいという。

他の住人がエンジンがかかっている事に気付いて管理人さんに連絡、
持ち主に電話したが留守電でつながらず、販売したディーラーさんの
名刺があったので相談して依頼したというながれ。

毎週のように出張するほど忙しい方のようだが、
キーを差し込んでエンジン始動するタイプじゃなく、
スマートキーなのもひとつの要因か。

picture




by Y隊員

2013.2.28(木)晴れ
本当のMVP

国立市よりBMW530iの開錠依頼。
車内にはお子さんが閉じ込められているとの事。

住所を調べると現場は国立府中ICを降りてすぐ。
変な渋滞をしていなければ40分以内で到着できるはず・・と急行します。

幸い渋滞もなく無事到着。
しかし現場は慌ただしい状態。速攻でドアを開錠します。

解決後に落ち着きを取り戻したお客様、
「本当に早く開けれるんですね、受付の方が行っていた通りでした」
到着するのが少し遅くなるけど確実に開けるので解決までは一番早い、
との助言があり助人への手配をお願いされたそうです。

その後、お客様から猛烈に褒めちぎって頂いたのですが、
何だかちょっと申し訳なかったです。
ウチは依頼されたことをただ遂行しただけ。
本当の功労者はファインプレーな手配をしたオペレーターさんですから。

picture




by Y隊員

2013.1.14(月)晴れ
不思議な警報音

夜、とある住宅街へBMW320の開錠に行ってきました。

ご本人確認後「開いたら呼んで頂いていいですか?」
と家の中へ戻られるお客様。

すぐ開いちゃったらどうしよう?すぐに呼ぶのも気が引けるな・・
なんて考えながら工具を用意しているとお客様が隣に戻ってきました。

??? テレパシーで通じちゃった?と思っていると
「セキュリティーの鳴った音が聞こえたから開いたかと思って・・」
その話を聞いて・ィを澄ますと確かにピーピーピーと警告を促すような電子音。

でもまだ車に触ってもいないし・・しかも音が次第に大きくなっていくし・・
なにが異常を起こしているのだろう?とお客様と捜索。
すると原因が現れてくれました。

散歩で歩いてきた方の腕にのる鳥のオウム。
警報音はそのオウムが真似して鳴いているいる音でした。
お客様が「こんばんは」とオウムに問いかけると「コンバンハ」と返答。
なんてお利口なんでしょう♪

なんでオウムと散歩?と不思議な思いと
音にちょっとドキドキさせられたけど最後は変に癒されました♪

picture




by A隊員

2013.1.7(月)晴れ
ほぼ確実以上100%未満

2012年式BMW750iの開錠です。
現着早々「ちょっと食事に行ってきます」とお客さん。

とっさに「すぐ開くと思います!」と呼び止め速攻開錠しました。
たぶん2〜30秒ぐらいだったと思います。

お客さんは唖然とされていたというか・・
しばらく無言で仁王立ちなので、思わず二度見してしまいました。
実は3ヵ月前にも閉じ込まれたようなんですが・・
前回対応した業者さんは2時間かかって開錠出来ずギブアップ、
結局、電車で帰宅してスペアキーで解決されたようです。

今回もダメ元でオペレーターさんへ相談したところ・・
「確実に開錠出来る業者を手配します」という流れだったらしく・・
本当にありがたいことです。

現場ではイレギュラーもあったりして100%確実と断言出来ないんですが、
かなり確実に近い状態で開錠しています。

異常がなければ確実開錠・・いや異常があってもたまに解決してるし、
たぶん99%以上で開錠していると思います。

picture




by Y隊員

2012.12.3(月)曇りのち雨
ナイスなタブレット

BMW320の開錠依頼。
車内にはお子さんが閉じ込められているとの事。

季節的に生命の危機はないのですが
今まで経験した子供インロックでのひっぱくした状況を思い出し
すぐさま現場へ急行します。

現場はマンションの中に設置されている駐車場。
シャッターが閉まっている為、中の状況が分かりません。
連絡するとママさんが迎えに来てくれました。

お子さんの状況をお伺いすると「全然大丈夫ですよ♪」とママさん。
しかも車のそばには誰もいないとの事。

寝ているのかな?と車の元へ到着するとお子さん笑ってます。
よく見ると窓の外に張り付いたタブレット端末。その動画を見て笑っているようです。
機転の利いたナイスアイデアですね〜♪

鍵のほうは厳しい配列だったのですがプレッシャーもなくすんなり開錠。
ひっぱくした状況なら焦りまくってハマっていたかも・・
自分もタブレット端末に助けられたようです♪

picture




by H隊員

2012.10.26(金)晴れ
無人の車、エンジンが…

 深夜、誰もいない駐車場。そこにBMW・アクティブハイブリッド7がひっそりと停まっていた。

 その日、アクティブハイブリッド7の右隣を借りている男性が仕事を終えて帰ってきたのは深夜になっていた。
 駐車場にバックで車を入れてエンジンを止めると直ぐに重い瞼を閉じ、疲れ切った身体をシートに任せる。目の奥がジーンとしてくると共に忍び寄る睡魔。この・ワま目を閉じていると眠ってしまうのは分かっていたが、身体は泥の様に重くとても動かせそうになかった。
 暫し微睡との戦いを続けたが結局負けを選択し眠りに引き込まれて行く。そしてゆっくりと意識が遠のき始めた時、突然隣の車のエンジンがかかった。あれ?こんな時間にお隣さんはお出かけ?とぼんやり薄れ行く意識の中で考えた。でも人がやってきた雰囲気は無かったし、まして自分が帰って来た時は無人だった筈。そう思うと混濁しかけた意識が急速に回復してきた。
 幾分シャッキリした頭を左に向けて窓越しに隣の車を覗いてみるが、人が乗っている気配はなかった。やはり人は乗ってない… あれ?でもエンジンがかかってるし… ってことはやっぱり乗ってるの??

 イグニッションからキーを抜き取り車外に出た。ジロジロ見るのも失礼ではあるが、人がいた気配も後からやってきた気配も感じなかった以上どうしても気になってしまう。ゆっくりと通り過ぎる風を装ってBMWに近付く。その時、丁度自分の車のスマートキーが反応し、ピピっと鳴いてハザードのアンサーバック。その光に照らされたアクティブハイブリッド7の運転席には… やはり誰も乗ってなかったのでした。 ※伝聴を勝手に脚色してみました※

 アクティブハイブリッド7のお客さんは海外出張に行く為急いでいた。その為か駐車場に車を停めた際イグニッションスイッチの押しが甘かった模様。結果車を完全に停止できていなかった。
 車は待機状態なのでゆっくりと電力は消耗。それがある程度進みバッテリーの電圧低下を車が感知すると、ハイブリッド故、自分でエンジンをかけて充電開始。たまたまエンジンのかかった所に遭遇したお隣さんが駐車場管理会社さんへ連絡。その後お客さん宅からディーラーさんを経由して助人に鍵開け依頼が入ったと言う訳です。
 これはハイブリッドならではのトラブルであり、またハイブリッドだからこそ気付いたのではないかと思われる珍しい案件でした。

picture




by Y隊員

2012.6.21(木)曇り
いいねクロスオーバー

ディーラーさんへミニクロスオーバーの開錠に行ってきました。

ミニブランド初の4ドア車であるクロスオーバー。
街中で走行中の車両はかなり見かけてはいたのですが
今回、初めて間近で見させて頂きます。

遠くから見るとミニ独特のチャーミングさが感じられるんですが
近くで見るフロントマスクはスパルタン。
特に横から見た顔はレーシングマシンそのものです。
そしていい意味で大きくて威圧感があるんですね〜
ミニというネーミングでいいの?と思う程に。

ディーラーさんに販売状況をお伺いすると「いい感じです♪」との事。
4ドアの利便性に加えてこのルックス、かなり魅力的ですもんね。

ちなみに海外ではカントリーマンとの名前で販売されているとの事。
商標登録の関係で日本でだけクロスオーバーになったんだそうです。

でもカントリーマンよりクロスオーバーの方が
この車の良さをちゃんと表現しているような気が・・
そう思うのは自分だけでしょうか?

picture




by K隊員

2012.6.20(水)晴れ
悪天候時は

台風4号の中BMW・3シリーズのトランクインロック。

途中パトカーが3台止まっていて事故かなと思ったら、
街路樹が倒れて車道の方にはみ出ていたりと、
場所によってかなり風が強い。

急いで荷物を入れようとしてキーも閉じこんでしまったという。

雨で強風の時の作業はスコープに水滴が付いたりなど、
通常時に比べてけっこうやり辛いが、個人的に
バイクでの走行は悪天候になるほどワクワクしたりもする。

picture




by K隊員

2012.6.5(火)曇り
数cmの明暗

BMW・1シリーズのインロック救援依頼。
接触事故直後でドアが破損しているという話。

電話では問題なく開けられる状態かの判断が
難しいがとりあえず出動することに。

到着時チラッと見たところヘコミなどもなく問題ないかと思ったら、
運転席のドアハンドル部分だけがもぎ取れていた。

カギ穴部分は無事だったので集中ロック機能が働くかなと思い
ピッキングしてみたが運転席のみしか反応せず開けられず。

幸いドアハンドルの根元部分がほんの少し残っていたので、
工具を使い引っ張り出してドアを開けることが出来た。

picture




by Y隊員

2012.6.1(金)曇り
ワンの意味って・・

深夜、BMWミニワンの開錠に行ってきました。

マンション駐車場に到着するとお車のそばにお客様。
もしやご自宅の鍵も閉じ込められてしまったのでは?
と思いながらお車を見るとそういう訳ではないようです。

車内には尻尾を振りこちらを凝視するワンちゃん。
そんなワンちゃんを見ながら「鳴き声とか心配で・・」とお客様。

マンションに隣接されているこちらの駐車場。
確かに寂しい時の鳴き声を挙げられたらすぐに苦情が来そうです。

速やかにそして静かに開錠を済ませワンちゃんを救出。
外に出られてかなり嬉しそうなワンちゃん。

そんなワンちゃんとミニワンを見て思うことが一つ。
ミニワンの開錠の時って犬が閉じ込められている事が多いような・・
もしかしてミニワンの・hワン”って犬好きって事でのダブルミーニング?
なんて変なことを考えてしまいました。

でも個人的になぜか多いんですよね。ちょっと不思議です。

picture




by Y隊員

2012.5.17(木)晴れ
感じ方が変わる夜の繁華街

深夜二時の六本木へ
BMW3シリーズの開錠に行ってきました。

寝静まった拠点周辺を出動し、車もまばらな道路を進みます。
しかし六本木に近づくにつれて車の量も多くなり
この辺りだけ歩道も歩行者で溢れ返ってます。

平日の夜なんですが六本木周辺だけ別世界ですね。
酔った歩行者の大声にびっくりしたり、
歩行者の急な飛び出しに更に驚いたり。

現場は繁華街の中の大きめのコインパーキング。
作業中も酔った方の怒鳴り声が聞こえてきます。
ちょっと恐怖を感じます。
トラブルに巻き込まれるんじゃないかと・・

こうビビリながら作業してるんですが、
どちらかと言えば夜の街に飲みに出かけるのは大好きな方なんです。

でも出動する場合は緊張する所に激変するんですよね。
同じ場所なんて思えないほどに・・

picture




by H隊員

2012.2.14(火)雨
信頼

 そぼ降る雨の中、BMW・X1の解錠で都内某所の複合商業施設へ。何度か来たことがある施設なので迷うことなく駐輪場へ直行。バイクを停めてから辺りを見渡すと、直ぐに特徴あるX1を見付けた。

 去年の年末にX1を買ったばかりだと言うお客さんは、インロックの原因に全く心当たりがない。リモコンでロックを解除、後部座席に荷物を置いてドアを閉めたら閉め出されてしまったらしい。原因をあれやこれやと考えるよりは先ずドアを開けなければならない。取りあえず保険屋さんへ連絡をしロードサービスの手配をお願いした。

 ロードサービスが到着するまでの間インロックの原因を考えていたお客さん。暫し悩むも結局思い当たる節がない。その代りにX1の鍵開けはどうやるのか?問題なく傷も不都合もなく開けられるのか??と言う不安が思い浮かんできた。
 「やっぱり昔みたいに窓からガチャガチャやられちゃうのかな…」そう思うと買ったばかりの車の事が心配になり、ディーラーさんにインロックの対応はどうするのかを聞いてみる事に。

■お客さん「鍵を閉じ込んでしまいロードサービスを頼んだんですが、この車ってどうやって開けるんですか?」
●ディーラーさん「普通は鍵穴から開けます。ところで保険屋さんは何と言う業者を手配したと言ってましたか?」
■お客さん「え〜っと助人?助人サービスって業者が向かうと言ってました」
●ディーラーさん「助人さんですか?それは良かった。助人さんなら全く問題なく直ぐ開けてくれますよ」
■お客さん「大丈夫なんですか?傷付いたりしません??」
●ディーラーさん「助人さんなら絶対に大丈夫、安心してください」

 と言うやり取りがあったと作業前にお客さんが教えてくれました。もうそんな事を聞いたら寒さも吹っ飛んで、頭から湯気を出す勢いでX1を解錠です。
 大変手前味噌な話しで恐縮でございますが、とても嬉しかったので書かせて頂きました。よーし今夜も頑張るゾーっ!

picture




by Y隊員

2012.2.12(日)晴れ
調子のいい美意識

午前中の予約で埼玉県熊谷市にBMW525iの開錠に行ってきました。

出発前、朝七時の熊谷市の気温を調べると−2℃。
凄く悩むところです・・

CB1100で稼動するようになって一つ我慢していた事があります。
それは手元の雨風を防ぐハンドルカバーを付けない事。

スタイリングに惚れて買ったバイクなので台無しにしたくなかったんです。
どんなカッコいいバイクもハンドルカバーを装着するともっさりしてしまうので・・
なのでつけなくてもいいように無理して最新のグリップヒーターを装着し、
どんなに寒くても、雨が降っても我慢していたんです。

でも−2℃の中を高速で走行・・考えただけでも手がかじかんでしまいます。
そして作業が繊細さを要するBMWの開錠。
なのでハンドルカバーを付ける事を泣く泣く決断しました。

やっぱり最高でした♪ハンドルカバー&グリップヒーターの組み合わせは♪
寒さ知らずで到着して作業も難なく完了です。

そして嫌だった見た目もこの恩恵を味わってしまうと・・
意外とカッコいいと感じてしまいました♪

picture




by K隊員

2012.2.1(水)晴れ
WRC開幕

BMW・ミニのインロック救援依頼。

ミニといえば今年からフル参戦を開始したWRC(世界ラリー選手権)の
開幕戦ラリーモンテカルロで2位フィニッシュと好発進。

優勝は現在WRC8連覇中のシトロエンDS3に乗るS・ローブ。
2位がミニJCWに乗るD・ソルド、3位がフォードフィエスタRSに乗る
P・ソルベルグとワークス3チームが表彰台を分け合った。

WRC史上最強と言われるS・ローブが9連覇を達成するのか、
フォードのエースになったJ-M・ラトバラが巻き返すのか。

移籍したP・ソルベルグやM・ヒルボネンが車に慣れたら
どんな走りをするのかなど2戦目以降も楽しみだ。

picture




by J隊員

2011.12.3(土)曇り
無傷で行こう

2011年式BMW・523iの開錠要請を頂きました
モデルチェンジして難しいカギになってるタイプです。

今日クルマを納車したばかりというお客さん
お店で受け取り自宅に戻った途端のトラブル発生、
使い勝手がまだ身体に馴染んでないうちに
気が付いたらインロックしていたそうなんです。

納車帰りなんでスペアキーも書類一式と共にクルマの中、
解決方法を探している間にお客さんの不安も募っていった様で
「壊さなければならないかも……」と最悪のケースまで考えていたそうな

手際よく開錠を済ませるとようやく落ち着いた様子のお客さんです
想像していた事態とのギャップが大きかったんでしょうね、
それはそれは喜んで頂けました。

おろしたての新車の作業は特に気を使いますね
それはボディがピカピカだからという意味では無くて
お客さんとクルマのこれからが始まる地点というか……

キズというのは物だけに付くものでは無いですから

picture




by Y隊員

2011.11.27(日)晴れ
目指すはイチロー

府中市へBMW330iの開錠に行って来ました。
二番手の業者としての出動依頼です。

杉並から向かうので少々お時間がかかる旨を事前に連絡すると
「もう閉じ込んでからだいぶ経ってるから・・それより安全運転で来てよ」
言葉からお疲れの様子が伺えてきます。なので出来る限り急・「で向かいました。

到着後、お客さまとギャラリーに囲まれて作業開始です。
「本当に開くの?」というプレッシャーが背中にヒシヒシと感じます。
緊張しながらも無事に開錠すると時間を計っていたお客さま、
「なんだ2分で開いちゃうんだ〜!!」

たくさんお誉めを頂いた後に
書類にサインを頂こうとすると作業料金を目にしたお客さまが
「2分でこんなにもらえるんだ〜野球のイチローレベルの稼ぎだね〜」

今回の作業は分換算するとイチロー選手と一緒ぐらいなのでしょうか?
ということは自分も30億円稼げる可能性が・・・

なんだかますますこの仕事にヤル気が出てきました♪

picture




by Y隊員

2011.9.3(土)曇り一時雨
ボンネットインロック

BMW335iの開錠依頼です。
ちょっと変わった案件でボンネット内に鍵があるとの事。
どうしてそんな所へ・・?と思案しつつ現場に向かいます。

現場に待っていたのはお客様とディーラーさん。
合流するとボンネットに鍵が入ってしまった経緯を教えてくれました。

車を降り、ちょっと用事を済ます為に手に持っていたリモコンキーを
何の気無しに助手席側のフロントガラスに置く。
斜めになっているのでボンネットの方へ滑り落ちた所にちょうどいい隙間。
そこから鍵が入り込んだのですが全く見えなくなってしまったそうです。

確かにライトを使ってその隙間をのぞくも奥が深く鍵が全く見えません。
その後ドアの開錠作業を済ませボンネットを開けたんですが、
すぐに鍵が見つけられません。そしてライトを使ってじっくり探すと
エアクリーナーの空気の取り込み口に入り込んでいました。

更に奥に落ちてしまわないように慎重に鍵を取り出します。
無事に取り出すとディラーさんがその穴へ異物進入防止の網の蓋をかぶせます。
これで隙間に滑り込んでも鍵は奥まで入・闕桙ワなそうです。

う〜ん。こんな事もあるんですね。勉強になりました。

picture




by Y隊員

2011.8.19(金)曇りのち雨
ふと見つけた克服法

深夜、西東京市へ1998年式BMW7シリーズの開錠に行ってきました。

正直なところこの年式のBMWに付いている鍵は個人的に苦手です。
過去にこの鍵を即開錠できたのは一度だけ。
それ以外はかなり大苦戦しています。

闇の中にたたずむBMWに案内され早速工具を準備します。
これで開けばいいな・・と淡い期待を込め鍵の様子を見ます。
・・やはり手強そうです。

開かなかったらどうしよう・・深夜だし西東京市だし助けを呼ぶのも・・
とネガティブを渦巻かせ、様子見のつもりがそのままピッキングをしていたので
ハッとして一旦手を休め、大きく息を吐き出します。

こんな思考じゃ開くものも開かない。
そして滅多に対応する事のないこの年式のBMWの鍵。
駄目でも良いから楽しんでやってみよう。
そう思うとあら不思議。順調に無事開錠です。

なんだかちょっとだけ苦手克服法を見つけたような気がしました。
次もこんな調子でいけば良いな。

picture




by K隊員

2011.8.8(月)晴れ
休日はかなりの人出

川崎市高津区の多摩川河川敷でBMW・X5のインロック。

日曜ということで朝からたくさんの人たちが、
散歩・窿Xポーツをしている。

無事終了し帰りに有料化で話題になった、
二子橋のバーベキュー広場の前を通ったら、
165台収容の駐車場はすでに満車状態。

バーベキューの受付にはかなりの人が並んでいた。

最後にバーベキューをしたのはかなり前なので、
久々に行きたくなった。

picture




by A隊員

2011.8.2(火)晴れ
大いなる力を体感中

開錠したいと思っていた車が、その後に連発しています。
ベンツトランクやキャデラック、スクーターのメットイン等々・・

上げていったら切りがないですね。
単純に「運がいいな」ぐらいにしか思ってなかったんですが・・

BMW750iにはビックリ仰天です。
Y隊員とH隊員に新型7シリーズの相談をしたばかりというか・・
まさか翌日に開錠依頼が入るとは・・
ドンピシャすぎて震えながら開錠しました。

偶然を超えた偶然を体感中ですね。
得体の知れない力というか、どこかにライブカメラが設置されていて、
何者かがタイミングを計りつつ「ポチっとな」してるかも・・

無宗教なので、大いなる力を信じるとすれば・・
近所の深川八幡か今は無き父の仕業か・・

怯えていても始まらないので・・
この調子で、どんどん進んでいこうと思いますw

picture




by Y隊員

2011.7.25(月)晴れ
夏のワンロック事情

夕方、コンビニの駐車場へミニワンの開錠に行ってきました。

到着するとエンジンがかかりっぱなしのミニワン。
その車内からじーっとこちらを見つめるワンちゃん。
この夏はじめてのワンちゃんインロックです。

無事に開錠すると元気良く飛び出してきます。
そして初めて会う自分にもじゃれついて来ます。可愛いです。
人懐っこくて元気なワンちゃんってこっちも元気になりますよね♪

暑い日はエンジンを切った高温の車内にワンちゃんを待たせるのは凄く心配。
なのでエアコンをかけたままの車内に待たせるも
ご主人様を見て喜んだ拍子にウインドウ枠のロックボタンを押す。

個人的に思うにこれが夏場にワンちゃんインロックが多い原因だと思います。
なので猛暑日が続いた昨年はたくさん対応させて頂きました。

今年の夏はどうなるのでしょうか?
場合によっては高温の室内で閉じ込められている事もあるので
今年も気を引き締めて対応させて頂きます。

picture




by H隊員

2011.7.12(火)晴れ
怒れる奥様

 BMW・320iの解錠依頼 で現着後、お客さんの携帯へ連絡をすると電話の向こうでは何やら揉めている様な声が聞こえてきた。到着しましたとお伝えするも、電話の向こう側では烈火の如く怒っている人が怒鳴り散らしているようで、こちらの声が聞き取れないらしく、うまく用件が伝わらない。何度も同じ言葉を繰り返しているとこちらも段々と声が大きくなっていき、終いには結構な怒鳴り加減になってしまった。それでも何とかお客さんには到着した旨が伝わり車へ向かうとの返答を頂いた。

 待つ事暫し、電話越しに聞こえていた怒鳴り声が何処からともなく聞こえてきた。声の方を見るとお客さんらしき男性と、その後ろにはその男性を罵倒する女性が着いてきていた。僕に気付くと男性は軽く手を挙げられたのでお客さんに間違いは無さそう。それにしても後ろの女・ォは?奥さんかな??と思った矢先に「あんた人の車の所で何やってんのよ!!」と奥さんらしき女性に怒られてしまった。お客さんが「鍵開けに来て下さった方に何て事を言うんだ!」と怒ると奥さんは「なにぃ?!鍵開けにきたぁ?!ならさっさと開けなさいよ!!」と更に怒られてしまった。
 良く分からない状態だが、早く鍵を開けなくてはならない雰囲気。でも事前確認は必須なのでお客さんにご本人確認のお願いすると、それがまた奥さん気に入らないらしく「あんたは何しに来たのよ!このボケナスの免許を見に来た訳ですかぁ?!鍵開けに来たんじゃないのぉ?!一体なんなのよアンタはー!!」と怒鳴られる。もう正直堪りません。
 それでも何とかお客さんのご本人確認を終え、作業に入ろうとドア前にしゃがむと「鍵はトランクなんだからトランク開けなさいよ!!馬鹿なの?あんたは!!」と頭上から怒鳴られてしまった。お客さんの制止は全く効果がなく、気が付くと奥さんの怒りの矛先は僕になっていた。

 トランクを解錠する数分の間も今日初めて会った僕に対して休むことなく暴言を吐き続ける奥さん。お客さんは僕の近くから離そうと奥さんの手を引っ張るがガンとして動こうとせず頭ごなしに怒鳴り続けていた。その呼気には強いアルコール臭があった。それにしてもこれだけ怒鳴り続けるのはある意味凄い体力だと思います、奥さん。

 結局何故あんなに怒っていて、そして何故僕まで怒られなければならないのか理由は分かりませんでしたが、お客さんはとてもいい人で、奥さんはかなり酔っぱらっていたようです。 はぁ… それにしても疲れました。

picture




by A隊員

2011.7.8(金)晴れ
ヒーローになる時、それは今

深夜にBMW645ciのトランクピッキングです。
オープンカーはドアを開けてもトランク開かないですね。

ドア開錠と比べると、かなり難易度が高くなるというか・・
・ホ応できる業者も限られてきます。

現場は千葉市緑区おゆみの南。
松ヶ丘ICを降りてからはずっと暗闇だったんですが・・
現場だけは煌々と明かりが満ちています。
人もたくさんいるというか、熱気ムンムンで驚きました。

全く聞いてなかったので、唖然としたんですが・・
閉じ込んでから4時間も経過しているようです。
業者さんも2社ほど来ていたようですね。

開錠は一瞬で決めました。
なので会場は大盛り上がりって、オヤジギャグでも垂れたくなるほど
大勢の方から褒めちぎられましたね。

普段パッとしないA隊員でも、こんな時はヒーローになれます。
ほんと恥ずかしいぐらいに。

picture




by A隊員

2011.7.3(日)晴れ
甘いもので復活

がん研有明病院の地下でBMW530iの開錠です。
いつもながら病院内は時間がかかります。

電話がつながらないのが最大のネックですね。
順調に合流できるほうが少ないです。

今回も直接該当車両を探すんですが・・
地下駐車場はかなり広く、だいぶ歩いたところで530iを発見。
この時点で予定時間を過ぎていたんですが・・
肝心要のお客さんが見当たりません。

とりあえず、一旦外へ出て電話してみてもつながらず・・
地上と地下の往復、焦りと不安も重なって、かなりヘトヘトになりました。
その後、何とか合流出来て無事開錠しました。

お客さんは病室で待っていたようですが・・
電波がつながらないことに気付かなかったみたいです。

お礼とお詫びという形で石田屋の栗饅頭頂いたんですが・・
大きな栗が冷たくて、疲れが一気に吹き飛びました♪

picture




by H隊員

2011.7.2(土)
ルート選択の難しさ

 埼玉県幸手市より、BMW・740iの解錠依頼。
 現金のお客さんだったのですが、数時間後に会議の予定があるらしく高速使用のOKを頂けた。早速地図で場所を確認すると、岩槻ICで高速を下りるか久喜IC下りるかを悩むような位置関係。webマップで両方のルート検索をしてみると、2分程久喜ICの方が早く到着出来ると表示された。2分と言ってもwebのルート検索では誤差の範疇かと思われる。少しばかり高速代が嵩むがwebを信じて久喜ICまで行くか、それとも岩槻ICで降りて延々と下道で行くか… どちらを選択するべきか悩みながらバイクに向かった。

 ヘルメットをかぶりバイクに跨ってもまだ悩んでいた。お客さんは兎にも角にも早く到着する事を望んでいるので、現在考え得る最良の方法で向かわなくてはならない。そう考えると久喜ICを選ぶべきかと思われたが、久喜ICからのルートを思い返すと久喜駅と幸手駅を通らなければならない事を思い出した。片や岩槻ICから行った場合は国道16号から4号バイパスを北上する事になる。
 岩槻ICから久喜ICまでの南北移動は4号バイパスより高速の方が早いと想像できるが、東西移動は16号を使った方が圧倒的に早いと思われる。時たま絶望的に混んでいる事がある16号ですが、県道を使いながら駅二つを越えるよりは恐らく流れが良い筈。久喜IC経由より岩槻ICで高速を下りる方が遅れるリスクが低いと考えられた。

 と言う事で岩槻IC経由で向かった結果、首都高も16号&4号も渋滞がなかったので、当初予想していた最短時間で現場到着。お客さんも余裕で会議に間に合うとの事でした。

 高速を使って行く遠方は、下り口のICから現場が遠ければ遠い程ルートで悩むことがあります。十数キロ遠回りになっても一つ先のICまで行った方が速そうな位置関係も意外と多いし、東北道と関越道の中間や常磐道と東関道の間などは、どちらの高速を使うかで結構悩まされまます。でもですね、そう言う激しく悩むシチュエーションの場合どちらを選択しても結果あまり変わりないのではないかと、最近はそう強く思うのです。思うのですがどうなんでしょう?よく悩んでいます。

picture




by Y隊員

2011.5.31(火)晴れ時々曇り
報われた西麻布の夜

深夜の西麻布へ最新式のBMW528iの開錠に行ってきました。

現場に到着し528iを見ると最新仕様の鍵が装備されています。
以前対応した時の苦い思い出がよみがえります。

その時に初めて対応したこの最新式BMW。
激闘の末、時間がかかりながら開錠するも同時にスペアキーが到着。
気まずい雰囲気のなかサインを頂く・・・

でも今回は2度めの作業。
事前にお客様へ時間がかかるかもしれない旨を伝えます。
するとご同行の方が
「そうだよね、違う車だけど他の業者さんもやっぱり凄くかかったもん」
と後方支援のようなお言葉。以前よりだいぶいい環境で作業出来そうです。

そんな良い環境と以前の作業の反省、
そして新調した工具の3つの相乗効果であれよあれよと開錠です。
長期戦を覚悟していたお客様にも大変喜んで頂けました。
そして久々のチップまで・・ありがとうございます。

以前の苦労と新工具にすごく感謝した西麻布の夜なのでした。

picture




by H隊員

2011.5.3(祝火)曇り
紛失?→発見!

 日付が変わった深夜、ホンダ・ストリームの解錠を終えて暫くすると、車内から「あったー!良かったー!!」とお客さんの大きな声。あまりの喜びようだったので、どうされましたか?とお聞きすると「実は車内に鍵がある確信がなかったのです。てっきり紛失してると思ってました」との事。
 兎にも角にも鍵が見付かって何よりです。

 朝食を済ませて一息ついたところで、某ヨーロッパ車の鍵紛失で、ディーラーさんへ搬送する為に解錠して欲しいとの依頼。解錠後、お客さんと話しをしていると、納車時に受け取った鍵の記憶は1個しかないとの事。少なくとも後1個か2個は予備がある筈なので、お客さんに当時の記憶を辿って頂くと、車を受け取った時に「もう1個の鍵を何処々々に入れときました」とディーラーさんに言われたのを思い出された。と言う訳で早速お客さんと二人で車内を捜索すると、とっても微妙な所からディーラーさんの大きなタグ付の予備鍵が発見された。今まで気付かなかったのは、鍵がタグの下に隠れていてからのようです。
 兎にも角にも鍵が見付かって何よりです。

 昼過ぎに某巨大ショッピングモールからBMW・Z4の解錠依頼。お客さんと合流すると「今から旦那を迎えに行かなくてはならないんですが鍵がないんです。車内に置いた記憶はないし。 気休めになると思うけどトランクを確認したくて」との事。トランクを開けましたか?とお聞きすると「開ける事は開けたのですが、中に鍵を置いた記憶がないんです」と諦めモード。取り合えずトランクをさっくり開けてみると、傘の下から鍵が見つかった。「これで迎えに行けますー!!」っとちょっと涙目のお客さん。
 兎にも角にも鍵が見付かって何よりです。

 今夜の夕飯をどうしようかな?と悩み中の夕方、繁華街のコインパーキングからクラウン・マジェスタのトランクインロック。お客さんと合流すると「鍵を紛失したしてしまったんですが、中の荷物を取り出したいので解錠のお願いをしました。自宅の鍵も一緒なんで今夜はどうしたもんか」と途方に暮れて落ち込まれていた。何らかのアドバイスをする前に取りあえずは作業が先決。猛烈な勢いで解錠しトランクを開けると、紙の買い物袋から自宅と車の鍵束が発見された。「うおおぉぉっ!!」と夕闇を仰ぎみてガッツポーズを決めるお客さん。
 兎にも角にも鍵が見付かって何よりです。

picture




by Y隊員

2011.5.1(日)曇り
歓声に酔う

快晴に恵まれた先週の日曜日、
神宮球場の駐車場へBMW530開錠に行ってきました。

ご依頼はゴルフ練習場のお客様との事だったんですが、
併設されている第二球場で野球の試合が行われているせいか
駐車場がもの凄く混雑していました。

警備員さんへ事情を説明して中に入れてもらい
野球独特の大声援が聞こえる中、なんとか530を発見です。

到着を心待ちにしていたお客様。
作業を開始しようとすると「頑張って下さい!」とのお言葉。

そんなお言葉を受け作業を開始すると
野球の試合を応援するブラスバンドと大声援が聞こえてきます。

自分には関係ないのですが何だかちょっと鼻息が荒くなってきます。
トランペットの音に合わせてリズミカルにピッキング。
そして無事に開錠。するとタイミングよくスタンドからの大声援。

勘違いしてガッツポーズをとってしまうところでした・・

picture




by H隊員

2011.4.8(金)曇り
言葉の綾

 BMW・X1の解錠後、全ての手続きを終えると、お客さんがボソっと僕に言われた。「いや〜実はね、この閉じ込みは僕がやったんじゃないんですよ、嫁がやったんですよ」背を丸めちょっと声を潜めてます。「嫁がね、ここの幼稚園に子供を送りに来て閉じ込んじゃったんですね」とお客さんは更に声を小さくされた。そう言われると確かにX1が停めてある場所は幼稚園の目の前でした。「でね、嫁が酷いんですよ全く。インロックした事を僕に一切言わないで車・ェ壊れて動かせないって電話してきたんですよ。僕は最寄駅で電車に乗ろうとしていた時だったのですが取りあえず車の所まできてみたんですね。そうしたら嫁がいないんですわ。 あれ?どこいった??と携帯に電話してみたら今度は電話にでない。で、何事か!と何度も携帯にかけてやっと出たと思ったら電車に乗ってるんですよ。そして”私はこのまま出勤するから鍵の閉じ込みは何とかして”って。全く酷いと思いませんか僕も出勤しなきゃいけないのに」とここでお客さんは顔を上げて辺りを見回した。周りのあちらこちらでは子供を送ってきたお母さん達が立ち話に花を咲かせている。その中の何人かとは知り合いらしく会釈をしていた。
 「あぁ…嫁さんの友達に悪口言ってるの聞かれると後で面倒な事になりそうですわw と言う訳なんですよ今回の閉じ込みは。開けて貰って愚痴まで聞いて貰ってスミマセンでした。じゃ僕も出勤するとします」と車に乗り込もうとした時、一人のお母さんが「故障はもう直ったんですか?」とお客さんへ声をかけていた。

 X1の窓を開け手招きして僕を呼ぶお客さん。そして切ったばかりの携帯を僕の方へ向け、「今嫁に文句を言ったらですね、”メカニカル・トラブルだろうがヒューマン・エラーだろうが、正常に使えない状態の機械は壊れてるのです。なので私が言ったことは間違いではありません”と言ってましたよw」と大笑いされた。

 確かに間違いではないですよね。 でも…   日本語は難しいですねぇ。

picture




by K隊員

2011.3.31(木)晴れ
BMW M3

現行BMW・M3のインロック救援依頼。
M3といえばポルシェ911と並びマニア憧れの車。

初代M3はレースに出場する際のベース車両として開発されたが、
2代目から現行4代目は、普通の人が見るとノーマルの3シリーズと
区別が付かない程大人しい外観で「羊の皮をかぶった狼」的な車。

モデルチェンジの度に大きく重くなってるのは残念だが、
FR車のお手本といわれる3シリーズのスポーツモデルなので、
新旧問わず一度は所有してみたい車だ。

picture




by A隊員

2010.12.28(火)晴れ
リーサルウェポンの役割

台場でBMW320iのキー閉じ込みです。
最初にガソリンスタンドへ駆け込んで断られたというお客さん。

次に知り合いの車屋さんが来てくれるもギブアップ。
色々手を尽くして、最後に自動車保険に気付かれたようです。

現着して数分で開錠したんですが・・
「ほんと言われた通りですね」とお客さん。
閉じ込んでから徐々に膨らむ「このまま開錠出来ないのでは」という不安を
自動車保険のオペレーターさんが吹き飛ばしてくれたようです。

お客さん「キーが難しいタイプですけど本当に大丈夫ですか?」
OPさん「大変信頼出来る業者です。もしこちらの業者で解決出来ない場合
窓ガラスを割るしかないと思います」

電話で言われてほっとされたようですが・・
正直こんなに嬉しいことはないですね。

お得意さんから信頼してもらい、僕らはいつでも全力で応える。
これからも変わらず続けていきたいですね。

picture




by H隊員

2010.12.12(日)晴れ
思い込みは危険

 夕方、都下某所よりBMW・335iのトランク・インロック。他の業者さんがドアを・Jけたが車内からトランクが開かず、鍵穴は下向きで対応出来ないとの事での依頼。夕方のラッシュ時間と重なったので激混みの高速に乗り現場へ向かった。

 335iはハードトップカブリオレで一見普通の乗用車に見えますが、スイッチ一つでオープンになります。このトランクが逆に開いて屋根が持ち上がり、リアウインドーと屋根が上手い事折り畳まれて仕舞い込まれる、このトランスフォームな感じが心のアチラコチラを激しくくすぐって止みません。
 そんな事を考えていると現場へ到着。お客さんと合流後作業の準備を始めると、ちょいと鍵穴が今までのパターンと違う雰囲気に気付いた。135iと似ているけど新しい335iは微妙に違う。以前より難しくなっているのは間違いない。セキュリティーは日進月歩、どんどん強固になって行くのが正常進化。初見で僕等が苦しむのは当然と言えば当然の事なのかもしれません。
 そう言っていながらもナントカカントカ10分程でトランクのシリンダーを解錠し回す事が出来た。ところがトランクは開いたように見せかけて完全に開いてはくれなかった。開かない…でも超難解な原因で開かないとは思えなかったので一つ一つ確認をしてみる事に。
 「これがこうだからああなってこうなる筈」  開かない。
 「これがこうだからああなってこうなると思うけど今どうなってる」  そうなっている。
 「これがこうだからああなってそうなったのでこうしたらどうだろう」  ガチャリ  開いた。

 経験則だけに頼ると過去に囚われてそこから抜け出せられなくなる事があります。その思い込みさえなければ解決できるのに、思い込んだが為にハマっては元も子もありません。分かっていてもこれが現場だと結構難しかったりするのが正直なところです。自分で掘った穴に自ら落ちて「ヒドイ目にあった」等と宣うのは恥ずかし過ぎます。そうならない為にも日頃から脳を柔らかくする努力が必要だと、そう思った師走の夜でした。

picture




by H隊員

2010.10.3(日)晴れ
大勢の前で

 昼前、BMW・320iの解錠依頼で某所の施設まで。

 お客さんに案内され車の所まで行くと、何故かそこには100人以上のスーツを着た人達がいた。あまりの人の多さに正直ビビリましたが、直ぐに気を取り直し320iのドアに張り付き準備をした。
 作業を始めると少しザワザワしていた人達が静かになり、そして「BMWってどうやって開けるんだ…ヒソヒソ…」「前に僕が閉じ込みをしたときは…ヒソヒソ…」「昔とやりかたが違うんだね…ヒソヒソ…」「BMWって鍵を閉じ込むと開けられないって聞いた事あるんだけど…ヒソヒソ…」「背中に助人って書いてあるね…ヒソヒソ…」って聞こえてくるんですよw もう凄いプレッシャーです。
 あぁもぉこれはサクっと開けてスマートな助人を演出しなくては!とかなんとか邪まな思いがフツフツと沸き立ってくる訳なんですが、ふと自分の置かれている状況を思い返すと、これはショーではなくお困りのお客さんの問題解決なんだと、本来の自分の立場が脳天に突き刺さりました。僕がプレッシャーを感じるような回りの状況と言う事は、閉じ込みをされてしまったオーナーさんはとても居心地が悪い筈。そう考えると興奮していた頭が冷静になりプレッシャーはどこかにすっ飛んで行きました。

 作業を初めて数分、「どのくらいで開くのかな…?…ヒソヒソ…」そう耳に入ってきたところで最後の謎解きを済ませ錠前を回す。ドアノブを引く前にお客さんへ小声で「開きました」とお伝えし、その後ゆっくりとドアノブを引いた。すると回りに居た人達から「おぉー!」っと言う歓声と共に拍手が湧き上がった。人数が人数だけに結構な勢いの拍手に圧倒され、面喰い、そして暫し立ち尽くしてしまいました。

 お客さんを見送った後、回りに居た人達が少し離れた建物に移動する後姿をぼーっと眺めていた。ここに来て緊張の糸が切れた僕に軽い脱力感がまとわりついてくる。背中を丸めてダラシない姿勢になりそうなところをグッと堪えて見上げた空は、羊雲がゆっくりと流れるキレイな秋晴れでした。

picture




by H隊員

2010.7.20(火)晴れ
納得のいかないお客さん

 東京近郊某所にあるガソリンスタンドにてBMW・M5の解錠依頼。エンジンがかかったままの車輌は遠目でも分かるくらいの陽炎に包まれていた。
 お客さんの携帯に現着した連絡をするがコール無しで留守電に飛んでしまう。何度かけ直しても留守電のままなのでメッセージを残し折り返しを待つ。一応ガソリンスタンドの方にお客さんの事を聞いてみるが、とても忙しいらしく「携帯に連絡してください」としか言われなかった。連絡の手段はお客さんの携帯しかないので、暫し折り返しの連絡を待った。
 10分位経ったところでお客さんからコールバック。それから暫くしてスタンドに到着された。

 作業の準備をしていると、お客さんがスタンドの方と何やら話しているのが見えた。話の内容はまでは遠くて聞き取れませんが、お客さんの声には怒気が含まれていた。口調は穏やかだが明らかに怒っている。対峙するスタンドの方は俯き頭を下げているように見えるが謝罪している感じではない。何となく気になりましたが僕のタッチするところではありませんので依頼された解錠作業に集中した。

 解錠後、現金依頼でしたので精算をお願いするとお客さんの怒りが爆発した。と言っても僕に対してではなくスタンドへの怒りです。
 「僕が貴方に対してお金を払うことに怒っているのではないんですよ、気分を悪くしたなら申し訳ない。何故怒っているかと言うとスタンドの対応に納得がいかないのですよ。今回の鍵の閉じ込みはスタンドの方がやったんですね。まぁこれは偶発的な出来事で仕方がないと思うのところもあります。これに関して僕が鍵開けの代金を払うのも致し方ないかな?って気も無きにしも非ずです。ですけどね、閉じ込んだ事を報告しに来た店員が開口一番”ドアを閉めただけでインロックする可能性があるなら最初に説明してください。ウチでは対応しかねます”ってぬかすんですよ。ありえます?」お客さんの怒りは収まるどころか更に激しくなっている。僕は直立不動でお客さんの話に耳を傾けた。その・栫Aスタンドの制服を着た年配の方が軽トラで入ってきて、車を停めると一目散にお客さんの所へ走り寄り帽子を取ると「〇〇さん!スミマセンでした!!代金はウチでお支払いいたします」と深々と頭を下げた。

 その後、店長さんとお客さんの話しが続き、状況的に動くことが出来ない僕は無言のまま何となく話しの輪の中に居た。そこで分かったのは、お客さんの怒りを買った店員さんは店長さんの息子で、その息子はスタンドの仕事を手伝うのが嫌で、渋々やっているので今回のような事を起こしてしまった、と言うことらしい。話しの最後の方は、馴染みの店長さんと話しをしたお客さんの怒りは収まり、逆に息子さんの事で頭を痛める店長さんを慰めていた。

 一区切り付いたところで精算させて頂き現場を後に。
 その戻り道、若かりし頃の自分と照らし合わせ色々と考える。 ― 親の心子知らず ― ふとこの言葉が脳裏を過ると、心の中でもんどり打ってのたうち回ったのは内緒の話です。

picture




by H隊員

2010.6.10(木)晴れ
遠方その一

 昼前に頂いた仕事はBMW・745iのトランクインロック、場所は群馬県の水上。現場までかなりの距離があるので、昨日買ったバナナを2本一気に食べてエネルギー補給。準備万端で高速に乗った。

 平日の昼前だからなのか、頗る空いている関越は快調で何らストレスを感じることがない。なのでついつい色んな事を思い出してしまった。
 鶴ヶ島を過ぎると数年前秩父で解錠したジャガーXKR、本庄児玉を過ぎるとゴールデンウイーク中に解錠したアキュラ、上信越道の分岐にさしかかると、これもゴールデンウイーク中に解錠した軽井沢のメルセデスをその都度思い出した。あの軽井沢からかれこれ一ヶ月かぁと思い耽っているといつしか群馬県に突入。程無く昨年夏のレクサスIS250の事を思い出し、当時買ったばかりのナビのおかげで苦労なく現場に辿り着けた・Aあの時の感動が鮮明に蘇ってきた。遠方でナビの威力は絶大、もう恩恵を受けまくりの一年だったのを感慨深く振り返りながら、今回もその恩恵に預かろうと関越道を直走った。

 水上のインターが迫り料金所への分岐へ近付く。すると何となく運転している上での違和感のようなモノを感じた。はて?この感覚はなんぞ?と考えてみると、それは練馬からブレーキを一度もかけていなかった事だと分かった。あまりにも空いていて流れが良かったもんだから、140kmの道のりをシフトチェンジもせず6速固定のアクセルワークだけで走りきったみたいです。本来の高速道路とはこういう物なのかもしれない、と自分の疲労度合いと照らし合わせて思ったりするのでした。

 現場でお待ちのお客さんと745i。お待たせした事のお詫びをし即解錠、キーはトランク内の荷物に紛れてありました。
 その後、雪が残る谷川岳を暫し眺め、後は一気に東京へバック。帰りも空いていて楽に戻って来ました。

 拠点に戻り一息ついたところで、朝食べたバナナの残りをもそもそ食べる。「随分走ったなぁ」と一人達成感のようなモノに浸っているその最中、助人の電話には更に遠方の問い合わせが入っていた。呑気にバナナを貪っている僕は、数分後に水上より更に遠いところへ行こうとは、この時点では想像すらしていなかったのでした。

picture




by K隊員

2010.5.23(日)雨
The All−new

羽田空港でBMW・740iのインロック救援依頼。

7シリーズはフルサイズラグジュアリーセダンでBMWのフラッグシップモデル。
現場に到着すると車両本体価格が1千万円以上する最新モデルだった。

基本的に軽自動車から超高級車まで作業する時の
注意度は変わらないが、高級車はやはり緊張感が高い。

サクッと解錠といきたいところだが、
更に難しくなった最新モデル&初対応という事で
数分で・錠とはいかなかった。

時間を気にしながらもなんとか10分程で無事解錠。
長時間お客様をお待たせする事無く作業を終えホッとした。

picture




by Y隊員

2010.5.4(祝火)晴れ
夜の海ほたる

夜の海ほたるPAにBMW118iの開錠に行ってきました。

自身、久々のアクアライン。
料金が4000円の頃が最後ですから、かれこれ10年程前になるのでしょうか?
なので変にドギマギしながら出動です。

大田拠点から出動し40分かからずに到着。
もう日付が変わろうかという頃なのに結構人がいます。さすがGWです。

お客様と合流し作業をしている何度か鐘の音が聞こえてきます。
何の音だろう?と思いつつも無事に開錠。
お客様をお見送り後、音の正体を調べるためデッキに上がります。

音の正体は幸せの鐘なるモニュメント。
鳴らすと願い事がかなうようです。なるほど・・

遠くに見える夜景や月明かりに揺れるみなも。そしてこの幸せの鐘。
夜の海ほたるっていいデートスポットだったんですね。
よく見ると周りはアベックばかり。先程のお客様もそうでしたし・・

邪魔しちゃいけないなと、そそくさと後にする久々の海ほたるなのでした。

picture




by A隊員

2010.4.2(金)雨のち曇り
おまわりさんの勇姿

交差点の中でBMW525iの開錠です。
交通事故というか、お客さんは当て逃げされたようです。

慌てて車体を確認しようとして外に出たというお客さん。
いつの間にかロックされていたようで、災難に次ぐ災難です。

何とか早く開錠したいんですが・・
車の通りが激しくて作業スペースを確保できません。
信号の変わり目を利用して何度か挑戦してみたんですが・・
そこはBMW・・数十秒で開くはずがありません。

せめて5分確保出来れば・・
そんな事を考えていると、おまわりさん登場です。
A隊員の隣りで交通整理してくれたおかげで安心快速開錠です。

ドアを開けた瞬間、お客さんを呼びに走り出すおまわりさん。
その都度テキパキと行動する姿・・
困った人へ親身になってフォローする姿・・

こうした自信ある姿が頼もしく見えるんですよね。
見習うところが多すぎるおまわりさんでした。

picture




by Y隊員

2010.3.29(月)曇り時々雨
サクラバージョン

目黒区青葉台のドンキホーテさんよりミニワンの開錠依頼です。
お店の裏手には桜で名所の目黒川が流れています。

駐車場にお伺いさせていただくと該当のお車以外に4台ものミニワンを発見。
たまたまなのでしょうが、密かなブームなのでは?なんて思ってしまいました。

作業完了後に目黒川沿いの桜の様子を見に行きます。
まだ五分咲き程度ですが今年も楽しませてくれそうです。

桜を眺めつつ先程たくさん見たミニワンで思い出してしまいました。
MINI meets SAKURA.EDITION NIPPON

和的なアイテムを特に使っていないんですが、
英国モチーフのミニワンで独特の和テイストを醸し出しているの事に
はじめて見た時はかなり感動してしまいました。
満開の桜並木の下を走ったらさぞかし様になるのでしょうね。

自分の稼働バイク、フ・Hーサイトの車体色も黒なので
ミラーだけピンクにしてサクラバージョン風にしようかな?
でも怪しくなりそうなんで止めておきます・・

picture




by Y隊員

2010.3.19(金)晴れ
愛犬も笑顔

動物病院の駐車場よりBMW118iの開錠依頼です。
最近なぜか対応することが多いワンちゃん閉じ込めインロック。
今回もそれでは?と心配しつつ現場へ急行します。

到着するとお待ちかねのお客様とワンちゃん。
心配は心配だけで済んだようで一安心です。
すると「開かない時はやっぱり窓ガラスを割るんですよね?」とお客様。

以前、熱海にてインロックされてしまった事があるそうで
その時は今はそばにいるワンちゃんを閉じ込めてしまったそうです。
そして保険のロードサービスではなく鍵屋さんへ直接救援を要請。
すると遠方なので到着まで3時間かかると言われてしまい、
ワンちゃんの熱中症が心配で窓ガラスを割って解決されたとの事。
なので今回も・・と思われていたそうです。

心配されるお客さまにはピッキングにて壊さずにドアを開けますので、
と説明させていただき、その後無事に開錠です。

「CMどおりにすぐに来てすぐに解決してくれるんですね♪
この保険使い続けるわ♪」とお客さま。
こころなしか一緒にいるワンちゃんも喜んでいるように見えてしまいました。

picture




by H隊員

2010.1.25(月)晴れ

 BMW・Z3の解錠依頼、現場は川の堤防内側にある駐車場との事。

 近くに到着、お客さんに連絡し誘導して頂く。指示に従い堤防上に登りお客さんが言われる方を見ると「こっちでーす」と遠くで手を振る人が見えた。
 堤防の上から距離があったが、それ程時間はかからずお客さんの元まで行けるだろうと「直ぐ参ります、少々お待ちください」と電話を切ったのは良いものの、堤防の工事か何かが行われていている影響で、思いがけず遠回りを余儀なくされてしまった。
 目算で2分位で到着出来ると思ったのですが、結果5分以上もかかってしまった。グル〜〜リと遠回りな迂回路は舗装が剥がされ土が露出し、深さ20cm位ある穴が大量にある悪路になっており、それを千鳥運転で迂回しながら進むのはやはり時間がかかってしまう。何台か大型ダンプとすれ違いをしながら、転ばないよう慎重に進んだ。

 荷箱の中が重いので必死のニーグリップで車体の安定を図るが、次第に力を込めた膝が笑い始める。そろそろ尻の筋肉が吊りそう、という辺りでお客さんの元まで辿り着いた。直ぐにバイクを降り時間がかかった事をお詫びすると「あの道じゃバイクは大変ですよね、本当にスミマセン、申し訳ない」と逆に謝られてしまった。「いえいえ!お気になさらずに!!」と激しく恐縮しながらZ3の解錠を速やかに完了させた。

 その後、落ち着いたところでZ3を眺めると、いつも気になるフロント・タイヤの後ろにあるダクトが目に入ってきた。
 Z3のこのダクトをみると思い出すのが"鮫"。全体のフォルムも去る事ながら、ここのダクトが僕の"鮫"印象を強めている気がする。
 果たしてそんな風に感じるのは僕だけでしょうか? 鮫っぽくないですか??

picture




by H隊員

2010.1.20(水)晴れ
隣の車

 BMW・Z4の解錠依頼で埼玉県某所の市役所まで。

 お客さんと無事合流し解錠前の車輌チェックをすると、運転席ドアに結構な長さの縦に付いたヘコミがあった。お客さんに確認をとると「ちょっと聞いて貰ってもいいですか?」と大きなため息を付かれた。

 ここの市役所に来る前、お客さんはかなり大きなホームセンターに寄った。巨大な駐車場は混んでいて建物より離れた場所に停めざるを得なかった。
 用事を済ませ車に戻っている最中、遠くに見えるZ4の横に止まった車の助手席が物凄い勢いで開きZ4に激突、その後中から何やら叫ぶ女性が飛び出してきた。車内からは男性が叫んでいたが、女性はそれを無視して駐車場を走って行く。運転席から出てきた男性はZ4をチラ見した後助手席の扉を閉め急いで車に乗り込み急発進、そのまま女性を追いかけて行ってしまった。
 走ってZ4に戻ったお客さんの目に飛び込んできたのは、傷一つ無かったキレイなドアに付いた縦のヘコミ。一瞬の事で隣に停っていた車の車種やナンバーは覚えてなかったとの事。

 「この怒りをどこにぶつければいいのやら…」話された事により新たな怒りが込み上げるお客さんに僕が言えたのは、ホームセンターの駐車場なら防犯カメラがあるかもしれないので、警察に届けると共にホームセンター側に問い合わせてみてはいかがでしょう?と言うことくらい。
 「あっ!そうですね、怒りで全く思いつかなかったけど、その手がありましたね!! ありがとう!!今からホームセンターに行ってきますよ」とお客さんはサムアップをして市役所を後にした。

 少しは役に立てたのかもしれないと思い、ちょっと嬉しかった冬の昼下がりです。

picture




by K隊員

2010.1.17(日)晴れ
子供インロック

今年初の子供インロックはBMW・318i。

場所は目黒区の家電量販店駐車場。
依頼時に子供は眠っていると伺った。

今の時期は熱中症の心配は無いとはいえ、
子供が・Nきて泣き始めた場合にただ声を掛けて待つ事しか
出来ない母親の気持ちを考えると少しでも早く解決したい。

20分程で現場に到着すると二人の子供はまだ眠っていた。
早速作業を開始し無事数分で作業完了。

今回は子供が眠っているという事でお母さんは安心していたが、
やはり子供インロックは時期に関係なく気が抜けない案件だ。

picture




by K隊員

2009.11.16(月)晴れ
バイクでよかった

ラゾーナ川崎プラザでBMW 318iのインロック救援依頼。
川崎駅西口に隣接する大型ショッピングセンターだ。

大田拠点から国道1号線を南下する。
週末の午後ということで現場付近は大渋滞。

駐車場待ちで並んでいる車の横を慎重にすり抜ける。
駐車場は平地と立体タイプがあり2000台収容とかなりデカイ。

事前に駐車場所を詳しく聞いていたので予定時間前に無事到着。
つくづくバイクで良かったと思う瞬間だ。

作業終了後ちょっと中を覗いてみる。
広場には二つのステージがありイベントやフリーライブが行われている。

多い時には1万人以上の観客が集まるみたいだ。
過去最多は、女性が選ぶ「今一番会いたい洋楽男性アーティスト」1位、
バックストリート・ボーイズの1万4千人らしい。

picture




by A隊員

2009.9.25(金)晴れ
かけがえのないもの

BMW525・奄開錠しようとショッピングセンターに到着。
バイクから降りたとたん、歩道から「○○ちゃーん!」と聞こえた。

それはA隊員が20年ぐらい前に呼ばれていたニックネーム。
偶然にも近くを散歩していた旧友と遭遇したのだ。

もうほんと驚いたというか、貴重な時間でしたね。
単身赴任の身にとっては家族と会うだけでも限りがあったりしますが
友達となると年に1回会えるかどうか・・

ゆっくり話せるシチュエーションじゃないので挨拶程度なんですが・・
まるで電球取り替えたように、パッと気持ちが明るくなりました。

しばらく仕事キャラが続いていると肩こるんですよね。
自分の能力を必要以上に見せようとしたり・・
言いたくない事を、言わなきゃいけなかったり・・

でも友達ならそんなもんいりません。
会って何話そうか?なんて考えずに、雰囲気だけで癒されますね。

本当にかけがえのないものです。

picture




by H隊員

2009.9.24(木)晴れ
長くなる影

 某ディーラーさんからの紹介でBMW320iの解錠依頼、埼玉県某所まで向かう。

 BMWの内溝は個人的にとても繊細だと思う。雑に接したり、開かない事で焦って闇雲になったら一気に怒涛の迷宮へ入ってしまう。上手く説明出来ませんが、敢えて言うならば女性的な感じ、しつこいようですが個人的な感想です。
 そして解錠していると何故だかいつもBjorkのHyper-Balladが頭の中でループするのです。BMWの内溝のイメージがHyper-Balladらしいのですが、この辺は単に僕が変態だからかもしれません(自己弁護:無害な変態は良い変態)。
 因みに、BMWの外4と言われている鍵はPinkFloydのMoneyで、メルセデ・Xの内溝はDisturbedのVoices、AudiはMogwaiのFriend of the Nightがループします。どうでもいい事ですな、すみません。

 そんな事はさて置き、速やかに解錠を完了した後、「最近、リモコンの反応が悪いなぁとは思っていたんですが、それがインロックの原因として考えられますか?」とお客さん。車輌購入から既に4〜5年経っていて、一度も電池を交換した事がないとの事。今回は運転席にキーを置いた状態でのインロックでしたので、リモコン電池の消耗は十分に考えられる。
 もし今回の原因がリモコン電池の消耗なら、これから冬に向かい気温が下がって行くと、同じような状態でインロックが発生する可能性が高くなる。ディーラーさんで点検か電池の交換をご推奨させて頂いた。

 その後、書類にサインを頂いていると一緒にいた3歳位の娘さんがいなくなっている事に気付いた。どこに行ったのかと奥さんが広い駐車場を捜しに行ったので、僕は奥さんと反対方向を見に行く。
 「○○ちゃんどこにいるの?」と何度目かに呼んだ奥さんの声に気付いた娘さんは、遠く離れた所にある車の陰から、長めの影を伴って街の神秘と憂鬱のようにヒョッコリと現れた。無事でなにより、ホっとしました。

 シルバーウイークも終わり9月も残すところ僅か。長くなり始めた影を見て、また少し秋を感じたのでした。

picture




by Y隊員

2009.8.3(月)晴れ時々曇り
救援のお返し

もう少しで午後九時になろうという頃
江戸川区の洗車場にてBMW320iの開錠のご依頼。

バイクに跨り出発しようとした時、オペ担当から連絡。
洗車場が9時半に閉まってしまうので間に合うようにして欲しいとのこと。

向かう気持ちに更にムチを入れ、気を引き締めつつ出発です。
そしてなんとか余裕で作業が出来る時間に到着しました。

作業は無事に即開錠。そして車を場外に出します。
日記用の写真を撮影させて頂きお客様をお見送り。

場内に停めてある自分のバイクの所へ戻り完了の報告と後片付け。
そして軽く充実感に浸っているとお客様が忘れ物を取りに来ました。
「9時半になると自動で閉まるみたいなんで・・」とお客様。

入り口をよく見ると自動でチェーンを張る装置があるではありませんか。
誰かが来て閉めるわけではないのですね。危うく閉じ込められるところでした。

お客様が忘れ物をしなかったらどうなっていたことか・・
助けて頂き本当にありがとうございました。

picture




by A隊員

2009.7.22(水)曇り
若葉の思い出

勝浦市の守谷海岸でBMW320iの開錠です。
最近カーナビ(ガーミン205)を付けたんですが、効果絶大ですね♪

たぶん地図を見ていたら、2時間はかかったんじゃないでしょうか。
東京からビックリ仰天の1時間30分で現着です♪

守谷海岸といえばエメラルドグリーン&まぶしい砂浜。
環境庁の「快水浴場百選」にも選ばれてます。
場所にもよるんですが、海辺まで車が寄せられる所は良いですね。
クーラーボックスやパラソル担いで歩くのは重労働ですから・・

忘れもしないんですが、運転免許を取った直後に来たことがあります。
初ドライブが父親のビッグホーンで、ハラハラしながら運転してましたね。
20人ぐらいが若葉4台に便乗して、朝から晩までドンチャン騒ぎでした。

開錠後に周辺を散歩したんですが、やはりいつの時代にもいるもんです。
そういう無茶な若者のグループが。
みんなで大声張上げたり、海へ突進していったりしています。

何だか楽しそうに見えますね。
若いときにしか出来ないことって結構あるもんですね・・

picture




by A隊員

2009.7.12(日)晴れ
晴れ渡る充実感

箱根で最新BMWZ4の開錠です。
もう霧で真っ白ですね。正直走るのが怖かったです。

A隊員・・「○○ホテルに到着しました」
お客さん・・「そこからちょっと離れた場所なんですが・・」

依頼された住所はホテルなんですが、現場は150mほど離れた場所です。
これが辛いの何の・・霧をかき分けながらの捜索となりました。
何とか合流し、直接トランクをピッキングして開錠。
急いで後片付けをして下山してきました。

変な話しなんですが、本当に作業してきたのか・・と錯覚しそうですね。
それほど現実離れした空間というか、夢の中にいるような感じでした。

2日ほど経過した後でしょうか、お客さんからお礼の電話を頂きました。
あまりないケースなんで、本当にうれしかったですね。

普段は作業を終えてから噛み締めたりするもんです。
日を重ねた後の充実感は、また格別だったりします♪

picture




by Y隊員

2009.5.17(日)曇り時々雨
学ぶべき視点

テレビ局の駐車場にてBMW Z4の開錠のご依頼。

夜で道路も空いていた為、予定よりだいぶ早く到着です。
ご連絡をすると局内の離れた所に居るので数分待って下さいとのお願い。
さすがテレビ局。中はだいぶ広いですからね。

合流後、作業を開始しようとすると
「やっぱり驚かれますよね?」とお客様より質問。

早い到着を驚かれているのかと思い恐縮しながら
「バイクで移動しているから早いんだねと驚かれつつも喜ばれています」
そう返答させて頂くと
「いやいや、ピッキングでドアが開いちゃう事がですよ〜」とお客様。
そっちの驚きでしたか・・・

テレビ番組の製作に携わっている方なのでしょうか?
さすが視点が違う・・と変に感動してしまいました。

作業完了後、「飲み物でも・・」と頂いたのは缶ビール。
「仕事が終わったら飲んで」と手渡してくれました。
確かにコーヒーやお茶よりも個人的にかなり嬉しいです。さすがです・・

picture




by H隊員

2009.5.3(日)晴れ
職業病かもしれない

BMW525iのトランクインロック。
車内のトランク・オープナーでは開かないとの事。
現場は住宅街の細い裏道。
ちょいと斜めに停まっていて通行の邪魔になりそうな感じ。
そしてその付近の道は意外と車通りがおおかったので、
直ぐ作業に取り掛かり「プップッ」とクラクションを鳴らされる事なく完了した。

お客さんを見送った後、終了報告の電話をしながら目の前の神社を何となく見ていた。
報告も終わり通常なら拠点に戻ろうとするのですが、
何故か神社を見つめて動けなくなってしまった。
頭の中ではかなり深い部分で猛烈に何かを考えている。
「あれ?何を考えているんだろう??」自分でも良く分からない。
ただ眼は神社に釘付け。
「神社の何が気になるのか?」
自分の眼が固定されていたのは神社の大きな門柱の側面。
「これの何が気になるのか??」
いまいち良く分からない。
だけどこのままじゃスッキリ出来ないので暫し門柱を見つめていると、
頭の奥から …3 3 2 1 4 4 5… と数字がボンヤリ出てきた。
「あっ!!」と思わず声が出る。
気になっていた理由は神社の門柱がベンツ等の内溝キーに似ていたからみたいです。

理由が分かり改めて門柱を見ると確かに似てなくもない。
だからと言って門柱の段差を読み始めるってのは正直どうかと思う。
これは一種の職業病かもしれないゾと一瞬頭に浮かぶ分けですが、
恐らく僕の場合は”変態♥”だからだろうと言う結論に落ち着きました。

でもですね、
自分で結論付けておきながらも変態とはあんまりではないかと後に思うのです。
で、ちょいと自分に逆切れしながら内溝神社を後にしたのでした。

picture




by A隊員

2009.4.22(水)晴れ
変わり身の術

倉庫入口からドーンと突き出たBMW525iを発見。
早速到着した旨を知らせようとお客さんの会社へ電話した。

「あれ?到着したんですか?そちらにいませんか?」
会社の方の話しでは、すでにお客さんは車の前で待っているとのこと。

勝手に動くわけにもいかず、しばし待機することに。
そのうち反対車線から走ってこられた方から声をかけられた。
「もしかして・・カギ屋さんですか?」

お客さんは最初からA隊員のことに気付いていたようですが、
ずっとバイク便だと思っていたようです。

ちなみにバイク便に間違われるのは慣れています。
道を聞かれるのはもちろん、荷物を運んでほしいと頼まれることも・・
駐輪風景もバイク便そのものですもんね。

開錠後に「素晴らしい技術ですね!」とお褒めの言葉を頂いた。
何だかバイク便からカギ屋へ、変身できたような気がした。

picture




by A隊員

2009.4.18(土)晴れ
オートバイ乗りの宿命

休日高速1000円を利用してツーリングに行ってきました。
目的地は西伊豆で、まずは東名高速の沼津インターを目指します。

というのは冗談で、ちゃんとした仕事です。
恋人岬でBMWのX5を開錠しました。

ちなみにツーリングは大好きです。
最近ご無沙汰してるなぁなんて考えたら、6年間も行ってません。
この仕事を始めてからというか、家族と離れてからでしょうか。

単身赴任者は家族の人気者です。
帰った途端あっちこっちに引っ張られるんですよね。
おそらく子供が独り立ちするか、妻が車の運転を始めるかしないと・・
もはやゴルフと一緒で、老後の楽しみかもしれませんね。

なので、遠方に来るだけで忘れかけた感情がよみがえります。
帰りは、木漏れ日の降りそそぐ山道を堪能してきました。

楽しいなぁツーリング・・いや仕事・・
この際どっちでもいいや。

picture




by A隊員

2009.3.21(土)晴れ
ヘルプする側される側

青海で’98年式BMW525iがインロックしたとの知らせ。
助人サービスが2番手の出撃要請となった。

すでに前の業者さんが1時間以上作業しているとの事で
バイクにムチを打ちながら現場へ向かう。

ヘルプに行くたびに思うことだけど・・
ギブする業者さんの気持ちはハンパないと思う。
悔しいだろうし・・情けなくなるだろうし・・

過去には助人も助けられたことがあるので、痛いほど分かります。
そのときの気持ちといったら、もう・・・一言では表せな・「ですね。
でも、その気持ちがないと上達しなかったのも事実だったりします。

A隊員の開錠後、無言のうちに帰られる1番手の業者さん。
今夜は、きっと眠れない夜を過ごすことと思います。
大切なのは、その気持ちをどこまで維持できるか・・

偉いこと言いながらも紙一重というか・・
助人隊員もあんまり変わらなかったりします。

picture




by J隊員

2009.1.14(水)晴れ
恩ある思い出

調布のとあるディーラーさんよりBMW 320iの開錠要請

こちらのディーラーさんはJ隊員にとってとても感慨深いお客さんだ
あれは数年前に頂いた初めてのご依頼、当時まだ新米のJ隊員が対応する事となった。

外車の内溝キーに戦々恐々としていたあの頃のJ隊員、
現在のような1分やら3分などとは全くかけ離れた開錠時間だった。
その時もやっぱり苦戦、数十分の後にやっとの思いで開錠出来た
そんなフラフラのJ隊員を救ってくれたのがディーラーの方の労いのお言葉
心がフッと軽くなるようなあの時の有難さといったら・・・

その後も何度かご依頼を頂き、その度に対応させて頂いたJ隊員、
じっくりとコツを探りながら作業出来る貴重な経験だった。
思えば今の自分の開錠技術の礎は
このディーラーさんでの作業経験によるものが大きいと思うのだ。

そんな様々な思い出に、感謝の念を感じながら3シリーズを開錠。
昔お世話になったの担当の方は他店舗へ移動されており
残念ながら久方ぶりのご挨拶は叶いませんでした。
ですが今回の担当の方の手の中には最初の時にお渡ししたJ隊員の名刺が!

角が丸まった名刺を眺めながら「ホント助かったよ!」と言っていただける嬉しさに
「こちらこそ!」・・・思わずそう返してしまったJ隊員でありました。

picture




by Y隊員

2009.1.13(火)晴れ
うなるしっぽ

浜田山にある酒屋さんの駐車場にてBMW530iの開錠依頼。
車に寄り添うようにお待ち頂いているご依頼のご婦人。

「閉じ込められちゃってて・・」
とのお話を聞き車内を覗くとちっちゃいワンちゃん。
閉じ込められているのだが嬉しそうにしっぽを振っている。

そんなワンちゃんを救出するべく即作業開始。
鍵はちょっと前のBMWの内溝キー。少し苦労しつつも何とか開錠。
と同時に飛び出してくるワンちゃん。
千切れてしまうんじゃないかと思うくらいピュンピュンしっぽを振っている。

サインを頂き無事にお見送り。
運転するご婦人の膝の上で誇らしげに鎮座するワンちゃん。

そんな愛くるしいワンちゃんを見て無性に小型犬が欲しくなってしまいました。
しかし状況的に買えないし飼えません・・

picture




by J隊員

2008.12.23(祝火)晴れ
連なる幸せ

八王子でBMW318i開錠のご依頼

空いている中央道を予定より早いペースで降り一般道へ、
予定より早く着けそうと思っていたら突然の渋滞

「どうしてこんなところで?」
到着を急ぐ気持ちから、ヤキモキしながらクルマの列をかき分ける
すると意外なほどにあっけなく終わる渋滞・・・これは一体?

BMWの開錠を終えた帰り、またもや同じ場所で始まる渋滞
帰り道という事もあり、気になったのでバイクを渋滞の先へ向けた。

わ・ォ道に逸れて少し走ると混雑の原因が見えてくる。
車列が向かう先には大きなショッピングモール
その広場にあるのは大きな飾り付けられたモミの木・・・

そういえばこの車の列には渋滞特有の殺伐とした雰囲気が無い
並んでいる車内に見える表情は、どこか期待感がこもった明るいもの

J隊員の知らなかった楽しげな渋滞がそこにはあった。

picture




by A隊員

2008.12.21(日)晴れ
最悪から最高へ

日が昇ろうとする頃、BMW320iの開錠作業。
ドアをピッキング中、お客さんの会話が聞こえてきた。

内容はちょっと深刻そうな、それでいて共感できる話し。
そのうち話しが明るい方向へ向かったところで、タイミングよく開錠した。

お客さん・・「あれ?開いたんですか?すみません話しに夢中で」
ご友人・・「ほんと。くだらない話しで盛り上がってしまって・・」
盗み聞きしておきながら、共感していたことを正直に申告すると
ほんの少しだけ話しの仲間に加われたような気がした。

みんな一緒なんだなぁ・・と思った。
誰でも自分以外は・・なんて考えやすいけれど、
悩みのない人などどこにもいない。

これからゴルフへ行かれるというお客さん。
「天気は最高ですね♪」とお声をかけると
「さっきまで最悪だったんですけど・・今は最高です」とお客さん。

最悪から最高へ・・・いい言葉だと思った。
やはり天気もこころも晴れがいい。

picture




by Y隊員

2008.11.28(金)雨のち曇り
プチ健忘症

久我山にて最新式のBMW X3の開錠依頼。
作業を終えて御依頼主と少しお話をさせて頂く。

テールのデザインを眺めつつお話しさせて頂いているとふと何かに似ていると思った。
しかし何に似ているのかが思い出せない。もう少しで出てきそうなのだが・・

そんな思い出させずにいる事をすっかり忘れ一日の作業を終え自宅に戻る。
息子に催促されてレゴブロック作りを手伝っているとふと思い出した。

X3のテールはスターウォーズのストームトルーパーに似ている。
レゴブロックの中にストームトルーパーの人形がいたのだ。
ちょっとスッキリした。でも最近のレゴブロックはすごいですよね。

しかし最近、すぐに思い出させずにいる時が多い気がする。
以前J隊員から思い出させずにいると脳のシワが一つ減ると聞いてから
極力思い出すようにしていたのだが、最近はそれすらもしていなかった。

これから極力思い出すようにしていこう。
このままでは脳のシワが無くなっちゃいそうです。

picture




by H隊員

2008.11.18(火)晴れ
インロックした車で?

深夜、BMW535iの解錠依頼。
車を停めている場所の説明が難しいのか、お客さんから頂いた情報は少ない。
取りあえず環七の某交差点付近で携帯に連絡を取る運びとなる。

深夜で環七は空いていた為思いの他早く着いた。
ただ、約束の交差点を越えるのか左折か右折か分からないので、
かなり手前で停車をし携帯に連絡。

「今、どの辺りですか?」とお客さん。
近くの電柱に住所表記があったのでお伝えすると
「ん〜…この辺はちょっと詳しくないんですよ」
忘れていました、お客さんは正確な現在地が分からないのだ。
直ぐに、何々方面から・・ト指定の交差点より一つ前の信号を越えた辺りとお伝えする。
「あっ!そこなら分かります!」
良かった〜。そしてこの後どちらに向かえば良いのかをお聞きする。
「そこに居て貰って結構です。車をそちらに持って行きますので」
え?!インロックしているんでは無いのですか?
「ええそうです。直ぐに行きますのでちょっと待っててください」
ツーツーツーツー
電話が切れてしまった。
えーっと、僕は確か解錠の依頼を受けた筈。
でも車で来るとお客さんは言われる。
ちょいと混乱。
そうか!違う車で来ていただけるのだ。
多分そうだ。
と思った辺りで背後にでっかい車が来た気配。
振り返ると真後ろに中部地方ナンバーのローダー車があった。

ボーっと眺めていると携帯が鳴る。
電話はお客さんからでした。
「もしかしてバイクですか?」
そうです、もう近くにいらっしゃるのですか?
「後ろにいます」
ローダー車を運転されていたのがお客さんでBMWはその荷台にあった。
まさかインロックした車が搬送途中とは。
ビックリです。

その後、よっこいしょと荷台に上り解錠したのでした。

picture




by A隊員

2008.10.14(火)曇りのち雨
お客さんの心、隊員知らず

お台場でBMW745iのお子様インロック。
緊張と焦りを抑えつつ現場へ到着すると、お客さんは至って冷静であった。

お子さんも静かに寝ていて、終始和やかな雰囲気で開錠した。
いつもの「戦場」を想定していたので、少々肩すかしな感じであった。

「楽勝♪」なんて思いながら後片付けしていると・・
「どうなることかと思いました」とお客さん。
どうやら、閉じ込められた当初、お子さんはずっと泣き叫んでいて
A隊員が到着する頃に寝始めたとの事。
お客さんの表情を拝見すると、かなりお疲れな感じがした。

おそらく泣き叫ぶ我が・qに、何もしてやれない悔しさ・・
今の今まで、焦りや葛藤の極限で苦しんでいたに違いない。

なってこった。
楽勝とか思っている場合ではない・・

身の引き締まる思いで現場を後にした。

picture




by Y隊員

2008.9.25(木)曇りのち晴れ
すやすやインロック

新宿区余丁町にてBMW118iの開錠依頼。
お子さんも閉じ込められているとの事。

現場住所が明確でない為、周辺に到着しすぐに御依頼主のママさんに連絡。
すると道路まで出てきてくれるママさん。

置き去りにされたお子さんは大丈夫なのだろうか?質問すると、
「気付かないでそのまま眠っちゃったんですよ〜」と落ち着いて話すママさん。
車の中を覗くとすやすやと眠る1歳ぐらいの男の子。

なので子供インロック特有の焦りもなく無事に開錠。
ドアを開けても全く気付かずにすやすやと眠り続けている。

ママさんが車から降ろしベビーカーに移すとやっとぐずり出す。
眠りを邪魔されたからだろうか?

なんだか大物になる予感がしてしまいました。

picture




by A隊員

2008.9.8(月)晴れ
最速ルート

BMW Z4がインロックしたとの知らせ。
現場は千葉県八千代市にあるゴルフ練習場であった。

早速高速に乗り、花輪ICから296号成田街道を突き進む。
この国道296号線がヤッカイで、延・Xとした渋滞路であった。

慣れない道は地図に従うしかない。
長年そうしてきたけど、さすがにスリ抜けも出来ない状況には参った。
出発しておよそ1時間、ヘトヘト状態で到着した。

Z4を開錠後、ここまでの道順について相談してみた。
すると「最速ルートを教えましょう」とお客さん。
帰りがてらお客さんを追走する運びとなった。

早速Z4のお尻を追いかけるも、来た道とは逆の方向へ。
3kmほど走ると、本線から外れつつ窓から手を振るお客さん。
感謝感激のお別れとなった。

帰還してみればゴルフ場から40分。
文字通り「最速ルート」であった。

picture




by H隊員

2008.9.7(日)晴れ時々曇り
BMW 535i

BMW535iの解錠依頼。
現場はドックランのある某公園駐車場。

現着しディーラーの方とレッカー業者の方と合流した。
今回の案件は、お客さんが公園内でカギを紛失した為ディーラーさんへ相談。
結果搬送する事になり、ローダー車へ積み込む為解錠してほしいとの事。

さて、全ての準備が整ったがお客さんがいない。
携帯も閉じ込んでいる為、時間を決めて待ち合わせた筈なんですが?
恐らくかなり広い公園なので公衆電話が見つからず、
思いの外遠くまで行っていたのかも知れません。

3人で待つ事10分。
大型犬を連れたお客さんが到着。
速やかに解錠を完了させる。
その後、ディーラーさんとお客さんは打ち合わせ。
書類にサインを頂くタイミングを逃してしまった為、
打ち合わせが一段落するまで待つ事に。
その間、レッカーの方が車輌を積み込むのを眺めていた。
すると、お客さんが連れていたレトリバーの首輪が突然解ける。
犬は勢い良く走って行く。
直ぐにお客さんがバックからボールを取り出し犬の名を呼ぶ。
大好きなボールを見た犬は一目散に飼い主の元へ。
こ・黷ナ問題なく捕まるだろうと思った矢先に、
犬がお客さんの手からボールをむしり取って逃げてしまった。

ここからは、お客さんとディーラーさんと僕で犬捕獲作戦。
三方から攻めるも巧みに追ってを交わすレトリバー。
大人3人がかりで捕獲まで20分を費やす。
皆ヘトヘト。
捕まった犬もヘトヘト。

随分と暫く振りに犬と戯れ?た一件でした。

picture




by A隊員

2008.7.30(水)晴れ
腹が減っては戦が・・

勝手に集中ロックしたというミニワン。
開錠後、同じように誤作動するか試すことになった。

カギを運転席の上に置いてドアを閉める・・・数分たっても何も起こらず・・
助手席やダッシュボード、色んな場所を試しても結局何も起こらなかった。

そのうちお腹がグーグー鳴り出すA隊員。
実は昼食を抜いてしまい、立っているだけで精一杯の状態であった。
「おかしいなぁ・・何で集中ロックがかかったのかな・・」とお客さん。
それは質問のようにも聞こえるし、独り言のようにも聞こえた。

とりあえず眺めることしか出来なかった。

開錠してから15分、「もう少し試してもいいですか?」とお客さん。
とっさに口がパクパクするA隊員。

驚いたことに力を入れないと声が出ないほど弱っている。
この季節は昼食抜いただけでも命取りになるかも・・

眺めている間、真剣に考えた。

picture




by A隊員

2008.7.22(火)晴れ
夏のやりがい

日本橋でBMW525iがインロックしたとの知らせ。
お客さんの都合上、これから30分以内に開錠してほしいとの事。

問い合わせの段階だったけれど、迷わず出発。
吹き荒れる熱風も何のその、全ての工程をシミュレーションしながら向かった。

日本橋まで10分・・
事前・事後確認&書類作成に5分・・
開錠作業に1分・・
合計16分とすると、高鳴る鼓動も落ち着く感じがした。

現場の525iは、地面からの炎のような揺らめきに照らされていた。
カギはトランクの中、2度手間にならないよう直接トランクに狙いを定める。
ピッキングは閃光一線、秒針が一周する間に開錠した。

鳴り響く警報を解除していると、本日3本目のチップを頂くA隊員。
タイムリミット10分前という喜びをお客さんとともに分かち合った。

真夏は大変なことが多いけれど、その分評価もされやすい。
そんな熱い季節が大好きだ。

picture




by Y隊員

2008.7.3(木)曇り
適応力の仇

明治通りでBMW X5の開錠依頼。
ドアが壊れている為、ピッキングじゃない方法で開錠して欲しいとの事。

20分かからずに現場に到着し、御依頼主に壊れ方を確認する。
「運転席だけ外からドアが開けられないんですよ」との事。
もしや・・と思いカギは壊れてないのですか?と質問すると壊れてないかも・・との返答。

なので最初に取り合えずピッキングをさせて頂く事に。
ピッキングであれば車にキズをつける可能性は無いですからね。
そして2分ほどでシリンダーが回り集中ロックが作動する。
最悪の状況も説明されていた為か、無事開錠してかなり安心された様子です。

そして慣れた手つきで別のドアから運転席のドアを開ける御依頼主。
「早く修理に出さなきゃとは思っている・ですけどね・・」

確かに修理に出すわずらわしさを考えるとちょっとした手間も仕方ないと思い、
しまいにはその手間が普通になっていたりする。Y隊員にもその傾向がかなりある。
でもこういった状況やその他の状況を想像すると・・
やはりそんな傾向も車と一緒に直していった方がいいようですね。
自分も直します・・・

picture




by J隊員

2008.5.25(日)雨のち曇り
羽田空港駐車事情

BMW ミニのインロック救援へ羽田空港へ

羽田空港には大きな立体駐車場が四つあり
P1、P2が到着ロビー側、P3、P4が出発ロビー側にそれぞれ隣接して建てられている。

救援で対応することが多いのはなぜか到着側の駐車場
今回もそんな傾向通り、到着側の駐車場からの要請だ。

旅行先から戻り、荷物を車内に積み込んで車のドアを閉めたところ
荷物と一緒にカギも閉じ込んでしまったお客さん
不意の足止めがそうさせているのか、ひどく疲れているように感じられる。
せめても、と即開錠して安堵するお客さんを見送った。

空港の駐車場にマイカーを停めている人に共通しているのは
何処かアウェイの地に行って帰って来るということ。

出張先や旅先からの帰り道、誰でも少なからず緊張や疲れを抱えているはず
それらがひと段落するのが空港の自分の車の元だったりするのでしょう。
そのホッとしたところにトラブルが忍び寄る・・・

到着側の駐車場に救援要請が多いのも
そんな事情があるからなのかもしれませんね。

picture




by H隊員

2008.5.14(水)雨のち曇り
熱いお茶

野田市からBMW 320iの解錠依頼。
冷たい雨の中、高速に乗る。

それにしてもETCは快適すぎる。
雨の時、ゲートでチケットを取ったりお金を払ったりしなくて済むのは助かりまくり。
今までを考えると「ありがたや〜」と独り言の一つも出てしまう。
至福の一時とばかりにゲートを潜り高速を降りた。

随分と敷地面積がありそうなお客さん宅へ到着。
電話をしようとしたところで奥から中型犬がやってきた。
遊んで欲しそうに「フンッ! フンッ!」って言っているが全く吠えない。
躾がされているんだな〜と感心していると、おばあちゃんがこちらに来て、
「カギ屋さんかね?奥に車あるんで中さ入って」と門を開けてくれた。

案内をされ奥へ行くと、5台以上は入るであろうガレージにBMWは停まっていた。
雨が降っていたので屋根の下で作業出来るのはありがたい。
「雨ん中、御苦労さんでしたね。今、お茶入れっから」とおばあちゃんは母屋の方へ行かれた。
「あ〜っ!ちょっと待って下さい!」と言ったけど、
「寒かったでしょう、お茶もってくるから待ってて」とそのまま母屋へ向かう。
行ったり来たりして頂くのが申し訳ないので、
猛烈な勢いで解錠し助手席の上のにあったカギを持っておばあちゃんを追いかけた。
母屋に到着する前になんとか追いつき鍵を渡すと、
「もう開いたんかい?」と少々ビックリされていた。

書類にサインを頂き帰ろうとしたところで、
「カギ屋さん、寒いんだからばあちゃんの茶を飲んでけ」と言われた。
「いえいえ、雨で濡れているし申し訳ないので…」と断ろうしたら急に雨脚が強くなった。
「ほら、空もばあちゃんの茶を飲んでけって言ってるから中さ入って」
と笑いながら勝手口を開けた。

大き目の湯呑に入れられた熱いお茶。
両手で包むと冷えた手に心地よい。
鼻の頭を真っ赤にしながら、ありがたく頂いた。

picture




by Y隊員

2008.4.14(月)晴れ
インターナショナル助人

世田谷区でBMW X5の開錠依頼。御依頼主はアメリカのご婦人。
日本語が出来ない上にお子さんを閉じ込んでいるとの事。
英語だけは苦手なY隊員(英語だけか?)、緊張して現場まで向かう。

到着すると想像通りかなり騒然とした状況。
唯一の救いは英語が堪能な日本人のご婦人が一緒に居てくれた事。
ご本人確認は後回しにして作業に取り掛かり3分程で無事開錠。

お子さんを救い出した後、御依頼主に免許の確認をしようとしたのだが、
先ほど通訳してくださったご婦人が近くに居ない。
つたない英語とジェスチャーで伝えようとするもチンプンカンプン。

どうしたものかと考えていると、
なんとその場に居た日本人の小学生の女の子が、
Y隊員が言いたい事を捲し立てるような英語で御依頼主に説明するではないか。

か、かっこいい・・
30代のY隊員が本気で小学生の女の子にそう思ってしまった。

今から勉強しようかな・・

picture




by H隊員

2008.3.11(火)晴れ
BMW 530i

ディーラーさんから最新BMW530iの解錠依頼。
明日納車の車輌整備をしている最中に誤ってインロックしてしまったらしい。
納車整備を必要以上に滞らせてはいけないので早速作業に取り掛かる。

工具をセットしていると奥から整備の方々がわらわらとやってきて、
グルリと取り囲まれてしまった。
そして一人の整備士の方から「どうやって開けるの?」との質問を頂いた。
「ピッキングにて解錠します」と答えると
「ピッキングだと4・條ヤ位かかるんでしょ?」と言われた。
「え”!!」と思い、錠を覗こうとしていたのを途中で止め、
「そんなにはかかりません、多分2〜3分です」と答え作業に取り掛かる。
そして同僚に以前あったインロックの事を話し始めた時、
僕は振り返り「セキュリティーが鳴ります」と伝えドアを開けた。

その後、以前あったインロック話を伺うと、
その時に来られた鍵屋さんは解錠まで4時間かかったらしい。
詳しい話を聞いてみると、どうやら特殊な条件が重なっていたようです。
なので、ピッキングで4時間かかったと言うよりは作業全体を通して時間が必要だった。
話を聞けば聞く程その鍵屋さんの苦労が偲ばれました。

そして、その鍵屋さんを思い「お疲れ様でした」と心の中で呟いた。

picture




by A隊員

2008.3.4(火)晴れ
雷門での完全燃焼

浅草雷門の目の前でBMW320iの開錠作業。
久々のギャラリーに囲まれ、ちょっとカッコイイとこ見せようか・・なんて色気が出たりした。

風が強いのも何のその、いつものようにドアを速攻開錠する。
カギはトランクの中、室内から操作すれば開くはずであった。

お客さん・・「あれ?トランクが開きません・・」
設定で開かないように出来るようだけど、初めての経験だ。
トランクを見るとカギ穴が下向き。
腹をくくってトランク開錠作業のステージへと突入した。

ちょっとシンドイ作業だけど、場所が場所だけに時間がかけられない。
焦る気持ちが最高潮に達したとき、風神・雷神は舞い降りた。

わずか10分と言えど、額に汗にじむ完全燃焼。
寒空から非難していたお客さん家族も合流し、ガッシリ握手してお別れ。

最初は涼しい顔で現場を去りたかったけど、完全燃焼もいい。
すでに周りのギャラリーの目はどうでもよかった。

picture




by Y隊員

2008.2.22(金)晴れ
ミニワンとウェディングドレス

表参道近くのコインパーキングにてミニワンの開錠依頼。
到着し電話連絡するも中々現れてくれない。

しばらくして来て頂けたのは代理の方。
ご本人確認後でなければ作業できない旨を伝えると、
案内されたのは近くのウェディングドレスサロン。

タキシードを着た御依頼主に免許証を提示していただく。
なるほど。こういった事情ね・・

といった訳で作業を開始させて頂き、
数分後にウェディングドレスサロンの御依頼主の元へ。
今度は花嫁さんの姿も見えた。とても嬉しそうだ。

一生に何度もない大イベント。
素敵な結婚式になるようにと祈りながら現場を後にした。

picture




by A隊員

2008.1.28(月)晴れのち曇り
初代M3

BMW M3がインロックしたとの知らせ。
お得意さんからは、事前にカギの種類を聞いていた。

電話で「BMWなんですがギザギザキーなんです」と言われても
正直「そんなはずは・・」などと思ったりもした。

でも現場について驚いた。
なんと初代のM3、およそ20年以上前の車。
もちろんカギの種類はギザギザキーとなる。
作業は5分ほどで完了した。

室内を眺めつつ「これはこれは・・めずらしいですね〜」と言葉を垂れたら
「現役は500台ほどと聞いています」とお客さん。

充分な希少車だ。いやそれにしてもカッコイイ。
BMWのすごいところは、絶版になってもパーツが途絶えないところ。
メンテナンスさえしていれば、普通に乗り続けられる。

乗り手のハートを鷲づかみにしてきた初代M3。
すでに4代目だけど、その存在感は全く色あせてなかった。

picture




by H隊員

2008.1.14(月)晴れ
BMW 320i

葛飾区よりBMW 320iの子供インロック。

現着すると少し離れた所からでも判る程、2歳の子供は大泣きをしている。
お客さんも火の点いたように様に泣く子供を車外からどうあやしてよいか戸惑っている。

焦る心を落ち着かせ鍵穴を覗く。
付いている錠は少し前の型なので僅かに苦労するが4分程でドアを開けた。
車内から出された子供はさっきまでが嘘の様に泣き止み、
そしてお父さんにしっかと抱きついた。

それを見てホッとする。

落ち着いているつもりでもやはり緊張していたようで
身体のあちこちから無駄な力が抜けていくのが分かる。
しゅ〜っと言う音が聞こえてきそう。

その後、お父さんにサインを頂いている時に子供を見ると、
涙と鼻水でひどい事になっている顔で笑ってくれた。

※写真がぼやけている理由は、
散歩中でたまたま通りかかったレトリバーに後ろから飛びつかれからですw

picture




by A隊員

2008.1.7(月)晴れ後雨
未知との遭遇

世田谷区にてBMW335iの開錠作業。
カギ穴は左ドアの運転席のみで、スペースが異常に狭い。
といっても顔が入れば問題ないので、ピッキング開始。

しかし、無理な姿勢で座り込むとお腹だけが苦しい。
食後でもないのに圧迫されるような感じで、今までにない感覚だ。

とっさに「太った・・」と思った。
中肉中背のA隊員。
身長172cm体重60kgは永遠に変わらない体型であった。
だが最近お腹だけが苦しい。

禁煙の影響だろうか・・
年末年始の影響だろうか・・
コストコで購入したティラミスの影響だろうか・・

色んな事を考えていたら開錠。
全く警戒していなかった敵に出会った感じ。

ずっと他人事かと思っていたのに・・

picture




by J隊員

2007.12.25(火)曇り
妥協して良いところ

東京タワーの下でBMW 525iのインロック
急いで駆けつけライトが点いたままの対象車両を発見
速攻で開錠し、バッテリーが上がる前に救援成功だ。

さて、しきりにお客さんが不思議がっているのがインロックの原因
勝手にドアロックが作動したとの事で、原因が良く分からないのだ。

クルマを購入してまだ一月ほどのお客さん、
「自分の操作ミスかもしれない」という思いが強いようだ。

そんな訳でお客さんと二人で原因を探ってみる
マニュアルを見ながらアレコレ試してみるけれど、やっぱり原因は判らない。
結果、お客さんが出したインロック防止案は・・・

「常にキーを持つ習慣をつけること」

・・キーレス標準装備の近頃のクルマからすると、便利さ半減のひどい妥協案に思える。
だがインロックを防ぐにはこれ以上ない案であることも確かだ。

ちょっと車外に出るときでもいちいちキーを抜くのは煩わしいのでは・・・
しかしそれを面倒とも言わずに現時点で最良の方法に辿り着けるお客さん
その潔さには感心させられる。

「人間、こんなところで差が出るのかも・・・」
寒気で滲む東京タワーの下でそんな風に考えた。

picture




by Y隊員

2007.12.14(金)晴れ
雨の恐縮合戦

昨日雨が降りしきる中、下目黒にてBMW525iの開錠依頼。
到着するとやけに恐縮している御依頼主がお待ちかね。
「こんな天気なのに本当に、本当に、すみません・・・」

ご本人確認をしていると御依頼主の携帯が鳴る。
「はい、本当にすみません。今、作業してもらうところです。はい、すみません・・」
推測するにこのBMW、御依頼主の車ではないようだ。

そんな御依頼主の為にも早々に作業開始。
すると傘を差してくれる御依頼主。ありがたい。
しかし鍵穴を覗く工具が湿気で曇ってしまい思うように作業が進まない。

苦戦している傍らでまた御依頼主の携帯が鳴る。
「・・はい、すみません。BMWの鍵は難しいようで・・30分で開けばいいかと・・」

あぁ・・申し訳ない。
きっとY隊員を焦らせない為に30分と言ってくれたのであろう。
が、逆に焦りになった。その焦りを気合に変えて
その電話から数分後に無事開錠。作業時間は約15分。
なんとか30分掛からずにすんだ。

恐縮して車を発進させる御依頼主を恐縮してお見送りした。

picture




by J隊員

2007.12.12(水)晴れ
一番ツライ人

大田拠点から杉並への移動中にインロックの出動要請、
場所は川崎市多摩区、お子さんが閉じ込められているとの事でアクセルを握る手にも自然に力が入る。

何度も対応してもその度初心に戻らされるのがこの「子供インロック」だ。
・・・この寒さだし、車内の温度は平気だろうか?
・・・レスキュー隊が来て騒然としているのだろうか?
・・・こんな事を考え続けながら現場へと急ぐ自分が一番辛いのでは?
そんな風に思ってしまう。

しかしそれは違う、なんといっても
閉じ込められているお子さんが一番辛い事には違いない筈なのだから。

現場に到着するとエンジンがかかったままのBMW X3、
その傍らにはお母さんとそのご友人。
心配だったお子さんの様子を聞くと「ぐっすり眠ってます」との事で一安心、
ほっとしながら開錠作業を始める。

・・・うぅ・・それにしても寒い・・・
プルプル震えながら作業を進め、鼻水を2、3度啜った辺りでスンナリと開錠。
「お待たせしました!」
と、ドアを開けると中からとても暖かい風が・・・

エアコンがバッチリ効いた車内は快適そのもの、
これならぐっすり眠っていられるのも納得が行く。
それに比べて外の寒さといったら・・・

閉じ込められていたお子さんよりも、
外で待ち続けたお母さんの方が何倍も辛かったに違いない。

picture




by J隊員

2007.12.3(月)曇りのち雨
久しぶりの不安

BMWのトランクにカギを閉じこんでしまったお客さん、
一緒に携帯電話も閉じ込んでしまい、やっとの思いで公衆電話を見つける。
そこでディーラさんへ連絡、鍵開けの手配をしてもらって一安心。

お次はディーラーさんから助人へ、早速出動となった訳だ・・・
が、聞けたのは大まかな住所とお名前だけ、ちょっと情報が足りない
不足分の情報は後から確認するとの事で取り急ぎ現場へ向かう事に。

目的地付近にさしかかってもまだ連絡は無い、
せめて住所だけでも完璧に判れば問題なく着けるのに・・・
なんて考えていると大事なことに気がついた。

お客さんは携帯も閉じこんでいる。
もし最初の電話で手配が完了したと思っているならば、
再びお客さんが電話をすることも無いハズ、つまり確認も出来ないという事だ。
クルマの横で今や遅しと到着を待っているお客さんを想像すると
「本当に会えるのだろうか?」といった妙に懐かしい不安感が湧き上がる。

結局、追加情報の無いまま「おそらくこの辺」というところまで到着
目を皿の様にして近辺をグルグルと探す。
3周目に入ろうか、というあたりにクルマと共に佇む人影を発見!
恐る恐る声を掛けてみると見事にお目当てのお客さんだった。

525iのMスポーツに乗るお客さん、
「意外と早かったね〜」と手配には微塵の不安も感じていなかった模様
なので余計な事は話さずにガチャリと開錠して救援完了だ。

それにしても今日感じた不安感、とても懐かしい種類の感情だった。
かれこれ十数年前、こんなにケータイが普及する前は日常的なものだったのに。

picture




by H隊員

2007.11.19(月)晴れ
BMW 120i

夕方も過ぎた頃、千葉県某所よりBMW120iの解錠依頼。
空いている高速を走り現場に向かう。

高速を降り現場付近まで来たところでお客さんに連絡をする。
住所の一区画が大きく、迷うと大幅に遅れそうだったので誘導をお願いした。
ハンズフリーで携帯を繋いだままお客さんの指示に従う。
もう間もなく現場と言う所で、
「あ、バイクの音が聞こえます。今から外に出ますのでそこでお待ちください」と言われた。
塀伝いに走っていたので気付かなかったのですが、
停車したところはかなりの敷地面積を誇る一軒屋。
塀越しには大きな木も見える。

暫くするとお客さんがわざわざ外に出てきてくれた。
そして案内されたのは有に10台は入ろうかと言うガレージ。
そこにはBMW以外にも何台もの車が止まっていた。

夜も更けて気温が下がり始めていたのであまりお待たする事は出来ない。
速やかに内溝の鍵を解錠する。
車のドアを開けると近くにいたお客さんから驚きとお褒めの言葉を頂いた。

その後、写真を撮る了承を頂き携帯で撮影。
時間も遅いし寒くなってきてたので早々に引き上げせて頂く事に。

バイクを敷地外に出し、駐車場入り口にある4m程のゲートを閉める。
これが重い。
広い駐車場に相応しい堅牢なゲート。
そして夜も更けた住宅街の静粛を壊さないようにエンジンをかけた。

それにしても駐車場の広さには憧れてしまう。
あれだけの広さがあったら何台バイクが止められて、
複数台同時に整備が出来る。
そうしたらあのバイクを買ってエンジンをばらしたり、
ホイストつけて重いもの吊り上げたり・・・等など
激しく妄想が広がりました。

picture




by Y隊員

2007.11.3(土)晴れ
おじいちゃんのBMW

自社受注で最新式BMW3シリーズの開錠依頼。
ディーラーさんからのご紹介との事。本当にありがたい。

到着すると御依頼主のおじいちゃんがお待ちかね。
オペ情報によると家カギを車にとじ込んでいて、車のキーは家の中。
どちらも施錠されているとの事で一応詳しく事情を聞こうとするも、
おじいちゃんの声が小さくて良く聞き取れない。

なのでご本人確認後、取りあえず作業を開始する事に。
数分で開鍵しその後お話を聞くと、
BMW購入する前の車の時にその車を家カギの隠し場所として使っており、
(その車はシャッ・^ーの閉まったガレージの中で未施錠)
BMWを購入してからは車の施錠をする為それを止めていたのだが
つい癖でBMWにカギを隠して出かけてしまったところ
奥さんが車の施錠をして奥さんも出掛けてしまったのだとか。

経緯も複雑なのだが、それよりもおじいちゃんの声が小さくて
ここまで聞くのになんと30分も掛かってしまった。

で、別れ際に日記の素材として撮影させて頂こうかとお伺いを立てると
「日記にするのはいいけど、写真は断る!」
お断りされてしまった。けどその時の声は大きかった…。

picture



>
by Y隊員

2007.10.28(日)晴れ
ミニわん

神宮前にてBMWミニワンの開錠依頼。
地下駐車場に到着すると御依頼主がお待ちかね。

「いや〜、実は閉じ込められちゃってるんですよ〜。」
到着早々に御依頼主に言われた言葉。

ギョッとしつつ続けて話を聞くと閉じ込められているのはワンちゃんとの事。
中をのぞくとラゲッジスペースに置かれたケージの中にフレンチブルドッグ。
クリクリ眼でジッとこちらを見つめてくる。カワイイ・・

何とか数分で開錠。そして動作確認の前にワンちゃんを救出。
聞けばかれこれ一時間も閉じ込められていたんだとか。
その割には全然暴れもせず本当にいい子だ。

以前もワンちゃんインロックを対応した事がある。
その時はゴールデンリトルバーにアメ車。
ワンちゃんと呼ぶのがおこがましい、でかい犬。やけに吠えやがったし・・
で、今回はミニワンからミニわん。

笑点の木久扇さん並みだな・・・と反省しつつ現場を後にした。

picture




by Y隊員

2007.10.25(木)晴れ
リトルだけパニック

東高井戸にて01年式BMW318iのトランクインロック。
この年式はドアを開けてオープナーを押せば開く。
なので大した不安も抱かずに井の頭通りを西に向かった。

「カギはあるんですけど…。」と御依頼主。確かにドアは開いている。
ぬぬ…。もしや知らない機能でも付いているのか?

オープナーが利かない理由はバッテリーを外している為と分かったが、
スペアキーでトランクが開かないのは分からない…。

なので取りあえずトランクのカギ穴を直接ピッキングし無事数分で開錠。
メインキーを取り出しスペアキーと照らし合わせてみるとサブキーである事が判明。

サブキーとはホテルの駐車場などで車を預ける時に係員の人に貸すカギ。
そのサブキーではトランクやグローブボックスなどは開かない。
BMWやベンツ、セルシオなどの高級車によく付いている。

その事を御依頼主に話すと、
「そんな高級な機能は7シリーズからにしてくれればいいのに…。」
でもY隊員からすれば3シリーズも充分高級車です。

それよりもとんだ早とちりで軽くパニックになったのが情けない。
冷静に考えればすぐに分かった事なのに…。まだまだ修行が足りないな。

picture




by J隊員

2007.10.23(火)晴れ
BMW X5

六本木ヒルズにてBMW X5の開錠依頼
お客さんはカギを失くされたとの事でしたが
開錠後、車内にあった予備キーで無事に始動できました。

たくさんの買い物袋をお持ちの上、小型犬まで連れてましたので
クルマで帰る事が出来て何よりです。

以・O対応した時よりも高年式のX5(H18年位?)、
なんか前よりも作業体勢が楽だ。車高が下がっているのか?

それがマイナーチェンジによるメーカー仕様なのか、
お客さんの好みによるものかは分らない。
しかしJ隊員の腰にとっても優しい事は間違いないのでした。

ちなみに鍵穴の中にもマイナーチェンジを見つけた。
まあ材質が代わっている位ですが・・・
それでもピッキング中の感触は結構変わるもの、
開錠しながらマイナーチェンジを堪能させてもらいました。

picture




by Y隊員

2007.9.27(木)曇り
アウトレットの苦痛

八王子はラ・フェット多摩でBMWの出張開錠の依頼。
Y隊員、久々のラ・フェット多摩。
と、言っても以前は仕事ではなく家族での買い物だが・・・

Y隊員、アウトレットモールが大好き。
首都圏近辺のアウトレットモールは大体行った。
なぜ好きか?と聞かれれば理由は安いから。
そう。Y隊員は安物買いの銭失いなのである。

御依頼を受けた際、駐車料金はお客様がお支払いするとの事だったのだが、
かかっても十数分。そんな短時間の為に駐車料金を頂くのも…と思い、
近くの歩道にバイクを停め、駆け足で御依頼主の元へ。

お待ちかねの御依頼主の為にもと思い3分程で開錠。
サインを頂きお立ち去る際に差し出されたのは、
キレイにティッシュに包まれたお札。

駆け足で駐車場に入る際に見えた駐車料金は30分200円。
きっとチップ込みでお出しされたんだろう。

しかし丁重にお断りして逃げる様に立ち去った。
だってせっかくリーズナブルなものを買いに来てこんな所で出費するのも・・・
もし自分だったらすごく苦痛だもの。

picture




by Y隊員

2007.8.25(土)晴れ
夏のおしい

「すごく惜しいんですよね〜。」
中野区上鷺宮にてBMW525iのトランク開錠依頼。
到着早々に御依頼主から言われた言葉。

トランクインロックで惜しい?
ドアの窓が少し開いているとかだと意味が分かるのだが…。

「これ見て下さい。」と言われて見てみると、
トランクの上部からキーホルダーが顔をのぞかせている。
試しに引っ張ってみるがびくともしない。確かに惜しい。
そんな御依頼主の為にも早々に作業開始し数分で無事開錠。

見るとトランクの中にはレジャーグッズが満載。
聞けば出がけにこの事故を発生させてしまったのだとか・・・
書類を作成していると御依頼主の家族が総出で出てきた。
「実は私がやったんです。すみません。」と奥様。

「中々閉まらなくて三回目に無理矢理閉まったなと思ったらこの有様で。」
との話を聞き御依頼主が
「何で二回目で気付かなかったの?もう惜しいな〜。」

予定より一時間ずれ込んでしまったが無事出発できると喜ぶご家族。
この惜しい思いも、想い出の一コマになってくれればと思う。

picture




by J隊員

2007.7.27(金)晴れ
1ゲームの攻防

BMWの開錠に世田谷のテニスクラブへ、現着すると二人連れのお客さんがコートから出て来てくれた。

鍵穴からの開錠を説明すると、「じゃあ今のセットが終わった辺りでまた来るから!」
と、コートに戻り始めるお客さん・・・
・・・あれっ!?今「セット」って言った?
思わず追いかけてそんなに要らないことを説明する。

「・・・・所要時間は1ゲームほどかと・・・」
お客さんに「じゃあ、どの位?」と聞かれて思わず答えてしまった(汗)
1セットが長すぎる事はすぐに解るが1ゲームの時間って一体・・・?

「ゲーム時間は試合内容で大きく変わる」
そのことを思い出したのは作業を始めた後、
コートから響くボールの音を聞いているとゲームがすぐに終わる様な不安にかられる。
余裕が有るのか無いのか分からない状態で開錠を済ませ
時計を見ると5分程の所要時間。
勝ったと思いホッとして振り返ると、そこにはお客さんが既に立っていた。

「ほんとに1ゲームで開くんだね、凄いよ!」
コートから出てきたばかりのお客さんはそう言ってくれる。
しかし・・デュースから競り負けた感が否めないJ隊員

「ひょっとして一方的な展開になりました?」
そんな事はもちろん聞ける筈もなかった・・・

picture




by Y隊員

2007.5.6(日)雨
神頼み

築地の中央市場内にてBMWがインロックしたとの 救援要請。
市場内の場所の特定が難しいとの事で、
取りあえず市場の隣にある波除神社にて待ち合わせ。

現着し御依頼主に連絡するも中々現れない。
待っている間、その波除神社を見学する。

鳥居付近に神社の由来が書き記されている。
鳥居をくぐると左右に大きな獅子の頭が鎮座。
獅子達の威厳さに気を退きつつ本堂へ。

何度か開けた事があるが、
いざ対応するとなると一抹の不安が出るBMWの開錠。
その不安が少しでも減れば、とお参りさせて頂いた。

そんなこんなしているうちに御依頼主が登場。
そして何事も起こらず無事に数分で開錠。

波除神社の効果か全く不安を持たずに作業に取り組めた。
毎回、このように作業前に神頼みが出来れば・・

……でも、そう何でもかんでも神頼みというのもな・・

もっと技術と経験を積んでいこう。

picture




by Y隊員

2007.1.25(木)晴れ
踊らせ上手

「前の業者は差し金で1分くらいで開けたんだよね〜」
いきなりの先制パンチだった。

10年くらい前のBMW5シリーズ。
差し金での開鍵に余程熟練した方が対応したのだろう。1分程は凄い。

しかし、何かに火がついた。
頭から湯気を出さんばかりにピッキング開始。
研修で嫌になる程に練習した鍵。そのすべてを出し切って無事開鍵。
すかさず時計を見ると1分30秒経過していた。

1分は切れなかったがこの時間なら満足しただろうと思いつつ、
振り向くと御依頼主がいない。

道具を片付け、書類を作成しつつ待っていると、
驚いた顔をした御依頼主が登場。
「いや〜早いね。前の業者よりも早かったよ。」
ん?もしかして1分って大袈裟に言ってみただけ?

踊らされての作業だったが、個人的には満足のいく結果であった。



>
by A隊員

2006.11.2(木)曇り
印旛沼の癒し

千葉県印旛村でBMW M5がインロックしたとの知らせ。
現場は射撃場、火薬のにおいに誘われるように現着した。

現場の隣りはネットが張ってあるだけで、すぐ横で射撃をしている。
そそくさとピッキングし始めると、そいつはいきなりやってきた。

「パーーーン!!!」
銃声のあまりの大きさに、ビクっとした瞬間手元が震えてカギ穴がリセットされた。
気を取り直してもう一度ピッキング開始。
だが、このハラハラした気持ちだけは引きずったままだ。

途中お客さんから声をかけられる。
それだけで手元が震え、カギ穴リセット。

そんなこんなで、ようやく開錠するも、「そいつ」はA隊員にとり憑いたままだ。
このままでは東京へ戻れそうにないので、
帰り道、印旛沼へ捨ててきた。

picture




by J隊員

2006.8.22(火)曇り
大合唱

日も暮れかけた頃、練馬区の遊園地にてBMW X5の開錠依頼、
現着すると「来た来た〜、すけっと〜」と、男女10人程の若者グループが到着を待ちわびていた。
聞けば方々で断られてしまい、最終的にディーラーさんからの紹介で助人に辿りついた模様、
ご紹介有り難うございます。

すかさず作業に入るとピッキングが珍しいのか、二人位の若者が入れ替わり立ち代りで
傍らに立ち、食い入る様に作業を見つめている。
見ているだけならまだ良いのだけれど、若者らしい答えに困る様な質問責めにもあってしまい
作業が少々難航する。

きわどい質問の返答に苦戦しながらも五分程で無事開錠、傍らの若者が「スゲ−」
「開いたー」等と声をあげる、それを合図に若者達の大合唱が始まった。
「すーけっと、すーけっと」
想定外の状況に動揺するもさらに助人コールは続く
「すーけっと、すーけっと」
平静を装って道具を片付けるがコールはまだ続く
「すーけっと、すーけっと」
(ひょっとして何らかの反応を示さないと終わらないのでは?)と不安になってきた頃に
ようやく収束、内心ほっとしながらBMWを見送った。

静寂も戻り夕闇に包まれた駐車場で、
今後コールが起きた際に答えるものがなにかしら必要と感じ
しばらく「キメのポーズ」を練習していたのは内緒である。




by H隊員

2006.8.20(日)晴れ
後頭部に・・

深夜、BMW530iの解錠依頼。
トランク・インロックとの事でトランクを解錠するも中に鍵は無かった。
じゃぁ車内だろうと言う事でドアを解錠しようとしたら左ハンドル車で
地上50cm位の壁とその上にある垣根にぴったり寄せてある。
後ろから見る限り人は入って行けそうに無かったが、良く見るとフロント側の方が少し広くなっていた。
身に付けている物を極力外し、しゃがんだまま股を90°開き
坂田利夫の様な動きで隙間に入っていく。
何とかドアの前までこれたので工具をセット
ピックとスコープをもって中を覗こうとしたら
ザクっ!!…
何か嫌な音がして後頭部に痛みが走る…
ピックを置いて、恐る恐る後頭部に触ると…
垣根の枝が刺さってるくさい…
ゆ〜っくりと頭を前に出すと枝が着いてくる…
マジっすか…?
更に頭を前に出すと、プチっと言う音と共に枝が取れた。

じーん…(by.後頭部)

取り合えず今のことは無かった事とにして作業を続ける。
後頭部が怖いので覗かずにやってみると以外にも直ぐ開いた。
そそくさと”アホの坂田”スタイルで隙間から抜け出し後頭部を触ってみると
特に何ともなってないくさい。

30分後
拠点に戻り、気になる後頭部を触ってみると指先に「血」が付いてきた。
やはり刺さっていたのか。

消毒しながら、ハゲが出来ないことを祈った。




by F隊長

2006.8.9(水)雨のち曇り
恐い話しという事では無いのだが

武蔵野市にてB・lWのインロック
場所の詳細を聞くと、今は廃院となった総合病院の駐車場。
大通りに面していながらにして、その佇まいは廃墟のそれを感じる。
地下の駐車場に降りていくと間引きされたような配列の蛍光灯がまばらに光っている。
が、それも奥に進むに従って暗闇に近づいていくように心もとない明かりだ。
車はZ-4 BMWのオープンカーである。

御客様とはすぐに合流、廃院の駐車場に止めてあるのだから関係者か?
いや、BMWに乗っているくらいだから医者なのだろう。
早速開錠に入る。手元は真っ暗に近い。
鍵穴さえ明かり無しでは見えないが数メートル離れた場所で
開錠を待ちわびている様子に手を急がせる。

だが 何とはなしに頭の上に違和感を感じる。
もの凄くかすかに頭を触れられているような気がする。
隊長の頭は6mmの坊主なので触感には敏感だ。
嫌な感じはするも御客様はすぐそこにいるし恐怖感は無い。
でも開錠の最中ずっと気になっていた。
蚊や虫の類ではない。羽音が一切しないから。

無事、開錠してサインを頂くと御客様は「ありがとう」の声を残し、早々に車で帰っていった。
残された隊長は後始末もそこそこに後に続く。
外に出て頭を何かから振り払うように撫で回し完了の電話を入れる。
帰ろうとバイクに跨った時、駐車場にボールペンを落としてきた事に気付いたが
取りには戻らなかった。




by J隊員

2006.7.30(日)晴れ
敵機襲来

日々のトラブル解決において、すんなり作業出来るケースは意外と少ない。
立体駐車場の揺れるカゴの中だったり、ガス欠救援に行ったら給油口がカベぴったりだったり、
今回の作業もそんな案件だった、しかしそれだけでは済まなかった・・・

世田谷は赤堤よりBMWの開錠要請、運転席側のドアにしか鍵穴が無いタイプにもかかわらず、
そのドアと駐車場の塀の隙間が30センチも無い、
しかもその僅かな隙間には、そのお宅のお婆さんのものと思われるアサガオの鉢が・ムっしり並んでいる。
アサガオの蔓は塀にしっかり張っており、鉢を動かしたら蔓を切ってしまいそうだ。

結局、鉢を少しだけズラして片足だけ置けるスペースをドア前に確保、一本足でピッキング開始。
無理な体勢の上、30秒くらいで脚のケイレンが始まり、その度に脚を入れ替える、
その為なかなか作業が進まない、しかしその後もっとヒドイ事が起きる。

何度目かの脚の入れ替えの際、ふと腕に視線を移すと恐ろしい光景が!
集中していて気付かなかったが、駐車場の隣の庭から大量の蚊が襲来していた。

頭の中で空襲警報が鳴り響き、すぐさま作戦会議が開かれる。
結果、導き出された作戦は・・・「速ヤカニ開錠シ、撤収セヨ!」
・・・つまりお手上げ状態だ。

5分程で終了して被害状況を確認する、顔と腕を併せて9箇所、ボコボコの惨敗だ。
このままでは大和の様に撃沈されてしまう、なにか対策せねばとヨロヨロと帰還する。

無残に腫れあがった痕にかゆみ止めを塗りながら、リベンジを誓う。
屋外用の極太蚊取り棒がどこかにあったはず、アレを使う時が来た様だ。

ただ問題なのはとにかく極太!
作業よりも着火に手間取る事は間違い無い。




by H隊員

2006.7.20(木)曇り
今度は富士山

朝の通勤ラッシュも終わる頃、河口湖近くから現行BMW530iの解錠依頼。
結構な雨の中、中央道を目指す。

雨風は強いが高速は空いていて走りやすい。
ストレス無く距離が稼げる。
だが、八王子を越えたあたりから気温がグッと下がってきた。
もしかしたら現地は寒いかも?不安が過ぎる。

不安は的中した。
大月の分岐を折れて河口湖方面に入ると更に気温が下がった。
その上、ずぶ濡れのグローブは容赦無く指先の体温を奪う。
解錠作業に影響が出ないようにグリップヒーターのスイッチを入れ
指先の保温に勤める。

河口湖ICで高速を降り、現場近くのゴルフ場を目指す。
更に気温が下がる。
シールドの曇・阨が、体温と気温の差を如実に物語る。

ゴルフ場まで着いたところでお客さんに電話。まぢですか・・
少し移動し携帯を暫く見つめると、ニョキ!と一本立った。
すかさず電話をかける

ぶちぶち切れるので何度もかけ直しながらお客さんに誘導してもらうが
広大な敷地面積を誇る別荘地に入ると殆ど繋がらなくなってしまった。
樹海が近いせいだろうか?
いや、単に山の中だからだろう。

暫く走るも、最初にもらった●●●●-356という住所は見つからない。
と言うより住所表記が無い。
困った・・・
土砂降りの中、携帯画面を見ながら途方に暮れそうになった時
遠くに地図看板を発見!
356を探す。
地図をしげしげ眺めると、住所表記はすべて●●-●になっている。
と言うことは 356=35の6だ

すぐに35-6に向かう。
急に雨脚が強くなったところで目指す住所に到着した。
だが、3台ほど停められそうな駐車場に車の影すら無い。
恐らくここで無いだろう・・・
困った・・
祈る気持ちで携帯を見てみると、圏外からニョキとアンテナが一本立った。
あたふたとお客さんに連絡。

プルルル…ピッ「鍵屋さん!うちはさんじゅうさんの…」 プツッ… ツー ツー
お客さんの一声を聞いただけで切れてしまった。
その後、圏外。
困った・・・

ん?
お客さん、サンジュウサンって言ってたような・・
もしかしたら33-6?
可能性はNO.33にあり
踵を返してUターン
泥でホイールスピンをしてコケるかと思った。

水溜りと砂利に注意しながら進んで行くと33の区域に突入・・。
あったぞ33-6・・白のBMWもあった。
やっと着いた。
バイクを降りて振り返ると、お客さんが玄関で手を振っていた。
雨だか鼻水だか分からないズブ濡れの笑顔で僕は会釈をした。

で、これで終わりじゃないのです、作業が待ってます。
指先は冷えて痺れていたが、それをモノともせず1分程で解錠。
バコッとドアを開けた瞬間、今日一日の仕事を終えた気分になり
夕方にさえなっていないのに風呂に入ってビール(ハートランド)を呑みたくなった。

その後、別荘内で熱いコーヒーを頂き、子供と犬にじゃれ付かれながら作業書を作成。
山のような労りと感謝の言葉を頂き・ハ荘地を後にした。

そして、帰りの高速に乗ってから富士山を一度も見なかったことに気付いた。
雨で殆ど見えなかったでしょうが、麓まで行ったのにすっかり忘れていた。
そう言えばツーリングと言うものに随分と長いこと事行っていない。
たまに仕事じゃなくバイクに乗るのも良いのでは?
それならばと直近の休日に天気が良ければ下道で下仁田までコンニャクを買いに行こうと心に決める。

但し二日酔いじゃなければ・・




by H隊員

2006.6.21(水)曇り
ミニチュアダックスフント

駒沢公園でBMW318iのインロック。
お客さんはミニチュアダックスフントを抱いていた。
そして会った瞬間に吠えられた。

作業を始めても吠え続けている。
お客さんは気が引けるのかちょっと離れてくれたけど、
一向に鳴き止む気配が無い。
解錠する1〜2分の間 ず〜っと吠え続けるミニチュア。

当然、触らせてはくれない(犬が)

作業表にサインを貰っている間は地面に下ろされていたので、
しゃがみこんでみたら一際吠え方がひどくなり、
終いには全開で小便を撒き散らし始めてしまった。

お客さんに怒られるダックス

どうやら僕が余計な事をしてしまったようです・・

フントよ・・   正直スマンかった・・

そんなに怖がるとは思わなんだ・・・




by A隊員

2006.5.31(水)晴れ
人命救助の最前線

とある場所でBMWミニワンがインロックしたとの知らせ。
お子さんが閉じ込められているとの事で「お急ぎ」であった。

東名高速に入って、ちょっと・唐ゥったけれど30分で現着。
そこは、未だかつて見た事もない激しい戦場となっていた。

消防車と救急車とパトカー、さらにはJAFまで動員された現場。
交通規制を突き破ってミニワンへ駆けつけると、レスキュー隊員が取り囲んでいる。
選ばれし、人命救助の特別部隊がここに集結した。

インロックした当初お客さんは、現地のカギ屋さんに「開けられない」との事で断られた様子。
混乱したお母さんはアレもコレもと呼ばれたようだ。

まずA隊員からアタックするという事で決定。
抜群のテンションで2分で開錠。無事お子さんを救出した。

お巡りさんさんから「あっという間ですね!」
オレンジさんから「やるじゃないっすか!」
JAFさんから「内溝キーとは思えない早さですよ!」

何というか・・その・・
とても良い気分のA隊員であった。

picture


by A隊員

2006.2.26(日)雨
恐縮する若者

勝どきでBMW318iがインロックしたとの知らせ。
現着して驚いたのは、ドライバーが78歳のお客さんという事。

カギの形状は、カギ開け実演会で7分の実績がある、ひとつ前のモデル。
時間短縮に胸ときめかせながらのピッキングは、結局のところ同タイムであった。

書類作成していると「無料」という言葉に驚かれるお客さん。
「それではキミがあんまりだ」と言われながら1,000円頂くA隊員。
「いえいえ、今回の作業料金は保険会社を通じて、しっかり頂けますから・・」
中々ご納得いただけないお客さんとの間で、1,000円札が行ったり来たり。

「若いモンが無理をしちゃイカン」と3度目で結局頂いたA隊員。
さらに「こちらはお礼ね」ともう1,000円チップとして頂いてしまった。

結局2,000円を頂いてしまい恐縮しっぱなしのA隊員。
お客さんは何度も「その内の1,000円は作業代だからさ!心配しないでよ!」と言われるけど
BMWの開錠代が1,000円というのも複雑な気分であった。




by H隊員

2006.2.26(日)雨
BMWインロック 場所は・・

夕方前、現行モデルのBMW525iの開錠依頼が入る。
詳細を読み込むF隊長の口調に少し違和感を感じながらもメモを取る。
作業内容・車種・ナンバー・お名前・携帯番号ときて、いざ住所になると
「少し遠いのですが…」と前置きがあった。
隊長がこう言う時はちょっと遠い所の筈。
先日あった清瀬の時と同じ口調だ。

「で、住所がですね     静岡県・・」

  「静岡県(メモメモ)・・           え"!」

「伊東市…」

  「イトーッシ!!ってあの熱海の下にある伊東ですかーっ!?」

「そうです」

どうやら本当らしい。
詳しい住所を聞くと伊豆シャボテン公園近くのホテル。
その近辺には2〜3度行った事があるので、道は何となく記憶している。

記憶の糸を手繰りながら高速の入り口に向かった。

随分昔に伊豆シャボテン公園に行った時、
駐車場をひょうひょうと歩く孔雀(オス)にビックリした事を思い出しながら
東名をひたすら・・
小田原厚木をひたすら・・
週末の温泉客と一緒にひたすら・・
距離にして150kmをひたすら・・

最近、仕事用バイクをカウル付き1000ccのバイクに変えていたのが、
現着した時には身体は芯から冷えきっていた。

カタカタ震えるのを抑えてお客さんと合流。
速やかに作業に入る。
が!
作業を始めて1分ほどで猛烈な尿意に襲われてしまう。
モジモジ・・
集中できない・・
BMWの内溝は得意だが・・
しゅ、集中が・・
と、モジモジしているうちに我慢の限界に達してしまい、お断りをして仕方なくトイレへ駆け込む。
「はぁ〜ゥ」

集中を阻害するものが無くなればこっちのもの、作業再開後2分ほどで開錠。

開いたと同時にF隊長に連絡し
「む、難しいカギです、あ、開けられません、くじけてもいいですか?」と、のたまわってみたが
「ハハハッ、開きましたか 了解。 十分に暖まってから戻って下さい」
と1秒もかからずに見破られてしまった。
全ての手続きを終え現場を離れ、街灯が殆ど無い道を走り一番近いコンビニに入る。

缶コーヒーで暖を取りながら一息、やっと落ち着いた。
緊張の糸が解れたせいか全身に疲労を感じる、寒さで硬直していたからだろう。

それにしても日が落ちてからは更に寒い。
「はぁ〜」と息を吐くと白さが濃い。
伊豆とは言え、かなり気温が低い証拠。

もう一度コンビニに入るべきか、それとも移動して食事でも取るべきか・・
思いを巡らせていると、買い物に来たおっちゃんが話しかけてきた。
 「おにいさん仕事?」
何故ここにいるかの経緯を簡単に話す。
 「雪の日はどうするの?この近辺を回っているの?」
一つ答えると立て続けに質問してきた。
バイクで移動しているので雪が積もったら走れない、仕事のメインは東京ですと伝えると
 「東京? 東京から来たのー??」と驚いていた。
伊豆シャボテン公園まで数キロの看板を目の前にしながら話していると、確かに妙な感じはする。
その後も、あれやこれやと質問を受け最後に、
「遠いかもしれないけど、呼んでもらえることはありがたいことだね」とおっちゃんは言った。
たまたま近くにBMWを開けられる業者がいなかったのか?
はたまたここまで来られる業者がいなかったのかは分りませんが
おっちゃんの言葉通り、依頼を頂いた事は正直ありがたい事と思う。
・・ちょっと遠いですが・・

 「これから東京に戻るんでしょ?寒いから気を付けてな!」の言葉を残しておっちゃんは立ち去った。

おっちゃんと別れた後、コンビニに入る気は無くなった。
兎に角腹が減った。
来る時に見つけた熱海の「くるまやラーメン」で、
ニンニクと生姜たっぷり味噌ラーメンを食べて温まってから帰ることに決めた。




by H隊員

2006.1.20(金)晴れ
盗難車?

某大手コインパーキング会社さんからBMWの開錠依頼。
正月から停めてあり、動いた形跡が無く料金は既に10万円を超えているとの事。

現場でご担当者と合流し確認させていただくと、
ナンバープレートの車輌と停まっている車輌が一致していないらしい・・
ナンバーは国産の高級車
で、停まっているのはBMW
警察が来るのを待ってから作業開始。
先日のA隊員よりは時間がかかりましたが20分程で開錠。
待っていた警官は車体番号を確認し問い合わせ。
トイレに行っていた御依頼主は走ってきた。
そして問い合わせに対する返答を待つこと暫し・・
警察のデータベースでは盗難車になっていない事が判明。
勿論、車検は通っていない。
これからどう言う展開に・・?
内心ドキドキしていたら「現状で盗難届けが出ていないので、こちらとしては今は何も出来ません」
と言って警官は立ち去ってしまった。

御依頼主から作業書にサインを頂いている時、
「このような放置車輌は良くあるのですか?」とお聞きすると
「盗難車は良くありますね。でもその場合は大抵カギが開いているんですよ」との返答。
盗難車だと警察に引き渡すのでしょうけど、この場合はどうするのだろう・・
少し気になりつつも現場を後に。

で、後になって一つ気になった事が・・

警官はトランクの中を調べていない・・
実はトランクの中には・・

ニュースになっていないので特に何も無かったのでしょう。

picture


by A隊員

2005.9.17(土)晴れ
幸せな人々

いつのまにか大好きになった舞浜から、ミニワンの開錠依頼が入った。
夕暮れ時の駅前ロータリーでは、疲れていてもさわやかな、それでいてなごり惜しそうな人々が駅へ流れている。
その中の迎えにこられたミニワン・ェインロックした。

ミニといってもBMWだから侮れない。
内溝だけど、本家BMWよりやりづらかった。
お客さんも若い女性数人で、ご挨拶したときから写メールバシバシ状態で
さすがに作業風景だけは勘弁していただいたが、スキあればバシバシで
こちらも侮れなかった。

なんと言うか・・・
まるで相手の携帯電話と会話しているようで、複雑な気分だ。
後半になると、撮られるたんびにポージングを決めたりしてみる。
サービス精神からそうしている事は間違いないが、後から見たらどんな感じだろうか・・・

全ての人がディズニーランドの余韻に浸っている舞浜駅で
ロードサービスのお兄さんは「欽ちゃん走り」の絵。

でも何だな、欽ちゃんといのは年代的にどうかな
アンガールズのジャンガジャンガのほうが・・・
といった後悔が残った。




by A隊員

2005.7.22(金)晴れ
思い出の場所とオークラ

インロックしたお客さんと、ホテルのロビーで待ち合わせとなった。
場所は浦安市のホテルオークラ、ディズニーランド周辺の一角で、A隊員の思い出の場所でもある。
東京で一人暮らしを始めたころ、このオークラ脇の堤防には毎週通ったものだ。

浦安から晴海方面の夜景を見るのが大好きで、田舎にはない東京らしさを満喫できた。
前日まで田畑を走り回っていた男が、次の日には夜景を楽しむほどキザになりほうけている。
当時のことがかわいく思えるほど、歳をとったということか。

さてロビーに着いたものの、人が多くて探せる状況ではなかった。
係の人に聞いてみると、あっという間に伝令が飛んでいき、ホテルマンが一斉に動き出す。
さすがオークラ!
サービスはホテルマンに学べというが、まさにその通りだなぁ・・・と感心するA隊員
レベルの高さを肌で感じた。
お客さんと合流後、BMW318@を即効で開錠させて気分も上々。
帰るときも出口まで誘導してくれて、何だかこちらがサービスを受けているような感じだ。

ディズニーランドへお越しの際には、ぜひオークラ東京ベイへ。
抜群のサービスで、ちょっと感動しちゃいます。
また海から見る夜景はとてもきれいなので、お見逃しなく・・・
一人で夜景を楽しむ若者を見かけたら・・・

そのときは温かく見守って下さい。




by H隊員

2005.7.16(土)晴れ
車内に子供が・・

最新BMW525iの開錠依頼が入り詳細を聞くと、中に子供が閉じ込められているとの事。
空でも飛んで行きたい気持ちとは裏腹に、出勤時間の渋滞は何時もよりひどかった。
やっとの思いで着いた現場。
エンジンがかかったままの525iの傍らには、若くきれいなお母さんが不安そうに待っていた。

閉じ込められた子供は3歳前位の男の子。
運転席でハンドルを握りしめ、フロントガラス越しにこちらを見ていた。
特に泣いている様子は無いが、速やかに開錠しなければならない。
作業を始めようとドアの前にしゃがみ込むと、窓に張り付いた男の子と目が合った。

「泣かれるかな?」
一瞬脳裏を過ぎりましたが、子供は笑顔を見せ笑ってくれる。
人なつっこい子。
無垢な笑顔で窓ガラスを叩く姿を見ると、早く出してあげたい衝動に駆られる。
鍵はBMWの内溝、簡単とは言えない鍵。

幸い雨は降ってない、この事だけは空に感謝したい。
感謝でドアは開かないので作業に取り掛かる。
車体の横に跪き鍵穴を覗く。
数秒後、何やら眼に異常を感じる。
長時間のアイドリングで車体から放たれる熱気のせい。
構わず作業に入るが熱で目が乾き、刺激で瞼を開けてられない。
これでは作業にならないと、超強力クール系目薬で強制号泣
男泣きで作業を再開。
滲む鍵穴の奥に見えるディスクはすこぶる反応が良い。さすが新車。
ピッキングする度にシリンダーが開錠方向に動く。
順調に進み、あと数枚ディスクを入れれば開錠と迫ったその時に、
突然車体が動きだした!そして入れたディスクが殆ど戻ってしまった!
んがーー!! 何事か!!
ガバッ! 顔を上げると、車が「よっこいしょ よっこいしょ」と動いている。
??どう言う事??  と車内を覗くと・・
子供が「ふん!ふん!」と車のハンドルを左右に切っている。
さすが車速感応式パワー・ステアリング・・ 3歳児でも楽々ステアリング♪
感心している場合ではない。
これでは埒が開かないし、ドアも開かない。
揺れる車体にリズムを合わせて、丁寧にピッキング。
ちょっとキツイが何とかなっている。
だけどどうしても入りすぎるのが一枚ある。
その一枚を揃える為にゆっくりとテンションの力を抜く。
微かに問題のディスクが動いた。
それと同時に抵抗がスッと抜けシリンダーが回り始める。

解錠。

ドアを開けエンジンを切ると子供は驚きの表情を見せていたけど、
お母さんに声を掛けられ顔は満面の笑み変わった。
長時間閉じ込められていたにも関わらず、子供がとても元気だったのが何よりです。

これからの季節、小さな子供が車内に閉じ込められると危険な状態になる可能性が少なくありません。
いつか、現場到着と同時に窓ガラスを叩き割らなければならない事態に直面するのだろうか・・?

その時は躊躇なく叩き割ります。

picture



一番上へ