東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?
   

過去日記一覧

2022.8

2022.9

2022.10

2022.11

2022.12



by  J隊員

2022.12.8(木)晴れ
予約改善?

12月は仕事用バイクの車検月、バイク屋に車両を預けている暇はないので今回も自分で通すわけです。
少し前から点検整備を済ませつつ、月のシフトが決まったと同時に車検の予約をするのですが、出来上がった勤務シフトをみたらピンポイントで一日しか行ける日がありませんでした。

車検予約はWebで行うのですが良い思い出が無いというか、2週先まで予約できるのですが予約可能になったとたんにすぐに埋まってしまうのでえらく苦労するんですよね。
そしてピンポイントの一日まではすでに2週間を切っているし…

そんな訳で重い気分で予約サイトにアクセスしたら前回とは違っていてリニューアルされており、さらに登録していたIDも使えなくなっていて再登録が必要に、「急いでいるのになあ」と再登録を済ませていざ予約となったんですが驚きでした!
あれほど×印で埋まっていた予約日のカレンダーが予約可能を示す〇印だらけになっていました…

これは…改善されたのかも?その後、近所のバイク店でそれとなく車検予約について聞いてみたら「年末で予約が取れずにてんてこ舞いですよ」だそう!?
一体どういう事なんだろうか…

picture




by  Y隊員

2022.12.7(水)晴れ
なぜ違うのだろう?

ポルシェ マカンがキーはあるけどドアが開けられないとのご依頼です。

マカンの鍵穴はドアノブを開くと出てくるのですが鍵穴に異物侵入防止の樹脂パーツが刺さっており、他のドアノブ下シリンダーに比べてわかりずらくなっています。

待っていたのは今年モデルのディーラー中古車。今回も内蔵のキーにてドアを開けてジャンピングかなと思いつつお話をお伺いすると内蔵キーを刺せたのだが回せないとの事。自分も試させて頂くとやはり回せません。なんだか違うカギのような感じがします。

ということでピッキングにてキーシリンダーを回しドアを開けます。その後ジャンピング始動。電子認証はできるけど内蔵のキーだけが違うようでした。

内蔵キーが違うことは並行輸入車とかでたまに遭遇することもあるのですが、右ハンドルのディーラー車で遭遇するのは初めて。しかもスペアキーも同じ溝の内蔵キーなのです。

どういう経緯でこうなったのだろう?凄く気になるところです。

picture




by  K隊員

2022.12.6(火)曇り
力まかせはNG

マツダ・デミオのイグニッションに間違って差し込んだキーを抜いてほしいという依頼。

車は20年ほど前のデミオで、キーはプラスチック部分がない金属のみのタイプ。自宅のカギも似たような形だったので間違って差し込んだようだ。

最初ディーラーに相談してみたが、ディーラーに運んでもらえば対応できるけどすぐには厳しいとのことで、知り合いの整備工場の人に現場のスーパーまで来てもらったが抜けなかったとのこと。

いろんな状況があるので解決できるかやってみなければ分からないケースだが、それほどお待たせすることなく無事抜き取りに成功して帰れることになりお客様にも喜んでいただいた。

抜いたカギは曲がっていたので最初の人がかなり力を入れて抜こうとした感じ。力まかせにやると状況が悪化したり壊したりするケースも多いので注意が必要だ。

picture




by  I 隊員

2022.12.5(月)曇りのち雨
魔法使い

BMW740iの開錠のご依頼がありました。

広大な地下駐車場のインロックであったため、出発前の連絡でお客様に駐車位置を確認していると、電話の向こうから幼いお子様達の元気な声が聞こえてきます。「子供達に危険がないよう、車が通行しない1Fのロビーにいますので」と言われており、地下到着に合わせて現場の待ち合わせをしました。

時間通りに到着したのですがお客様は見当たりません。電話をするとお客様の悲鳴に近い言葉と子供達の賑やかな声が聞こえてきました。まるで追いかけっこしてるような雰囲気です。

お客様と合流すると、はしゃぐお子様を抱えながら「もう腰が持たないです!早く助けてください」とヘトヘトのお客様。お客様は「静かに見ていて、今このお兄さんが魔法を使ってドアを開けるから」と子供達に言い聞かせると急に静かになりました。すぐにピッキング開錠し、お子様達は安全な車内に避難して無事作業完了しました。

私へ「他にどんな魔法がつかえるの?」と聞いてくる子供達の目は真剣そのものでした。さきほどの暴れ回っていた姿はどこ吹く風です。一瞬で場の雰囲気を変えてしまうお客様こそ、一番の魔法使いではないかと思いました。

picture




by  S隊員

2022.12.4(日)晴れ
作業より事前同意が難しい

カギがあるけどドアが開かないという日産フーガ。前日からインテリジェントキーが反応せず、メカニカルキーを挿しても全く手ごたえ無くクルクルと空回りするだけで、お客様は困惑しています。

そんな中、ピッキング以外の方法で開けるしかなく、そのリスクの説明をしなければいけないのですが、これが意外と難しいと感じてしまいます。必要以上にリスクを強調しすぎても、しなさ過ぎても良くありません。今回も慎重に言葉を選んでの説明も更に不安を煽ってしまったようで肩を落とすお客様。

しっかりと養生を施し、ドア枠からの隙間を限りなく少なくして慎重にドアロックを解除しました。

不安そうに見つめるお客様の前で、一枚ずつ養生テープを剥がしていくと、見る見る明るい表情になるお客様。最終的に傷や歪みが一切ない事に感動されたようで、心配して後から駆けつけたご主人に、今見た作業内容を伝えながら喜んで頂けました。その後にバッテリージャンプをして無事完了です。

傷や歪みなどのトラブルが発生したことはないのですが、万が一を想定したリスク説明は必ず必要な事。とらえられ方も様々のようですので説明も丁寧にしていかなければと思います。

picture




by  A隊長

2022.12.3(土)晴れ
日本人のゴミ拾い

サッカーワールドカップの会場でゴミ拾いしている日本人サポーターを見て「あれ、絶対に周りを意識してますよね」「彼らは何を狙ってるんだろう」と新人隊員。

同じ日本人でありながらビックリ発言でもあるんですが、新人隊員のように冷やかす人がいるのも事実ですね。

意識しているとしたらお天道様だろうし、狙ってるとしたら見て見ぬ振りする自分との決別でしょうか。お天道様というのは太陽神なんですが、平たく言えば自分自身の良心ですよね。良心に従えばゴミ拾いは自然というか、ワールドカップというサッカーの頂点を競う神聖な場所ほど、強い気持ちが湧いてくるように思います。

実際に行動へ移すまでには色んな葛藤があったろうと思います。冷やかされたらどうしようとか、世界から奇妙に見られないかとか。それでも最終的には、自分たちが良いと思ってることを行動に移せたんだから大したもんです。

電車で席を譲るのも、最初の声かけは勇気がいりますからね。何か見返りが欲しいわけじゃなくて、自分自身の良心(お天道様)を裏切りたくないというか、見て見ぬ振りなんかして、自分自身をガッカリさせたくない一心なんですよね。

何かする度に見返りを求める人には、理解に苦しむ行動なんだろうと思います。

picture




by  J隊員

2022.12.2(金)曇り
見かけなくなったけど

ホンダ・Dioのメットイン開錠です。
現着してみると最近見なくなった2サイクルエンジンのモデルでした。

最近ではほとんど見なくなった2サイクルの原付スクーターなのでちょっとうれしくなりました。
ほんの20年前はもっぱら主流で白煙を出しながら走っていたなんてちょっと信じられないですよね。

2サイクルエンジンは単純な構造なので製造コストも抑えられ、かつ馬力も出せたので排気量の小さな原付スクーターにはうってつけ、軽くて安くて速いの三拍子そろった庶民の足の見本のようなのがこのDioだったんです。

そんな50ccスクーターも今や環境性能抜きには作れなくなってますからね、
寂しい様な気もしますがこれも時代の流れですから…

picture




by  Y隊員

2022.12.1(木)曇り
すぐに食べれない天ぷらそば

お昼すぎ、初台交差点にあるオペラシティータワーの裏路地よりとある高級外国車のバッテリー救援です。

ハザードを付けて数分駐車しただけで再始動できなくなっていたそうで「あそこの蕎麦屋に行ってたんだよね」と見ると自分も大好きな立ち食い蕎麦屋さん。

普通の立ち食い蕎麦屋さんなら5分ぐらいで戻ってこれるでしょうけど、あそこの蕎麦屋さんはきっと無理。
名物は注文を受けてから揚げるかき揚げ。大きめなので出来上がるまで時間もかかるし、揚げたてでそばつゆがジュ―っと鳴っているほど熱いのてすぐに食べられないしで天ぷらそばを頼んだら最低でも20分以上は帰ってこれないはず。

今回対応した車両はバッテリーが比較的上がりやすいメーカーなので30分でもちょっと厳しい時がありますから・・

でもそんなリスクを冒してでも食べたくなる気持ち、すごくわかります。あのアツアツかき揚げ、クセになるんですよね~♪口の中をヤケドすることも多いんですけど・・

picture



一番上へ


横浜レスキュー助人サービス | プライバシーポリシー | お問い合わせ| [counter]