東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?
   

過去日記一覧

2022.6

2022.7

2022.8

2022.9

2022.10



by  A隊長

2022.10.4(火)晴れ
技術よりも大切なこと

ピッキング開錠というのは主に2種類あるわけです。「直接カギ穴をのぞく方法」か「工具を頼りに手探りの方法」かで、後者はリシとか2in1とか言われています。

助人サービスは創業以来、直接カギ穴をのぞく方法をメインにしているんですが、新人隊員からは「リシ職人を目指したいです」と相談されました。「のぞき」は複雑すぎるので、シンプルな「リシ」をメインに開錠作業していきたいとのことでした。

で、リシで練習するんですが難しいカギになるとハマるわけです。しばらくするとカギ穴をのぞいているので「あれ?リシは諦めたの?」と聞くと、「難しいカギだけ、のぞきで行きます」とのこと。

開錠技術はハマったときほど進化出来るチャンスは無いというか、リシでハマったらとことんリシで挑むべきだし、のぞきも然りですね。

最も大切なことは「思い通りにならないこと」と向き合う時間で、この時間の長さが技術の深掘りにつながり、カベを乗り越えるには避けて通れない道でもあります。ゆえに日頃から逃げ癖があると、技術も経験も浅い状態が続く傾向があるんですが・・

はたして新人隊員の選択はうまく行くのかどうか。

picture




by  J隊員

2022.10.3(月)曇り
ゆっくりでいいんですよ

とある待ち合わせでの作業の事です。

現着してお客様に連絡すると「あと10分位で着けると思う」とのこと、
急にポッカリと時間が出来たんで、これ幸いと有効に使う事にしました。

実は現場までの道中でブレーキレバーの動きが良くない事が気になっていたんでした。最近続いた雨のせいで可動部の潤滑に支障が出始めた感じです。
ブレーキのタッチは結構気になる部分なので早めに対処したかったんですよね。

作業自体は丁寧にやっても5分位で終わるもの、レバーを外し、きれいに注油して取り付けるだけですから。

そんな訳でレバーを取り外し、古い油分を拭ったとところで視界の隅にこちらに駆けて来る人影が!
直感でお客様だと分かりましたね、まだ最初の電話から3分も経ってないんですが(汗)

「待たせては悪いと思って」とやや息を切らせるお客様、
もの凄く恐縮しながら手の中のレバーのやり場に苦労しました…

picture




by  Y隊員

2022.10.2(日)晴れ
早三年

深夜、とある団地の駐車場よりタクシークラウンの開錠依頼です。

無事に開錠すると「お兄さんの仕事は忙しい?タクシーはコロナからすごく暇でさ・・」と運転手さん。

お客さんを乗せることが出来ず、だったらと自宅方面に向かい忘れ物を取りに自宅へちょっと戻ったらインロックしてしまったそうです。
「もう踏んだり蹴ったりだよね・・」

我々の仕事もコロナ前に比べるとだいぶ仕事量は減りました。特に深夜。きっとコロナを経験して夜に出かける習慣が無くなってしまったのでしょうね。
考えてみたら自分もコロナ以降は朝まで飲んで帰りはタクシーとか一度もしていませんしね。

コロナ発生からもうすぐ三年。早い完全終息を願うばかりです。

picture




by  K隊員

2022.10.1(土)晴れ
名前は同じAMG GTだが

メルセデス・AMG GT53のインロック&バッテリー上がりの依頼。

2019年に発売されたメルセデス・AMG GT53は、3リッターの直列6気筒ターボエンジン(435馬力、トルク520Nm)を搭載し2019年に約1600万円で発売。ポルシェ・パナメーラがライバル車となる。

1週間前に対応したAMG GTは2ドアのスーパースポーツだが、AMG GT53は5人乗りの4ドアクーペとなっている。

キーは車内にあると言っていたが解錠して捜してみたが見当たらず。スペアキーはないそうでもう一度自宅や会社を捜してみるとのことで終了したが、無事キーが見つかったかその後が気になる案件だった。

picture



一番上へ


横浜レスキュー助人サービス | プライバシーポリシー | お問い合わせ| [counter]