東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?
   

過去日記一覧

2021.1

2021.2

2021.3

2021.4

2021.5



by  R隊員

2021.5.12(水)曇り
上京の状況

平日の夕方、レクサスLSの開錠依頼。レクサスは久々なのでルンルン気分で現場に急行。

お客様は元整備士だそうで、面倒な鍵カバーも外してくれている素敵スキル&優しさで隊員をお出迎え。

このレクサスの鍵も特殊なのを御存知で「見てていいですか」と興味深々。「どうぞ」と言いつつサクッと開錠。お客様は「良く分かんなかった」と苦笑い。

とは言え、予想以上の速攻解決にホクホク顔のお客様。作業後のトークにも華が咲きますが、これがヤブヘビだった様で......

実はこのご依頼の前に別業者に打診をしてみたそうですが、「開くかどうか分かりませんが、5~6万円は掛かります」と言われ断念したそう。

お客様は中部地方の大都市から引っ越しされたばかりで、「東京は物価も高いし警察も多いし、ホント不便」とかなりの嘆きモード。

まぁ、上京したてで、いきなりのこの状況「保証は出来ないが金を出せ」と言われれば、愚痴の一つも出てしまうのもしょうが無いかと思いつつ、不幸というか気の毒というか。

物価が高いのは何となく理解しますが、警官の部分は「パ、パトカーの事だよな」と、深く考え無い様に敢えてスルー。

ひとしきり話し終えるとお客様ににこやかな笑顔が戻ってきて「ありがとー」とにこやかに去って行かれました。それを横目にタイトル「上京の状況」を思い付き、一人ニヤついてたのはここだけの秘密です。

picture




by  I隊員

2021.5.11(火)曇り
身近な存在

ベンツ・Cクラス開錠のご依頼がありました。

現場すると「鍵穴がないんだけど、どうやって開けるの?」と開口一番のお客様。一通りご説明すると想像以上に驚かれるお客様、どうやら特殊な電子機器か何かでスイッチポンでドアを開けると思われていたようです。

インロックは初めてだったようで、ディーラーに連絡を取り状況を伝えると、「ロードサービスを呼べばドアを開けて貰えますよ」と言われたそうで、色々疑問に思いながらご依頼されたとの事。

実のところ、現在のお車の多くは鍵穴がカバーによって隠されているものが多く、元から「鍵穴が無い」と思われるお客様も多いです。

実際の作業はというと、鍵穴カバーを養生してから安全に外して鍵穴をオープン。その後ピッキングにより問題なく開錠。驚きつつもお客様も安堵の表情をされておりました。

お客様はロードサービスを呼ぶ時は交通事故の時だけと思われていたそうで、「こんなに身近な存在と思わなかったので非常にありがたかった」と嬉しいお言葉。

これまで「身近な存在」と言われたことは無かったので、お客様の一言はとても印象深く、嬉しく感じる一言となりました。

picture




by  S隊員

2021.5.10(月)晴れ
本当に開きますか?

現行のポルシェ・カイエンのインロック。洗車中にロックして閉じこんでしまったとの事でした。

「本当に開きますか?」と、とても不安そうなお客様。ドアハンドルに隠された鍵穴を確認して「はい大丈夫ですよ」とお伝えして作業に取り掛かります。 

実のところ実車では初対応なので、大丈夫と言うのも可笑しな話しではあるんですが、研修でしっかり身体に染みついていたから言える言葉でした。

ドアハンドルの養生、ピッキング開始から開錠に至るまで、全て想定通り安全に終えるとお客様もびっくりしたようで、最初にお願いした鍵屋さんは、しばらく作業したあと「この鍵は特殊なので」との理由で断られた事を話してくれました。

第一声の「本当に開きますか?」の意味がこの時やっと理解できました。2番手だったんですね。鍵の仕組みも少し特殊ですが、そもそも鍵穴の位置が普通ではないので、最初の業者さんはピッキングを断念するしかなかったのでしょう。

鍵穴カバーではなくドアハンドルに隠されるタイプは今後も増えていくと思います。どんな車種が来ても身体に染みこませた奥義でどんどん開錠していきたい思います。

picture




by  A隊長

2021.5.9(日)晴れ
開錠作業今昔物語

開錠作業においての永遠のテーマは、いかにハマらないようにするかということに尽きると思います。

昔はピッキング開錠技術さえ鍛えれば何とかなったんですが、今はそれだけでは不足する時代になっています。

今はピッキング前の準備作業のほうが大変だったりします。
例えばピッキング技術に自信があっても、カギ穴カバーが外せないとか、カギ穴がドアハンドルに塞がれていて回避方法が分からないとかでハマっていたら、ピッキングどころの話しではないわけです。

カギ穴さえ捉えられたら開錠出来るのに、中々たどり着けないというか、昔は土俵やリングへそのまま入れたのに、今は試合会場へ入るところから戦いが始まってる感じでしょうか。

試合結果はあくまでもリング上だけで評価されるんですが、現場ではリングに上がるだけでも大変な時代になっています。

picture




by  J隊員

2021.5.8(土)晴れ
エネルギーの行方

ワンボックスカーのバッテリー救援で伺うと小さな3人兄弟が出迎えてくれました。
救援中も元気な3人のお子達が入れ代わりの質問攻めで、要請者のお父さんと話す間もないほど。

何とか間を縫って状況を伺うと、外出自粛の要請で2週間ほど乗っていない事が原因の様です。今日は少しだけドライブに連れて行こうとしていたところだったんだそうな。

未乗車期間から察するに連休中も外出自粛だったんでしょうね。子供たちの元気いっぱいな様子から伺えるというか…

大人と違って子供の場合はエネルギーの発散先が限られると思います。なので外出制限の状況下ではストレスも凄いでしょうし、その影響を受ける家族もさぞ大変な事でしょう。

しばらくして走行可能な状態まで復旧したワンボックスカー、久しぶりのドライブは楽しい思い出になるといいですね。

picture




by  Y隊員

2021.5.7(金)曇り一時雨
二度目のがまんウィーク

世田谷区喜多見にてエヴリイの開錠を終えて、ふと途中の公園へ目をやると鯉のぼりがはためいていました。

去年のゴールデンウィークもこの辺りに出動してこの公園の鯉のぼりを写真に撮って、緊急事態宣言で書き入れ時のGWなのに暇だ~本当にがまんウィーク(GW)だ~って愚痴のような日記を書いたことを思い出しました。

あれから一年、コロナの感染状況は当時よりひどくなっています・・一年後は元に戻っているかも、なんて淡い期待をしていたのですが・・

今のコロナ騒動、色々な方が色々な意見を言っています。そしてそんな意見を聞いている自分もこうした方が良いのではないか?ってまた違ったことを思っていたりします。
今の日本の環境じゃ誰がリーダーになっても現状のカオス的な状況は正せないでしょうね。色んな意味で自由すぎますから。

今のワクチンとは違ったちゃんとした特効薬が出来るのか?はたまたインフルエンザみたいに自然消滅するか、どっちが先かは分かりませんが、その時まで泣き言を言わずに頑張ろうと思います。

picture




by  K隊員

2021.5.6(木)晴れ
朝、昼、晩に千葉へ

朝に千葉県御宿町でBMW・ミニクーパーのインロック。GW期間中でアクアラインは湾岸線まで渋滞が伸びていたが、バイクなのでさほど影響を受けずに予定時間前に無事到着。

サーフィンに来ていたお客様は以前対応したことがある方で、アシスタント様に「前に来た人にまたお願いしたい」と指名していただいたようでありがたい。

昼過ぎに営業所に戻ってきたら今度はアクアラインの海ほたるパーキングで、三菱・ランサーエボリューションのインロック。

いつもは昼過ぎるとアクアラインの千葉方面の渋滞は緩和しているが、この日はまだ渋滞中で海ほたるの駐車場待ちの列が本線まで伸びている。バイクやトラックは駐車場所が別で列に並ばず駐車場まで行けるのでまたしてもバイクで助かった。

営業所に戻り後は都内仕事かと思っていたら、夕方に千葉県いすみ市でクライスラー・ボイジャーのインロック。

行きの渋滞はなかったが帰りは21時過ぎでもアクアラインは渋滞中。交通情報を見ると各地の高速道路もかなり渋滞していて、緊急事態宣言中だが出かけた人は多かったようだ。

picture




by  R隊員

2021.5.5(水)曇りのち雨
〇〇インロック

平日のお昼頃、市川市で1BOXカーの開錠依頼。車内にはワンちゃんが閉じ込められているとの事。

実はこの4日間の間に3件の〇〇インロックが続いていたりします。〇〇インロックはたまに入るご依頼なのですが、ここまで続くと少し思う所が出てしまうというか何というか。

ケース①洗車中に子供インロック。日差しが強く、熱中症等懸念されましたが、お客様の機転の利いた対応も有り、慌てる事無く無事終了。

ケース②車内に居たお子様にリモコンを預けてたら、車内からインロック。外からドアを開けれなくなってから事態の深刻さに気付かれたとの事で、現場は大パニック。開錠後、お客様大凹み。

ケース③洗車中に車内にいたワンちゃんがうっかりロックボタンを押してしまったとの事。当然状況を理解しておらず、尻尾を振って余裕の対応(お客様はお困りでしたが)開錠後はワンちゃんからお礼のハグ&キスと、お客様からはお茶のプレゼント。

どれも「大丈夫だろう」と思っていたら「大事になってしまった」とはお客様共通の弁でしたが..........お子様や、ペットインロックの場合、冷静な対応を取れなくなるお客様も少なくありません。(気持ちは十分理解しますが)より早い解決の為には、現場の住所やナンバー、情報等の正確な伝達が一層大事になってくる訳でして。

こういう場合、待ち合わせ等の説明が難しくなる事も有ったり無かったりと、悩ましい所です。

〇〇インロックの場合、お客様だけではなく隊員側も緊張度が上がるので、どうしても苦手意識は出てしまいますが、開錠後の充実感やお客様の感謝の言葉を聞くと心から「この仕事、やってて良かった」と強く思う瞬間でもあります。

これからの時期の〇〇インロックは命に係わる事も少なくないと思います。勿論無いのが一番ですが、万一の際、より安心して頂く様、迅速に対応して行きたいと強く思う、連日の〇〇インロックのお話でした。

picture




by  I隊員

2021.5.4(火)晴れ
鍵が抜けず

トヨタ・スープラのイグニッションから突然鍵が抜けなくなった案件です。

到着して車を見てみると鍵がACCの位置にありました。試しにACCからONの方向に回してみるとエンジンは始動できますが、ACCからOFFの方向に鍵は回らない状態で鍵を抜く事できず、電源が切れないのでエンジン停止したままではバッテリーが上がってしまう心配と、エンジンをかけておいてもガソリン残量が少ないのでガス欠の心配がありました。

鍵が抜けない原因がシリンダー側にあるのならばかなり厄介なのですが、最初にパーキングギヤを疑ってみました。ギヤを入れ直してパーキングの位置にゆっくりと動かします。3~4回繰り返したら無事抜けました。おそらく内部の基板の接触不良かと推測します。

これは安全装置でほとんどの車はパーキングの位置にないと鍵が抜けないのですが、過走行車の場合、ギヤがパーキングの位置に止まっていても車がパーキングと認識しない場合があるわけです。これも軽度な症状ならギヤを入れ直すことで復旧出来るようになりますが、あくまでも一時的シノギになります。

すぐ車屋さんで修理されるようアドバイスしてお別れしました。

picture




by  S隊員

2021.5.3(月)晴れ
雨の日に増えるご依頼

ドラッグストアの前でヤマハのスクーター・グランドマジェスティのメットインスペースへのインロック。

仕事帰りに買い物で、ちょっと寄った際に雨合羽と一緒に閉じこみ、かなり慌ててしまったようです。そして、スマホで検索すると、すぐ近くの広告出してる鍵業者さんが見つかったので来てもらったのですが、想像以上に高額だったため悩んでいると、すぐに一万円は値引いてくれたらしいのですが、それでもとても即決出来る金額ではなく、結局キャンセル代として4,000円だけ支払ってお断りするしかなかったようです。

その後、加入保険の無料ロードサービスを思い出したので、今回の依頼に繋がったようです。ピッキング開錠でシートが開き無事に鍵が取り出せて、お客様にも大変喜んでいただけました。

バイクの鍵のとじ込みは、雨の日の発生が特に多い気がしますので、これから来る梅雨に向けて、より早く解決できるようにしていかなければと思います。

picture




by  A隊長

2021.5.2(日)晴れ一時雨
ピッキング手法の違い

ドアのカギ穴をピッキング開錠するには主に2つのアプローチがあるわけです。ひとつはカギ穴を見ずに指先の感覚だけでピッキングしていく方法で、カギの種類ごとに専用工具が必要になります。

もうひとつは直接カギ穴の中を見ながらピッキングする方法で、上記専用工具が出回る前からある昔ながらの手法になります。両者の違いはカギ穴の中を見るか見ないか、というのが大きな違いです。

助人サービスではどちらも対応しているんですが、主に昔ながらのカギ穴を見る方法にこだわっています。これには2つ理由があって、ひとつは確実性が増すということ。中の動きの情報が加わるだけで開錠しにくい理由が分かるので、安定した時間で開錠作業を終えることが出来ます。

2つめは情報量が増えるとともに反省する材料も増えてくれるので、その後のレベルUPにもつながるわけです。

専用工具のほうもレベルUPしようと思えば出来るんですが、たまに偶然に開錠出来てしまうときもあって、 まるで自分が凄腕になったかのように勘違いしやすいところが厄介だったりします。

picture




by  J隊員

2021.5.1(土)晴れ一時雨
電動パーキングブレーキ

30分ほどの駐車後にエンジンが始動できなくなったとの救援要請です。

現場で状況を伺うと、用事を済ませて戻ったらエンジン始動出来ず、あわせてメーター内のインフォメーションに「パーキングブレーキ異常」が表示されたんだそうな。
車両を確認すると電動パーキングブレーキ(EPB)装着車両、ということは?…

点検してみるとやっぱりバッテリー上りを起こしていました。
電力不足でEPBがうまく動かない事で異常を示すメーター表示に繋がったんでしょう。
お客様は大きな故障で自走で帰れないかも?と心配されていた様でとても喜んで下さいました。

最近では多くのクルマに装備され始めたEPBなんですが、従来の機械式から置き換わっている理由に作動の確実性を上げるというものがあります。
機械式パーキングブレーキの場合は運転者の体力によって効き具合が変わってしまい、それでは装置の意味からよろしくないからですね。

こういった電子装備の充実は、運転者人口の高齢化が相当進んでいる為なんでしょうね。

picture



一番上へ


横浜レスキュー助人サービス | プライバシーポリシー | お問い合わせ| [counter]