東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?

クライスラー

メーカー別一覧へ

picture クロスファイア |




picture 300C | イプシロン | PTクルーザー | ボイジャー | イーグル | バラクーダ | 300C | ボイジャー | PTクルーザー | ボイジャー | 300C | PTクルーザー | PTクルーザー | 300C | 300C | PTクルーザー | ボイジャー







by F隊長

2016.7.12(火)晴れ
アメ車

19時過ぎに調布で開錠、着いた時には20時頃
辺りはそろそろ薄暗く、砂利敷きの広い駐車場にバイクを止める。
「この車なんだよね」 示す車は300C クライスラーの押しが強い面持ちの車。
見守る男衆は5〜6人、その駐車場にはアメ車ばっかりでかいのが並んでいる。
その中でも一際強面の車がこの300C、鍵自体は普通なのですぐに開けると
奥から人当たりのよさそうな奥さんが、「あら〜ありがとう さすがね」と車に乗り込む。
なるほどなるほど 一際怖そうなこの車は、この奥さんの普段使いか・・・
やはり 人は(車の)見かけには寄らないものなのね と。

picture




by Y隊員

2015.7.31(金)晴れ
夏の夜の風物詩

先週土曜日の夕方、立川の昭和記念公園より
クライスラー イプシロンの開錠依頼です。

ちょい混みの中央道を何とか通過し立川駅に近づくと凄い数の歩行者。
浴衣の女性がかなりいるので少々嫌な予感。
急いで公園に近づくとやはり昭和記念公園で花火大会。
そして交通規制の為に駐車場まで直接行けない模様・・

すぐにお客様へ連絡。
するとぐるっと回って北側から来ると入れるかもとの情報。
何とか指示された所にたどり着き、そこからバイクを押して駐車場へ。
バイク稼動で本当に良かったです。車だった到着は無理でしょうね・・

お客様は昭和記念公園の名物でもあるレインボープールに来られた方。
「ついでだからこのまま花火を見ていきます♪」
作業を開始しようとすると間もなく花火を開始するとのアナウンス。
そしてカウントダウンギリギリに無事開錠です。

サインを頂き自分も花火を眺めます。
考えてみたらこんな近くで打ち上げ花火を見るのは久しぶり。
最初はたどり着けるのか?ってドキドキしたけど、
最終的にこんな特等席で花火が見れてちょっと得した気分です♪

picture




by H隊員

2013.7.5(金)雨のち曇り
行き違い 勘違い

 某新聞社の駐車場からクライスラー・PTクルーザーの解錠依頼。

 場所確認の為、出発前に連絡した時は一瞬で携帯に出て下さったが、現着して連絡するもコール0で留守電に飛ばされてしまい連絡が着かない。そう言えば「到着したら開けておいて下さいね、私は後で行きますので」とかなり忙しそうに言われていたので、もしかすると会議か何かに入ってしまい自由が効かないのかも?しれない。(※ご本人確認後の作業になる旨は説明し了解済み) そんなこんなでリダイヤルを繰り返す事暫し、気が付くと現着から10分近く経過していた。

 あまりにも連絡が着かないのでそろそろアシスタントさんへ連絡した方がいいかな?と思ったところで、携帯で話しながらこちらへ向かってくる女性を発見。僕に向けて手に持った免許証を振っているのでお客さんに間違いないようです。電話が留守電に直飛びになっていたのは通話をしていたからみたいですね。

 解錠を終えて座席上にあったキーを取り出すと「鍵でドアを閉めて来てねって頼んだとしたら、普通はドアをロックして鍵を持ってきてくれますよね?」とお客さん。突然の質問だったので一瞬言葉に詰まったけど、お願いを承諾したならば普通は鍵をかけた後持ってきてくれると思います、と伝える。すると「だよねー?普通はそうだよねー?!」とお客さんはちょっと納得のいかない顔をされた。
 何かトラブルでもありましたか?とお聞きすると「今回のインロックの原因がそれなんですよ。私はキーを抜いてドアをロックをして鍵を持ってきてと言ったのに、運転した人間が何を勘違いしたのか、キーを座席の上に置いてわざわざインロックして何処かに行っちゃったんですよ、意味が分からないよね、全くもう!!」とお客さんは笑いながらプンプン怒るのです。

 言葉の解釈は人によって微妙に違う場合があったりします。今回は恐らくお客さんが予備キーを持ってると勘違いし、且つインロックを起こした主はその場でお客さんと別行動を取る必要があったのではいかと想像。強ち間違いじゃないと思われます。

picture




by Y隊員

2012.12.8(土)晴れ
悪バイクと善バイク

クライスラー ボイジャーの開錠依頼です。

現場は渋谷のタワーレコード前あたりの路上。
お客様は携帯電話も閉じ込められているとの事。

現場付近に到着し、ボイジャーはどのあたりに停まっているのかな?
と見回すと探す必要がありませんでした。

車線の真ん中に停まっているボイジャー。
しかも公園通りを下ってきた交差点の手前なので
渋滞を巻き起こしており凄く目立っています。
そんな状況なのでお客様ともすぐに合流。そして速攻で開錠です。

落ち着きを取り戻したお客様より状況を教えていただけました。
すり抜けてきたバイクにぶつけられ、様子を見ようと降りたらロックが作動。
バイクのせいでこんな状況に・・「バイクめ〜」と思っていたら
予定より早い時間でロードサービスのバイクが来て解決。
「でも早く来れたのバイクだからですよね・・」

ちょっと複雑な感じのお客様。
そんな話をお伺いし、自分も複雑な気分になりました・・

picture




by Y隊員

2012.10.29(月)晴れ
Newクライスラーイーグル

2012年式クライスラー イーグルの開錠依頼です。

イーグルのニューモデル?どんな車だろう?
と出発前に軽く調べるも調べきれず・・

古いイーグルは確かメーカーがAMCだったはず。
でもご依頼はクライスラーとの事だし・・
日本では未発表のモデルなの?そしてどんな鍵が付いてるんだろう・・?

と不安を募らせながら現着すると
待っていたのは1987年式のAMCイーグルでした。

「個人輸入したんです」とお客様。なので日本での登録は今年。
その際にメーカーも今はないAMCではなくクライスラーにしたんだそうです。
そういえばAMCはクライスラーに買収されたんでしたよね。

肝心の開錠は即完了。一安心。
でも到着するまでは勝手に未知のクライスラーイーグルの鍵を予想して
最強の鍵にしていたんですけどね。

picture




by A隊員

2012.9.22(祝土)曇り時々晴れ
庶民には程遠いバラクーダ

プリムス・バラクーダを開錠しました。
70年代コテコテのマッスルカーですね。

カギもピンシリンダーで70年代を醸し出しています。
慣れない形状ですが速攻開錠して無事完了しました。

最近、母親の車の買い替え相談に乗ってるんですが・・
今の普通車だと年間維持費が25万円ぐらいかかっています。
軽自動車へ乗り換えると税金や保険が安く、燃費も良くなりますね。
維持費は15万円になりそうで大幅ダウンします。

このバラクーダの維持費は見当つきませんね。
拠点に帰って調べると、燃費はリッター4km、税金10万円超え・・
何より消耗品や修理代がハンパないですね。

走行距離を少なく見積もっても70万円以上かかるみたいですが・・
2年ごとにフィットとかマーチとか買えそうです。

あらためてビックリですね。
旧車は想像以上にお金がかかってるもんです。

picture




by H隊員

2012.5.29(火)晴れ
何故他社の鍵が…?

 クライスラー・クロスファイアの解錠依頼を頂いた。現場に向かいながらクロスファイアとはどんな車だったっけかな?と記憶を辿ってみるが全くイメージが浮かんでこない。知っている車の筈なんだけど一向に思い浮かばす、本来は関係のない、ただ単に名前が同じなATIのCrossFireばかりが脳内を占領してしまった。
 そう言えば以前、ATIのCrossFire機を作ろうと思って、同規格グラフィックボードを2枚買ったけど、いざ取り付けて構築しようと思ったら持っているパソコンのマザーボードがこの規格に対応しておらず、グラボを1枚無駄にしてしまったと言うとほほな経験があります。あの時は何かに取りつかれたように勢いだけでグラボを2枚買ったんだよなぁと当時を思い出し、あの時買う前にしっかりと調べれば良かったと今更ながら悔やむ。そして思い出し後悔で黄昏ていると、いつの間にやらクライスラーのクロスファイアを思い出す事なく現場に着いてしまった。

 現場の車輌は2ドアクーペの左ハンドルで、ドアノブに着いているキーシリンダーを見るととっても見たことがある出で立ち。もう外見だけで中身が想像できる位お馴染みな感じなんですね。でもそれはクライスラーではなく他社の鍵の筈。これは単に外見が似ているだけなのか?と思いながら鍵穴を覗くと、そこにあった中身はやはり想像した通りの鍵だった。なぜクライスラーに付いている筈のない鍵が付いているのか?思わずお客さんに「こちらの車はメルセデスの鍵が付いているのですが理由をご存じですか?」と聞いてみる。すると「あっ分かりました?それは多分この車のベースがメルセデスの初代SLKだからだと思うんです」とお客さんが教えてくれました。そう言えばクライスラーは昔、ダイムラー・クライスラーでした。

 拠点に戻りクロスファイアを調べてみて、知っている筈の既視感がどこからやって来たのか分かりました。それは助人横浜の2010/7/6に書かれていた日記を読み、当時ネットで調べたのが、何時しか知っている筈の既視感になったのかと思われます。
 それにしても鍵穴を覗いてOEMが分かるって職業上普通にありえる事とは思うのですが、一般的にはとても変わった事に感じるらしいですね。今回のお客さんも「そんなところからOEMに気付いたのは貴方だけですよ(笑)」と笑われました。でもそれってある意味、最高の褒め言葉だと思うんですよね、個人的には。

picture




by K隊員

2011.4.15(金)曇り時々晴れ
3度目はないはずが

ガソリンスタンドでクライスラー・300Cのインロック。

インロックが今回で3回目という事で申し訳なさそうなお客様。

初めてインロックしたという人が多いけれど、
同じ人が2度、3度というのも意外とありますよ、
と話すと少しホッとした様子だった。

じつは2度目のインロックをした後3度目はないようにと、
車外に出る時は必ずキーを持つようにしたり、
エンジンがかかっている時は窓を半分開けたりして気を付けていたが、
今回はガソリンスタンドの店員さんが閉じ込んでしまったようだ。

さすがに店員さんのインロックまで防ぐのは至難の業だ。

picture




by Y隊員

2009.8.27(金)晴れ
サイキックドッグ?

世田谷区のコインパーキングへクライスラーボイジャーの開錠に行って来ました。

何故か色々な偶然が重なり現場までスイスイと進みます。
そして10分ほどで現場に到着。ちょっと信じられない早さです。

「早く来て頂いて助かります。実は閉じ込められてまして・・」
とお客様のお話をお伺いし車の方を見ると
舌を出して息をしているワンちゃんがひょっこり顔を出しています。

こんな暴力的な気温の中閉じ込められているなんてたとえ犬でも・・
と即座に作業を開始し、無事に救出です。

しかし閉じ込められていたワンちゃん、本当に良い子でした。
普通は作業中キャンキャン吠えたりドアを前足で掻きじゃくったりと
慌しいのですがそんな事も無く、更にドアを開け放っても飛び出そうとはしません。
暑さのせいで息を荒げてつつも愛嬌のある顔でお客様を見つめる様は
健気で抱きしめたくなってしまいました。

??ん!
もしかして来る時に奇跡的な早さで到着できたのはこのワンちゃんが・・
なんてありえないですよね。

picture




by A隊員

2009.1.8(木)晴れ
恐縮スパイラル

赤坂の路上でPTクルーザーの開錠作業。
ご本人確認をしようとすると突然お叱りを受けた。

事前に「免許証は車内に置いたまま」という話しになっていたらしく
何も知らないまま伺ってしまったから大変。

恐縮したまま作業を始めようとすると「時間かかるでしょ?」とお客さん。
「以前は20分ほどかかったわよ」という事ですごく悩んだ。
お待ちして頂くには寒いし、建物内に入る前には開きそうだし・・
考える間もなくお客さんは歩き出された。

開錠は1分かからず完了。
急いで電話すると「早く開くなら最初から言って」と厳しいトーンが返ってきたけれど
最後には「連絡してから早いわね〜」とご満悦して頂いた。

ほめられ始めると悪い鼻がニョキニョキ伸びるA隊員。
「早さを追求した結果バイクになりました」と得意気になると
「あれ?以前もバイクで来てたわよ」とお客さん。

ビルの陰に覆われた赤坂の路上は、想像以上に冷たく感じた。

picture




by A隊員

2008.12.17(水)雨
空しい音

クライスラーボイジャーの開錠作業。
いつものようにサッと開けてお客さんをエスコート。

すると「あれ?開いてないんですけど・・」とお客さん。
確かにシリンダーは回したはずであった。

逆だったかな・・
と思うのも束の間、反対方向へ回してみるもドアは開かない。
「考える前に行動」という事で、すぐ運転席側のドアをピッキング。
それでもドアは開かなかった。

それにしても高架下という事もあり騒音が激しい。
さぁ・どうしよう・・と集中し始めたら、かすかにモーター音が聞こえてきた。
慎重に回すと「ウィ・ガシャ・・ウィ」と聞こえる。

なんてこった・・・初歩的な事を忘れていた。
最初のウィ・ガシャ・・でロックが外れて、すぐに再ロックしているんだった。
耳を澄ませば聞こえるのに、4回目のピッキングで気付くとは・・・

そんな空しい気持ちも、騒音は掻き消してはくれなかった。

picture




by A隊員

2008.5.27(火)晴れ
東京レスキュー助犬サービス

本日の最高気温28度・・
クラスラー300Cの中にはフレンチブルドッグが閉じ込められていた。

おそらく車内は50度を超えているだろう。
迷わずチンチンに熱くなったドアに張り付いた。

ピッキングは閃光一線、秒針が一周する間に開錠。
と同時にお客さんはワンちゃんを救出して水を飲ませた。
「ハッ・ハッ・ハッ・・」と息を荒げるワンちゃん。
キョロキョロするだけで、あまり水を飲もうとしなかった。

クリニックの先生に電話するお客さん。
相談した結果、まずは身体を冷ましたほうが良いとのこと・・
さっそく2人と1ぴきは、隣の公園へ走った。

お客さんがワンちゃんを抱きかかえ、A隊員は容赦なく水をかけた。
すると丸く大きな目が徐々に細くなっていく。
なるほど・・クリニックの先生の言うとおりだ。

ようやく表情が落ち着いたワンちゃん。
「イヤ〜まいったヨ・・」と言いたげな表情が何とも可愛かった。

picture




by Y隊員

2008.5.20(火)雨のち晴れ
機動力を生かすために

百貨店駐車場に停めてあるPTクルザーの開錠依頼。
お伝えされた連絡先は駐車場管理室。
スムーズに20数分で百貨店前に到着し管理室に連絡したのだが・・

「ちょっと相談しますので・・」と待たされる事数分。
こちらに停めてくださいと案内されビルの警備室へ。
ビルの警備会社は駐車場の管理業者とは違う模様・・

するとバイクの停めてある場所にNG出しが・・
その後、入館方法も二転三転・・
結局、御依頼主に合流出来たのは到着してから20分後。

最近出来た施設の駐車場はすんなり御依頼主に合流できるケースが多い。
しかし古い施設はたまにこの様な場面に遭遇する。
新しい施設の方がトラブルシューティングが多く成されているのであろう。

けど、待っている御依頼主の困り方はどの施設の一緒。
施設の対応の差が無くなって欲しいのはもちろんあるのだが、
こちらもすぐに合流する努力を惜しまないようにして行かねば。
助人の売りは機動力なのだから。

picture




by Y隊員

2008.2.18(月)晴れ
見えない敵

クライスラークラシックの開錠依頼。

クライスラークラシック?どんな車だろう?
急いでグーグル検索してみるもゴルフトーナメントの名称ぐらいしかヒットしない。

ものすごく古い車?それとも超希少車?
取り合えずどんな鍵が来てもいいような装備をして出撃する。

古くてピッキングが厳しい鍵が付いているんではないか?
それとも最新式のピッキングが難しい鍵が付いているんではないか?
向かう道中、不安な妄想ばかり膨らむ。

ビビリつつ現着すると、待っていた車はPTクルーザー。
リアを見るとCLASSICの文字。
クラシックとはPTクルーザーのグレード。
膨らんでいた不安がしぼむのと同時に瞬殺開錠。

しかし見えなかった敵は本当に怖かった。

picture




by A隊員

2008.2.9(土)曇りのち雪
検索キーワード

クライスラー300Cの開錠依頼。
ネットで検索しご依頼されたお客さん。

ありがたや〜と思いつつ即開錠。
お客さんのお知り合いの方も含め、名刺が飛ぶように売れてお別れした。

早速拠点に帰りグーグルで「クライスラー インロック」と検索してみる。
すると検索結果でこの日記が一番上に表示されているじゃありませんか。
ちょっと驚いた反面、うれしさが込み上げる。
でも一般の方はどのように検索キーワードを入れるのだろう。

「インロック」は一般的じゃないし、「開錠」も業者チックだ。
やはり「キー閉じ込み」や「カギ開け」なんだろうか・・

この日記もいつの間にか在庫が増えてきた。
増えれば増えるほど検索キーワードに拾われやすくなるだろう。

継続は力なり・・ということか。

picture




by H隊員

2007.11.8(木)晴れ
クライスラー 300C

文京区のガソリンスタンドから、クライスラー300Cの解錠依頼。
急いで来て欲しいとの事。

ジャストポイントに居た為、10少々で現着。

御依頼主はスタンドの方で、兎に角「直ぐ開けて欲しい」と懇願される。
ちょっと引いてしまうくらいの強引さ。
ただ、確認事項だけは省く事が出来ないので、
作業の準備と平行して確認させて頂いた。

作業を始めると直ぐに「難しいですか?」と聞かれる。
  「外車ですので…」と抽象的な返答に留まらせて頂く。
すると続けざまに「何分くらいで開きます?」と聞かれたので、
  「開きました」とドアノブを引いた。

解錠後、店の中からビシッとスーツを来た方が二人出てきて
僕に「ありがとう、助かりました」
スタンドの方に「間に合いそうです」と言ってスタンドを出て行った。

スタンドの方達の緊張が解かれ、
それと合わせて虚脱していくのが手に取るように分かった。

その後、一段落した所で全ての経緯を話してくれた。

300Cは、とある会社社長が所有している車。
で、その社長さんを成田空港に送る為、社員の方が給油と清掃でスタンドに来た。
ところが、車内掃除を済ませたスタンドの店員さんが
誤ってインロックをしてしまったらしい。

ここまで聞いてあの尋常じゃない切迫感の意味を理解。
かなり精神的にきつかったでしょう。

それにしても、300Cをチョイスする社長さんがどんな人か興味が湧いた。

picture




by Y隊員

2007.5.27(日)晴れ
親父達の価値観

杉並区桃井の商業施設の立体駐車場の屋上にて
PTクルーザーがインロックしたとの救援要請。
到着し駐車場の警備員さんにインロックの救援で来た旨を伝える。

「あ〜バイクで来たんだ。入ってもいいけど、
 そのバイクはスロープを上れるかね?」と初老の警備員さん。

50年以上前のクラッシックバイクや、ボロい原付じゃあるまいし・・・
そんなの心配無用と思いつつ「大丈夫です」と伝え御依頼主の元へ。
問題なく完了し、10分程で駐車場を降りると、またあの警備員さん。

「早かったね〜。新しい外車って聞いてたから手こずるかと思ったけど、
 昔の車と変わらないんだね〜。ガシャッと一発で決まったんだ?」
と、差し金での開錠のジェスチャーをする警備員さん。

違いますよ。と説明したかったが後ろから車が来てしまった為、
なんとか挨拶だけはしてそのまま立ち去った。

そんな警備員さんに出会って自分の父親を思い出してしまった。
Y隊員のバイクのブレーキを指差しつつ自慢げに、
「知ってるか?これはな、ディスクブレーキと言うんだぞ。」
と常識を力説する父親を・・・

picture




by J隊員

2006.12.22(金)曇り
ハマッた理由

クライスラー ボイジャーのインロック開錠要請が入る、
このお客さん、今回で2度目のキー閉じ込みのようで、前回もJ隊員が対応しているらしい。

記憶を辿るとおぼろげながら思い出して来た、
確か・・・前回は雨が降っていて・・・
・・・おまけに少々ハマッた様な・・・???
しかし何が原因でハマッたのか思い出せない。
「雨が降っていた為だろう」と強引に納得して現場への道のりを急ぐ。

到着すると見覚えのあるお客さんと・・・見覚えのある鍵穴内部?
おかしい、こんなに鍵穴の中を覚えているなんて、
相当難しかったのでは?といった不安をよそに1分程で鍵穴は回り始めた。

ドアノブを引きながら、お客さんに「お待たせしました〜」と声をかけた瞬間に異変は起きた。
「ガシャッ」
なぜか半ドアの状態で再度ロックしてしまった。

??・・・・・・・・・・・!!!

全てを思い出した、前回もこのタイミングで再ロック&再ピッキングしたのだ。
鍵穴の中を覚えていたのは前に2回もピッキングしている為、
しかも2回目はお客さんを呼んでしまった手前、かなり集中して開けた記憶まで蘇る。

お客さんの「前の人の時も半ドアでロックしちゃったんだよね〜」との言葉に
「前回も私です」とは言い出せずに、「不思議ですね〜」とお茶を濁す。

さすがに4回目ともなると一瞬で解錠、
「前回よりも早かったよ、ありがとう」
と喜ぶお客さんを前にJ隊員の心境は複雑なのだった。



一番上へ