東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?

ジープ

メーカー別一覧へ

picture ラングラー | チェロキー | チェロキー | コンパス | チェロキー | ラングラー | ワゴニア | グランドワゴニア | チェロキー | パトリオット | チェロキー | コマンダー | チェロキー | グランドワゴニア | チェロキー | チェロキー | ワゴニア | ラングラー | チェロキー | チェロキー | グランドチェロキー | チェロキー | チェロキー




picture レネゲード







by K隊員

2016.5.15(日)晴れ
アーバンサイズ。アドベンチャークラス。

ジープ・レネゲードのインロック。

レネゲードは初代ジープ・ウィリスのDNAを受け継いだ
丸いヘッドライトや伝統の7スロットグリル、台形ホイールアーチの外観で、
ジープブランド初のスモールSUVとして昨年の9月に発売。

価格は1.4リッター直列4気筒ターボエンジンモデルが297万円から、
2.4リッター直列4気筒自然吸気エンジンモデルが約345万円となっている。

イタリアのフィアットとの共同開発車で、フィアット・500Xと兄弟車で
イタリア生産ということもあってか内溝タイプのキーとなっていた。

デザインが気に入って購入したようだが、車幅の割に全長が短くて
取り回しが良く街乗りもしやすいのでかなりお気に入りとのことだった。

picture




by A隊員

2015.8.18(火)晴れ
150ccの底力

TDM900が整備中なので代車のPCX150で稼働中なんですが
なんと80km先の九十九里まで出張してきました。

出発当初は少し不安だったんですが1時間30分で到着。
数分でジープ・ラングラーを開錠しました。

「これから千葉市に戻るんですか?」とお客さん。
「いや・・と・東京なんですけど・・」とA隊員。
え〜?東京??この小さなバイクで?という流れになったんですが、
それにしては到着が早いと喜ばれていました。

途中かなり渋滞していたのですり抜けしてきたんですが、
こればっかりは大型バイクでも小さくても変わりませんね。
でもさすがに高速道路で150ccは疲れました。

代車稼働になって改めて気づくところが多すぎというか、
TDM900が恋しいです。

picture




by K隊員

2015.1.3(土)晴れ
正月といえば

川崎区東扇島でジープ・チェロキーのインロック。

作業を終え帰りに川崎大師付近を通るとかなり渋滞していて、
相変わらずのすごい人出。

さらに国道15号線に入るとちょうど箱根駅伝の先頭ランナーが
通過する30分ほど前だったので沿道にはたくさんの観客が。

都県境の新六郷橋を渡ると都内の先導を担当する、
警視庁の白バイが待機していた。

LED点滅式の赤色灯が特徴的な新型の白バイ ヤマハ・FJR1300Pなど、
20台以上の白バイが一列に並んでいる様子はスゲーカッコよかった。

年末年始も仕事なので普段と変わらない生活で正月気分は全然ないが、
参拝客や箱根駅伝を見ると世間は正月だよなぁと実感する。

picture




by J隊員

2014.11.4(火)晴れ
最後はスペアキー

「やっぱりスペアキーは必要ですね…」
チェロキー開錠後にお客さんがしみじみと話してました。

最近、中古車で購入したというこのチェロキー、
キーが一本しか付いてこなかったんだそうな。

国産車から乗り換えたというお客さん、
ドアロックの仕組みの違いに気付いてからは
いつかインロックしてしまいそうだと気にはなっていたんだそう。

ちなみにドアロックの仕組みの違いはインロック防止の為のもの
操作した通りに動作するのがアメ車に多い方式なんですが、
日本車だとキーを使わずに車外から施錠する場合には
室内側の施錠操作後にドアハンドルを引きながらドアを閉めないと
ロック出来無くなっているクルマが殆どです。

車を降りる際にキーを抜く習慣が無かったりすると
アメ車のシンプルなドアロックは危ないんですよね。

とは言えどんな仕組みでもインロックは起こりうるもの
スペアキーはやっぱり重要なんだと思います。

picture




by A隊員

2014.10.2(木)曇り
大切な仕事選び

茨城県神栖市のホテルにてジープ・コンパスの開錠です。
現場の駐車場には何百人もの大学生がひしめき会ってました。

大規模なダンス合宿をしてたようで、大型バスが何台も止まってました。
いざ開錠作業を始めようとしたら色々声が聞こえてきました。

「すげー!警察24時みたいだよw」とか、
「いくらぐらい稼げるんだろう・・」とか、
「鍵師ってなんかカッコイイな・・」とか、
大学生ならではのツブヤキが聞こえました。

数分で開錠するとワーっと歓声が飛び交い、もうライブ会場ですね。
こんなに多くのギャラリーに囲まれのは初めてです。

まさかA隊員の作業を見て鍵屋になりたいと思う大学生はいないと思うけど、
この世には色んな職業があると思ってほしいもんです。

安定した収入を目指せば目指すほど危険というか・・
長い目で見ればもっと大切なことってあるよね、と思う今日この頃です。

picture




by K隊員

2014.7.20(日)曇り一時雨
新型チェロキー

ジープ・チェロキーのインロック。
到着すると車は5月に発売されたばかりの新型だった。

チェロキー(2代目XJ型)は90年代に日本でも大ヒット。
今でも定期的にインロックなどの依頼が入る車だ。

チェロキーといえば角張ったデザインの印象だったが、
新型は後継車とは思えないほど劇的に変わった。

一見ヘッドライトにみえるのがLEDクリアランスランプで、
バンパー上部にヘッドライト、下がフォグランプと日産・ジュークぽい。

上級モデルのV6 3.2リッターエンジン搭載で走りもよく、
レザーシートなど内装や装備もいいし安全装置も充実。

インパクトのあるデザインを含めかなりお気に入りとのことだった。

picture




by J隊員

2013.4.10(水)曇り
不思議な機能

ラングラージープのインロック開錠です。
「まだクルマに全然慣れてなくて…」
そう話すお客さんの言葉通りにピカピカの新車ですね。

慣れてない機能の一つに
施錠するとヘッドライト点灯というのがあるんだそう、
しばらくすると消灯するらしいんですが
どうにも消し忘れのような気がしてしまうんだとか。

今回もライトのスイッチを確認しにクルマに戻ったら
いつの間にかにインロックしていたそうなんです。

それにしても面白い機能ですね
普通ならアンサーバックだとハザードやブザー音とかなんですが
ヘッドライトが点灯するとは…

いったいどういったケースで役に立つのか?
ちょっと考えたんですが思い付きませんでした。

picture




by A隊員

2012.10.12(金)晴れ
グラグラでダラダラ

AMC・ワゴニアの開錠です。
もう40年以上前の車でジープ・チェロキーの前身です。

工具をセットしようとしたら、冷や汗ダラダラです。
キーシャッターがグラグラで外れそうな感じになっていました。

お客さんへ事情を説明すると・・
「出来る限り慎重に作業してください」と言ったあとに悩みながら、
「どうしようもない場合、しょうがないですね」とのこと。
何か緊張度が一気に高まりましたね。

意を決してピッキングしようとしたんですが・・
力を入れた瞬間にクルリと回り出して、思わず「やってもうたぁ・・」です。
キーシャッターが壊れたと思いましたね。

実はそのままドアロックも解除され無事開錠です。
中のパーツが摩耗しすぎてカギの役割を成してないですね。

ピカピカの新車も緊張しますが・・
ものすごく古い車もハンパないです。

picture




by Y隊員

2012.5.7(金)晴れ
ミシュランな高尾山

夜、高尾山の近くにあるスーパーマーケットへ
グランドワゴニアの開錠&ジャンプに行ってきました。

お客様は北陸地区の方。
連休を利用して高尾山観光にいらっしゃったそうです。
数年前だったらわざわざ遠い所から高尾山へ観光、
なんてあまり見受けられませんでした。

しかしミシュランガイドに三ツ星観光地として掲載されてから
だいぶ状況が変わったんでしょうね。
たまの平日に高尾山に訪れても多くの人で賑わってますし、
以前より海外の方も多く見受けられます。

そして久々の夜の高尾に来て思い出してしまいました。
毎年夏場に催されるビアマウントの事を。

毎年、行きたい!と思いながらも都合がつかずに結局行けずじまい・・
今年こそは必ず行きたいと思うのですが、この高尾山人気の状況
都合がついたとしても入場できないかも・・

でも、いつかは絶景と冷えたビールを味わいに行きます!

picture




by Y隊員

2012.4.7(土)晴れ
ムズムズするチェロキー

ジープ チェロキーの開錠作業に行ってきました。

国産車からの乗り換えの為、アメ車独特のロックシステムに慣れず
何度かご依頼いただいていたお客様。今回は久々の対応です。

到着すると「Yさん、いつもスミマセン。もう調子が悪くって・・」
チェロキーのロックシステムが誤作動するようになってしまったのでしょうか?

どんな症状が出るんですか?とお伺いすると
「ムズムズしちゃってしょうがないんですよ」

ん?? チェロキーがムズムズ?
う〜ん、どんな状況なんだろう?と思案していると
「花粉症なんです。くしゃみすると同時に閉めてしまいました」とお客様。

調子が悪いのはチェロキーではなくお客様の具合でした。
激しく勘違いしてしまいました・・自分も花粉症なのに・・

花粉で具合の悪い期間もあと一月ちょっと。
その間、自分自身が誤作動しないように頑張ります。

picture




by J隊員

2011.12.18(日)晴れ
重なるトラブル

ショッピングモールの駐車場にて
Jeep・パトリオットのインロック救援です。

スペアキーでも開錠出来ないとの事で試してみたんですが
鍵穴を回しても全く手応えがありません、壊れているようです
そんな訳で非常用の開錠方法で対応しました。

キーを閉じ込んでからかなり時間が経っていたそうで
お客さんはとてもお疲れのご様子。
それというのもスペアキーを取りに自宅まで戻った後、
鍵穴を回しても開錠できない事が異常なのかそうで無いのか?
それが判明するまでに相当に手間取ったからなんだそうなんです。

クルマの購入後、一度も鍵穴を使ったことが無かったのが
お客さんにとっての災難だったようです。
現在ではリモコンロックが全盛なんでよくある事なんですが……

便利な機能のお陰で不具合が見つけ難くなっているというのは
なんだか皮肉なものですよね。

picture




by J隊員

2010.8.28(土)晴れ

涼しくなるお話

夕暮れにチェロキーの開錠へ行きました
頭上に太陽が出てないだけマシなんですが、
それでも開錠した頃には汗が吹き出ていました

開錠を終えて顔をあげると同時にペットボトルが目の前に、
「私も外仕事なんで・・この時期はツラいですよね」とお客さん、
飲み物を差し入れてくれたその腕は見事な日焼けです
ありがたくその場で頂きながらお話をさせていただきました。

話題といえばやっぱり熔けるような連日のこの暑さ、
熱中症対策など共感出来て盛り上がったんですがその中で気になる情報が、

それはいよいよ危なくなると暑さを感じなくなるという事。
お客さん曰くその兆候が出たら速やかに涼しい場所に退避、
そして水分を補給しながら休まないといけないそうで
感覚的に楽になったからとそのまま作業を続けていると
ほぼ確実に救急車に乗る羽目になるんだそうです。

聞いていてこの夏に何度か思い当たるフシがあるJ隊員、
急に楽になるので「心頭滅却モード」とか勝手に考えていたんですが
実際はかなーり危なかったんですね・・・

思い出すとなんだかゾクッとなるお話なのでした。

picture




by A隊員

2009.12.30(水)晴れ
閉じ込む条件

コインパーキングにてジープ・コマンダーの開錠です。
閉じ込んだ原因は「ドアの開閉角度にある」というお客さん。

隣の車にぶつけないよう「そぉっと」ドアを開けて、
そのまま離した瞬間に閉じ込んだとのこと。

アメ車がインロックしやすいのはロック機構だけではなさそうです。
車体の大きさからくる、周辺への気配りというか・・
ドアを45度まで開けると一旦静止するんですが、それより角度が小さいと
勝手に閉まるんですよね。

コマンダーはチェロキーより一回り大きいです。
駐車場の枠いっぱいというか、両隣も外車なのでゆとりがないです。

大きい外車に日本の小さい駐車場・・
片手にバッグ、もう片方に上着を持って・・

もうこれだけそろうと、インロックの条件になりそうですね。
雨が降ったり、寒くなるほど増えそうな気がします。

picture




by J隊員

2009.10.8(木)台風のち晴れ
戸惑いのドアロック

jeep チェロキー開錠のご依頼
到着するや「度々ですいません・・・」とお客さん
実はこちらのお客さん、つい数日前にもインロックしてしまい
その際もJ隊員が担当していたのでした。

なんでもチェロキーに乗り換えてそう日が経ってないらしく、
「室内側のロックボタンを降ろしてドアを閉めた場合に
  ロックが解除されずにそのまま施錠されてしまう。」
という、このクルマの仕様にまだ慣れていない事が原因のようです。

アメ車では一般的なこのロックの仕組みも
国産車から乗り換えた場合は混乱してしまうかもしれませんね
大抵の国産車であればそのままドアを閉めたとしても
ロックが解除される仕組みになってますからね
お国柄によってドアロックへの考え方も違うようで面白いです。

でも逆にアメ車から国産車に乗り換えた場合には・・・
ひょっとして今度はロック忘れが問題になるのかも?
そんな疑問が頭をよぎるのでした。

picture




by J隊員

2009.7.10(金)曇り
ウッドパネル効果

開錠作業で対応したのはグランドワゴニア、
ボディサイドのウッドパネルが特徴的なクルマです。

木目模様のボディはうまいこと街中に溶け込んでいますね
ですがやっぱり街中よりは自然の中、それも針葉樹の森の中が似合うんだろうな・・・
そんな想像を膨らませてしまいます。

内装だともっと多くのクルマがこの木目模様を採用しています
外装に比べるとクルマそのもののイメージを大きく変えることなく
質感を向上できるので採用しやすいのかもしれません。
レザー素材と巧く合わせる事で
まるで高級家具の様な落ち着きを演出できるのでしょう。

本来、機械部品の塊である自動車に、自然の象徴ともいえる
木の質感を併せるというのはどこか矛盾したものを感じます。
それでも違和感無く受け入れられて、尚且つ多くの人々が評価する、
この木の持つ質感というのは人の本能が求めるモノなのでしょうね。

・・・そういえば作業中も癒されていた様な気がしてきました。

picture




by J隊員

2009.6.3(水)曇り
ドッグラン

小金井公園でチェロキーのインロック
公園駐車場にて目的の車両を発見、
クルマの前では2匹の小型犬をお連れお客さんがお待ちでした。

公園内のドッグランを利用しに来られたお客さん、
愛犬たちと共に散々走り回ったそうです
そして帰ろうとした際、つい気が抜けて鍵を閉じ込んでしまったそうな
「疲れちゃって、もうね・・・」と、とてもお疲れの様子です。

最近都内でも増えつつあるこのドッグラン、
スペース内では愛犬のリードを外して楽しむ事が出来るそう。
自由に走り回ることが出来る愛犬が何より楽しそうで
ついつい飼い主さんも運動し過ぎてしまうのでしょうね。

さて、お客さんとは対照的にまだまだ元気一杯の小型犬達、
作業に入ったJ隊員を「不審者発見!」とばかりに吠え立てます。

たくさん走り回った後とは思えないその元気な姿、
ドッグランで愛犬達をクタクタにするには
飼い主さんにもかなりの体力が要求されそうですね。

picture




by Y隊員

2009.5.9(土)晴れ
五月の風に誘われて

朝、練馬区高野台にてジープチェロキーの開錠依頼。
五月の朝の心地いい風を受けつつ現場に向かいます。

笹目通りに顔を向け、すぐに出発するよ!
と言いたげに停まっているチェロキーを発見。
御依頼主の皆様もそばに居て下さっていました。

作業をする為に運転席に回ると地面に置かれたキャンプグッズ。
これからバーベキューに行かれるとの事です。
さて荷物を積み込んで出発、という時に閉じこまれたとの事。
だから車からそんなオーラが感じられたのですね。

作業は無事に即開錠。「他の仲間達からは完全に遅刻です」
と言いつつも楽しそうなお客さん達をお見送り。

こんな気持ちのいい日にバーべキューが出来るなんてうらやましい限りです。
ロケーションの相乗効果で食べ物がおいしいんですよね。ビールもおいしいし。

今からバーベキューを計画するのは厳しいので
五月中に家族でピクニックに行こうかな。

picture




by Y隊員

2008.8.4(月)晴れのち雨
気まぐれなワゴニア

埼玉県の某所にてジープの開錠依頼。
案内されて現れた車は駐車場の枠を無視して停まっているグランドワゴニア。
しかし大きい。現行のSUVがコンパクトカーに思えるほど。

無事に開錠しドアを開けるとイグニッションがオンのまま。
もしやバッテリー上がりも併発?と思い御依頼主にお伺いをたてると、
「エンジンが動かなくなってレッカーで運んで貰ったところなんだよね」
との事。だからこんな停め方をしているのか・・

撮影は断られてしまったがちょっとお話をしサインを頂いてバイクの所へ戻る。
完了の報告を入れていると「グゥオオオオ〜ン!」と強烈なエンジン音。
振り向くとさっきのワゴニアではないか。

電話を終えると御依頼主が近づいてきた。
「いや〜かかっちゃったよ〜わかんないね〜アメ車は」
と、うれしそうに話す。

プラグでもかぶっていたのだろうか?
たしかに80年代のアメ車はカッコいいのだが気まぐれな所が怖いですよね。

picture




by J隊員

2008.2.19(火)晴れ
クロカン四駆に悩んでみる

ジープ ラングラーの開錠へ
悪路走破性には定評のあるこのクルマ
やはり趣味で4WDコースや林道ドライブに出かけているのだろうか?
開錠後にお客さんにうかがってみた。

すると・・・ほぼ街中限定で乗られているとの返答が、
元々4WDの頼もしさに魅かれて購入されたお客さん
しかしクルマ使用のメインは普段の足
色々と悩んだ挙句がこのラングラーだったそうな。

4WD車の最大の魅力はその高い走破性
しかし走破性が高ければ高い程、犠牲になるのが乗り心地だそうな
どちらを優先させるかが最大の悩みどころだ。
複数の車を所有できるのならば悩む必要は無いのだろうが
その様な環境の人はそう多くないだろう。

散々悩んだ結果、ラングラーを選んだお客さん
さぞギリギリのバランスでの選択だったのだろう。
・・・さて、自分だったらどうだろうか?

仕事後に調べてみると、調べる程に悩ましい4WDの世界
普段使いから不整地走行まで考えたらとても一台に車種を絞れない。

世の中にこんな葛藤があったとは新鮮な驚き
街中に溢れるクロカン四駆、
その多くが悩み抜かれた結果だと思うと妙に親近感が沸いてくる。

picture




by A隊員

2007.9.17(月)晴れ
合点承知之助左衛門

習志野市にてチェロキーがインロックしたとの知らせ。
前日の夜にご依頼が入り、本日の朝9時までに向かってほしいとの事であった。

以外に多い前日予約。
助人では厳重な連絡網を徹底しているので、取りこぼすなんてミスは一度もない。

チェロキーを開錠後、お客さんから質問される。
「開錠専門でやっているんですか?」
とっさに「そうです・・」と答えると、お客さんは深刻そうな表情だ。

深くは追求しないで、「合鍵希望かな?」と勝手に考えていた。
書類を作成して、いつもならお別れするタイミング。
気になっていたので、勇気を出して聞いてみた。

「何かお困りの事でも・」と切り出すと、「バッテリーがね・」と言われる。
どうやら一晩中、イグニッションON状態で閉じ込んだ様子。

「合点承知之助」とばかりにバッテリージャンピング。
無事チェロキーも息を吹き返し、お客さんも大満足で完了。

勇気を出して良かった。
笑顔でお別れするのが一番でござる。

picture




by Y隊員

2007.6.19(火)晴れ
リポビタンJeep

夜の北青山にてジープのインロック救援要請。
路駐が多い場所で携帯もとじ込みとの事だったが、
すぐに発見し、何とか30分以内に合流が出来た。

御依頼は女性だったのだが同伴の男性が閉じ込めてしまった模様。
Y隊員が登場して異常なまでに嬉しがってくれている。

聞けばインロックしてから一時間以上経過しているとの事。
方々に電話をかけまくり、
30分後にやっと保険のロードサービスに連絡できたのだとか。

作業を開始し1分程で開錠。「よっしゃ!」と大声で喜ぶ御依頼主。
自然とY隊員も嬉しくなった。

久々にストレートに喜んで頂けた案件。
Y隊員には最高のカンフル剤だ。

明日からも頑張ろう。

picture




by Y隊員

2006.12.7(木)曇り
ストレッチ天国

練馬区貫井にてグランドチェロキーのインロックの救援要請。
ご依頼者名を聞くと町を紹介する某番組にレギュラー出演している方と同姓同名。
もしやご本人かもと期待をし、ウキウキしながら出撃。

ウキウキ気分で現着するも、
細い路地に止まった該当車両の周りに暗い表情の人たちがウロウロ。
暗礁感がとぐろを巻いていた・・

「差し金とか色々試してみたんですけど全然ダメで・・」

必ず開きますんで少々お待ちください!
と伝えアタックするもののその細い路地、何気に交通量が多い。
車が通行するたびに鍵穴リセット。

そんなこんなしているうちに10分程経過し
周りの暗礁感が更に増したのをひしひしと感じ、
仕方なしに狭い逆ドアからアタックする事に。

異常に体が固い事が自慢?のY隊員。
プルプル体を震わせながら車と壁の間に滑り込んだ。

ウグッ・・もうダメ・・と思った瞬間に無事開錠。
とたんに周りは安堵感に包まれた。

一頻り感謝されつつお客様を見送った後
そういえば同姓同名の有名人はただの同姓同名だった事に気がついた。




by J隊員

2006.6.11(日)雨
必殺技のタイミング

夜勤担当の雨の日曜日、
仮眠を取ろうといつもより早めに布団に入ったその瞬間、出動を知らせる電話が鳴る。

渋谷のデパート駐車場でチェロキーのインロック、
0時10分に駐車場が閉まるので、それまでに来て開けて欲しいとの要望付き
寝ぼけた頭で時計を見ると23時37分・・・・

一気に目が覚める、あわててカッパを羽織って3分で出発、
正直間に合うかどうか微妙な時間だ、しかし間に合わなかった時の気まずさを思うと
自然と向かうペースも速くなる。

0時ジャストに現着、クルマの所まで走り寄りお客さんと合流する
早速鍵穴を確認すると結構使い込まれていてガタが大きい。嫌な予感が走る
通常、チェロキーだったら3分位で楽勝の鍵だが、使い込まれていると断然難しい鍵に変貌する。

5分後、今一歩のところで足踏み状態、時間はあとわずかしかない
駐車場が閉まる旨の場内アナウンスが、先ほどから幾度も繰り返されている。
もう場内には他の車の影は無い、お客さんを見ると半ば諦め顔だ。

その表情を見た瞬間、のらりくらりとかわす様に逃げて開かない鍵に対して怒りに近い感情が湧き上がる。
鍵に対して怒る?こんな感覚は普段抱いた覚えが無い
つられてピッキングのスタイルも変わって行く、覚醒状態とでも言うのだろうか、
先ほどまで埒のあかなかった鍵を30秒ほどで開け切る。

駐車場が閉まる3分前にお客さんを見送り、無事に終了する。
最初から必殺技を出せないヒーローの気持ちが、解ったような気がする雨の夜だった。




by A隊員

2005.5.30(月)雨
声の大きい芸人さん

トラブルに遭遇するのは誰にも予測のつかないもの。
仕事中であったり、行楽中であったりするけど、急いで解決してほしいのが常だ。
今日のお客さんはこれから公演を控えている芸人さんである。

高島屋の前で合流し、立体駐車場まで猛ダッシュ。
突然仕事仲間に電話するお客さん・・「ちょっとトラブった!先始めといてや!」
とにかく声の大きい芸人さんだ。その迫力で人通りが自然と分かれていく。
息も整える間もなくアタックした。

奮闘中、異変に気付いたのは3分後、開けられる手応えが全くないのだ。
チェロキーでハマッた記憶は、まずない。
汗を拭きながら、助手席へチェンジ。
A隊員・・・「公演は何時からでしょうか?」
お客さん・・「あと30分・・いや移動して着替えなアカンから10分やな」

手応えのない理由は、力の入り方によるもの
シッポを押さえれば逃がしゃあしない。
開いた瞬間にお客さんが叫ぶ・・「イエスッ!グッジョブ!!」
まるで「ゲッツ!!」を彷彿させるようなポージングだ。
そのまま風のようにルミネの方へ消えていった。

最近ギリギリの闘いが多いような気がする。
お客さんの大きい声が耳から離れなかった。



一番上へ