東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?

マセラティ

メーカー別一覧へ

picture クワトロポルテ | クワトロポルテ | ギブリ | クワトロポルテ | クアトロポルテ | グラントゥーリズモ | クアトロポルテ | クアトロポルテ | グランスポーツ







by  A隊長

2020.1.7(火)曇りのち雨
進化したもの、しないもの

2005年式マセラティ・クワトロポルテのトランクインロックです。お客さんがバッテリー交換中、バッテリーを外した状態でインロックしたとのことで、トランクの鍵穴を直接ピッキングしなければなりません。

現着すると鍵穴が下向きです。マイナーな車種なので以前開錠したデータが不足していてどんな工具を選択したか分かりません。色々悩んでピッキングしつつ何とかシアラインにそろえるものの、鍵穴が重くて回せませんでした。「そういえば車屋さんが鍵穴が重くて回しづらいって言ってたような・・」とお客さん。

最終的にはお客さんの許可を得て強引に回して開錠しました。シャッターのゆがみも内部の破損もなく動作確認して終了です。

すでに14年前の車ですが今対応しても大変というか、昔の助人サービスは何の知識もないのに、こうした難作業をことごとく突破していったわけです。よく考えると色々すごいなーと改めて感じた次第です。

picture




by  B隊員

2019.8.13(火)晴れ
凛々しくも可愛い

港区麻布十番のガソリンスタンドでマセラティクワトロポルテの開錠依頼です。出発前にかなりお急ぎと言われておりガソリンスタンドで他の車を塞ぐ様に停まってしまっているのかな?と想像し現場に少しでも早く着けるよう現場に向かいます。

現場のガソリンスタンドが近くなりお客様に連絡を入れてから現場に到着。特に他の車の邪魔になってる様子はなくすぐにお客様も車のそばに来られたので作業前に行う確認事項を済ませ作業開始です。かなりお急ぎとの事でお待たせしないように集中力を高め開錠。重厚な感じでドアが開きました。ドアを開けるとチョコンとミニチュアシュナウザーが座っていました。お急ぎの理由は車内にワンちゃんが閉じ込まれた状況のインロックでした。特に怖がっている様子もなく落ち着いています。ミニチュアシュナウザーは人懐っこくてとても可愛いらしく尻尾をふっています。またマセラティの雰囲気にピッタリの様相です。思わずお客様に可愛いですね♪と言ってしまいました(笑)ひと段落着いたトコロで開錠後の確認作業をして作業完了です。

動物好きではあるがサボテンすら枯らすB隊員としては動物はまだまだ飼えない。もう少し世話好きに成長出来たらいつか動物との生活を手に入れてみたいと思いつつ、現状はそんな生活を夢見て妄想を楽しんでます。

picture




by A隊長

2017.5.20(土)晴れ
颯爽としたイメージだけを残して

2015年式マセラティ・ギブリの開錠です。
ホテル正面の駐車場だったのでギャラリー多めです。

ホテルマンの方々も何人もいたので大切なお客さんというか、
皆心配そうに固唾を飲んで見守っていました。

「うわ!もう開いた!一瞬で開いた!!」
そうお客さんが叫ぶとホテルマンの方々からも祝福されました。
「高級車なのでどうなるかと思ってました」とか、
「プロですねー!すごい!」とか、色々声かけてもらえました。

しばらく余韻に浸っていたいところですが、次の現場がある訳です。
周りから見ればバイクで颯爽とやってきて一瞬で開錠して
また颯爽と去っていくように見えるんだろうと思います。

でも次の案件はガス欠救援なので・・
まずはガソリンスタンドを探したいんですよね。

ギャラリーの見えなくなったところで、チマチマと
給油先を探していたというのは内緒の話しです。

picture




by Y隊員

2016.1.24(日)晴れ
ドキドキの割り増し

夜の入間市へマセラッティ クワトロポルテの開錠に行ってきました。
場所はガソリンスタンドです。

到着するとスタンドの店員さんが丁重に車まで誘導してくれます。
もしかして店員さんが閉じ込めた?と思ってしまうほどにです。

お客様と合流し無事に開錠。
閉じ込めた原因はリモコンキーの電池切れによるものでした。

スタンドの店員さんとお客様をお見送りすると、
「高級車でもこんな事があるんですね〜」と店員さん。

高級車を対応する時は変に緊張してしまうそうで
ドキドキでの作業完了後、
お客様が乗り込んでお見送りって時のトラブルだったそうで
自分が到着するまでなぜか緊張が続いてしまったそうです。

なので丁重な対応をしてくださったのですね。
到着した時に一瞬、険悪ムードが漂う現場かも・・
って自分もドキドキしてしまいました。

picture




by Y隊員

2015.6.16(火)曇り
右?左?

マセラティ クワトロポルテの開錠依頼です。

現着後、広いガレージのシャッターを開けて頂くと
現れたクワトロポルテは左ドアが壁にぴったりです。

ピッキングするのにあの隙間に体が入るかな?
Y隊員の実家なら家が建てられる価格の車、
変なことはしたくないしな・・

と近づくと右ハンドル仕様車でした。
今まで対応したマセラティ、すべて左ハンドル車だったので
右ハンドルの仕様がないメーカーと勝手に思い込んでいました・・

そういえばポルシェやフェラーリも今まで左ハンドルばかりだったな・・
と調べてみると、納期が長くなってしまう事や
ペダルの位置が左ハンドル車に比べて使いづらいなどの理由から
右ハンドル車は敬遠されがちだったみたいですね。
ただ最近のポルシェに関しては仕様に違和感が無くなってきており
右ハンドル車も多くなってきているとか。

海外スポーツカーのハンドルの位置事情、
調べてみると色々な意見があって面白いですね〜
かなり勉強になります。

picture




by A隊員

2014.12.26(金)晴れ
奮発して買えるもの

マセラティ・グラントゥーリズモの開錠です。
現着早々「傷とか付かないですか?」と質問されました。

開錠作業を荒々しいものと勘違いされているみたいだったので、
「鍵穴から開錠するのでご安心ください」と答えました。

数分で開錠すると感激されるお客さん。
納車してまだ1ヵ月というピカピカの新車のようで、
「ちょっと奮発したので大切に乗りたい」と話されてました。
排気音を駐車場内に反響させながら走り去るグラントゥーリズモ。
チョーカッコ良かったですw

ちょっと奮発したら2000万円かーと思いました。
A隊員が奮発したらいったい何が買えるんだろう・・
そんな事を考えながら自動販売機にお金入れようとしたんですが、
目の前にはセブンイレブンが見えました。

よしここは奮発してセブンカフェにしよ、と思ったんですが、
こっちのが安いので奮発にならないという落ちですw

picture




by H隊員

2014.9.11(木)雨
準備が仇と

 1997年マセラティ・クアトロポルテのお客さん。普段使いの違う車を購入した事もあり全く乗らなくなったクアトロポルテは車検が切れていた。
 乗りもせずにいつまでも放置(車庫内)する訳にもいかないので売却しようと考え、知人の整備士さんが出勤する前に自宅へ寄って貰い相談する事に。

 放置期間が長くバッテリーが上がっていたので取りあえずジャンプ。充電待機中に買取業者の手配をお願いする。そしてお客さんご自身は予備キーを探した。

 買取業者の手筈が整うと出勤途中の友人は会社へ。お客さんは見付かった予備キーを無くさないようにイグニッションに挿さっているメインキーのキーホルダーに取り付けた。
 これで渡すモノは全部揃ったと安心して車外に出たところ、後ろでガシャリと音がする。はて?何の音だろうと思ったら何故だかドアがロックされていたそうです。

 解錠作業をしながらお客さんと話しをしていると既に違う車の手配をしているのが伺えた。話しの流れ的に次の車は何かを聞いてみると、ななんと20年前の初期型バイパーだそうです。車に対して求めるモノがなにか良く分かりますね。

 「もう少しクアトロポルテに乗りたい気もするんですけど、今はバイパーに心奪われました」と言うお客さんに、人が乗れる車(バイク)の数は限られているので乗れる時に乗るべきと言う意見もありますとお伝えしてみる。すると「…バイパーと一緒にマングスタが置いてあったんですよね、デ・トマソの… 」とお客さんは遠くを見詰め黄昏るのでした。

 マ マングスタ… 日本に現存しているってのも凄いんですが、まさかそれ売ってたりするんだろうか? とっても気になったけど黄昏中のお客さんにそれ以上聞くことは出来なかったのでした。

picture




by J隊員

2011.4.27(水)晴れ
クアトロポルテ

マセラティ・クアトロポルテを開錠しました

個人的にマセラティと聞くとスーパーカーブームのころの
ボーラやブーメランなんかのイメージが強かったりするんですが
今でも過激なランボルギーニやフェラーリなんかと比べると
やや控えめな落ち着いた印象のスタイリングです。

ですがこのクアトロポルテ、エンジンがすごいんですよね
同じフィアットグループのフェラーリとベースが一緒なんです。
開錠を済ませてスタートして行く官能的な排気音は
やっぱりフツウのクルマではない存在感でした。

そこに来てこの「クアトロポルテ」というネーミングです
なんだかとてもカッコ良いですよね!
と、後で調べてみたんですが、どうも「4枚ドア」という意味らしくて・・

「4枚ドア」ですらかっこ良い響きとは・・・イタリア恐るべしです。

picture




by A隊員

2007.2.25(日)晴れ
無傷開錠の真髄

マセラティ・グランスポーツがインロックしたとの知らせ。
あまり目にする機会がないので、ワクワクしながら現着。

開錠前にくるりと一周してみる。
クーペをスポーティにモディファイしたらしいが、早そうだし、そもそも高そうだ・・・

受注担当はJ隊員。
なぜか1,000万円以上の高級車に詳しい。
今回も「ん〜・・たぶん1,500万円くらい」と言い渡されここまで来たのだ。
一挙手一投足に気を使い、作業スペースを確保する。

誤って工具箱をボンネットの上に落としたら大変。
そんな事やるわけないのに、こんな時に限って想像したりするから不思議だ。

呼吸すら遠慮しがちなピッキングはおよそ5分。
開錠後はただちにマセラから距離を置いて、書類作成する。
ボールペンを誤って落として、ボディに傷を付けたら大変だからだ。

そんな事やるわけないのに、
こんな時に限って想像したりするから不思議だ。

picture



一番上へ