東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?

ポルシェ

メーカー別一覧へ

picture ケイマンS |パナメーラ | ボクスター | カイエン | 911カレラ | ボクスター | 911 | カイエン | パナメーラ | カイエン | ケイマン | 996 | 993 | 997カレラ | ボクスター | 996 | ボクスター




picture 968 | 964 | 968







by I隊員

2018.10.20(土)晴れ
変化や進化

港区台場よりポルシェケイマンSの開錠のご依頼がありました。
お話を伺うと、鍵はトランク内のようです。

トランクインロックなら、この車はセキュリティ解除後でないと
オープナーが反応しないはずです。
一般的な車と違いこの車はトランクが前にあります。
しかもトランクに鍵穴はありません。
ですがお客様は、大丈夫だから早くドアを開けてとおしゃいます。

ドアを開錠後、お客様はオープナーを操作しますが、トランクは開きません。
セキュリティー解除出来てないから開かないのです。
お客様は今度はシートの後ろに体を入れて鍵を探しました。
「あったあった!」とお客様は喜んでいます。
私はドキドキしました。良かったです!
このケイマンはミッドシップエンジンでエンジンは車の真ん中付近にあります。
昔と仕様が変わり運転席の後ろに荷物が積める様になっていたのです。
少しづつ高級車を担当できることが増えてきて、
ポルシェの開錠をやることができて良かったです。

車の変化や進化を目の当たりにして感動するのはたくさんの車に関われる
ロードサービスでならではの事でもあります。
新しい感動のたびに新たな意欲もわいてきます。
次のケイマンの救助の時に、より早い鍵開け出来るのはもちろんの事で、
バッテリー位置、バッテリージャンプの方法をチェックしました。
毎日感動があるので意欲も尽きません。

picture




by F隊長

2016.8.10(水)晴れ
パナメーラ

深夜1時 渋谷区にてポルシェ パナメーラ開錠
お盆も近いせいなのか夜の交通量は普段よりだいぶ少ない
この時間のいわゆる《外車高級車》は注意が必要だ。
ピッキングによる開錠で警報が作動し、深夜の住宅街にデカいホーンの音をまき散らしかねないからだ。
勿論、作動するしないは要請者の設定次第だが、概ね「わからない」と設定には無頓着な方が多い。
さて 開錠そのものは5分ほどで終わり、要請者に「開けますね」と予告をしてシリンダーを回す。
『ガシャ』と作動音がしてロックが解除するも 警報は鳴らない。
顔を見合わせて 互いのホッとし「御確認ください」と促す
カバンの中のカギを探している と 突然『ブアーン ブアーン』と低めの警報の音が鳴り出す。
ドアを開けてから30秒ほど経過してからの警報とは、 油断しておりました。
急いで止められたので 事なきを得たのだが、時間差の警報もあると今更ながら知った夜でした。

picture




by K隊員

2016.2.2(火)晴れ
トランク内は要注意

ポルシェ・ボクスターのインロック。

作業前にキーの置き場所を確認すると、
たぶん室内のどこかにあるとのこと。

セキュリティアラームが鳴った場合の対応を説明し作業開始。
ところがドアを開け車内をくまなく探したがキーは見つからず。

フロントトランクも開け閉めしたようだが、
室内には電気式のオープンスイッチしかなく、
セキュリティが働き室内のスイッチでは開かないことがほとんど。

ダメ元でスイッチを押してみたがやはり反応がなくトランクは開かず。
結局自宅にスペアキーを取りに帰ることになったので、
施錠して終了したがすっきりしない作業だった。

picture




by K隊員

2015.11.12(木)曇り
けやき坂Galaxyイルミネーション

元麻布でポルシェ・カイエンのインロック。

帰りに六本木ヒルズのけやき坂通りを通ったら、
冬の風物詩となったイルミネーションが始まっていた。

約120万灯のLEDを使い、
白と青のLEDによる寒色系のSNOW&BLUEと、
赤や電球色のLEDによる暖色系のCANDLE&REDと、
時間によって対照的な2つのイルミネーションが楽しめる。

ハート型イルミネーションの所にスマホを持った人が集まっていると思ったら、
スマホを使って自分だけのカラーチェンジや動きの演出を楽しめるそうだ。

picture




by K隊員

2013.12.30(月)晴れ
洗車場も渋滞に

ポルシェ・968のインロック救援依頼。

直列4気筒ながら排気量3リッターのエンジンと、
ポップアップライトが特徴的なFRスポーツカー。

1991年発売で生産台数も少ないので、
都内でもなかなかお目にかかれない。

現場は手洗い専門の洗車屋さんだったが、
年末ということもあり激混み状態。

幸い洗車を終え車内の掃除スペースに移動した後だったが、
空きスペースがないほど混んでいるので速攻で解錠し現場を後に。

ガソリンスタンドでも自動洗車機待ちの行列が出来ているので、
今年も新年はキレイな車で迎えたいという人は多そうだ。

picture




by A隊員

2012.2.15(水)曇り
早く開錠したくて

ポルシェ911カレラの開錠です。
現着してみるとお客さんは車の前で電話中でした。

ジャマしちゃいけないと思い待機してたんですが・・
あっという間に10分以上経過していきました。

さすがにこのままじゃマズイということで・・
お客さんへジェスチャーしながら近づいてみるんですが・・
OK・OK・みたいな返しで、さらに10分以上経過していきました。

さすがに待機料金が発生しかねないので・・
ちょっと強引に「すみません!あの・・」と近づいてみたんですが・・
「分かった分かった」という風な返しで、さらに待たされそうになりました。

お客さんの機嫌を損ねちゃイケナイ・・
そう判断してお得意さんへ電話しようとした瞬間、
「ごめん!お待たせしました」とお客さん。

ようやくご挨拶することが出来たんですが・・
現着してから30分近くかかったというお話しですw

picture




by Y隊員

2011.6.5(日)晴れのち曇り
またまたの神宮球場

気持ちの良い晴れ空の下
神宮球場駐車場へポルシェボクスターの開錠に行って来ました。

一月ほど前にも訪れた神宮球場。
今回もゴルフ練習場のお客様からのご依頼なんですが
またまた球場のほうでは野球の試合が開催されているようです。

前回は応援のブラスバンドのおかげで
勝手に楽しく開錠作業をしてしまったのですが
今回は声援は聞こえるもののブラスバンドは聞こえません。

無事にお客様と合流すると「荷物を取りにいってくるから作業しててくれます?」
との事で一人寂しく作業開始します。

思えば個人的に久々のポルシェの開錠作業。
じっくりと格闘しながら作業を進めます。
無事にシリンダーが回ると同時に球場から試合終了のサイレン。
なんか感慨深いです。

戻られたお客様へ「無事に試合は終わってます」
と思わず言ってしまいそうでした・・ 危ないです。神宮球場・・・

picture




by Y隊員

2011.1.11(火)晴れ
プロのポルシェ

ポルシェ911の開錠&ジャンプのご依頼です。

まず開錠の作業を開始しようとすると
「ちょっと癖があるんでココをこうして・・・」と具体的なアドバイス。
そのおかげで無事開錠。というかアドバイスが無ければハマっていた可能性が・・

そしてジャンピングの作業をしようとすると
お客様が「ちょっと待ってね〜」とバッテリーわきのスイッチを操作します。

何のスイッチ?この年式のポルシェに必要な儀式なのか?
と思いながらブースターを接続し無事始動です。

完全放電では無かったのですが状況によっては交換が必要、
その事をお話しさせて頂く前にスイッチの事をお伺いしてみます。

「あ、あれは漏電防止のスイッチ。自分で付けたんだよね車屋だから」
なるほど、と思うと同時に
余計なアドバイスしなくて良かった〜と変な安堵をしてしまいました。

その後ポルシェに関する知識をいくつかお伺いさせて頂きました。
さすがプロです。非常に参考になりました。

picture




by K隊員

2010.11.29(月)晴れ
長身をいかして

ポルシェ・カイエンのインロック救援依頼。

リモコンキーは後部のラゲッジスペースにあるという。
カギ穴は運転席ドアにしかなく、
ピッキングで解錠すると集中ドアロック機能は働かない。

しかもセキュリティアラームが付いているので、
お客様にすぐに車内に入れるように準備をして頂く。

解錠しお客様が車内に入ったがなかなか出てこない。
キーはリヤゲートのプラスチックのカバー部分と
床面の間に挟まれていて取り出せないようだ。

リヤシートからラゲッジ床面までかなり高さがあり、
力がうまく入らないということで交代することに。

ガッチリ挟まっていたがキズが付かないように慎重に引き出し、
ロック解除ボタンを押してテールゲートを開けた。

キズや破損もなく完了しお客様も喜んでいた。

picture




by Y隊員

2010.8.22(日)晴れ
ルーフのオーラ

コインパーキングより92年式ポルシェの開錠依頼です。
車種は911との事だったのですが待っていたのはRUF(ルーフ)でした。

ポルシェたるポルシェを作る事を目指すメーカーRUF。
最近のRUFは街中でもたまに見かけたことがあるのですが
この年式のものは休日の高速道路SAでしか見たことがありません。
なのでコインパーキングの中で猛烈な存在感を放っています。

作業をする為、ドアに張り付こうとすると
エアロパーツが「丁寧に扱えよ〜」と囁いているように感じてしまいます。
鍵も多少クセがありスポーティーな感じ(?)です。
数分間の作業で暑さのせいだけではない汗を沢山かいてなんとか完了です。

空冷エンジン特有の独特なノイズ。そしてグラマラスなテール。
お見送りさせて頂きつつ見惚れてしまいました。

しかし最近の911を「カッコいいポルシェっだな」と思いつつも、
この年式(964型)ぐらいまでのものを「これぞポルシェ!」と思ってしまうのは
やっぱり年齢から来るものなのでしょうね・・
そして964型のスタイリングがやっぱり一番かっこよく感じてしまいます。

picture




by J隊員

2010.2.8(月)晴れ
ポルシェ・パナメーラ

ポルシェ・パナメーラの開錠へ
2009年に発表されたポルシェの新型という事で興味深々です。

営業中のショールーム内での作業でしたので
目立たないようにひっそりと作業を進めて行きます。
そして3分ほどでガチャリと開錠、
心配しながら成り行きを伺っていたスタッフの方々から
やっぱりひっそりと感嘆の声が上がるのでした。

仕事で伺っている立場上、じっくり観察出来ないのが残念ですね
今回はドア周りだけ堪能させて頂いて名残り惜しくも引き上げです。

このパナメーラ、4ドア4シーターというポルシェ初のレイアウト
その為に古くからのポルシェ好きの人には賛否両論あるようです。
ですが妻子ある人にとっては実際助かるコンセプトではないでしょうか?

休日に家族連れで行楽地まで超特急、といったところですかね
想像しただけでなんだかゴージャスな気分になってきました。

picture




by A隊員

2009.8.1(土)曇り
満足度NO1の実力

ポルシェカイエンの開錠です。
我々業者的にはちょっと要注意なメーカーなので緊張しますね。

事前に打ち合わせしたので、慌てずにセキュリティ解除出来ました。
作業後にマジマジと眺めたんですが、独特のフロントマスク・・迫力満点ですね♪

ちなみに最近発表されたんですが・・
今年のアメリカ自動車商品魅力度調査で、ポルシェは5年連続1位でした。
その中のカテゴリー別ではカイエンがNO1です。
乗っている方の9割近くが満足している計算になりますね。

「この車を乗るために働いているようなものです・・」
写真を頂くときのお客さんの言葉が印象的でした。

ポルシェが顧客満足度調査で5年連続1位というのも凄いんですが、
そもそもポルシェオンリーの方が多いんじゃないでしょうか。

他メーカーと比べたり、リセールバリューなんかで迷わない。
そんな熱いファンの圧倒的な支持があるような気がします。

ポルシェ恐るべし・・ですね♪

picture




by K隊員

2009.6.14(日)曇り

はじめまして、本日から日記を書くことになりましたK隊員と申します。
人生今まで日記のようなものを書いたことが無いので、変な文章になるかもしれませんが
ありのままの日常を書いていこうと思います。

目黒駅付近でポルシェ・ケイマンのインロック救援依頼。
ポルシェのエントリーモデルでオープンのボクスターから派生したクーペタイプだ。
初対応車種なのでワクワクしながら迅速かつ安全に現場に向かう。

お客様にお話を伺うと、閉じ込んだ後ディーラーさんへ電話した所
普通には開かないので壊さないといけないかもしれませんと言われたらしく、
ちょっと不安げなご様子。

何か新しい防犯対策が施された車なのかなと思いながら作業開始。
鍵穴を覗くと通常の内溝タイプで変わったところは無く、
ピッキングした感触も違和感が無いのでこれはイケルと確信した。

数分後無事解錠、
さほどお待たせすることも無く、お客様にも喜んで頂き一安心で作業完了。
次回からは、安心して作業をお待ち頂けるように事前にアナウンス出来そうだ。

あらためて実車を見ていると
あらゆる面が高い次元でバランスされた気持ちの良いドライビングフィールを
感じてみたい衝動に駆られてしまった。

ん〜乗ってみてー !

picture




by A隊員

2008.11.19(水)晴れ
午前0時のシンデレラ

夜中にポルシェ996のドア&グローブボックスの開錠。
カギを紛失された様子で、グローブボックスにあるはずの合カギが頼みの綱。

ドアを開錠後グローブボックスへ。車高が低いと結構大変です。
フタにあるシリンダーを回して、お客さんとバトンタッチした。

今日のA隊員はすごく運がいい。
先月からずっと探していた冬用グローブが見付かったり・・
気に入った商品を見付けて、ヤフオクで落札出来たり・・
大丈夫だ・・きっとお客さんの合カギも見付かるはず・・

室内を探しているお客さんを祈るようにして見つめていると、「あ!」とお客さん。
見付かったのかと思い「やったー」とガッツポーズしようとしたら
「ありませんねぇ・・」と一言。
一緒に室内全ての収納を探すも見付からなかった。

気が付けばとっくに日付が変わった深夜帯に入っていた。

いつの間にか術を解かれていたA隊員。
ささやかな運に見放されていく寂しさを感じつつ現場を後にした。

picture




by J隊員

2008.9.26(金)晴れのち曇り
疑いの眼差し

洗車場でポルシェのインロック
到着したところ、お客さんの愛犬が閉じ込められている。

すぐに開錠して救出・・・なのですが
当のミニチュアダックス君、周囲の心配をよそにひたすら眠そう
「何かあったの?」といった風に一瞬顔を上げると
再び丸まって寝てしまいました。

書類作成をしながら事の顛末を伺うとこんな感じ
洗車を始めて水をかけているとナゼか窓が下がり始める
あわてて水を止めて室内から窓を閉め、再び洗車を続ける。
すると今度は集中ロックが作動してすべてのドアがロックしてしまったそうな。

「もう何がなんだか・・・」と不安げなお客さん
確かにとても不可解である。

不思議に思いながらスイッチ類が並ぶコンソールを眺めていると
隣のシートで丸まっているダックス君と目が合った。

(・・・もしや!?)

J隊員の心が読めるのか、気まずそうに視線を逸らすその様は
「ボ、ボクは知らないよ」と訴えているようだった。

picture




by H隊員

2008.6.19(木)曇り
Porsche968

お得意先の駐車場管理会社様から放置回収のポルシェ968の解錠依頼。
現場にいるご担当の方から指示を受け作業に入る。

いつもの癖で車体右側へ行ってしまったが車輌は左ハンドル。
右助手席にもカギ穴があったのでそちらから解錠することに。
なかなか癖のある錠の為、少々苦戦するも問題なく解錠。
その後、ボンネットを開ける必要があったので右ドアから車内に入り、
左側にあるボンネットオープナーを作動させる。
バコンとボンネットが開いた瞬間、突風でドアが閉まった。
「あ〜足を挟まれなく良かった」等と思いながら右のドアオープナーを引く。
スコッ  ん?
ドアオープナーを引く
スコッ  ん?  スコッ! スコッ!
オープナーに手応えが全くない。
「壊れているのかな?」と今度は左ドアのロック解除ロッドを引いてみる。
引いてみる       けど       動かないんですけど…
オープナーも引いてみるが反応は無い。
「もしかして車内に閉じ込められてしまった?」と独り言が漏れる。

今時期、最高気温は30℃に届かいとは言え、車内は50℃以上になる筈。
そう思ったところでじんわりと汗が滲み出した。
午前中だが遮蔽物のない平地の駐車場、車内は既に結構な高温。
このまま出る事が出来ず暑さに耐えかね終いには全裸になり、
意識を失ったあたりであられもない姿のまま救助されたりするのかもしれない…
等と変な事を考えてみるが、近くにいるご担当の方に気付いて貰えれば解放される。
解錠済み右のドアノブを引いて貰えれば開く。
だけど小っ恥ずかしい事この上ない。

さて、どうしようかと考える。
少し考えた後、ある小技をやってみると左ドアロックを解除出来た。
外に出て「風が心地良いゼ、あははは」と満面の笑み。
すると遠くにいたご担当の方と目が合った。
傍から見ると変な人以外の何者でも無い筈。
もしかしなくても恥ずかしいかもしれない。

何事も無かったように開いた事をお伝えし、
次の車輌VW・ヴァナゴンに小さくなっていそいそと向かった。

picture




by H隊員

2007.12.11(火)晴れ
ポルシェ 997カレラ

昼下がり、港区某所よりポルシェ・997カレラの解錠依頼。
どうやらインロックではないらしい。

現着後お客さんに話を伺うと今回の依頼内容が明らかになった。

昨晩、仕事仲間と呑みに行った(車は自宅)
で、家の鍵をその店に忘れてきてしまった。
直ぐに気付き連絡するも、既に閉店していて連絡が取れない。
仕方ないのでその晩は同僚宅に泊めて貰う。
翌朝、ランチをやっている筈なので昼過ぎに行って見るが、なんと定休日
仕方が無いので自宅マンションの管理会社に連絡。
その時点で問題を解決できる最短が、
自宅の鍵がグローブボックスに入っているカレラの解錠。

マンション地下のタワーパーキングを管理の方に操作して貰う。
下から現れるカレラ。

錠を回すのに2分はかからなかった。
これでドアノブを引けば開くが、間違いなくセキュリティーが発動し
クラクションが鳴り続ける。
その事を伝えお客さんにドアを開けて貰う。

 パァーッ!!  パァーッ!!  パァーッ!!

けたたましく地下駐車場に鳴り響く警報。
そして点滅を続けるハザード。
気が遠くなりそう。

何度聴いても警報の音に慣れる事は無い、そうボンヤリと思った。

picture




by Y隊員

2007.12.1(土)晴れ
ポルシェと歌舞伎町

ラニーニャの影響で秋をとばしていきなり冬の寒さ。
おかげでY隊員、季節外れのシモヤケになってしまった。
例年だと2月頃になるはずなのに・・

そんな気温なので作業もバッテリージャンプの依頼が多い。
さすがの寒さにやられてしまったバッテリーが多いようだ。
連日ジャンプ作業に追われている最中、久々の開錠依頼。
しかもポルシェボクスター。

Y隊員、久々の内溝キーなのでワクワクしながら歌舞伎町に向かった。
いつもより早めに到着したはいいが御依頼主の都合でしばらく待つ事に。

歌舞伎町にポルシェ・・もしかして怪しい仕事の方?
まずありえ無い事なのだがキズでも付けてしまったらどうなるのだろう?
不安を抱くと不安通りになってしまう事もあるし・・シモヤケも痛いし・・

などと緊張しつつ待っていると御依頼主が登場。
どうやら怪しいお仕事の方ではないようでひと安心。
ほっとしたのも束の間、作業開始1分程で開錠。
そして御依頼主をお見送り。

あっ・・安心にかまけてポルシェの鍵を堪能するのを忘れてしまった。
でも写真は撮らせて頂けたので鍵を堪能するのは次の機会に・・

picture




by A隊員

2007.10.14(日)曇り
996と万全の体制

羽田空港にてポルシェ996がインロックしたとの知らせ。
高額車両になると少々気合が入る。

カギの形状は内溝キーだけれど、そんな事は問題ない。
作業時の注意点に全ての意識を集中した。

助人では作業前の傷確認を徹底している。
後から「作業時に付いた傷」なんて言われたら大問題だ。
作業後に変わりのない状態をお客さんとともに確認する。

またピッキングしたドアシリンダーの動作確認も必須。
直接お客さんに試して頂き、問題のない事を確認して頂いている。

どんなに注意していても作業するのは人間。
万が一のケースが発生した場合、最大2,000万円の保険がカバーする。
もちろん一生使わないほうが理想だ。

ここまで手を打って万全となる。
996はいつものように、無事3分で開錠した。

picture




by A隊員

2006.6.22(木)曇り
ポルシェ ボクスター

中央区にて、H16年式ポルシェ ボクスターがインロックしたとの知らせ。
閉じ込んだ場所がトランク内との事で、一抹の不安にかられる。

今回は、普段軽作業が多いお得意さんからのご依頼。
久々の開錠依頼かと思ったらヘビーな案件となった。

まず左ドアをピッキングにて開錠。
するとけたたましくセキュリティが鳴り出す。
慌てて車内からトランクオープナーを操作するが何の反応もなかった。

困り果てていると、お客さんからスペアキーを渡される。
偶然、車内に置いてあったのを思い出されたようだ。
これで全てが解決した。

そういえば最近、運に助けられる事が多いA隊員。
偶然は必然とも言われるし・・・
運は努力でつかむとも言われるし・・・

そう何事も前向きに取り組んでいくのだ。
次の開錠依頼が増えるように。

picture



一番上へ