東京レスキュー 助人サービスはロードサービス専門業者です。
得意な作業はキーとじ込みによる開錠作業 → 開錠車種一覧へ
都内6拠点からバイクで迅速に現場へ向かいます → 拠点エリアへ
年中無休24時間営業 電話 03-5809-9677
 HOME  概 要  対応エリア  隊員日記 こんなときはどうするの?

バイク・メットイン一覧

メーカー別一覧へ

picture

キーシリンダーがどこにもないタイプ
メインキーはスマートキータイプで鍵穴がありません。緊急時はカウル内に隠されたマグネットキーでメットインを開けます。

ホンダ・フォルツァ






picture

メットインがメインキー(イグニッション)と一緒のタイプ
メインキーと連動してメットインが開くタイプで、カギ穴はひとつしかありません。 一般的にはカギを複製して対応しますが、助人サービスではピッキング開錠します。

ホンダ・フォルツァ | ホンダ・ジョルノ | ヤマハ・N-MAX | ホンダ・フォルツァ | ヤマハ・マジェスティS | ヤマハ・マジェスティ | ヤマハ・マジェスティ | ホンダ・ジョルノ | ヤマハ・マジェスティ | ヤマハ・ジョグ | スズキ・バーグマン | ホンダ・PCX | スズキ・スカイウェイブ | アプリリア・スカラベオ | ホンダ・PCX | ホンダ・トゥデイ | ホンダ・フォルツァ | スズキ・アドレス110 | スズキ・スカイウェイブ | スズキ・スカイウェイブ | ベスパ・GTV250ie | ヤマハ・マジェスティ | ヤマハ・ジョグ | ホンダ・PCX(トップケース・リヤBOX) | ホンダ・PCX | ホンダ・トゥデイ | スズキ・スカイウェイブ | ヤマハ・TMAX530 | スズキ・アドレス125 | ヤマハ・AT100 | ホンダ・フォルツァ | ホンダ・ジョルノ | ヤマハ・トリシティ125 | ホンダ・リード50 | ヤマハ・マジェスティ | スズキ・スカイウェイブ | スズキ・バーグマン | スズキ・ジェンマ | スズキ・スカイウェイブ | ヤマハ・マジェスティ | スズキ・スカイウェイブ | ヤマハ・グランドマジェスティ | ヤマハ・マグザム | ホンダ・リード | スズキ・スカイウェイブ | スズキ・スカイウェイブ | ホンダ・フォルツァ | ホンダ・リード | ホンダ・PCX | ホンダ・フォルツァSi | ヤマハ・マグザム | ヤマハ・ジョグ | スズキ・ジェンマ | ヤマハ・シグナス | スズキ・スカイウェイブ | スズキ・レッツ4 | ホンダ・トゥデイ | ホンダ・フォルツァ | スズキ・アドレスV125G | ヤマハ・シグナスX | ホンダ・Dio | スズキ・アドレスV125S | スズキ・レッツ4 | ホンダ・フォルツァ | ヤマハ・マジェスティ | スズキ・スカイウェイブ | スズキ・スカイウェイブ | ヤマハ・マジェスティ | スズキ・スカイウェイブ | ヤマハ・BJ | ヤマハ・グランドマジェスティ | スズキ・スカイウェイブ | スズキ・スカイウェイブ | SYM・RV125jp | スズキ・レッツ4 | ホンダ・Dio | ヤマハ・マジェスティ | ホンダ・リードEX | ヤマハ・マジェスティ | ヤマハ・シグナスX | ヤマハ・ジョグ | ヤマハ・マグザム | スズキ・スカイウェイブ | ヤマハ・グランドマジェスティ | スズキ・レッツ4 | スズキ・スカイウェイブ | ヤマハ・グランドマジェスティ | ホンダ・リードEX | ヤマハ・T−MAX | ホンダ・フォルツァ |ホンダ・トゥデイ | ホンダ・フォルツァ | ホンダ・フォルツァ | ヤマハ・グランドアクシス



picture

メットインキーがシート下にあるタイプ
メットインシリンダーが独立してあるタイプです。カギ穴はメインキーとシート周辺に合わせて2つあることになります。 このタイプの場合、車のドア同様のピッキング開錠になります。

ヤマハ・マジェスティ | カワサキ・ニンジャ250 | ヤマハ・マジェスティ | ホンダ・フュージョン | ヤマハ・BOX | ホンダ・ディオ110 | ホンダ・フュージョン | ホンダ・NC700S | ホンダ・フェイズ | ホンダ・リード | スズキ・レッツ2 | アディバ・ハイパー5 | ホンダ・フォーサイト | ヤマハ・ジョグ | ホンダ・フリーウェイ | ヤマハ・ジョグ | ホンダ・フリーウェイ







by  J隊員

2018.11.29(木)曇り
閉じ込みやすい季節

ヤマハ・マジェスティ、メットイン開錠の要請です。

現場でお話を伺うと、普段ならばメットイン内でも反応してくれるスマートキーが何故だか反応しなくて開錠救援の要請となったようです。
スマートキーマジェスティなので特殊な方法で開錠を済ませると、メットイン内に収納してあった上着のポケットからキーが出てきて無事に救援完了となりました。

時節がら最近増えているのがバイクのメットインロック、歩き回ったりする分には普段着で平気な気温でも、バイクに乗るとなると上着が必要となって来るので、バイクを降りた際にキーを上着のポケットに入れたままメットインへ収納…というのが毎年秋から冬の初めによくある閉じ込みパターンのようです。

もう少し経って冬本番となると、上着をバイクのところに置く事もなくなるのでこういったケースも少なくなるのですが、今年は例年よりも暖かいようなのでもうしばらく注意が必要ですね。

picture




by  K隊員

2018.11.20(火)晴れ
新型フォルツァ

ホンダ・フォルツァのメットインロック。

今年7月に発売された新型とのことで助人では初対応のモデル。
スマートキーを採用していて緊急時のシートオープンは新型PCXと同じ
マグネットキータイプという情報は得ていたが、
初対応なのでやってみなければ分からないということで出発。

キー部分はカウルの中に隠れているのでカバーを外さなきゃいけないが、
初対応の車種は結構大変。
変な方向に力を入れるとツメ部分が破損する可能性があるので注意が必要。
車もそうだが解錠作業よりカバー外しの方が時間がかかるケースもある。

なんとかカバーを外しシート解錠も無事終了してお客様も大喜び。
以前のモデルに採用されているイグニッションキーのシャッターを開閉する
マグネットキーとは形状が変わっているので対応できる業者は限られそうだ。

picture




by  J隊員

2018.11.8(木)曇り
シートの合わせ目が

スマートキー仕様フォルツァのインロック救援へ、

現場で確認するとスマートキーはメットイン内にあるが
非常用のメカキーはお客さんの手元にあった。
なんでも非常用のキーシリンダーがものすごく固くて
とても回らないんだそう。

力を入れたために少しねじれているキーから察するに
これはピッキングで回したところでとても回しきれないと推測、
一体どうしたものか?と考えているとシートの形状に違和感があるように見えた。

よくよく見てみると開閉するフロントシートに後端に
シートが開いた状態で取り外せるリヤシートが押さえる様に乗っかっていた。

お客さんに伺うとキーを閉じ込んだ当初、リヤシートを外せれば
キーを取り出せると考えて色々と試したがダメ、
あきらめて自宅にメカキーを取りに戻ってみたが
非常用シリンダーが固くて回せなくて救援要請となったようだ。

早速、リヤシートを元の状態に戻して非常用シリンダーを回すと
先程までが嘘の様にパカーンとメットインが開いた。
無理に外そうとした為かリヤシートはちょっと変形したものの、
現場復旧できてお客さんにはとても喜んでいただけた。

picture




by  A隊長

2018.11.2(金)晴れ
終わりなき旅

カワサキ・ニンジャ250のシート開錠です。
最近のスクーターと違って鍵穴はシート付近にあるんですが・・

ニンジャは下向きに付いていて「あちゃー」という感じですね。
カギの構造はシンプルなんですが、鍵穴の場所が問題な訳です。

なぜ問題なのかというと・・
鍵穴の中が見えなかったり、既存の工具が使えなかったりと
今まで当たり前だった普通の環境が失われてしまうからです。

今回初対応だったのでアレコレ試して何とかピッキング開錠しましたが、
次からは「もっとラクに攻略したい」と思いました。

おそらく、次に対応したときも・・
「さらにラクに、もっとラクに」と考えているんだろうと思います。
これが、もうずーと続いているような気がします。

終ることのない改善と新たな課題が重複しながら十数年やってますが、
よくもまあ飽きずに続いているなーと思います。

不思議なことに、ちっともラクになっていないんですが。

picture




by  B隊員

2018.10.21(日)晴れ
進化中?

中央区新川でジョルノのメットインロックで救助依頼です。
時間指定でご予約のお客様、待ち合わせの時間厳守で
拠点を出発です。

救助現場はお客様の普段バイクを停めている場所からは
かなり距離が離れているので、ご心配な様子です。
悪戯防止の為に鍵穴のシャッターもされてた方なので、
シャッター開錠、ハンドルロック解除、メットイン開錠の
フルコースです。久しぶりのフルコース、少しでも早くの
解決を目指し作業開始です。
作業開始してから間もなくシャッター開錠終了。
以前は結構苦手にしていたのでかなり順調です。
お客様も驚かれていらっしゃりましたが、最後まで気は抜けません。
ハンドルロック、メットイン開錠も油断なく完了。
バイクのメットイン開錠は入隊からしばらく苦手としていましたが、
大量の練習道具を用意してもらった身としては、
いずれは得意だと言えるようにならなければなりません。
ただ、現状としては先輩方との差が歴然です。
差を自覚して上達していかなければいけません。

メットイン開錠して周りを見渡すとお客様の姿が見当たらず、
少し探すと柱の陰にいらっしゃいました。
そういえば、最近はすっかり日がかげると寒くなってきました。
作業中は集中しているので寒さを忘れているものです。
メットイン内に鍵が見つかり、かなり喜んでいらっしゃいました。
鍵がメットイン内に本当にあるか半々だったようで、
紛失の場合のバイクのレッカーも心配されていたようで、
かなり一安心されていました。
お客様に喜んで頂けるとやはり励みになります。
もっと多くの方に喜んでもらえるように増々腕を磨きます。

picture




by  R隊員

2018.9.24(月)曇り
リベンジチャンス

平日の夜、草加市での開錠依頼。
車両はスクーター、N-MAXとの事。

比較的新型の車両になりますが、
対応するのは今回で2回目。

前回はヒーヒーでの開錠だった為、
久しぶりのリベンジチャンス。

とは言え外は豪雨の真っ最中で、
若干の不安は拭えませんが急いで現場に向かいます。

現場に到着後、雨の当たらない場所へ移動し
作業を開始します。

着こんだカッパと滴る雨に悩みながらも無事開錠。
速攻!とは行きませんでしたがスムーズに開錠出来ました。

前回に比べれば十分にリベンジ達成といえると思います。取り敢えず一安心。

比較的珍しい車種を半年で2回、
両方とも開錠依頼で担当できたのはラッキーでした。

まだまだ苦手な車種もありますので、
今後も積極的にリベンジして行きたいと思います。

バイクのピッキング開錠は常に「難しい」が付きまといますが、
開錠した時の達成感は格別です。
スクーターの開錠依頼、お待ちしております。

picture




by  A隊長

2018.9.7(金)晴れ
ピッキングにこだわる理由

ホンダ・フォルツァのインナーボックス内にインロックしたとの知らせ。
普通はメットインスペースだったりするんですが今回珍しいです。

でもインナーボックスもメットインもキーシリンダーで連動しているので
作業は一緒ですね。いつものピッキング開錠で無事解決しました。

こうしたスクーターのキー閉じ込みには、一般的にはキーを複製して
開錠するんですが助人ではほぼ全てピッキング対応しています。
主な理由は稼働車両がバイクだからです。
バイクに積載出来る工具には限りがあるために複製する工具類が
積めないという消去法的な理由があります。

都内におけるスピード現着を優先するあまり、作業の幅は狭いですが、
このスクーターの開錠だけは諦めたくない・・という思いが勝り
どこにも出来ないスクーター用ピッキング技術を編み出しました。
(全国でも助人サービスだけです。たぶん)

ピッキング開錠のメリットは工具が少なくて済むこと。
手のひらサイズの工具があれば全てのスクーターが開錠出来ます。
お客さんにとってはお金の持ち出しがないし(保険対象内サービス)、
お得意さんにとっても交渉の手間が省けるので良いことづくめですね。

バイクで稼働し続けるにはどうしたら・・と考えていたら
どんどん腕が上がっていったという話しです。

picture




by  B隊員

2018.8.12(日)晴れ
ニュー

文京区千石でマジェスティSのメットインロックで
開錠依頼です。台風が近づいてきていた昼間、
視界良好とはいえませんが、新調した合羽を着こみ、
現場へ向け出発です。

愛用していた合羽が遂にメンテナンスをしても、
かなり雨染みしてくるようになった為、泣く泣く新調。
長く使うとどうしても愛着が湧くもの。新調した合羽も
愛着が湧くまで使用に耐えてくれれば良いですが・・
今度のはフード付きにしたので雨天時の作業で効力があるか、
ちょっとだけ雨を心待ちにしていたところでの台風・・・
風が強いのでフードの威力を試せません(笑)
さらに現場に到着すると屋根の有る所に駐車されていました。
合羽自体脱いで作業開始です。
バイクは車より上から下へ覗き込んでピッキングをするので、
適した体勢が限られており、作業中は地味に筋力を求められます。
助人サービスに入隊当時よりは作業に使う筋力はアップしているので、
次の日に筋肉痛になる事は無くなってきました。
バイクのメットインロック開錠は車に比べ苦手意識を持ってきましたが、
今案件は5〜6分で開錠完了・・・・
少しづつの成長で最近はようやくバイクでも先輩隊員方のヘルプも
なくなってきており、時間を見つけての練習がちょっとカタチに
なって来ている様な実感が出来ます。

ただ、先輩隊員の方々は同じバイクならもっと速く開錠します。
少しでも追いつけるように、今回の作業からも反省点は生まれます。
次回以降はもっと速くなり、ニューB隊員として現場へ向かえるよう、、
日頃からの意識が重要な気がします。

picture




by  R隊員

2018.7.2(月)晴れ
そうでもない

深夜、柏市でのマジェスティの開錠依頼。
シートに鍵を閉じ込めてしまったとの事。

スクーターは数多く対応したつもりですが、
実は3年目にしてマジェの開錠は初対応。

場所もインター付近との事で、
あれこれ考える内にあっという間の現場到着。

かなりお若いお客さんでしたが、
バイクはとてもピカピカの車両。

中々のバイク愛を感じつつ作業に入ります。

色々不安を抱えての作業でしたが、
不安を他所にバッチリ開錠。

お客さんをお待たせせずに済みました。

何というか、考えと行動が一致したというか、
ギアがカチッとハマったような納得の開錠。

お客さんが先にお帰りになるとの事で、
挨拶をした瞬間に思いもよらぬ一言が。

「結構簡単に開くんですね」

「いやいやいやいや」
そう見えるのであれば「有難い」と思う反面、
心の中で「そうでもないのですが」と呟く自分。

先輩たちが行う「ニヤニヤしながらのピッキング開錠」に
到達するにははまだまだ先が長そうです。

picture




by  J隊員

2018.6.14(木)晴れ
初めて尽くし

多摩地区の大学キャンパスでマジェスティのメットイン開錠です。

広い敷地内にはいくつか駐輪場があるようで
正門前まで到着してお客さんに連絡したんですが
当のお客さんも何処の駐輪場なのか分からないのだそうな。

事情が良く分からないながらも
近くの建物の特徴などから探し出して何とか到着、
お話を伺ってようやく意味が分かりました。

お客さんのバイクは昨日納車されたばかり、
初めてのバイク通学で空いている駐輪場を探し回り
ようやく見つけたと思ったらインロックしていたんだそう。

色々と初めて尽くしだったお客さん
無事に開錠を果たすとようやくホッとしたみたいです。

picture




by  B隊員

2018.4.1(日)晴れ
来た!

東五反田でホンダのジョルノの開錠依頼です。
未だバイクと聞くと若干緊張のB隊員・・。苦手克服の為、
大量の練習シリンダーを用意してもらった身です。
これまでより素早くかつ確信をもって開錠目指します。

前日に受注した予約という事でホテル入口待ち合わせ。
5分ほど前から入口前で待機し無事合流。
携帯電話も閉じ込んでいらっしゃいましたが、
スムーズな合流で順調なスタートです。
さて、作業同意書に署名を頂いたので早速作業開始です。
メットインタイプのバイクはシート近くに鍵穴があるタイプと
メインキ−を回すタイプの物、昨今のスマートキーのように、
カバーに隠れた所に鍵穴があるタイプなどバイクによって様々な
ギミックがなされています。
今回は難しく苦手としていたメインキ−を回すタイプ。
練習の成果が試されましたが、今回は10分かからず開錠。
もっと突き詰めれればもう少し早く開錠が出来る手応えを
感じれた案件でした。

スポーツと同じで練習で、体にしみこみ意識しないでも、
技が出てくるトコロまで突き詰めるのが今後の練習の課題。
正確なタッチとコントロールが出来るよう練習あるのみです。
よりお客様の元では自信満々で伺えるようにならねば。

picture




by  J隊員

2018.3.11(日)晴れ
取得翌日

「こういうトラブルって良くあるんですか?」
マジェスティのメットイン開錠後にお客さんから質問です。

大抵の人は身近なところでのインロックというのは
なかなか馴染みが無い事だと思うので
いざ自分が経験するとそういった疑問が浮かぶのも当然の事、
なのでよく現場で頂く質問の一つですね。

ですが今回は少し事情が違っている様で、
それはお客さんが昨日免許を取ったばかりという事です。

初めてのロードサービスを頼んだら当たり前の様に手配してくれて
さらに当たり前の様に解決となったので
ひょっとしたらメットイン付きのバイクでは、キーとじ込みが
頻繁に発生するトラブルなのでは?と不安になったんだそうな。

そんな事は無いのですが、昨日免許を取ったばかりだと
何もかもが初めての経験ですから無理もありませんね。

そういえば自分も免許取りたての頃は何も分からなかったんだっけ、
ちょっと懐かしくなってしまいました。

picture




by  A隊長

2018.2.28(水)曇り
温まるコーヒー

深夜の千葉市でヤマハ・ジョグのメットイン開錠です。
まずはハンドルロックを外すピッキングからスタートです。

お客さんと談笑しながら作業しつつ無事ハンドルロック解除。
続いてメットインに入る頃にはお客さんは見当たりませんでした。

ずっと会話中だと思っていたので、しばらく独り言のような状態だったんですが、
気が付くとお客さんが戻ってこられて、また会話しながらの作業になりました。
「開錠作業は覚えるまでどれぐらいかかるんですか?」とか
「バイクで高速道路は寒くないですか?」とか
よくある会話をしながら無事メットイン開錠完了です。

するとお客さんからホットコーヒーを頂きました。
頂いたコーヒーは少し時間がたっていて熱々ではなかったんですが、
それが逆に温かく感じてとても嬉しい気持ちになりました。

おそらくハンドルロックを解除した頃に、慌てて購入されたんだろうと思います。
開錠する頃を見計らっていたやさしさ、ずっとコーヒーを持ったままというのを
悟られないようにするやさしさに触れました。

コーヒーはぬるくても・・
心がとても温かくなりました。

picture




by  A隊長

2018.1.11(木)晴れ
メットイン開錠は楽しい

船橋市でスズキ・バーグマンのメットインへのキー閉じ込みです。
いつものようにメインキーをピッキング開錠して終了です。

バイクのメットイン開錠は技術的要素が多分に入るところが
面白いんですが、これが新人組にはよく分からないようで・・

「すみません。少しハマりました」とか、
「バイク開錠が入ると未だに怖いです」とか、
「何度やっても不安が残ります」とか、
みんな戦々恐々としています。

個人的にはあんなに楽しい作業なのに不安に思ってるとか
何とモッタイナイことかと思う訳です。

そもそもバイクがピッキング出来ること自体あり得ないというか、
世界中で助人しかやってない特権も含めて楽しめるというか、
いつも初心に帰って「ありがたや」という気持ちで作業しています。

鍵穴の中で楽しまなければ一人前ではないですね。
ベテラン隊員は皆ニヤニヤしながらピッキングしています。

picture




by B隊員

2017.11.11(土)晴れ
再戦

豊島区のフィットネスクラブでPCXのメットイン開錠依頼です。
バイクのメットイン開錠の受注が入ると緊張しまくる新人B隊員・・

受注を聞き、バイクの車種、救助住所を聞いてふと頭をよぎる疑問。
あれ??ここって前にも同じ車種やった住所じゃなかったっけ???
受注を担当してた先輩隊員の方も気づき多分そうだと教えてくれました。
新人のB隊員が初めて自分で開錠出来たバイクのお客さんです。
その頃から経験も積ませてもらっている身。あの時より早く開錠!!
と、燃えます。いざ!!とばかり、現場へ向かいます。

お客さんと合流し、やっぱりそうだ!!と思いつつ、確認作業。
開錠作業を始めると、待ち合わせしてるから開けといてと、
お客さんはその場から離れていきました。
燃えながらも慎重に作業をすると3分かからずに開錠方向に回りました。
前回はその後のスイッチ操作の時にシートオープンではなく、
ガソリンの蓋を開けるボタン操作しちゃったんだよなぁ〜なんて思いつつ、
間違えずに操作し、シートオープン完了。お客さんにお声掛け。
想定よりだいぶ早かったようで、「もう終わったの??」
同じ車輛との再戦は、前回からの練習と経験が活きる結果になりました。

初の車輛でも少しでも早い解決出来るように、練習と現場での経験を糧に
現場へ向かう新人B隊員でした。

picture




by A隊長

2017.9.29(金)晴れ
ラーメン食べたい

深夜の路上でスカイウェイブ250のメットイン開錠です。
ご依頼は前日の夕方に入っていた予約案件です。

「AM2時待ち合わせ」という流れでお客さんはどんな仕事かな?と
思いをはせて現場で待ってました。

普通に考えて居酒屋・・
いやこの辺じゃラーメン屋さんも遅くまでやってるな・・
などと考えていたらお客さん登場です。
Tシャツには感謝とか絆とか書いてありハチマキ姿となると
これはもうラーメン屋さんだな、と勝手に解釈。

開錠後に色々話していたら居酒屋を経営されているとのことで、
今度ぜひ店に来てくださいと名刺を頂いてお別れしました。

もう何度もこういうシチュエーションを経験しているんですが、
実際にお店に行ったことはないというか、居酒屋となると
バイクで行けないので敷居が高く感じますね。

お客さんの服を見てラーメン屋さんを連想した奥底には
自分の願望が反映されていたのかもしれません。

picture




by Y隊員

2017.9.21(木)晴れ
未知のスカラベオ

夜の八王子市よりイタリアのバイクメーカー アプリリアのスクーター
スカラベオのシート開錠依頼です。

存在は知っていたのですが街中でもあまり見かけない希少なバイクです。
よって助人サービスでも開錠実績がありません。
ちょっとドキドキしつつも何とかなるだろうと出動です。

お客様と合流後、シートの開け閉めの方法をお伺いすると
なんとリモコンキーでシートのロックを解除しているとの事。
そしてそのリモコンキーを閉じ込んでしまったので
リモコン以外でシートを開ける方法はおぼろげにしか分からないそうです。

その少ない情報をもとに作業を進めるもどうやら違うよう・・
もう一度バイクをじっくり観察しシートの開け方を推測。
その推理のもと作業を進め、無事に解決です。
何とかなってホッとしました・・

今回は少々時間がかかってしまいましたが
そのおかげでしっかりデータが取れたので次はばっちり解決できそう。
けど希少車種なのであまり依頼がないでしょうね。
個人的には好きなバイクなんですが。

picture




by Y隊員

2017.9.9(土)晴れ
深夜の橋の上から

日付が変わってすぐ、調布市よりホンダPCXのシート開錠依頼です。
現場住所は不明瞭で目印は橋との事。

出発前にお客様へ連絡すると「橋の上にいます、お願いします・・」
と、ちょっと悲痛な感じでお急ぎのようです。

目指すべき橋は団地が建ち並ぶなかにあるのですが、
到着した橋の上は街灯もなく真っ暗。
そんな中、お客様はぽつんと待っていました。

合流後に経緯をお伺いすると
カギを閉じ込めた場所はここからかなり離れた場所。
何とか取り出せないかとバイクを揺すり始めると
防犯アラームが大音量で鳴り響き、
音の迷惑にならないここまで避難してきたそうです。

確かに初めて警報を聞くと焦ってしまい
どうしたらいいか分からなくってしまいますよね。
必死に橋の上まで避難したお客様のも気持ちは凄くわかります。
こんな時間ですしね。

しかし珍しい場所への出動でした。

picture




by A隊長

2017.6.1(木)晴れ
同意書のサイン

ホンダ・トゥデイのシャッターキー開錠です。
シャッタキーがイタズラされて回らなくなってるとのこと。

壊されているとなると状況は難しい訳です。
現場復旧出来るか分からない旨を了承してもらい出動。

現場に着くと見事に破壊された形跡がありました。
作業前に「作業が元でキーが使えなくなったとしても責任持てない」と
説明すると「大丈夫、大丈夫、すでに壊れているので」とお客さん。

作業事故に関する同意書にサインをもらおうとすると・・
「大丈夫ですから、すでに傷や歪みも入ってるし」とお客さん。
「すみません。同意書のサインがないと作業に入れません」と伝えると
「そうですか。すみませんでした」と快くサインを頂けました。

作業はシャッターの引っかかりポイントを外して復旧、
機能的には回復して完了しましたが・・

やはり同意書のサインがあるのとないでは大違いというか
この辺は現場の雰囲気に流されず緊張感持って行こうと思います。

picture




by Y隊員

2017.5.5(金)晴れ
休みの新宿通り

連休中の新宿三丁目より
ホンダ フォルツァのメットイン開錠依頼です。

現場周辺に近づいて忘れていたことを思い出しました。
休日の新宿通りは歩行者天国になっていることを。
出動以外ではこの辺りには来ないのですっかり忘れていました。

現場は丁度、歩行者天国の中。
バイクを押して向かわなきゃな・・と思いつつ連絡すると
なんとすぐ近くにお客様がいらっしゃってくれました。
気を使って移動して頂けたようです。

作業も人混みのないところへ更に移動して無事に完了です。
何とかせっかくの休みを犠牲にさせずに済んだようです。

間もなくゴールデンウィークも終わり。
貴重な休みを無駄にさせないような出動を心がけていきたいです。

picture




by A隊長

2017.4.7(金)晴れ
開錠あるある

靖国通り沿いでヤマハ・マジェスティ250のメットイン開錠です。
スマートキータイプなのでちょっと特殊というか・・

キーシリンダーが車体の下なので普通のカギ屋さんでは難しいというか、
助人サービスでも色々大変な作業になります。

現着して気になったのはバイクの止め方。
車道に対して垂直ぎみにはみ出すように止まっているので
ヘタすると車にひかれそうな気がします。

最初はお尻だけズラそうと試みたんですが重くて断念しました。
しかたくそのままの位置で作業開始。
行き交う車のヘッドライトが眩しくて色々大変な作業が
さらに大変な感じになるものの無事開錠しました。

メットイン内を捜索すると「あれー?キーが無いなー」とお客さん。
アレコレ悩んでいると飲食店の店員さんがやってきて
「このキーお客さんのじゃないですか?」とのこと。

色々大変な作業でしたが、こうした流れで解決するのも少なくないです。
開錠あるあるのひとつですね。

picture




by A隊長

2017.3.23(木)晴れ
110も心配ご無用

スズキ・アドレス110のメットイン開錠です。
アドレスと言えばV125なので110??と思いながら現着。

このスクーターはアドレスという名はあるものの別物ですね。
おまけにカギの形状も全くの別物でした。

お客さんはずっとアドレスを乗り継いできたそうなんですが、
さすがに今回はV125と迷ったそうです。
最終的には価格差で4万円安い110に決めたそうです。
結果「110選んで良かった」とのこと。

V125より燃費良いし安定感あるし、とベタ褒めでした。
タイヤが10→14インチとかなり大きくなって安定感UPとともに、
見た目もまさにグローバルモデルという感じですね。

メットインはいつものようにメインキーをピッキングして開錠しました。
お客さんは心配そうに「追加費用かかりますか?」と質問されたので、
「全て保険対象なので無料ですよ」と答えるとホッとされてました。

事前にカギを複製した場合は追加費用がかかると言われてたそうですが、
助人サービスは全てピッキング開錠なので心配ご無用です。

picture




by K隊員

2017.3.20(月)晴れ
外すときは要注意

午前0時半の予約でスズキ・スカイウェイブのメットインロック。

スカイウェイブはイグニッションキーを回してシートを開けるモデルもあるが、
今回はキーレスモデルだったのでエマージェンシーキーで開けるタイプ。

エマージェンシーキーをピッキングするのにメーター下のパネルを
外そうと思ったらパネルがぐらついている。慎重にパネルを
外してみると4箇所あるツメのひとつが根元から折れていた。

半年程前にも閉じ込んでその時来た鍵屋さんがバキっとやってしまったようだ。
車用の内張はがしを使って慎重に外しても、経年劣化でツメ部分にはめる
樹脂パーツが破損することがあるのでスペアの樹脂パーツを持っているが、
今回のようにツメ本体が折れるとパネルごと交換になってしまう。

エマージェンシーキーをピッキングするのはサクッといくが、
パネルを外す方が時間がかかるということが結構ある。

picture




by K隊員

2017.3.10(金)晴れ
半分解決

午前0時前にスズキ・スカイウェイブの解錠依頼。

バイクで帰宅しシート下のトランクスペースからバッグを出そうと
イグニッションキーをオープン位置に回したがシートは開かず。
ガチャガチャやっていたら今度はハンドルロックが
かかったままになってしまったとのこと。

ピッキングもしてみたが、一応OFFやONの位置に回るが
ハンドルロックはかかったままでシートも開かず。

とりあえず財布などが入っているバッグを取り出したいとのことで、
違う方法でシートを開けることに。

キー以外でもシートを開ける原理は同じだが、年式によってアクセスの
仕方が違うので何箇所か確認して無事シートを開けることに成功。

ハンドルロックの方はカウルを外したりして大掛かりな作業になるので、
後日バイク屋に持って行くということになったが、
完全解決とはいかずスッキリしない案件だった。

picture




by A隊員

2017.2.14(火)晴れ
無敵なお客さん

築地でベスパGTV250ieのメットイン開錠です。
いつもの国産スクーターとは全く違うロック機構でしたが・・

鍵穴をのぞいて「なるほど。ふむふむ」とやってる内に開錠。
色んな不安はそのまま大きな学びとなって無事解決しました。

お客さんはかなり高齢な方なんですが・・
なんと関西から築地まで、ほとんど一般道で走ってきたとのこと。
しかも年に4〜5回ほど定期的に通っているとのこと。
しかもしかも、バイクの免許も3年前に取得したとのこと。
毎日筋トレしてバイクに乗り続けられるよう鍛えているとのこと。
話せば話すほど驚きの連続でした。

一番「えーー!」と思ったのはグリップヒーターが無いところ。
スクーターだから足は防御出来るとして、手は対策しないと駄目ですね。
A隊員のバイクのグリップヒーターに触れてもらうと
「うおーこれがあれば無敵だね」とお客さん。

「無敵までは行かないんだけど」と個人的に思いつつ・・
お客さんならかなりパワーアップ出来ることは間違いないです。

picture




by Y隊員

2017.1.30(月)晴れ
こんな日もあるけれど

休日の夕方、表参道ヒルズの駐輪場よりマジェスティーの開錠依頼です。

待っていたお客様はカップル。
けど到着してすぐの自分でも分かるほど彼女さんの機嫌が悪いです・・

事情も分からないので気の利いたことも言えないし
「何かあったんですか?」と聞けるわけないし・・
最速での解決を試みるのみです。

しかしキーシャッターも締まっているし
ハンドルロックもかかっているので最低でも20分はかかります・・
けどテキパキと作業を進めながらお話を聞いていると
機嫌が悪い理由が分かりました。

閉じ込めたのはお昼前。
どうしようとまず鍵屋さんに問い合わせるとみんな予算以上の金額。
なので諦めて一時間以上かかる自宅までカギを取りに戻るも見当たらず・・
その際に見た保険証券により今回のご依頼になったようです。
食べたかったランチもお預けになりこの時間、そりゃ機嫌も悪くなりますな。

そんな話をお伺いしつつ無事開錠。彼女さんにも笑顔が戻ってくれました。
なんとか仲直りの役も果たせたようです♪

picture




by A隊員

2016.11.21(月)曇りのち雨
完璧なアドバイス?

ヤマハ・ジョグのキー閉じ込みです。
メインシリンダーをピッキングにて開錠しました。

今日はツイていないと落ち込むお客さん。
取り締まりが続いたあげくキー閉じ込みしたとのこと。

「テールランプって確認しないよね普通」と怒り心頭なんですが、
残念ながらバルブ切れは整備不良ですね。
我々もバイク乗りなので身に染みてやってるというか、
運行前点検は義務でもあります。

お客さんはスピード違反でも取り締まりを受けたそうで、
「30キロで走ったら逆に危険だよね!?」と怒り心頭です。

この2つを一気に改善させる方法として
テールランプがLEDで排気量90cc以上のスクーターにする
ということをアドバイスしました。

完璧なアドバイスだ!俺すごい・・と心の中で酔っていたんですが
お客さんはポカーンと口を開けたままでした。

picture




by K隊員

2016.11.17(木)曇り
早くもこの時期

川崎市高津区でヤマハ・マグザムのインロック。

マグザムはシート下のメットインスペースとは別にリアトランクがある。
リアトランクはシート付近に鍵穴があるが、
今回はメットインの方なのでイグニッションキーのピッキングが必要で少し面倒。

問題なく作業を終え帰りに溝の口駅前を通るとイルミネーションをやっていた。
今週は六本木ヒルズけやき坂や羽田空港などでも点灯式が行われた。
続々とイルミネーションが始まり年末が近いことを実感するが、
毎年のことながら1年が早すぎる。

picture




by Y隊員

2016.10.19(水)晴れ
独特の達成感

ホンダPCXの開錠依頼です。

お客様と合流すると鍵を閉じ込めた場所は
シート下のメットインスペースではなく
お客様自身が搭載したキャリアボックスの中にあるそう。
見るとイタリアの高級トップケースメーカーGIVIが付いています。

心配そうに「開きますか?」とお客様。
過去に開けたことがあるので大丈夫ですよ〜と作業開始。
が、以前のようにサクッと開錠できません・・

PCXの年式からすると最新のGIVI。
キーシリンダーも新しくなっているようですね・・

色々な方法を試し、とあることにやっと気付き激闘の末に無事開錠です。
大見え切った手前、無事に解決出来て本当に良かったです・・

しかし現場で初見のカギに当たると色々な消耗が激しいです。
けど解決できた時は、もの凄い達成感があるのでたまらなかったりします♪

picture




by R隊員

2016.9.17(土)晴れ
先輩方の歴史

PCXメットイン開錠依頼です。

拠点より程近い場所でのご依頼。
久しぶりのスクーター開錠で、不安と気合が漲ります。

バイクの開錠は、「目視出来ない」「ピッキングが厳しい」など不確定要素が多く、
手応えを中心に作業を進めることが多くなってしまいます。

もっとも、先輩方は「見えない何か」を感じている為、脅威の開錠率を維持してるわけですが、、、

不安を感じつつ、10分程で開錠終了。
お客さんにも大変喜んで頂けました。

が、開錠できたのは「技術」では無く、
 「たまたま」だったのではと、いつも疑問が残ります。

先輩のj隊員はシャッターキーからのフルコース開錠で15分以内です。
恐らく自分だったら30分は掛かるかと思います。

今のレベルでは倍近く短縮しなければなりません。

先輩達が培った10年の技術と歴史は、「いかに短時間で解決するか」
に、尽きると思います。

未だに攻略出来てない鍵も含め、
「見えない何か」を理解出来るよう、頑張って行きたいと思います。

ヒーヒーながら、バイクの作業後は、いつも同じ事を考えてしまいます。

本トに大丈夫か?
頑張れ、俺W

picture




by J隊員

2016.9.8(木)晴れ
心配な光景

ホンダ・トゥデイのメットインロック救援です。
現着するとシートに座ったお客さん、
ハンドルに覆いかぶさるようにしていて動きません。

隣にJ隊員のバイクを止めてもピクリともしないので
具合でも悪いのだろうか?と心配に、恐る恐る声をかけると
「…あぁすいません、寝ちゃってました」との事で一安心です。

事の起こりは数キロ離れたガソリンスタンドでインロック、
どうしようかと悩んでいると、店員の人が何とかなるのでは?と
知っているバイク屋の場所を教えてくれたそうな。

お客さんは1時間ほどバイクを押して辿り着いたそうなんですが
なんとバイク屋は定休日、疲れと絶望で先ほどの様に突っ伏していたら
近くを通った宅配配送員の人が「大丈夫?」と声をかけてくれたそう。

訳を話したら「ああ、一緒の保険会社だ」となって
そこからはトントン拍子に開錠まで済んで無事解決となったみたいです。

お客さんは「あの配送員の人、なんで困ってるって分かったんだろう?」
と、不思議そうだったので「あれは結構、心配になる構図でしたよ」
と到着時の心象を話したら、ちょっと考えた後に吹き出してました。

picture




by J隊員

2016.8.9(火)晴れ
それぞれの普通

スズキ・スカイウェイブのメットイン開錠です。

イグニッションシリンダーの操作で開錠できるタイプなのですが
開錠操作の「押しながら右回し」だけが一向に回る気配がありません。

メインスイッチやハンドルロックはクルクル回り
鍵山の読み違いなどは無いハズなんですが…

おかしいな?と思いお客さんにシート開錠操作のコツを訪ねたんですが
「普通に回すだけとしか…」と、特に思い当たることも無いそう、
やはり読み違いか?と作業を続けてドツボに嵌りました。

結果的にものすごく回転が重いのが原因だったんですが
「普通に」が頭に残ってしまったせいで大汗を掻く羽目となりました。

お客さんにとっては乗り始めた時から回りが重かったので
「こういうものなんだ」と感じてもおかしくはないハズです。

「普通」というのはとても曖昧な表現なんですが
ついつい普通に使いがち、気を付けなければなりませんね。

picture




by K隊員

2016.8.1(月)曇り一時雨
取り付け場所が

ヤマハ・TMAX530のメットインロック。

以前対応したときはイグニッションシリンダーをピッキングし
シートを解錠したが、今回はスマートキーになっていた。

マイナーチェンジした2015年モデルからLEDヘッドライト、
新形状フロントカウル、倒立式フロントフォーク、スマートキーシステム
などが新たに採用されて走行性能や使い勝手が向上しているようだ。

スマートキーモデルはシートロック解除用の鍵穴がどこかに付いているが、
TMAX530は右ハンドル下にある小物入れの底で、
ピッキングするには非常に厳しい場所となっていた。

初対応だったのでサクッと解錠とはいかなかったが、
あれこれやって無事シートを開けることができお客様も大喜び。

鍵自体の難しさはそれほど変わらないが、
取り付け場所によって難易度が大幅に変わってくる。

picture




by K隊員

2016.7.14(木)晴れのち曇り
ご当地プレート

スズキ・アドレス125のメットインロック。

受注時に聞いたナンバーは船橋市N○○○○。
ミニバイクもアルファベットが入るようになったのかと思いながら到着すると、
観光振興や名物の知名度向上を目指して市区町村が交付するようになった、
デザインナンバープレートだった。

現在は400以上の市区町村がいろいろなデザインのナンバーを交付
しているようだが、船橋市は「船」と「橋」のイラストで分かりやすい。

ナンバーといえば車の「希望ナンバー制」で人気の数字が枯渇寸前で、
地名の横にある3桁の分類番号の下2桁がアルファベットになるとのこと。

さらには車のデザインナンバープレートも解禁されるようなので、
今後はいろいろなナンバーが見られそうだ。

picture




by K隊員

2016.6.8(水)曇りのち晴れ
AT100?

ヤマハ・AT100のメットインロック。

聞いたことのないバイクだなと思いながら到着すると小型のスクーター。
シート横に鍵穴はないのでイグニッションキーのピッキングとなるが、
LOCK、OFF、ONなどの位置が書いてある文字盤が取れて付いていない。

シートオープンの位置はバイクによって違いLOCKとOFFの間だったり、
OFFとONの間だったりONの右側だったりなどといろいろあり、
しかも押しながらとか押さずにとかがあってけっこう大変。

お客様に聞いてみたが普段は意識せず使っていてオープンの位置があいまいな状態。
以前対応したことがある車種ならば助人のデータベースに情報が載っているが、
初対応でしかも文字盤なしなので手間がかかったが一つずつ試して無事解錠。

10年ぐらい前に中古で買ったそうでバイク名はAT100で間違いない
と言っていたが、帰って調べてみるとどうも違うバイク名のよう。
どこからAT100という名前が出てきたんだろうか?

picture




by J隊員

2016.5.29(日)晴れ
メカキーが無い

ホンダ・フォルツァのメットイン開錠&ジャンピングです。

近ごろスマートキー初期のタイプのフォルツァの開錠要請が続きます
そのうち何件かはバッテリー上がりによるものでした。

いずれも中古購入の車両にメカキーが付属していなかったそうで、
そうなると放電状況によってはシート下のバッテリーへと
アクセス出来なくなってしまうんです。

スマートキー仕様のフォルツァも販売開始から10年以上経っており
だいぶ値ごなれも進んで購入し易くなってますが
買う際は付属キーのほうもしっかりと確認していたほうが良さそうです。

ちなみにあるお客さんはバイク屋さんに相談したところ、
最低でも店までのレッカーが必要との事で
3万円以上の出費は覚悟して欲しいといわれたそうな、

スマートキーフォルツァのこんな案件でお困りの際はぜひ助人へ、
シート開錠からジャンピングまで必要だとしても
バッテリーがダメになってなければ3分の1程度の出費で現場復旧できます。

picture




by J隊員

2016.5.5(祝木)晴れ
最強のギャップ

ホンダ・ジョルノのメットイン開錠へ、
「原付だからすぐに開きますよね?」
到着して早々のお客さんの期待に重圧ヒシヒシです。

夕方だったので仕事終わりと思われるお客さん、
きっとこの後に用事でもあるのでしょう。

ジョルノのシートオープンはメインキー操作によるもので
開錠に至るにはマグネット仕掛けのキーシャッターを開錠後、
ピッキングでハンドルロック解除→さらにピッキングでシート開錠となるので
ざっと3工程必要となるんですよね。

しかしながらこの可愛らしい外観のスクーターを前に
そんな説明をしたところでどれ程の効果があるかというと…

ゼェゼェ言いながら15分位で開けきったんですが
たぶんお客さんの言う「すぐ」は超えてしまったかもしれません。

見た目と手間のギャップというのはかなりの強敵だったりします。

picture




by K隊員

2016.4.21(木)曇りのち雨
リーニング・マルチ・ホイール

ヤマハ・トリシティ125のメットインロック。

フロント2輪リア1輪という斬新なスタイルで2014年9月に発売され、
大きな話題になった3輪スクーターのトリシティ125。

フロント2輪をリーンさせる機能に加え左右のサスペンション機能を
独立させて、安定感を保ちつつ軽快なハンドリングを実現。

乗った感じは普通のスクーターとあまり変わらないようだが、雨や風や
荒れた路面でも安定性があり安心感があるそうでかなりお気に入りとのこと。

高速道路も走れるトリシティ155が今年の東京モーターサイクルショー
に市販予定車として展示され夏頃に発売かと言われているが、
昨年の東京モーターショーでコンセプトバイクとして展示されていた、
大型モデルのMWT−9は市販化となるだろうか。

picture




by A隊員

2016.4.7(木)晴れ
大変でもピッキング

ドシャ降りの中リード50のメットイン開錠です。
雨天のバイクピッキングは地獄ですね。

肝心のスコープがずぶ濡れで鍵穴の中がよく見えないし、
手先が冷たくて感覚が鈍くなってしまいます。

ハマリにハマって思いついたのが車両移動。
ハンドルロックのかかったリードを持ち上げながら移動して
何とか建物の軒下まで避難しました。
雨が直接かからなければ楽勝ですね。
ハマっていたのがウソのように数分で開錠しました。

バイクのメットインはいつでも発展途上というか、
少しでも環境が悪くなると開錠が困難になります。

雨降れば複製するほうが簡単に解決できると思いますが・・
助人はこれからもピッキング開錠を極めていきたいと思います。

picture




by Y隊員

2016.2.28(日)晴れ
イグニションピッキングのキモ

ヤマハ マジェスティーのメットイン開錠依頼です。

個人的に数か月ぶりの対応なのでちょっと不安です。
同じスクーターでもスカイウェイブは月に一回ぐらい対応していて、
体が作業を覚えているのでサクッと開錠できるんですが。

ピッキング開錠で体が作業を覚えている?
バイク開錠は指先の技術ももちろん重要なのですが
それ以上に作業する体勢がキモなんです。
車種によって作業体勢が違ってきますし
体勢が安定しないと指先も安定しませんからね。

なのでコンスタントにする作業ですと体が覚えているんです。
でも現行のマジェスティーはイグニッションにカギ穴が無いので
ピッキングするとなると古いモデルになるので
対応が少なくなってしまうのは仕方がないんですよね。

そして今回の対応も数分程、ああでもない、こうでもない、
と体勢を変えながらやっと開錠です。

連続で作業すればこの無駄な数分が無くなるんですが・・
ご依頼をお待ちしております。

picture




by A隊員

2016.2.16(火)晴れ
無いと甚大な被害

スズキ・スカイウェイブのメットイン開錠です。
昨年の苦い思い出がよみがえります。

個人的なミスで特殊工具を拠点に置いてきてしまったんですが、
汎用工具で何とかなるだろうと思ったのが運の尽きでした。

シリンダーが想定外に深すぎて・・
汎用工具を変形させたりしながらピッキングするものの
ほとんど討死させて結局違う方法で解決しました。
1本の工具を置き忘れただけで無駄な時間も浪費してしまいました。

今回は数分で開錠したんですが・・
スカイウェイブに適した1本の工具があれば余裕ですね。

あると余裕だけど無いと甚大な被害が出るという・・
開錠工具の大切さを痛感している思い出のバイクです。

picture




by J隊員

2016.1.30(土)雨のち曇り
スズキ・バーグマン

スズキ・バーグマンのメットイン開錠です。

バーグマンは200ccというちょっと特殊な排気量、
取り回しの良いコンパクトな車体ながら
高速道路も利用できるイイとこ取りの排気量だったりします。

他のメーカーでもそういった要望に応えるために
150ccのラインナップがあるんですが、
多くは125cc車両がベースになってるんで
長距離の高速移動となるとエンジンが辛そうだったり
ライダーの疲労が大きかったりします。

その点バーグマンの専用設計ならではの大きな風防は
かなり快適に高速走行をこなせそうですね。

こういった少し変わったバイクを出すあたりは
スズキならでは、という気がします。

picture




by A隊員

2016.1.22(金)晴れ
警備員さんの仕事

スズキ・ジェンマのメットイン開錠です。
いつものようにメインシリンダーをピッキングスタートです。

すると「タバコ買ってきて良いですか?」とお客さん。
一瞬迷いましたが「すぐ戻ってきて下さい」と伝えて見送りました。

順当にピッキングしていると警備員さんに声をかけられました。
「あの〜こちらに用のある方ですか?」
バイクのメインキーに張り付いてピッキングしているA隊員は
警備員さんから見ればかなり怪しい格好に映るわけです。
「カギの閉じ込みで・・今お客さん戻ってきますから」と答えるものの
警備員さんはA隊員の元から離れませんでした。

数分後開錠し工具類を片づけていると、警備員さんが話しかけてきて
しばらく気温のこととか健康のことなど談笑しました。

そのうちお客さんが戻ってきて動作確認や書類作成していると
いつの間にか警備員さんの姿が見当たりません。

自然な雰囲気を装いつつ務めを全うしてるんだなーと感心して
現場を後にしました。

picture




by H隊員

2015.12.10(木)晴れ
急いでいる時ほど慎重に

 スカイウェイブ250のメットインロック。

 「メットインに鍵を入れて閉めたら取り出せなくなるなんてバイク屋から説明受けてないよ!」と憤慨するお客さんは、数日前に新車で納車されたばかりとの事。
 「こんな閉じ込み方するのって欠陥品だよね!」と語気が荒くなるのは理由があって、これから栃木まで急いで帰らなくてはならないからです。おまけに、買って帰らなくてはいけないモノがあるらしく、何しろ急いでいて凄くピリピリした雰囲気です。

 スカイウェイブ250のスマートキータイプは、緊急用シリンダーがメーター下の化粧パネルに隠されています。解錠するにはそのパネルを外すのですが、これが中々外れない事が多い。パネルを外そうとして、自分の爪の方が剥がれるんじゃないかというくらい、ガッツリはまり込んでる事もしばしば。で、苦労して外したと思ったら、パネルの突起に付いているクリップが割れてしまったり。
 このクリップ、振動でパネルからビビリ音が出ないようにする為と、付け外しをしやすいようにとの意味合いがあると思われます。ただ経年劣化するととても脆くなり、慎重に扱ったとしても割れる事が少なくない、ある意味消耗品のような部品。なのでお客さんの承諾がない限りは、パネルを外す事が出来ません。

 という事で、これこれこういう部品が割れるかもしれませんとご説明。すると「そんな部品どうでもいいから、パネル毎割ってでも早く開けてよ!!」とお客さん。時間が無さ過ぎて少し自棄気味になっているのかもしれません。

 幸いにも車輌が新しいからクリップが折れる事もなくパネルが外れ、その後の解錠も超早で完了します。そしてメットインからキーを取り出したお客さんは、慌ただしく買い物に向かったのでした。

 とにかく急いでいて、こちらの言葉も耳に入らないような感じだったので、あのあと事故ったりしてないか少し心配です。

picture




by K隊員

2015.11.22(日)曇り
「反対側」の一言が

ヤマハ・マジェスティのメットインロック。

場所は江東区辰巳3丁目にあるコンビニの前のT字路の所とのこと。
携帯電話も閉じ込んでいるので場所の確認ができないままとりあえず出発。

しばらくすると詳しい住所が分かったと連絡があり無事到着。
ところが住所の建物内の事務所の人に聞いてみたが話は聞いていないとのこと。

一つしかない建物の周りにスクーターが数台止まっていたが該当車両はなし。
東京港に面した敷地内は奥まで300メートル程とかなり広かったので、
コンテナや機械が置いてある敷地をぐるっと回ってみたが見つからず。

アシスタントさんに連絡してもお客様とは連絡が取れないとのこと。
もしかしてと思って住所の反対側にあるさらに広い敷地内の方を捜すと
ようやく発見、現場に到着してからだいぶ時間がかかってしまった。

お客様は伝えた住所の「反対側」と言ったとのことだったが、
とくに怒ってはいなかったので助かった。
「反対側」の一言が伝わっていれば到着予定時間内には合流できた案件だった。

picture




by Y隊員

2015.10.14(水)晴れ
偶発的な余裕

雨降りの夜、神宮外苑にあるバッティングセンターより
スズキ スカイウェイブのメットイン開錠に行ってきました。

自分がスカイウェイブの開錠を担当する時は
半分ぐらい雨だったりします。なので大変な思いをすることが多いです。
雨が降るとヘルメットをかぶったりの身支度を急いでするので
うっかり閉じ込めてしまう、っていうのがあるので仕方ない部分ですね。

駐輪場に到着するとスカイウェイブが見当たりません。
お客様へ連絡するとバイクは雨がしのげる軒下へ移動されていました。

これは凄くありがたいです。
そしていつもより幾分早く開錠完了です。

つらい環境での開錠作業を想定して出動し
実際に到着した現場は予想より楽だったりすると
妙に作業が捗るんですよね。
きっと気持ちに落差から生まれる余裕ができるからなのでしょうけど。

本来はすべての作業にてその余裕が欲しいところなのですが・・
まだまだ修行が続きそうです。

picture




by A隊員

2015.8.3(水)晴れ
強運なお客さん

銀座の数寄屋橋交差点でグランドマジェスティの開錠です。
当然ですが人がめちゃくちゃたくさんいます。

しかもバイク開錠はスマートに行かないというか・・
周りから「あの人何やってんの?」という目で見られること必死ですw

それでも勇気を振り絞って作業開始です。
幸いハンドルロックもマグネットシャッターも開いていたので
5分ほどピッキングして開錠出来ました。
それにしてもなぜ数寄屋橋なんだろうと思って質問すると
「友だちと食事してました」とお客さん。

数寄屋橋に止めてご飯食べてしばらく銀ブラして戻ってきたら
カギがない!そうだシート下だ!という流れなんですが・・
どうにも腑に落ちないわけです。

駐禁切られてないし、ハンドルロックもしないまま数時間無事とか
疑問だらけなんですが「どこへ行くにもこうしてます」とお客さん。

もの凄く強運なんですね・・としか言えませんでした。

picture




by J隊員

2015.7.22(水)晴れ
「もしかして?」の場合

ヤマハ・マグザムのシート開錠です。
「もしかしてキーを閉じ込んだかも?」という事で
収納スペースを確認したいとの事でした。

キー閉じ込みのトラブルの場合、
「もしかして?」というのはとても少ないので
こういった開錠のご依頼の場合は
キー紛失が確定する前の最後の可能性だったりするんですよね。

半ば諦めながら開錠後にキーを探すお客さんですが
やはり収納の中にキーの姿は確認できませんでした。

やっぱりというか、凄く残念な気持ちになりますね。
自動車保険のロードサービスなんでピッキング開錠までは無料なんですが
根本解決には至っていないというか…

逆に、ごく稀にキーが見つかった場合なんかは
自分の事の様に嬉しかったりします。

picture




by K隊員

2015.7.20(月)晴れ
無料サービス内で

ホンダ・リードのメットインロック。
到着するとお客様はお疲れの様子。

以前も閉じ込んだことがあるそうで、
前回は、シート横下に鍵穴がないモデルなので有料で鍵を作成して開けたとのこと。

また有料になると思い遠くの自宅までスペアキーを取りに戻ったが、
見つからなかったので現場まで戻りロードサービスを依頼。

イグニッションをピッキングして開けると伝えると、
「開きますか?」と心配そうだったが問題なく無事解錠。

有料にならずに済み疲れもだいぶ吹き飛んだようだ。

picture




by H隊員

2015.7.13(月)晴れ
案外知らない

 「スズキ・スカイウェイブ250のメットイン解錠、場所は首都高5号線志村PA」

 5号線の下り線は使う頻度が高いのでPAが無いのは知ってる。なので恐らく上りだろうと考えたがPAの記憶が全くありません。

 WEBの地図で確認すると場所的には下りにあるような感じ。でも下りに無い事は確固たる自信がある。とは言うモノの、地図で見るとどうしても下りあるようにしか見えない。うーん… と暫く考え込んでしまった。

 有料道路のPA&SAは間違うと時間的損失が膨大です。なので確認の為お客さんに電話してみましたが、コール5回目くらいで「この電話はお取次ぎ出来ません」と切れてしまう、これは困った。
 もう繋がらないのは仕方がないので電話確認は一旦置いといて、取りあえず志村付近まで向かう事に。そこで今一度電話をかけてみようと現場へ向かった。

 紆余曲折を経て何とか現場まで到着。結局のところ上り線の志村料金所手前右側からぐるっと下り線を潜り、その外側まで抜けた所に志村PAは存在していました。
 上りのこの付近を通る時は料金所をパスする事に集中しているので今の今まで全く気付きませんでした。

 調べてみると首都高には20箇所PAが存在しています。なんやかんやで全部知った気になってましたがまだまだ知らない事はあるもんですね。
 と言うかそもそも首都高のPAは生理現象などでのっぴきならない限り寄る機会がありません。なので知らないのも当然と言えば当然かもしれません。

 これからお盆シーズンを控え、今一度首都高PAの再確認。アクセスのシミュレーションをしたので、もうどこのPAから依頼が来ても悩みません!

 【首都高パーキングエリア一覧】

picture




by K隊員

2015.6.30(火)曇り
手強いカバー

スズキ・スカイウェイブのメットインロック。

キーレスモデルだったのでまずはメーターパネルのところにある
エマージェンシーキーにアクセスするためカバーを外す。

ところがかなり固く内張りはがしを使って徐々に力を加えるもなかなか外れない。
これ以上力を入れると破損する可能性があることをお客様に伝えると、
自分でやってみたいとのことで交代する。

しばらくするとバキッという音とともに外れたが差し込み部分が破損していた。
お客様は閉じ込んだときにバイク屋さんに電話していて、
破損するかもと聞いていたようでしょうがないかという感じ。

すんなり外れることもあるが解錠時間よりカバーを
外す時間の方が長いケースもたまにある。

picture




by H隊員

2015.6.18(木)曇り時々雨
絶望の淵の向こう

 夜半、ホンダ・フォルツァの解錠依頼。番地までの現場住所を地図で確認すると、そこは広大な公園で、隣接するのは巨大なマンションと専門学校と隅田川。目印は専門学校向かいの隅田川沿いらしいのでそこへ向かいます。

 「こんな夜にスミマセン…」と恐縮するお客さん。いえいえ24時間やってますので大丈夫ですよーと安心して頂く。
 「帰ろうと思ったところで突風が吹いてシートが閉まって…」と疲れ切った表情。きっとロードサービスに連絡するまで随分と苦労した事と思われます。
 「最初どうしたら良いか分からなかったので川沿いを歩いて自宅まで予備キーを取りに行こうかと思ったんですよ。あ、自宅は隅田川沿いなんですね。で、歩き始めて直ぐに家の鍵までメットインに入ってる事に気付いて絶望の淵に追いやられました」そう言って笑ってくれたので、少し落ち着いて頂けたようです。

 隠しエマージェンシーシリンダーを顕にしていつも通りに解錠。ガッコンとグローブボックスが開くとメットインも開いた証拠。それを見てホっとため息をつくお客さんでした。

 さて、なぜ夜には寂しくなってしまう川沿いにバイクを停めていたのか。その答えはスカイツリーの撮影ポイントだからのようです。
 あとで堤防まで登ってみると確かにスカイツリーが良く見えます。対岸のC2の灯りはそれほど邪魔にならず、何より辺りが暗いので川面に反射する光がとてもキレイ。言われる通り撮影にはもってこいかもしれません。

 暫し遠くの夜景を眺めながら、そのうちスカイツリーを見ながら隅田川沿いを散歩してみたいな、と思ったりしたのでした。

picture




by A隊員

2015.6.14(日)晴れ
バイクこそピッキング開錠で

千葉県のゴルフ練習場でホンダ・リードのメットイン開錠です。
都内から急行して何とか1時間で到着したんですが・・

「もう少しで打ち終わるので待っててもらいますか?」とお客さん。
ちょっと肩すかしの現着となりました。

開錠後に「バイクって面倒なんですか?」とお客さん。
最初に連絡してから業者が決まるまですごく待たされたようです。
とりあえずたまたま近隣の業者が出ていたかも、ということと
メットインを開錠している業者が少ないことで納得してもらいました。

正確に言うと車のように開錠している業者はいないですね。
普通はカギの複製になるので純粋な開錠作業とは言えないというか、
たぶんピッキング開錠しているのは助人だけです。

この技術は助人から生まれたので他業者さんは知らないし・・
カギ作製より面倒になるので絶対広まらない自信がありますw

picture




by J隊員

2015.5.23(土)晴れ
倒れるシート

ホンダ・PCXのメットイン開錠です。
イグニッションのシリンダーをピッキング、程なくして鍵穴が回ります。

シートを持ち上げて開いている事を確認し、
近くでお待ちのお客さんに声を掛けようと振り向いたところで
視界の隅に倒れ始めるシートが、、

咄嗟に伸ばした手が空振った上、閉じたシートを押してしまい
せっかく開けたばかりで再びロックしてしまいました…
開いているシートが勝手に倒れるなんて事は
風や傾斜等の外部要因が無ければ起こらない筈なのに?

再度開錠してみて分かったんですが
ハンドルの中央に取り付けられたドリンクホルダー、
これが全開時のシートに干渉するようです。
そのせいで開いたシートがほぼ90°に近い状態で立ってしまうので
倒れやすくなっていたみたいですね…

思えばたまにやってしまうのがこのバイクシートの再ロック、
要因は様々なものの、これがメットイン開錠の難しさなのかもしれません。

picture




by J隊員

2015.5.18(月)晴れ
シンプル・フォルツァ

ホンダ・フォルツァのメットイン開錠へ

現場に着いてみると去年発売されたフォルツァSiでした。
ビッグスクーターの定番となったフォルツァもこのSiで4代目、
先代と大きな違い(開錠作業的に)はスマートキーが廃止となった事です。

モデルの性質上からか
フォルツァはモデルチェンジの度に豪華装備となっていったんですが
その分、車体価格もどんどん上がってしまい
若い人には購入しづらい値段になっていってしまった現状が、

その打開策としての答えがシンプル装備&低価格のフォルツァSi、
購入しやすい為か街中で良く見る様になって来ました。
ちなみに豪華装備の先代もラインナップ落ちする事無く併売されるみたいです。

このフォルツァシリーズはモデルチェンジの度に鍵穴の場所が変わるんで
とても攻略し甲斐のある車種だったりします。
今回もバッチリピッキング攻略させて貰いました。

picture




by Y隊員

2015.2.28(土)晴れ
災い転じて2

夜のファミレスへヤマハマグザムのシート開錠に行ってきました。

到着すると「絶対に開きますか?」とお客様。
バイク屋さんから開かないかも、とか言われたのでしょうか?
必ず開けますよ〜と伝え無事に開錠すると
「実はさっき違う鍵屋さんに来てもらったんですよ〜」
と話し始めます。

まず自分で作業料金が数万円かかる鍵屋さんへご依頼。
しかしその鍵屋さん開けられず。
待っている間に思い出した保険のロードサービスにダメもとで連絡。
それで無事解決、という流れのようです。

前の鍵屋さんが開けれなかったおかげで結局無料、
「最初はどうしよう?って思ったけど最終的に得した気分です♪」
と嬉しそうに話すお客様。

あれれ?このセリフこないだ聞いたような?
前回の日記のクラウンのお客様ですね。

最近、こんな感じで同じような作業が連続するんですよね。
何かあるのかな?

picture




by H隊員

2015.1.26(月)晴れ
自業自得

 ヤマハ・ジョグのメットイン解錠。シャッター専用のキーシリンダーがあるタイプでシャッターは閉じている状態。なのでまずはシャッターを開けるため横向き鍵穴を解錠します。

 続いてメインキーのピッキングですが、シートを開けるには一旦キーシリンダーを右に回してOFFの位置にする必要があります。
 OFFにするとハンドルロックが解除され物理的制約が和らぐのですが、今回の車輌はメインキーが難しくてかなりの苦戦を強いられました。
 また、小さなバイク故、ピッキングする体勢は腕も足も中途半端な位置になってしまい、時間の経過と共にプルプルしてきます。そしてその辛さからピッキングが雑になり、余計開けられない負の連鎖に陥ってしまいました。

 集中が削がれる状態でも何とかめげずに鍵穴を覗いて解錠を試みますが、なぜだかもう一声ってところでシリンダーが回りません。解錠が完了していると思しき状態なのになぜなのか?どうしてなのか??と混乱。次の一手が見当たらず、徐に鍵穴を覗くのを止めた瞬間、パコン!と勢いよくシリンダーが右に回りOFFの位置に。
 どうもハンドルが切れ過ぎ状態でハンドルロックに負荷がかかり、それが原因でシリンダーが回らなかったようです。

 乳酸溜まりまくりで熱くなった腕と足を伸ばしながら自分の確認不足を嘆くしかありません、ほんとマヌケです(涙)

 と言う事で何とかOFFの位置まで回せたので、続けて左回しで無事メットイン解錠。ヘロヘロで「毎度の事だがバイクは苦戦するぜ」と独りゴチたのは許してやって下さい。

 余談ですが、現行ジョグのコンビネーションキーは、ハンドルロックの位置から更に左に回すとメットインが開くので作業的には省エネになってます。

picture




by A隊員

2015.1.17(土)晴れ
まだ自慢できないけど

スズキ・ジェンマのメットイン閉じ込みです。
メインキーを直接ピッキングして開錠しました。

普通バイクのメットイン開錠はキーを複製して対応するんですが、
助人サービスではピッキングします。

どちらが大変かというとピッキングだと思います。
ハンドルロックがかかってると作業工程が多くなるし、
そもそも複雑なシリンダーなので簡単じゃないです。

全国でピッキング出来るのは助人だけ!と自慢しても、
キー複製のが簡単だもんねーと言われればそれまでです。

でも個人的には大きな希望を持って取り組んでいます。
これからも不可能を可能にしていくスタンスは変わらないというか、
車やバイク問わず全ての難解なシリンダーに対して
「ピッキング出来るのは助人だけ」を挑戦していくだけです。

いずれ誰も開錠出来ない難解な車種が現れたとき、
全国で開錠出来るのは助人だけ!になれることを夢見て・・

picture




by Y隊員

2015.1.4(日)晴れ
お正月の穴場スポット

元日の夕方、高井戸にある温泉施設美しの湯へ
ヤマハ シグナスの開錠に行ってきました。

元日に出動する場所としては
神社や寺院が多いのですがこちらへ出動するのは初めて。
無休で営業していることに驚くとともに
お正月休みでガラガラの都内、お客さんが入ってるのかな〜
と思いつつ出動しました。

しかし到着すると駐車場には車がたくさん、
以前こちらの施設に出動した時よりも多いです。
しかも地元ナンバーの車ばかり。
出掛けないで都内ですごされている方も多いんですね。

考えてみたら元日って初詣をすませると
やることがあまりないんですよね。休みの店も多いし。

こうして自宅近くの温泉施設でゆったりポカポカして
お正月を過ごすのも最高かも。

picture




by Y隊員

2014.11.8(土)曇り
夜のスカブー教室

五反田駅前に現行スカイウェイブのメットイン開錠に行ってきました。

待っていたお客さま「急に開かなくなっちゃって・・」
スマートキーはメットインスペースに収めたバッグの中。
今までずっとそのようにご利用されていたそうです。

メーカーよりキーはトランクへ入れて使用しないよう注意があったはず。
その事をやんわり伝えると「知りませんでした・・」とお客様。

そしてピッキングする為、エマージェンシーの鍵穴をあらわにします。
するとそんな所にカギがあるんだ・・と驚かれつつ、
「実は中古で購入した車両でして・・」

Y隊員も経験があるんですが中古専門店でバイクを購入すると
若干説明不足があったりするんですよね。
色々なメーカーの膨大な車種を取り扱うので仕方ない部分ですね。

無事にキーを取り出すと電池ってどう交換すれば?との質問。
お伺いしていると4年以上交換していないそう。
すぐにキーを分解し目の前のコンビニで同じ電池を購入。
交換スパンの話をしつつ無事に交換完了です。

色々と勉強になりました〜と大満足のお客様なのでした。

picture




by Y隊員

2014.10.24(金)晴れ
ツケの行方?

雨の日の夜、スズキ レッツ4のシート開錠依頼。
前回の開錠から2年ぶりの対応です。

その時はすごく作業環境が整っており
しかもシートロックを解除するだけでしたので
イグニッションピッキングでも即解決でした。

しかし今回は雨。そしてキーシャッターが閉じており
マグネットキー、ハンドルロック、シートロックとフル作業確定です。
何だか前回楽だったツケが回ってきた感じ・・

って泣き言を言っていても仕方ありません。
激闘を覚悟し気合を入れて出発です。

現場のお客様宅へ到着すると雨ざらしのレッツ4。
しかし車庫前に良い感じで雨をさけて作業できるスペースがあります。
お客様へお伺いするとぜひそちらで作業して下さいとのお言葉。

もう本当にありがたいです。不安要素が一つ減ったおかげで
フルコースにも関わらず10分ほどで解決です。

なんだかレッツ4とは相性が良いようです♪

picture




by J隊員

2014.9.15(祝月)曇り
インロックの謎

ホンダ・フュージョンのインロック開錠のご依頼。

スクーターのインロックというのは珍しくないんですが
フュージョンの場合はちょっと事情が違います。
というのもキーが閉じ込まれたリヤトランクは
外からキーを使わないとロック出来ないんです。

出動時の段階では詳しい経緯は不明なので色んな想像が巡りますね
トランク内に確実にキーがあるならば一体どうやって施錠を?

推理ドラマの密室トリックなんかだと
細い糸を使ってキーを室内に仕込むとかありますが
防水仕様のトランクにはそんな隙間は無いだろうし
そもそもそんな事をする動機も思いつかないし…

結局、到着して10秒で全ての謎が解けたというか
そもそも謎なんかなかったですね。

お客さんによると
「失くしちゃいけないから」と予備のキーをトランク内へと保管、
そうしたら施錠の際に使ったキーを紛失してしまったんだそうで…

謎というのは明かしてみると拍子抜けするほど単純だったりします。

picture




by K隊員

2014.8.14(木)曇り一時雨
自分でやらない方が

ホンダ・トゥデイのキーを抜いてほしいという依頼。
到着すると社用バイクのスクーターが10台程止めてあった。

イグニッションにキーを差し込んだが、
間違って他のスクーターのキーを差し込んだようで、
気付いた時には抜けなくなってしまったようだ。

自分で解決しようと思いペンチなどを使い試したが、
抜くことが出来ずロードサービスを依頼したとのこと。

見てみるとかなり強引にやったようで、
シリンダーが破損してキーが空回りしたりするようになっていた。

いろいろ試したが直ぐには抜けそうもないので、
書類が入っているメットインを解錠し作業終了。

差し込んですぐ依頼していたらなんとかなった可能性も。
インロックもそうだが自分で解決しようとすると悪い方向にいくケースが多い。

picture




by J隊員

2014.7.27(日)晴れ
キーが無くても

ホンダ・フォルツァのメットイン開錠です。

お客さんは普段からスマートキーを
シート下に入れて乗っていたそうなんですが
今回に限ってバイクを止めたらシートが開かなくなったんだそう。

程なくしてシートを開錠、キーを探し始めるお客さんですが
一向に見つかりません。
「ここまで乗って来たんだから絶対にある筈なんだけど…」
お客さんの一言にふと疑問が浮かびました。

それというのもスマートキーの認証なんですが
必要なのは始動時だけなんですよね。
つまりエンジンを掛けた後はキーが無くても止まったりはしないんです。

「そういえば見慣れないランプが点滅してた様な?」
お客さんの話すランプが点滅するという事は
「バイク側がキーを認識出来ない状態」を示す際のパターン、
どうやら最後のエンジン始動後に落としてしまったんでしょうね。

直近で立ち寄ったコンビニへとキーを探しに行くというお客さん
何とか見つかってくれると良いんですが。

picture




by Y隊員

2014.5.22(木)晴れ時々雨
すごいなヤマハ

ヤマハの原付スクーターVOXのシート開錠に行ってきました。

初めて対応させて頂いたのですが
シートを開けると原付とは思えない収納スペース。
それでいてシンプルで洒落たデザイン、さすがヤマハって感じです。

今回対応させて頂いたVOX(ボックス)のネーミングで
30年ぐらい前に発売されたヤマハの原付スクーターBOX’N(ボクスン)
を思い出してしまいました。
そのボクスン、今では普通の装備になっている
シート下のメットインスペースを初めて採用したスクーターなのです。

強引にメット収納スペースを作ってあるので
いびつなデザインになっていますが凄いと思うのはその発想。
発売当時、ギリギリ原付はノーヘルでも大丈夫だったのによく思いついたなって。
今では普通の装備ですもんね。

考えてみたらヤマハは一番最初に面白いメカニズムや車体を出すことが多いです。
最近では電動スクーターを最初に市販化させたり
更にこれも今では普通になっている電動アシスト付自転車も。

今後はどんな一番最初を作ってくれるのでしょうか?
ヤマハに期待してしまいます。

picture




by J隊員

2014.5.18(日)晴れ
すっかりバイクの季節です

スズキ・アドレスV125のメットイン開錠です。

今回はマグネット式のシャッターキーも閉じておらず
ハンドルロックもフリーの状態だったんで速攻で開錠完了です。

バイクのメインキーピッキングは状況によって作業がずいぶん変わります
例えばシャッタキーとハンドルロックがかかっている場合、
その後のメットイン開放までで複数の開錠工程が必要となったり

バイクの周囲に作業スペースが無い場合は
余裕のある場所まで移動させたりと現場によって様々、
到着するまでその難度が分からないスリルある案件だったりしますね。

ちなみにすべての作業が必要となるフルコースの作業でも
バイクのメインキーからのメットイン開錠は均一料金です
安心してご用命ください。

picture




by J隊員

2014.5.3(土)晴れ
筋肉痛の理由

ヤマハ・シグナスX150のメットイン開錠へ
マグネット式のキーシャッターからハンドルロック解除、
そしてメインシリンダーを回してシートオープンと三段階の作業です。

現場を見て直感したんですが
今回のヤマ場はハンドルロック解除時のピッキングです。
狭いマンション通路の端ピッタリに停めてあったんで
作業体勢がかなり限定的、広いスペースまでバイクを動かそうにも
まずはハンドルを動くようにしないと無理だからですね。

そもそもバイクは端に寄せて停める事で
車体の省スペースさを活かせるんであって
広い場所の真ん中にドンと停まってる事は少ないんですよね。

そんな訳でバイクのメインキーピッキングには
体の柔軟性が結構重要となります
対応する度に日頃の運動不足を思い知らされますね。

picture




by A隊員

2014.4.20(日)曇り
肩すかし

ホンダ・ディオ110のメットイン開錠です。
よし!メインキーのピッキングだな!と思いながら現着したんですが・・

なんとシート下にシリンダーがありました。
バリバリの現行車だし、こんなにスタイリッシュなのに・・

「追加料金はおいくらでしょうか?」と不安そうなお客さん。
てっきりメインキー連動のオープナーを想像していたので、
お客さんへは事前に割増料金を提示していました。
シリンダーがシート下にある場合は車の一般キーと同じというか、
追加料金なしのパターンになります。

状況を把握すると大喜びするお客さんの傍ら・・
ちょっと肩すかしを食らった感じになりました。
料金的な問題よりも新しいバイクに古いカギというところですね。

出来ることなら鍵は難しくなり続けてほしいんですが、
なんか昔に戻ってるような気がします。

picture




by J隊員

2014.4.8(火)晴れ
無意識の操作

ホンダ・Dioのメットイン開錠です。

シート横に鍵穴が無いんでメインキーのピッキングになりますね
早速シート開放の操作を確認しようとシリンダー周りのプリントを
見たんですが削れて判別不能な状態でした。
通常は写真みたいにキーの操作位置を示してあるんですが…

お客さんへ伺ってみると「あれ?そう言われると…」と思い出せないご様子、
なんでも自分のバイクを修理に出した際の代車なんだそうで
いざ正式な手順となるとハッキリしないみたいなんです。

バイクのメインシリンダーは結構複雑な動きをします
単純に左右へ回るほか、押し込んでの操作もプラスされるんで
最初に目的の操作手順が分かると作業がグッと楽になるんですよね。

「俺はどうやって普段開けてたんだろう???」
お客さんも必死に思い出そうとしてくれたんですが
その前に無事開錠となりました。

それにしても手順を意識せずとも普通に使えるというのは
とても優れた操作系なんではないでしょうか?

picture




by Y隊員

2013.12.21(土)晴れ
深夜の警察署

深夜の警察署よりホンダ フュージョンのトランク開錠依頼。

カギがないとトランクを閉めることが出来ないフュージョン。
なので今までフュージョンの鍵開けはしたことがありません。

今回は事故の影響でカギでも開けることが出来なくなったそうで
中の書類を取り出すため何とかして欲しいとのご依頼。

どういう壊れ方をしているんだろう?向かう道中に不安だったんですが
予想的中、結構な壊れ方です。

キーシリンダーも壊れていたんですがなんとかピッキングで攻略。
ここからが大変。カギが解除されてもトランクが開きません。
しかし何とかそれ以上壊さずに開けることが出来ました。

作業でですが久々に訪れさせていただいた警察署。
普段の生活ではあまりお世話になりたくない場所ですよね。
ちょっと場所の雰囲気にのまれそうになったのですが
お客様に怪我がなかった事で救われました。

これから師走で慌ただしくなってくる道路事情。
交通事故には気を付けて稼働していこうと思います。

picture




by J隊員

2013.12.17(火)曇り
定番の通勤快速

スズキ・アドレスV125Sのメットイン開錠です。

かなり冷え込むんでお待たせるのは避けたいところ
手早くメインキーを回してメットイン開錠、
顔をあげたらなぜかお客さんの姿が見えなくなってました。

すぐに電話連絡するのも急かすようだったんで
開錠したバイクを眺めながら待ってたんですが、
右のハンドル周りに見慣れない温泉マークみたいなボタンが?
…そういえばこのアドレス125には
純正でグリップ&シートヒーター装着モデルがあったんでした。

消費ワット数の大きさが快適度に比例するヒーター系が2つと
小排気量バイクには電力負担の大きい装備なんですが
そこはさすがのメーカー純正仕様、
しっかり充電系も強化してあるので安心して乗れますね。

特にあまり厚着をしたくない通勤ライダーにとって
純正ヒーターは願っても無い装備なんでしょう。

通勤最高効率バイクにに感心していたら
両手に缶コーヒーを持ったお客さんの姿が見えてきました。

picture




by K隊員

2013.11.30(土)晴れ
羨ましい2.5倍の燃費性能

ホンダ・NC700Sのメットイン解錠依頼。

場所は東京モーターショーの駐車場。
携帯電話も閉じ込んでしまい連絡が取れないとのこと。

何ヶ所か駐車場があるが正式な駐車場名を
聞いていたのですんなり到着。

入口の係員の方にも話が通っていたしバイクもまとまって
駐車してあったので捜すのに苦労せず助かった。

快適な走行と高い燃費性能を両立した大型ネイキッドモデル
として発売されたが気になる燃費は30km/L以上とのこと。

大型バイクとしては激安の60万円を切る価格で
コストパフォーマンスはかなり高そうだ。

picture




by J隊員

2013.10.23(水)曇り
初バイク出勤の洗礼

スズキ・レッツ4のメットイン開錠です。

現場はお客さん勤務先の駐輪場内、
今日がバイクでの初出勤だったそうなんですが
なぜか普段は勝手に閉まる事のない
開放中のシートが倒れてロックしてしまったんだそう。

その理由はすぐに分かりました。
メインキーを開錠し、シートを開けてお客さんに声を掛けたところで
「パタン」と後ろで嫌な音が…
最初はシートヒンジの不具合かとも思ったんですが
よくよく見てみると駐車場の僅かな傾斜が原因だったのでした。

そういえば他の駐輪してあるスクーターは
多くが反対方向を向けて停めているような?
もしかしたら過去にも同様のトラブルが発生したのかもしれませんね。

お客さんは昨日まで電車とバスを乗り継いでの出勤だったそう、
かなりの労力軽減になるそうでとても嬉しそうでしたね。

ちなみに経済的にも貢献するのがバイク通勤だったりします
それは「仕事帰りに軽く一杯」が無くなるからなんですが
人によっては驚くほどの効果だったりします。

picture




by J隊員

2013.6.29(土)晴れ
フォルツァSi発表

ホンダの人気スクーター、フォルツァのメットインロックです。

普段からメットインにスマートキーを入れて乗ってたそうなんですが
急に反応しなくなってお手上げとなってしまった様です。
このキー運用の仕方なんですが意外とやってる人が多いですね
もちろん問題ない場合がほとんどなんでしょうが
キー電池消耗などで即インロックに繋がるんで注意が必要です。

そんなフォルツァにニューモデルの発表がありました。
フレームを全面的に刷新し、新開発エンジン搭載で7月19日販売開始、
注目すべきはその価格ですね
ベースグレードが現行型のものより15万円も安く設定されています。

思えばヤマハやスズキなどライバルメーカーとの競争で
どんどん装備が豪華になっていったのが250ccのスクーター、
その為に価格も高騰して大型バイクとさほど変わらないのが現状でした
これでは若い人なんかは手を出しにくいですからね。

豪華装備の代名詞でもあったスマートキーもニューモデルでは不採用となり
今後の250ccスクーターの流れを変えるであろうニューフォルツァ、
ライバルメーカーの動向も含めて注目のモデルです。

picture




by H隊員

2013.2.25(月)晴れ
しっくり

 ヤマハ・マジェスティ250のメットイン解錠。ハンドル下のメインキー(コンビネーションシリンダー)を操作してシートを開けるタイプだったので、そこをピッキングで解錠します。

 さてマジェスティのメインキー解錠なんですが、これが何度やっても作業の姿勢に悩まされます。最初の数分は四肢の収まりが良い位置をあれやこれやと探しながら進めるのですが、面倒臭がって無理な姿勢を作ってやっていると直ぐに限界が訪れます。もう直ぐ開きそう!って状態ならキツイ姿勢も頑張るのですが、作業を始めて直ぐだとそうもいきません。それでもハンドルロック解除まではキツイながらも問題ないのですが、いざメットイン解錠となると、先程までと違うその姿勢がどうにも塩梅が良くないのです。これは僕個人の問題で他の隊員だとそうでもないのかもしれません。
 工具のチョイスや使い方、身長や体型等、影響を受けるモノがその人毎に違うので、バイクのメインキー解錠だけは他の隊員からの【アドバイス=解決】とならない事が少なくないのも事実です。毎回色々と研究しながら解錠してきましたが、未だ姿勢制約が顕著に出るのがマジェスティのメットインだったんですね。

 ところが本日、いつもの様にメットインで苦しくなり始めた時、ひょんな事からある発想に至り、目から鱗な身の置き所を発見! その後、今までの苦しみは何だったのか?と言うほど楽な姿勢でアっと言う間〈個人比〉の解錠でした。

 何故今までその姿勢を思いつかなかったのか不思議でなりませんが、物事とは往々にしてそう言うモノなんでしょうね。
 避けられなくて無理をし続けなければならないなら、いっその事、その無理の元を抱き込んでしまえ、包み込んでしまえという発想。言われてみると「だから何?」なのかもしれませんが、実際やってみると凄いんです、僕的には。

 今までの煮詰まった考えを一度リセットしてみるって大事なんだなと改めて思い、そしてちょっとだけ進化させて貰えた今回のマジェスティには心より感謝です。

picture




by Y隊員

2013.2.18(月)曇りのち雨
通りすがりのヒーロー

スズキ スカイウェイブの開錠に行ってきました。

合流早々「今回は必ずこの中に鍵があるから」とお客様。
続けてその過去に開錠した時のことを話して頂けました。

出先でバイクの所に戻るとふと鍵がない事に気付く。
きっとメットインの中だなと開錠してもらうも鍵は無し。
仕方なく鍵を作るためバイク屋までレッカーで運び込んだところ
なんとグローブボックスに入っている鍵を発見。

キーシリンダーに鍵を挿したままにしてしまい
それを発見した親切な方がグローブボックスに入れた?
ここへは鍵を入れる事はないのでそれしか考えられないとのこと。
「発見するまで大変だったけど助かったよ、盗まれたらもっと大変だったもんね」

その通りすがりの方の親切にちょっと感動してしまいました。
友人が同じような状況でスクーターを盗まれているので・・
世知辛い世の中でもこんな事を出来る人がいるんですね〜。

自分もそんなバイクを見つけたら通りすがりのヒーローになれるかな?

picture




by Y隊員

2012.12.18(火)晴れ
20年の機能と気持ち

ホンダ フェイズTypeSのメットイン開錠に行ってきました。

納車したばかりのフェイズ。傷を付けることなく開錠すると
「今のバイクって凄いよね〜」とお客様。

このTypeS、ホンダSマチックEvoという走りを変える機能がついています。
気になっていた機能なので興味津々で話の続きをお伺いすると
「鍵を回すとヘッドライトが勝手に点いて、それに消せないんだもん」

そこですか〜〜、とガクッとしながらもお話の続きを伺うと
お客様、20年ぶりのバイク購入なのだそうです。

90年代半ばぐらいからバイクの安全性を高めるため
各バイクメーカーがライトの常時点灯を自主採用。
なので20年前のバイクはライトのスイッチがありましたもんね。

その後、やっとSマチックEvoの話もお伺いできたんですが
機能の事よりも、楽しそうにバイクの話をしてくれたことが印象に残りました。
20年でバイクの機能は色々と変わったけど
バイクを運転する時のときめきは変わらないんだなって。

やっぱりバイクっていいですよね♪

picture




by J隊員

2012.11.29(木)晴れ
寒さゆえ

スズキ・スカイウェイブのインロック救援です。

スマートキーのモデルなんで非常用の鍵穴をピッキング、
程なくシリンダーが回り出してシートが開きます。
メットイン内の上着ポケットからキーが出てきて一安心、
無事に解決となりました。

「上着を厚手のものに変えたらダメでした」とお客さん
なんでも上着ごとインロック、という事がよくあるらしいんですが
今まではバイクがキーを認識してくれたみたいで
トラブルに発展せずに済んでたんだそうです。

お客さん上着は暖かそうなダウンジャケット、
寒さを通さない分、キーの電波も通りにくかったりするんでしょう

トラブルの原因はここ数日の冷え込みという事でしょうか?
季節感あふれるバイクならでは、そんな気がして何だか納得です。

picture




by J隊員

2012.10.30(火)晴れ
高校生とバイク

ヤマハ・マジェスティのメットインロックです。
バイクの置いてあるサッカーグランドでお客さんと合流、
部活の試合で来ていたんそうで場内は試合の真っ只中です。

「なるほど、高校生か〜」どうりで若く見えたハズです
納得しながらピッキングを始めるんですがちょっとした疑問が、

それは自分が高校生当時のこと、当時は「3ナイ運動」というので
高校生はバイク禁止が全国的だったはず、
一部の通学用に許可された生徒は除かれるんですがそれでも原付まで、
中型バイクなんて金銭的にも夢のまた夢だったんですが…

顧問の先生も来ているし、学校に隠れてコッソリというのでも無さそう、
いつの間にかの時代の変化に驚きというかショックというか…

開錠後に「昔は〜」なんて話していたら
「今もそうですよと」ニッコリ笑うお客さん?よくよく聞いて見ると
この春に卒業してOBとしてサポートに来てたんだとか。

気付くと試合を終えた後輩達にすっかり囲まれているマジェスティ
昔とあまり変わらない若者たちを見てちょっと安心したりします。

picture




by A隊員

2012.10.17(水)曇りのち雨
真っ白なリベンジ

旧型のスズキ・スカイウェイブを開錠しました。
思えばこのスクーターが全てのキッカケでしたね。

昔、メインキーをピッキング出来ずギブアップしたんですが、
あの時の絶望感といったらハンパなかったです。

本当に辛すぎて、拠点へ戻る気力さえ失って・・
電話でカミさんに「俺はもうダメだ」とか弱音吐いたり・・
空き缶をゴミ箱へライナーで投げつけたり・・
惨めで情けないほど落胆したもんです。

その後はピッキングを封印して、他の開錠方法で対応してたんですが
何台救援しても満たされることはなかったですね。

今は至って平常心でスクーターピッキングしています。
絶望感を味わった思い出なんかどこ吹く風ですね。
せっかくリベンジしてるんだから「どうだ参ったか!」ぐらいあっても
良さそうなんですが、全くそんな感情が湧いてこないです。

たぶん克服するまでがものすごく長かったので・・・
全てが燃え尽きてるんだろうと思います。

picture




by Y隊員

2012.10.9(火)晴れ
怪しくなってしまったBJ

多摩市へヤマハの原付スクーターBJの出張開錠に行ってきました。

到着するとお客様より「分解して開けるんですか?」と質問。
ピッキングでメインキーを回して開ける旨を伝えると
「もしかしたらもう一つお願いするかも・・」とお客様。

どんなお願いだろう・・と不安になりつつも無事にシートオープン。
するとシート内を一通り調べたお客様より
「やっぱりもう一つのお願いしてもいいですか?」

何だろう?工具的に出来ない事でなければいいけど・・
と身構えて聞くと、鍵穴をエンジンのかけられる位置にしてとの事。
どうやら鍵を紛失したようです。

メットイン内に入っていた保険や登録の書類を見せながら
「こんなお願い怪しいですもんね・・確実に自分のものですから」
そしてバイクで5分の所に合鍵があるとの事。なので作業を了承します。

その後、鍵なしでエンジンのかかるジョグ。
イモビのないバイクをピッキングにてなせる技。
でもお客様も話された様にパッと見るとちょと怪しい感じです・・

picture




by J隊員

2012.9.5(水)晴れ
スペアキーは余裕のあるうちに

ヤマハ・グランドマジェスティのメットイン開錠です。

イグニッションをピッキング開錠したんですが
作業後にスペアキーの作成について質問されました。
日頃からキーが一本しかなくて不安に感じていた矢先の
インロックだったそうです。

お客さんが気になっていたのはその値段の部分、
閉じこんだ当初「どうせだったらキー製作も同時に…」
と、調べてみたそうなんですが結構な値段にビックリしたんだそう。

参考までにJ隊員がスペアキーを作った時の値段を話したんですが
「そんなに安いんですか?」と驚いてました。

価格差の要因となるのは元になるキーが有るか無いかですね
コピーするのと一から作って行くのでは当然作業量は違いますし、
なによりキーが全く無い状態だとバイクを動かせないんで
さらに業者さんの出張料金が加算されるんですよね。

この様に元キーの有無でガラリと変わるのが鍵作成のお値段です
インロックならばピッキング開錠と言う方法があるものの、
もしも紛失してしまったのなら…

最後の一本は使ってはいけないキーと言っても良いのかもしれません。

picture




by Y隊員

2012.8.25(土)晴れ
お巡りさんの活躍

とある駅の駐輪場へスカイウェイブのメットイン開錠に行ってきました。

保険のロードアシストをご利用のお客様。
携帯電話などの全ての持ち物を閉じ込めている為に駅の交番で待ち合わせです。

過去に何度か同じような状況で交番待ち合わせをさせて頂いたのですが
いずれも繁華街の交番だった為かお巡りさんがとても忙しく
申し訳ない思いをしながら合流、という流れでした。

今回も駅の交番なのできっと慌しくなっているのでは・・と到着すると
「助人サービスさん?早かったね〜待ってたよ!」とお巡りさん。
お客様には時間があったので別の所で時間を潰してもらっているとの事。
「あと10分ぐらいで来るからここで待ってて」

たまたま忙しくなかったようで楽しく世間話をしているとお客様が登場です。
「では宜しくお願いします!」と敬礼されて送り出されます。

「今回、保険での解決を教えてくれたのはお巡りさんで・・」とお客様。
もし解決出来ない場合は電車賃を貸して頂けるお話もされたそうです。

こう親身で慌ただしくない交番がもっと増えればいいのに・・
その為にはお巡りさんがあまり活躍しないような
平和な世の中にならないといけないのかな・・と思ったとある夏の日なのでした。

picture




by Y隊員

2012.7.11(水)晴れ
三度目のスカイウェイブ

先日の雨降りの夜、
現行スカイウェイブのメットイン開錠に行ってきました。

スマートキータイプのこちらのスカイウェイブ、
Y隊員は過去に2回ピッキングにて開錠しています。

1度目は変な汗を大量にかきながらもなんとか開錠。
2度目は風が強い日のご依頼。
前回よりもたっぷり時間が掛かりつつもなんとか開錠。

それから一年振りとなる今回の作業。しかも雨。
激闘を予想しながら作業を開始します。

しかし、頭では難しいと思いながらも体がうまく反応します。
そしてあれよあれよと調子よく快速開錠です。
前回の苦労が体に染み付いていて勝手に覚えていたようです。

苦労しといて良かった〜♪
と変な喜びが湧いた久々のスカイウェイブの対応でした。

picture




by J隊員

2012.7.2(月)晴れ
SYM・RV125

台湾製のスクーター、SYM・RV125jpのメットイン開錠です。

売れてる車種なんでバッテリー救援などでもよく対応するんですが
どのユーザーさんもとても気に入っている印象がありますね。

今回のお客さんも国産スクーターから乗り換えたそうなんですが
壊れない、乗り味よし、燃費もいいと想像以上だったんだとか、

ほんの十数年前までは小型スクーター市場といえば
日本製かイタリア製どちらかの独壇場だったんですがね、
車名の末尾から分かるように輸出先の国に合わせた細かい調整が
日本でも受け入れられた秘訣なのかもしれません。

このRV125、2008年にEFI仕様へとモデルチェンジしています
従来モデルの評判から見るに、さらに売れ筋モデルへ進化しているんでしょう。

picture




by Y隊員

2012.6.6(水)雨のち曇り
恵まれた作業

スズキの原付スクーター レッツ4のメットイン開錠依頼。
現場はお客様がお勤めの会社です。

合流後に案内された場所はなんと、お客様のオフィス内。
そこにどーんとレッツ4が待っていました。
諸々の事情で外に駐輪できないのだそうです。

駐車場と違いしっかり室内も明るくエアコンも効いています。
そんな恵まれた環境の中で作業をしても良いとの事。

そして肝心の作業は即開錠。今までのバイクピッキング開錠で最短です!
でもあまり喜べないかも・・

大体のバイク開錠の環境は
炎天下、もしくは雨風の中での作業だったり・・
狭い駐輪場や歩道の片隅で体をぶつけられながらの作業だったり・・
そんな悪い条件が当然なんです。

なので今回の即開錠、正直嬉しかったんですが・・
参考程度にしておこうと思います。

picture




by Y隊員

2012.4.27(金)雨のち曇り
小銭で開錠

ホンダdioの開錠に行ってきました。

バイクにまたがりうなだれてお待ちになっていたお客様。
財布などもすべて閉じこんだと話され
作業を開始しようとしてもまだ不安な表情をされています。

そんな不安な視線を背にしながらも無事にピッキングで開錠すると
「良かった〜小銭を使わないですんで・・」とお客様。

「バイク屋さんへ相談すると・・」と話し始めるので
もしかして小銭を使ったリスクがある奥の手の開け方があるのか?
と思いつつ更にお話をお伺いすると違いました。

バイク屋さんから、たぶん開かないからお店にバイクだけをレッカーで運び
お客様は誰かに小銭を借りて帰ってきて、と言われたんだそうです。

「借りると言ってもこの辺に誰も知り合いはいないし・・」
と小銭をどうしよう・・とばかり考えていたんだそうです。
確かにそれじゃ不安になりますよね・・

ちょっぴり小銭開錠の方法も期待したんですが、
小銭を必要とせずに済んで何よりです♪

picture




by J隊員

2012.3.29(木)晴れ
異物感がネック

現行モデルのヤマハ・マジェスティのメットイン開錠です。
お客さんに伺うと日頃から走行中はスマートキーを
メットインの中に入れっぱなしなんだそう

それでも走行するのに問題はなかったそうなんですが
困るのはスマートキーの内臓電池が消耗した場合です。
タイミング悪くメットインの中で電池切れすると
電池交換をしようにもキー本体が取り出せなくなってしまいます。

もちろんメーカーでも使用上の注意点として謳ってるんですが
ついついキーのやり場に困るのがお客さんの心情みたいですね。

クルマのインロックでもそうなんですが、ドアポケットや
センターコンソールに置いたままインロックというケースが多いんで
スマートキーを身につけないで使う人は意外に多いのかもしれません。

キー本体はそれほど大きいわけではないんですがね
ポケットに入れると多少の異物感は感じてしまうでしょう
身につけるのに抵抗となるのがトラブルの原因なんだと思います。
かといって小さくし過ぎると今度は紛失しやすくなったりと……

身体装着に自然な、そして失くさないキーフリーシステム、
リストバンドタイプもあったりするんですが
突き詰めるとやっぱり生体認証になるんでしょうかね?

picture




by Y隊員

2012.3.23(金)曇りのち雨
都内最速バイク

ホンダ リードEXのメットイン開錠に行ってきました。

前のモデルまでは2サイクルエンジンだったリード。
数年前、ホンダが4サイクルエンジンへの完全移行宣言。
その為に一旦ラインナップが消えるも
数年後に4サイクルエンジンとなって復活。

特に50cc以上の原付2種の車両は30キロ制限もない為、
通勤の足として朝や夕方のラッシュ時によくみかけます。

到着するとこれから帰宅、という時に鍵を閉じこんだと話すお客様。
不安と恐縮の面持ちでお待ちになっていました。
無事に開錠すると想像以上に感謝していただけます。

お仕事で都内を移動する事が多いと話すお客様。
電車や車での移動だと時間がかかって仕方がないんだそう。
「もうバイクじゃないと仕事にならないんですよ〜本当に助かります!」

4サイクルになってもやっぱり通勤スペシャルとして活躍するリード。
都内の移動には最強なのかもしれませんね。

picture




by Y隊員

2012.1.18(水)晴れ
バイク開錠の虜

マジェスティーのメットイン開錠に行ってきました。

バイクで登場した自分を見て不安そうなお客様。
更にピッキングで開ける事を伝えると
「それで開けた事あるの?」との言葉とともに不安オーラが伝わってきます。

妙なプレッシャーが掛かります。
しかもキーシャッター、ハンドルロック、シートオープンのフルコースです。
ですがなんとか20分程でシートオープンです。

「ピッキングでも開くんですね〜♪」とお客様。
以前、鍵屋さんに鍵の複製で解決してもらったことがあるそうです。
なので鍵を作る車で来なかったので来た時に不安になったんだそうです。

過去にも鍵の複製で解決した事があるお客様を対応した事があるんですが
やはりその時も大丈夫?から大満足になって頂きました。

この大どんでん返しな感じ、ちょっと癖になりそうです♪

picture




by H隊員

2011.12.29(木)晴れ
2ポジション

 かなり冷え込んだ深夜、ヤマハ・シグナスXのメットイン解錠のご依頼。完全防寒で現場へ向かった。

 現着後シグナスXの状態を確認すると、キーシャッターは開いていましたがキーはハンドルロックの位置を向いていた。通常この場合は一旦ハンドルロックを解除し、その後シートロックを解除します。ところがイグニッションの表記を見て疑問が湧きます。そこには一般的なOFFポジションからのシートオープンの他に、LOCKポジションからもシートオープンが出来るような事が書いてあるのです。これは以前Y隊員が言っていたJOGと同じパターンかも?ならばLOCKから直でシートオープンしてみようと鼻息荒く挑んだのでした。
 ところがところが、意気込んで鍵穴を覗いてみるとですね、なんとハンドルロックは解除された状態でした。てっきりハンドルロック状態だと勘違いしたのは、鍵穴入り口の蓋が空回りしてLOCKの位置になっていただけでした。と言う事で普通の解除で完了です。

 拠点に戻ってヤマハさんのHPで調べてみると、JOGとシグナスXの他に、ビーノとアクシストリートも2ポジション・シートオープン機能があります。125cc以下で唯一VOXだけはシート横に鍵穴があるのでイグニッションにこの機能は無いようです。
 さてこのLOCKからワンアクションでシートを開けられる機能。色々なシチュエーションを考えるとユーザビリティに優れ、とても使い勝手が良いのではないでしょうか?

picture




by H隊員

2011.12.9(金)雨のち晴れ
寒さ対策

 ホンダ・リードのメットイン解錠依頼。冷たい雨の降るなか埼玉県某所まで。

 リードとして2代目にあたるタイプで排気量は90cc。コンビネーションキーではなくシート横にキーシリンダーのある車輌。このタイプは一般的な車と限りなく同じ様な体勢で作業ができる為、それほど時間をかけずに解錠出来る事が多い。更にリードが止まっていた場所は屋根付駐輪場だったので、雨の中での作業としては大変助かります。

 現着連絡後、現場にやってこられたお客さんは何故か薄手の長そでTシャツ一枚。吐く息が白くなっている気温では薄着過ぎます。気になったので寒くはありませんか?とお聞きしてみると「鍵と一緒に上着をメットインに閉じ込んでしまったんです…」と震えるお客さん。これは急いで上着を取り出さなければと超速攻でメットインを解錠。直ぐに中から取り出した上着を羽織り、お客さんもやっと一息です。

 書類にサインを頂きながら、この雨の中を移動されるのかを聞いてみると15km程離れた場所へ移動するとの事。メットインスペースには上着しか入ってなかったので心配になり、雨合羽はお持ちですか?と聞いてみると「一応今着ている上着が防水らしいので、これで我慢して行きます」と言われるその唇は紫がかっていた。丁度混み合う時間帯だったので、お客さんが行く方向の15kmは40分位かかるらしい。
 雨降る中の一桁台の外気温。ハンドルカバー迄付けたフル装備の僕でも寒く冷たく凍えるのに、その中を合羽を着ずに行く40分はあまりにも辛過ぎるのが予想できた。

 これからの季節、寒さで身体や手が冷え切ると運転に支障が生じます。効果的な防寒対策で、この冬も事故なく怪我なく乗り切りましょう!

picture




by Y隊員

2011.11.7(月)晴れ
中年スケーターデビュー?

八王子市は戸吹スポーツ公園へヤマハ ジョグの開錠に行ってきました。

初めて訪れるこちらの公園。すごく広いです。
サッカーグラウンドとテニス場が見渡せる駐車場にジョグを発見。
しかし到着の旨を連絡するも携帯がつながりません。

サッカーかテニスの試合中なのでしょうか?
どうしよう・・と困っていると「カラララ〜」とスケボーの走る音。
そのスケボーに乗った方がお客様でした。

無事に合流できたものの初対応のジョグ。
しかもキーシャッターも閉まっておりフルコースでの作業です。
しかし少々お時間は頂いたんですがすべてピッキングで開錠です。

作業中は集中していて気付かなかったのですが
公園の更に奥の方にスケボーの練習場的なものがあります。
お伺いするとスケボー以外にインラインスケートや自転車も練習できるとの事。

見学に行くとしっかりと照明もあり凄く充実した施設です。
こんな良い所なら自分も練習したいなって思ってしまいました。
でもスケボーなんてカッコいいもの自分にも出来るのだろうか?

picture




by Y隊員

2011.10.23(日)曇りのち晴れ
秘境マグザム

雨の埼玉県新座市へヤマハマグザムの開錠に行って来ました。

鍵はシート下のスペースにあるとの事。
別に鍵穴があるトランクは対応済みなのですが
シートを開ける為のイグニッションからの作業は個人的に初対応となります。

同じヤマハのマジェスティーは何台か対応しているしきっと大丈夫だろう。
でも雨の中での作業が・・と不安を過らせながら現場に向かいます。

現場へ到着するとマグザムの停まっていた駐輪場は室内。
何だかそれだけで攻撃力が倍以上になった気がします。
しかしそんな攻撃力の盛り上がりも一瞬・・
マジェスティーとは色々と勝手が違うので苦労する羽目に・・

工具をこれでもないアレでもないと迷いながらの作業。
そうこうしていると体の至る所が痺れて痛くなって来ます。
そんな痺れた所をかばう為に窮屈な体勢へ入れ替えるとあら不思議、
凄く作業がしやすくなってそのまま開錠です。

工具選びに囚われてしまった自分に反省・・
でも次は今回の作業を糧にもっと早く解決出来ると思います。
でもバイクの開錠は色々な意味で奥が深いですね。

picture




by Y隊員

2011.10.13(木)晴れ
普通の認識では・・

駅の駐輪場へスズキレッツUのシート開錠に行ってきました。

到着早々、お客様より心配そうな顔で質問されます。
「本当に壊さないで開けられるんですか?」

駅までの通勤でレッツUをご利用されている客様。
その会社に向かう朝、うっかりキーをメットインスペースに閉じ込み。
しかし時間がないので解決は後回しにして会社へ。

会社でバイクに乗っている方に相談すると
「外装を壊さなきゃ無理かも・・」と話され、
家の鍵を鍵屋さんに開けてもらった事がある方に話を聞くと
「鍵を壊して新品にしなきゃいけないかも・・」と話されたんだそうです。

どうしたら・・と思っていた時にふと見付けた保険広告の”鍵開け”の文字。
それで今回のご依頼になったとの事です。

キズを付けることなく無事にメットインスペースを開けると、
壊される・・と疑った事をお詫びされます。

でも仕方が無いですよね。鍵を開けてもらうってそうはない事ですもんね。

picture




by H隊員

2011.9.15(水)晴れ
開いている?

 とある橋の袂でアディバ・ハイパー5のメットイン解錠依頼。ご依頼は橋の補修工事に来ている職人さんでした。
 ハイパー5は後輩からの借り物と言う事でしたので、お客さんと一緒に入念な車輌確認。結果、シートカウルが何カ所か割れている以外はとてもキレイでした。

 イタリア車のアディバ・ハイパー5は日本車とは一味違う所、シート突端左側にメットインの鍵穴があった。面白い所に鍵穴があるなぁと思いながらも、物理的にはそれほど辛くない場所なのでサクサクと解錠しキーシリンダーを回す。ところがシリンダーは僅かに動くだけである位置から全く動く気配がありません。回転方向が逆なのか?と反対に回そうとしてみるが物理的に回転しない感じでした。お客さんから持ち主さんに解錠方向を確認して頂き今一度解錠を試みる。ところが何がイケないのか?やはりシリンダーが回り切らずシートを開ける事が出来ませんでした。
 どこかで何かが引っかかっているような?気がする動きのキーシリンダー。何かがおかしいのは間違いない キーか? シートか?と開かない原因を求め、ハイパー5の隅々まで観察しているとメーターに手がかりを発見。それはメーター内にある【MET−IN】のLEDランプ。それが煌々と点いていたのです。このランプはメットインの閉め忘れ防止機能として開いている場合に点灯する仕組み。って事は現時点でのハイパー5のメットインは開いている状態を示している事になる。でも実際はピクリともシートは動かないのでした。

 お客さんにメットインランプの事を説明していると、微妙にシートが少し浮いている事に気付いた。そして更に良く観察してみるとシートカウルの割れはシートをこじ開けようとした際に割れたモノだと分かった。
 「もしかすると何者かがメットインをこじ開けようとして壊していったのかもしれません。現にメットインが開いている事を示すランプが点灯しているしシートカウルの割れも怪しいですよ」とお客さんへお伝えする。するとお客さんはニヤっと笑い「これでコジったのが良くなかったかな?」とバールのようなモノを僕に見せたのでした。
 お客さん曰く、オーナーの後輩がやっても良いと言ったので無理やりコジってみたらしいです。でもそれが原因でロック部分が壊れてしまいキーでの解錠が不可能となってしまいました。

 最後に、現状を後輩へ伝えて欲しいとお客さんからお願いされたので電話にて細かなご説明。すると「最初からロードサービス呼べば良かった…」と激しく落胆される声が聞こえてきました。

 鍵を閉じ込めてしまった場合は無理をせず、ロードサービスへご連絡を!

picture




by Y隊員

2011.9.8(木)晴れ
リベンジと蚊取り線香

多摩市へ年式不明のスカイウェイブのメットインロックに行ってきました。

スカイウェイブは年式によってメットインの開け方が様々。
シート下に専用の鍵穴があったり、メインキーに連動していたり、
そして現行はスマートキータイプだったり。

特にメインキー連動のタイプは新人だった頃
大激闘の末、一人で開けられず・・・という苦い思い出があります。

到着すると待っていたのはメインキー連動タイプのスカイウェイブ。
リベンジするぞ・・と変に気合を入れて作業に取り掛かります。
しかしそんな気合もすぐに薄れてしまいました・・

原因は耳の周りを飛ぶ蚊の羽音。
耳とか顔を刺さないで〜と集中出来ません・・

困りながらピッキングしていると、もの凄く心強くて懐かしい香りがしてきます。
お客様が蚊取り線香を置いてくれたのです!ありがたいです!
そして集中力も取り戻し無事に開錠です。

リベンジ出来た事よりも蚊取り線香の効果に感動してしまいました♪
家も蚊が多いので久々に購入しようと思います。

picture




by Y隊員

2011.7.5(火)晴れ時々曇り
ゲンキンな思い

梅雨時なのに真夏日を記録した日、
ヤマハ グランドマジェスティーの開錠に行ってきました。

初対応のマジェスティー。雨が降っていなことに感謝です。
雨プラス初対応だと大変さが倍になりますからね。

到着し鍵を見るとシャッターキーも閉まっています。
少々お時間がかかることを了承して頂き作業開始です。

シャッターキーの開錠をしながら
だいぶ暑いけど雨じゃなくて本当に良かった、と更に思いつつ
サクサクと作業を進めます。

20分後、無事にシートオープン。
集中しすぎてて気付かなかったんですが
直射日光にさらされていた背中が物凄く熱くなっています。
更に気付くと首筋がヒリヒリします。見ると物凄い日焼け。

思ってみれば梅雨時なのにあまり雨が多くない今年の東京。
日焼けをやさしく摩りながら雨が懐かしいな・・
と、さっきまでとは違うわがままな思いに馳せてしまいました。

picture




by A隊員

2011.5.19(木)晴れ
ベンツ<レッツ4

新松戸でスズキ・レッツ4の開錠です。
20km以上あるんですが、何とか40分で到着です。

当初、お客さんは搬送か開錠かで迷ったようですが・・
開錠料金のほうが安かったみたいです。

レッツ4は侮れないですね。
メットインがメインキーと一緒のタイプです。
直接メインキーをピッキングするんですが・・
これが中々難しかったです。

開錠の難しさは車両の大きさに関係ないんですが・・
排気量50ccが難しいというのも、ちょっとアレですね。
ベンツSクラスでハマっても許される何かが、原付ではどうなのかと。

どんなに難しいカギでも何度も開錠してると早いです。
経験が浅いカギではハマリやすかったりしますね。

スクーターのメインキーピッキングについては・・
現時点ではベンツ以上だったりします。

picture




by J隊員

2010.5.10(月)晴れ
肝の部分

週末に小平市の野球場へ行ってきました
スズキのビッグスクーター、スカイウェイブのメットインの開錠要請です

球場では草野球チームの試合が開催中、
そして参加のためにやって来たというお客さん
ユニフォームに着替えた際にキーも一緒に閉じ込んでしまったそうな
バックネット裏の駐車場で早速開錠にとりかかります。

バイクの開錠はスペース的なツラさがありますね
クルマに比べて奥まった場所が多いというか・・
そんな理由から、「もう少し」というところで工具の先が空を切っていると
「ガシャッ!」とネットにボールの当たる音、ファウルボールのようです
なんとなく意識をグラウンドの方へ向けると応援の声がベンチから上がっています。

「チカラ抜いて〜」作業を続けながら(そうそう)と頷いてしまいます

「よく見て行けよ〜」(そうそう、よ〜く見て・・・??)

「ワキしめて〜」・・・・ポコっとシートが開錠です、、

まさかバッティングのアドバイスがそのまま開錠作業に活かせるなんて・・・
何事も大事なトコロは一緒という事なんですかね?

picture




by A隊員

2011.4.29(金)曇り
宇宙一を目指して

グランドマジェスティの開錠です。
よくご依頼頂くディーラーの方で、今日はプライベートとのこと。

「いつもようにチャチャッとお願いします」とお客さん。
残念ながらチャチャッとはムリですねw

バイクの場合、車と違って作業工程が多いです。
1マグネットシャッターキーの開錠
2ハンドルロック解除
3シートオープン開錠
全て順調にいって20分かかりますね。
メインキーピッキングは簡単にはいきません。

何が辛いかというと・・
ハンドルやカウルの張り出しがキツイですね。
カギは一般的なギザギザキーなんですが、シリンダーの構造が複雑です。

普通は絶対ピッキングしないというか・・
助人も以前はケースバイケースでしたね。

でも最近は毎日バイクのピッキング開錠やってるというか・・
不可能もいつかは可能に変わっていくという話しですw

picture




by A隊員

2011.4.24(日)晴れ
世界一を目指して

ホンダ・リードEXのメットイン開錠です。
メインキーにシートオープン機構があるタイプです。

以前はシート下にメットインキーがあったんですが・・
最近のモデルはメインキーと一緒になって難しくなりました。

これはもう経験を積んでいくしかないです。
何でもそうなんですが、初めの頃は全てが大変でした。
382に涙目、BMWに怯え、ベンツトランクに震えた日々・・
今何とかなってるということは、時間が解決してくれるんですね。
バイクはまだ発展途上です。

キー複製出来る業者さんはたくさんありますが・・
バイクのメインキーをピッキングするところはないです。(たぶん)

もしかして日本でウチだけかも・・
いや世界でひとつだけ?

どっちにしても夢はでっかく・・
やってる事は小さくがモットーです♪

picture




by A隊員

2011.4.19(火)曇り
イグニッションピッキング

ヤマハT−MAXのメットイン開錠です。
シートオープナーがメインキーと一緒になっています。

メットイン用のカギ穴が別にあるなら問題ないんですが・・
メインキーと一緒の場合は難しいですね。

一般的な流れでは・・
メインキーの場合、キーの複製がセオリーですね。
現場でキーを複製し、直接キーを回してシートオープンです。
作業料金が高額になりやすいのがネックですね。

付帯ロードサービスで対応するには難しいというか・・
無料カバーを超えた分、お客さんの持ち出しが増えますね。
そもそも開錠作業の範囲には収まらないです。

助人サービスでは、ひと味違う方法で開錠するんですが・・
今回メインキーを直接ピッキングしました。

言葉では簡単なんですけどね・・
かなり難易度高いと思ったりします。

picture




by Y隊員

2011.3.7(月)雪のち曇り
懐かしCM

だいぶ気温の下がった夕方
ホンダ フォルツァのメットインロックへ行ってきました。

フォルツァの所へ到着すると、建物の陰から肩をすくめて現れるお客様。
この気温では寒そうなシャツ姿です。
「上着ごと閉じ込んじゃって・・」と震えながら話されます。

なので早々に作業を開始すると、どこからか何かのささやきが聞こえます。
どうやら離れた所にいるお客様のようです。耳をこらしてみると
「ちゃっぷいちゃっぷい・・・ちゃっぷいちゃっぷい・・」

思わず「どんとぽっちぃ・・」と心の中でつぶやいてしまいました。
相当前にやっていた金鳥のカイロ”どんと”のCMです。
こんなCMを知らないという方も多いかと思います。
けどそんな数十年前の物を覚えている自分にびっくりです。

その後すぐに開錠し、荷箱に潜ませているカイロを差し上げようとすると
お客様が取り出した上着のポケットからご自分のカイロ。
暦の上では春なんですがまだまだ必要ですよね。

しかし早く暖かくならないかな。本当の春が待ち遠しいです。

picture




by J隊員

2008.11.9(日)曇り時々雨
コストダウンの威力

ホンダのトゥデイ(スクーター)のメットイン開錠へ

「もし無理なら・・・壊しちゃっても良いですから・・」
しばらく御自分で開けようと格闘し、諦めたご様子のお客さん
もちろん無破壊開錠でとても喜んで頂けました。

さてこのスクーター、中国で製造する事により
大幅にコストダウンに成功したモデル。
発売開始時は10万円を切る価格(初期モデル)で劇的に登場、
そんな価格設定からとても売れまくったモデルです。

当然、純正部品なんかも安いはずで、お客さんの言葉通り
―もしかしたら壊した場合の部品代の方が安いのかも!?―
そんな疑問も頭に浮かぶ。

車体価格からシート周りの外装価格を想定すると
助人の料金といい勝負になりそうな感じ、
決して高くない開錠料金と自負していたので結構ショックです。

実際に破壊開錠した場合には作業工賃もあるので
開錠料金より安くなるって事は無いのですが・・・

改めて大メーカーのコストダウンってもの凄いな、と思う案件でした。

picture




by J隊員

2008.5.21(水)晴れ
トラブルは風と共に

朝のラッシュタイムにホンダ フォーサイトの開錠要請
メットインにキーを閉じこんでしまったとの事、

現着して作業に入るとどこかに電話をかけ始めるお客さん
聞こえて来る話し声からすると勤務先への連絡のよう、
どうやら出勤前のトラブルでかなり急いでいるようです。

気合を入れてお客さんの電話が終わる前に高速開錠、
バイクに背を向けて電話をしているお客さんの元へ解決を知らせに向かう
と、その時一陣の風と共にバイクの方から「バシャッ」という音が・・・!?

・・・振り返ると開けたはずのシートが見事に閉まってました。
まだキーを取り出してないのに・・・

想定外の再閉じ込みに慌てつつも再び高速開錠、
シートを開けた時にはお客さんが電話を終えて戻って来ていました。

再開錠後に確認してみるとこのフォーサイトという車種には
シート開放時に開いた状態を保持する為の機構は無いようで
風の強い日やバイクの傾きによっては不意に閉まる事がありそうです。

急いでいたので聞けなかったけど
お客さんの閉じこんだ原因も同じだったのかも?
出勤ラッシュの幹線道路へ消えて行くお客さんを見送りながら
そんな風に考えた。

picture




by H隊員

2008.1.18(金)晴れ
JOGメットインロック

昨日の朝、船橋市よりヤマハJOGのメットインロック。

出勤ラッシュの名残はあったが高速は比較的空いていた。
しかし、高速を降りてからは大型車が多くかなりの混雑。

細い国道の渋滞に紛れながら辺りを見ると、日陰のあちこちに雪がある。
東京でも深夜に雪がちらついていたけど、こちらは結構降ったようだ。

それだからなのか物凄く寒い。
指先の冷たさに耐えかね、日中使うことが無いグリップヒーターのスイッチを入れた。

現着してJOGを探すと建物北側の駐輪場にあった。
辺りには雪が結構残っている。
一部、アスファルトも凍っている。
そして風は強いし日陰なので激しく寒い!
自分も寒いが部屋着で出てきたお客さんが凍えないように速やかに作業を完了する。

そう言えばH隊員は道産子です。
本来は雪ん子の筈なんですが、最近はめっきり寒さに弱くなってしまった。
東京に来て数十年。
気が付くと人生の半分を東京で暮らしている。
そりゃ身体も寒冷地仕様から変わるのも無理ないか。

と言うことにして「寒さに弱くなった」=「老化」説を脳内否定した。

picture




by Y隊員

2007.7.20(金)曇り
侮るべからず

東品川のJALビル駐輪場にてフリーウェイの開錠依頼。
現着し車両を探すときれいにレストアされたフリーウェイを発見。
連絡するとスーツ姿の御依頼主がすぐに現れた。

「会社が終わって帰ろうとしたら鍵がなくて・・・
 きっと上着の中にあると思うんですが・・・」
と御依頼主。さっそく作業開始し無事数分で開錠。
中にある上着を取り出し広げるとなんと上着とは、布製のつなぎ作業服。

あっけに取られつつメットインの中を見ると
スナップオン等の高級ツールがぎっしり。

さらにあっけに取られえていると
「無いですわ。会社にあるのかな〜。なかったらどうしよう・・・」
聞けばスペアキーもないとの事。

なかった場合を悩む御依頼主に、
別の業者さんであれば1万〜2万くらいで鍵を作ってくれますよ。
とアドバイスしてみると、
「だったらシリンダーを交換しますわ。13000円で買えるし。」

本当にただのサラリーマンなのだろうか?
恐るべし・・・

picture




by Y隊員

2007.4.9(月)晴れのち雨
アンチエイジング?

大田区東海にてジョグのメットイン開錠依頼。
程なく到着すると中年男性がお待ちかね。

「お兄ちゃん、こんな所までごめんね〜。」と御依頼主。
で、作業前のご本人確認をしようと免許を見させて頂くと、
ん?この御依頼主、Y隊員より年下ではないか!

ちょっとしたカルチャーショックを受けつつ作業を始める。
鍵穴が破壊されていて苦労したが、J隊員考案の必殺工具で無事開錠。

「お兄ちゃんごめんね〜。なんだか苦労させちゃったね。」
と缶コーヒーを御馳走して頂きつつ、しばし談笑。
その間、ずーっとY隊員をお兄ちゃんと呼んでいた御依頼主。

大人が若い男性を呼ぶ時の「お兄ちゃん」か?
はたまた、弟が兄を呼ぶ時の「お兄ちゃん」か?
話しながらどっちの意味で呼んでいるのか考えていたが、
結局、自分が年上である事を伝えられず、そのままお見送り。

ふと考えてみると助人隊員、みんな実年齢より若く見える者ばかりだ。
実は30歳以下の者がいないおっさん集団なのに・・・
みんなこんな経験をしているのだろうか?
今度聞いてみよう。




by Y隊員

2007.1.6(土)雨
せっかく・・

午後八時頃、練馬区高野台の某公園駐輪場にてスクーターの
ホンダフリーウェイがインロックしたとの救援要請。

程なく到着し付近を捜索すると
どう見ても自転車用の駐輪場にバイクが三台。
その中に該当車両があった。

お客様と合流し早々に作業に取りかかる・・

実は以前、バイクの開錠で手こずった苦い経験があるだが
今日のY隊員は違う。J隊員監修の元作成した必殺工具を 持っているのだ!
形はちょっと人様にお見せできる物ではないが、
効果絶大! 瞬殺開錠!! だったのだが・・

「あぁ〜〜・・無い・・」
せっかく即開錠したのだが肝心の鍵が無いようである。

もしかしたらメットインの中にあるかも・・と思い今回は依頼されたとの事。
しかもスペアキーも無いとの事でかなり落胆されているお客様。
鍵作成等のいくつかの方法を伝えたのだが相当ショックだったのか
上の空のお客様。

少し後ろ髪を引かれる思いで現場を立ち去ったのだが
次のバイク開錠はお客様の素直に喜ぶ顔を見たいモノである。




by H隊員

2006.8.21(月)晴れ
勝手に命名「N式解錠」

いつもお世話になっている関東ホンダさんに行ったら、
「H隊員 丁度良かった、そこのフォルツァ開けてくれる?」と仕事を頂いた。

聞くところによると、この現行フォルツァのお客さん、
予備のスマートキーとメカニカルキー2個とも納車時に渡された時にメットインに入れ
そのままだったらしい。
それで今回バッテリー上がり。
どうも納車説明の時に、メカニカルキーの事をしっかりと理解していなかったようだ。

持っていればOKと思いメットインに入れたらしい。
確かに近くにはあるけど、その入れた場所に到達するためのメカニカルキーなのに・・・
ま〜何はともあれ、とにかく解錠。

その後、よくよく車輌を観察するとあることに気付いた。
もしかしたらこれは素晴らしいアイデアかも知れない!
と、メカニックのNさんにその話をすると乗ってきた。
で、二人で事故車を実験台にし試行錯誤すること1時間。
新たな解錠方法を確立する。
かなりコツが要るけど良い解錠方法だ。
勝手に「N式解錠」と名付ける。

一見不可能化と思われる事も、仕組みを完全に理解すると光明が見える事もありますな〜。




by H隊員

2006.7.5(水)雨
フォルツァ・インロック

昼過ぎ、早稲田大学内でフォルツァのインロック。
鍵穴はシートの近くにあると言うことなので一つ前の型。
雨が降る中、早稲田大学を目指す。

指示のあった駐輪場へ着くと現行フォルツァがあった。
依頼車輌はこの近くにあるのだろうとお客さんに連絡すると、
そこにあった現行フォルツァの影からお客さんが出てきた。

依頼車輌はそのフォルツァ。

現行車輌は、スマート カード キーなるシステムを導入していて
インロックはしない筈              らしい・・・

   だけどしてしまうのがインロック

お客さんにカードキーがどういう状態でメットインの中にあるかを聞くと、
かなり大き目のバックの奥底に入れたまま、
ヘルメットとそのバックを無理やり詰め込んだとの事。
で、シートを締めたらインロックしてしまったらしい。
勿論、開かなくなってからカードキーがメットインにに入っている事に気付いた。

このタイプは物理的にかなりピッキングしにくい。
上体を真横に折るようにしないと出来ない。

おまけにH隊員、昼ごはんをモリモリ食べて胃がパンパンになっている。
それが更にピッキングを妨げる。

「うッp…」

呼吸をしていると何か出てきそうなので息を止めてピッキング。
5回目に息を止めたところで解錠。

「はぁ〜」とため息が出た。
違うものが出なくて良かった。

で、カードキーを確認してもらうと電源がOFFになっていた。
無理やり押し込んだときにスイッチが切れてしまったのでしょう。

便利なシステムも電源が切れれば、途端に不便になるものですな〜

picture




by H隊員

2005.7.9(土)曇りのち雨
集中ロック

ヤマハ・グランドアクシスのメットイン開錠の依頼。
あいまいな住所を頼りに現場に向かい、
何とか車輌を探し出しお客さんを見つけると、随分憔悴しきっている様子。

聞くと、クレジットカードに付いているロードサービスを頼んだらしいのですが、
期限が切れていて有料になってしまったということです。
有料ならば結構な金額、落ち込むのも痛いほど分かります…
「もう悪いことは重なるもんですね、疲れきってしまいました…」と漏らすお客さん

直ぐに終わらせたいのですが、この車輌は集中ロックシステム、一筋縄では済みません。
鍵の説明して5〜10分では開かない事もあると理解してもらい作業に入る。

ちょっと離れた所から「は〜…」とため息が聞こえる。
早く開けたい気持ちとは裏腹に、シリンダーは言うことを聞いてくれません。
ハンドルロックは直ぐに外れましたが、シートロック解除がなかなか出来ずに時間だけが進む。
シート近くに鍵があればそれ程重くは無いのですが、メインキーと一緒のハンドル近くともなれば
必然的にワイヤーは長くなりシリンダーの回転は重くなる。
「は〜…」
ため息が聞こえる…
「んーー!!早く開けなければ!!!!」
逸る気持ちだけが一人歩き。
物理的なやり難さは、持ち前の腹筋と背筋でカバーしていたが、
そろそろ限界と思い始めた矢先に手応えあり!
「にゅ〜っ」とシリンダーが回り、シートがバコッ!と持ち上がる。
筋力の限界が来る前に開錠出来て「ホッ!」と胸を撫で下ろすH隊員。
お客さんも一安心。

ですが…精神的(金銭的)ダメージが大きかったせいか、
お客さんの目は黄昏ている様に見えました。

picture



一番上へ